「ソリューション」とは?

関連ニュース

エクスクルーシブ・ネットワークスがNuawareを買収し、チャンネルおよびベンダー・パートナーのクラウドとデブオプスの機会を加速へ - 11月25日(水)22:21 

パリ & ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- エクスクルーシブ・ネットワークスは本日、クラウド、デブセックオプス、コンテナ化の最先端を歩む超高成長のボーン・イン・ザ・クラウドのディストリビューターであるNuawareの買収を発表しました。この行動はNuawareのソリューションとポートフォリオに直ちに世界的な規模とサービス能力をもたらし、エクスクルーシブ・ネットワークス、そのベンダーとパートナー・コミュニティーは、デジタル変革によってもたらされる膨大な需要のシフトを活用するための独自のスキルを得ることになります。 エクスクルーシブ・ネットワークス最高経営責任者(CEO)のJesper Trolleは、このように述べています。「デブオプスのツールチェーン、コンテナ、そしてデブセックオプスの登場は、Nuawareがこれまで切り開いて提供してきた真の意味で独自のニッチな専門領域です。この買収により当社は、この分野で望ましい位置に立つことができ、当社パートナーには、新たな高成長機会を活用できる容易な機会が提供されます。この市場に注目している大規模ベンダーは
カテゴリー:

K-コンテンツスタートアップ in Japan 2020韓国参加企業ラインアップ公開とキーノートスピーカー決定のお知らせ - 11月25日(水)18:00 

韓国コンテンツ振興院(以下、KOCCA)では、AIなどを活用した最先端コンテンツプラットフォームや新たな音楽サービスなど、多様な分野における韓国スタートアップ企業とのビジネスマッチングイベント『K-コンテンツスタートアップ in Japan 2020』を開催いたします。当イベントに先立ち2020年11月25日、このたび参加する韓国スタートアップ企業10社のラインアップが公開となり、ビジネスマッチング(商談予約)を開始いたしました。当イベントでは、エネルギッシュな韓国スタートアップ企業10社によるプレゼンテーションをはじめ、個別の商談会および交流会の場が設けられます。また、キーノートスピーチを元LINE社長で日本の代表的な企業家であるC Channel株式会社 代表取締役社長、森川亮氏が行う予定です。新型コロナウィルスの影響により、韓国スタートアップ企業の発表はウェビナー形式となり、オンラインでのビジネスマッチング(商談会)となりますが、同時通訳および各テーブル通訳付きにて生の声をお聞き頂きながら、有意義な交流の場となることを確信しております。本イベントを通じて韓国の有望なスタートアップの魅力をぜひ感じていただけますと幸いです。VC、CVC・新規事業などのご担当の方々はもちろん、コンテンツ事業に関心のある企業・機関のご参加をお待ちしています。【開催概要】■タイトル:K-コンテンツスタ...more
カテゴリー:

CTC、IoTカメラソリューションで設備機器の制御や密集回避 - 11月25日(水)17:55 

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2020年11月25日、人や車両などを特定する映像解析と、温度や振動などのセンサーを組み合わせたIoTカメラソリューショ ...
カテゴリー:

「デジタルコンストラクション」の実現を目指した基本合意書締結 - 11月25日(水)17:37 

2020年11月25日 大和ハウス工業株式会社 株式会社トプコン ■建設現場のDX(デジタルトランスフォーメーション)革命 「デジタルコンストラクション」の実現を目指した基本合意書締結  大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:芳井敬一、以下「大和ハウス工業」)と株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野聡、以下「トプコン」)は、建設現場の全工程をデジタルデータによる一元管理で生産性の向上等を目指す「デジタルコンストラクション」の実現と推進に向け、基本合意書を締結しました。  大和ハウス工業は、「建築の工業化」を企業理念に建設業のシステム化および生産性の向上に取り組んでいます。2017年には、BIM推進室を設立し、設計のBIM化を図るとともに、2020年10月からは、施工現場のデジタル化に向けた遠隔管理の実証実験として、全国10カ所の事業所に、戸建住宅の施工現場を遠隔管理できる「スマートコントロールセンター」を設置するなど、建設工事の完全BIM化を目指しています。  トプコンは、『「医・食・住」に関する社会的課題を解決し、豊かな社会づくりに貢献します。』の経営理念のもと「住(Infrastructure)」の分野では、世界的なインフラ需要に伴う技能者不足に対処すべく3次元計測機や建機を自動制御できるICT自動化施工システムをはじめとす...more
カテゴリー:

自動車サイバーセキュリティに関する最新情報をまとめたレポート「サイバーセキュリティガイド 2020年Q3版」をリリース - 11月25日(水)15:00 

英国に本社を置き自動車技術に関する調査およびコンサルティングを手掛けるSBD Automotiveジャパン(名古屋市)では、自動車サイバーセキュリティに関する調査を継続的に行っており、サイバー脅威、セキュリティソリューション、セキュリティ要件、キープレイヤー、イベントなどの最新情報をまとめたレポート「サイバーセキュリティガイド」を四半期ごとに更新、その最新版を2020年10月30日に発行いたしました。「自動車は走る大型コンピューターになりつつある」と言われるほど、現代の自動車は数々の高度な技術やコネクティビティに支えられています。最新型のコネクテッドカーには100以上のECUが搭載され、そこでは1億行を超えるコードがやり取りされています。自動車のエコシステムが目まぐるしく変化する中、イノベーションの必要性と同時にそれに伴う脆弱性、新たなアタックポイントや攻撃手法など、サイバー脅威に関する最新状況を常に把握することは、自動車メーカー各社にとっての重要課題です。本書では、車両へのハッキング攻撃に利用可能なありふれたアタックポイントや攻撃手法について概要、脅威ステータス、リスクレベル、車両に対する影響度を解説、また高度自動運転車のセキュリティ強化を目的とする、幾つかの対策技術や対策標品についても紹介しています。https://insight.sbdautomotive.com/rs/16...more
カテゴリー:

【IT】サンディスク、ウェスタンデジタルに商号変更 - 11月25日(水)20:48  newsplus

サンディスク、ウェスタンデジタルに商号変更 ウエスタンデジタルコーポレーションの日本法人であるサンディスク株式会社は、2021年1月1日付けで株式会社から合同会社に組織変更し、社名をウエスタンデジタルに改称すると発表した。代表者は社長の小池淳義氏。 米Western Digitalは、2015年10月21日に米Sandiskを190億ドルで買収すると発表。承認を受け、2016年5月12日に買収を完了している。同社はハードディスクドライブの他、NAND型フラッシュメモリー製品などのストレージソリューションを一般消費者から企業向け、大規模DCま...
»続きを読む
カテゴリー:

【出展します!】ニューノーマル時代のスマートフォンアプリ開発 FUJITSU ソリューション祭り2020 オンライン ~新しい、明日へ。富士通Japan始動!~ - 11月25日(水)18:00 

ピープルソフトウェア株式会社は、2020年12月10日(木)から2021年2月28日(日)まで開催される「FUJITSU ソリューション祭り2020 オンライン」に出展いたします。出展製品は、ニューノーマル時代のスマートフォンアプリ開発を実現するアプリ構築バックエンドツール「BaaS@rakuza(バースアットラクザ)」です。製品の内容や特長はもちろん、当社が「BaaS@rakuza」を使って提供しているプロダクトもご紹介しています。是非ご覧ください。【ご来場方法】ご来場にはお申し込みが必要です。下記サイトよりお申し込みをお願いします。<申込サイト>https://www.fujitsu.com/jp/fjj/solfesta2020/※ご案内した会社名には「ピープルソフトウェア」とご記載をお願いします。※[第1弾]のお申し込みは2020年12月8日(火)までとなります。【出展製品】スマホアプリ構築バックエンドツール「BaaS@rakuza」https://www.raku-za.jp/baas/ニューノーマル時代に必要な「現地でしかできない体験と得られない価値」「オンラインサービスの強化とOMO戦略への取り組み」を、スマートフォンを使って向上、実現する為のアプリ開発バックエンドツールです。本展示では、「BaaS@rakuza」の特徴や、当社が「BaaS@rakuza」を使って提供...more
カテゴリー:

NECネクサ、RPA「Blue Prism」をクラウドサービスで提供 - 11月25日(水)17:49 

NECネクサソリューションズは、RPAツール「Blue Prism」をクラウドで提供する「Robot as a Service」の提供を、2021年2月から開始することを発表した。
カテゴリー:

Splunkがネットワーク可観測性サービスFlowmillを買収 - 11月25日(水)16:30 

データプラットフォームのSplunkはこのところ買収を続けている。それは、同社が最近立ち上げた可観測性プラットフォームの機能を充実したいためだ。2020年10月にPlumbrとRigorを買収した同社は、米国時間11月25日にパロアルトの可観測性スタートアップFlowmillの買収を発表した(Splunkリリース)。Flowmillは、ユーザーを支援してクラウドインフラストラクチャ上にネットワークのパフォーマンスの問題を見つけられるようにし、トラフィックをサービスごとに計測してコストの管理ができるようにする。 現在、この分野の企業はとても多いが、それらの企業と同じくFlowmillもeBPFを利用する。それはLinuxのカーネルの比較的新しい機能で、カーネルを書き換えたりカーネルモジュールをロードしなくても、サンドボックスに入れたコードをカーネル内で動かせる。この機能は、モニタリングのアプリケーションにとって理想的だ。 「可観測性の技術は最近では高度化が進んでおり、企業のインフラストラクチャやアプリケーションをモニターする方法に革命をもたらしている。Flowmillの革新的なNPM(Network Performance Monitoring)ソリューションは、拡張バークリーパケットフィルター(extended Berkeley Packet Filter、eBPF)の技術を利用し...more
カテゴリー:

TechShare, DOBOT User Conference 2020 開催のお知らせ - 11月25日(水)15:00 

TechShare株式会社(本社:東京都、資本金:2,725万円、代表取締役:重光貴明、以下「TechShare」)は、国内正規代理店として販売するロボットアームDOBOT製品のユーザコンファレンス「DOBOT User Conferenece 2020」を2020年12月21日(月)秋葉原UDXで開催することをお知らせいたします。今回のDOBOT User Conference2020は、コロナ禍での開催となるため、昨年までのコンファレンスから開催規模を大幅に縮小し、会場での参加定員を40名にし、オンライン参加を加えたハイブリッド型の形態で、午前と午後の2回に分けて、同一の内容を完全入替え制で2回繰り返す形式で開催いたします。今回のコンファレンスのテーマは、「新たなマーケットへ広がるDOBOT最新ロボットアーム」と題し、DOBOT社の2021年に出荷開始予定の最新製品の情報を中心に、その適用分野の広がりとパートナーソリューションを含めた厳選した内容で、最新情報をお届けしていく予定です。<DOBOT User Conference 2020の開催概要>日時:2020年12月21日(月)会場:秋葉原UDX Conference参加費用:無料参加定員: 午前の部:会場定員40名(予定)+オンライン定員:90名 午後の部:会場定員40名(予定)+オンライン定員:90名主催:TechSha...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ソリューション」の画像

もっと見る

「ソリューション」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる