「中国側」とは?

関連ニュース

【菅官房長官】チャーター機第2便 「きょう中派遣へ 最終調整中」 午後8時半の予定 - 01月29日(水)17:41  newsplus

菅官房長官は午後の記者会見で、第2便のチャーター機の派遣について、「現在、中国側当局を含む各方面と調整を進めているところだが、きょう中の派遣へ向け、最終調整中だ」と述べました。 また中国・武漢で肺炎を発症して入院している60代の日本人男性について「きのうの時点で、入院先の病院から、『検査の結果、新型コロナウイルスの陽性の疑いが高いが、最終的な判定結果が確定しない』との連絡を受けている。引き続き、現地の大使館を通じ、家族や中国側の関係当局と緊密に連携を取りつつ、支援を行っていきたい」と述べました...
»続きを読む
カテゴリー:

WHO「国際専門家チーム"速やかに"中国へ派遣」 - 01月29日(水)15:50  news

sssp://img.5ch.net/premium/6931153.gif 【1月29日 CNS】中国・国家衛生健康委員会(NHC)の馬暁偉(Ma Xiaowei)主任は28日、 世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長と北京で新型コロナウイルス感染による肺炎対策について会談した。 WHOは、できるだけ速やかに国際専門家チームを派遣する意向だ。 テドロス氏は、中国の指導者と政府のゆるぎないリーダーシップと、すでに実行されている有効な措置を称賛し、 ウイルス遺伝子配列や疫病発生状況に関する中国のタイム...
»続きを読む
カテゴリー:

米下院、チベット人権法案を可決 人権や宗教の自由擁護、中国に圧力 - 01月29日(水)10:37 

 米下院本会議は28日、中国チベット自治区での人権弾圧を批判し、人権や宗教の自由を擁護する法案を賛成多数で可決した。昨年11月の香港人権法成立、12月の少数民族ウイグル族の人権擁護に関する法案の下院可決に続く動きで、中国当局に圧力をかけた。中国側の反発は必至だ。
カテゴリー:

【現代ビジネス】新型肺炎「武漢に住む日本人」は全員無事に帰国できるのか - 01月29日(水)07:18  newsplus

一時は「暴動」の懸念もあった  「武漢市が閉鎖された23日から26日くらいまで、現地メーカーなどに勤める邦人の間では、『もし食料が足りなくなり、公的機関の機能が麻痺したら、香港での暴動のように武漢市民が暴徒化するのではないか』との懸念も高まっていました。邦人が住むホテルレジデンス(長期滞在用のホテル)では、実際に物資不足のため食事回数が減り、そうした状況の連絡を受けて、日本に住むご家族の中にはパニックに陥る方もいらっしゃいました」  今回、武漢からの邦人退避の対応にあたった危機管理コンサルタント...
»続きを読む
カテゴリー:

【武漢チャーター機】羽田から出発 マスクを搭載、帰国後に消毒 - 01月28日(火)21:14  newsplus

https://www.chunichi.co.jp/s/article/2020012801002598.html 2020/01/28 チャーター機、羽田から出発 マスクを搭載、帰国後に消毒  新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国・武漢から滞在邦人を帰国させるチャーター機は全日空が運航を担当し、28日午後8時10分ごろ羽田空港から出発した。機体はボーイング767。28日夜には羽田空港で邦人に渡すマスクなどを機内に積み込む作業が進められた。機体は帰国後、内部の消毒作業をする。  全日空によると、チャーター機には客室乗務員も同乗。マスクを着用して対...
»続きを読む
カテゴリー:

チャーター機第2便「きょう中派遣へ 最終調整中」官房長官 - 01月29日(水)17:21 

菅官房長官は午後の記者会見で、第2便のチャーター機の派遣について、「現在、中国側当局を含む各方面と調整を進めているところだが、きょう中の派遣へ向け、最終調整中だ」と述べました。
カテゴリー:

【悲報】中国さん、コロナウイルスで描かれた国旗を見て謝罪を要求 - 01月29日(水)12:15  news4vip

【ロンドン共同】 北欧のデンマーク紙ユランズ・ポステンが中国国旗にある五つの黄色い星を 感染が拡大する新型コロナウイルスに置き換えた風刺画を掲載し 地元の中国大使館が28日、謝罪を要求した。欧米メディアが伝えた。 同紙は「中国をあざ笑う意図はない」と強調し、謝罪に応じない構えを示した。  風刺画は「コロナウイルス」との題で27日付の同紙に掲載された。  中国側は「文明社会や言論の自由の倫理的境界線を越えた」と表明。 中国への侮辱であり中国人を傷つけたとして、同紙と漫画家に過ちを認め中国国民に謝...
»続きを読む
カテゴリー:

「緊急事態宣言」でWHOけん制 - 01月29日(水)07:51 

 中国の習近平国家主席は28日、WHO=世界保健機関のテドロス事務局長と会談し、新型コロナウイルスによる肺炎について、客観的に評価するよう求めました。緊急事態宣言を出すかどうか、近く判断するとみられる、WHO側をけん制した形です。  中国国営の中央テレビは習主席が28日、北京でWHOのテドロス事務局長と会談したと伝えました。  そのなかで、習主席は新型コロナウイルスによる肺炎について、「中国は厳しい闘いをしている」「科学的な予防と治療、的確な施策を講じれば、肺炎に打ち勝つことができる」と強調したということです。  また、「WHOや国際社会が客観的にこの状況を評価することができると信じている」とも述べ、緊急事態宣言を出すかどうか近く判断するとみられるWHO側をけん制しました。  一方、テドロス事務局長は「WHOはあくまで科学と事実を根拠に判断する」と応じました。そのうえで、「中国側はタイムリーにWHOなどとウイルスの情報を共有している」と評価、「中国側と意思疎通や協力を強化し、あらゆる必要な支援を提供したいと考えている」と中国に協力していく姿勢を示しました。(29日02:10)
カテゴリー:

韓国政府 30日、武漢にチャーター機 - 01月28日(火)22:56 

 韓国政府は、新型コロナウイルスの感染が拡大している中国の武漢市から韓国人を帰国させるため、今月30日、チャーター機を派遣すると発表しました。  「(韓国)政府は国民の安全を最優先として、先んじた措置を続けます」(丁世均 首相)  韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は、28日午後に開かれた新型コロナウイルスの対策会議で、中国・武漢市に滞在する韓国人を帰国させるため、30日と31日、中国・武漢市にチャーター機を派遣すると明らかにしました。  韓国政府によりますと、チャーター機は4機準備され、武漢市とその周辺に滞在する700人余りの韓国人を帰国させるということで、中国側に提供するマスクや防護服などの救援物資を乗せて出発するということです。このチャーター機で帰国する人たちは、潜伏期間とされる2週間、経過観察のため国が指定する施設に隔離される予定です。  また、韓国政府は今月13日からの2週間に武漢から韓国に入国したおよそ3000人について、感染していないかを調査するとしています。(28日19:55)
カテゴリー:

WHOテドロス事務局長が中国外相と会談 - 01月28日(火)20:23 

 WHO=世界保健機関のテドロス事務局長は中国の王毅外相と28日、北京で会談し、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大阻止に向けて連携を強化することで一致しました。  中国外務省によりますと、会談でWHOのテドロス事務局長は「中国側の必要に応じ、あらゆる協力を提供したい」と述べ、感染拡大の防止に向け、全面的に協力する姿勢を示しました。これに対し、中国の王毅外相は、引き続き透明性のある情報公開に基づき、WHOや各国との協力を強化したいと述べました。  一方で、テドロス事務局長は、アメリカや日本・韓国などを念頭に「住民の引き揚げを望む国があるが、WHOは、それを主張しない」と述べたということです。(28日18:52)
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「中国側」の画像

もっと見る

「中国側」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる