「タラップ」とは?

関連ニュース

加納竜「危険なシーンをいっぱいやりました」伝説のドラマで新人刑事役、スタントマンさながらのアクションも - 08月04日(火)20:50 

1976年、映画『愛と誠・完結編』の太賀誠役でブレークし、若手二枚目俳優としてドラマ、映画、CMに引っ張りだことなった加納竜さん。『華麗なる刑事』(フジテレビ系)、『刑事犬カール』(TBS系)、『鉄道公安官』(テレビ朝日系)など人気ドラマに次々に出演。そして1980年、ドラマ『西部警察』に新人刑事・桐生一馬(リュウ)役でレギュラー出演することに。(C)『西部警察』◆スタントマンさながらのアクションも『西部警察』(テレビ朝日系)は、1979年から1984年まで放送された刑事ドラマシリーズ。西部署の小暮捜査課長(石原裕次郎)の下、部長刑事・大門(渡哲也)率いる大門軍団の刑事たちが凶悪犯罪に立ち向かっていく様を描いた作品。銃撃戦やカーチェイス、爆破シーンが毎回のように盛り込まれ、撮影で破壊した車両総数4,680台、総火薬使用量4,800kgという破格のスケールも話題を集めた。-『西部警察』に出演されたときはどんな感じでした?-「スタッフも石原軍団ですからね。あれはあれでプレッシャーがありましたけど、あの頃は僕もまだ24、5歳でイケイケ感があったので(笑)。まだ何も怖いものがない時代だったので。とりあえずやっておけばいいかって感じで」-すんなり受け入れられて?-「受け入れられたかどうかわからないですけどね(笑)。とりあえず、そのしきたりにのっとってはいました」-アクションシーンも多く、皆さ...more
カテゴリー:

「タラップ」の画像

もっと見る

「タラップ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる