「国家安全保障」とは?

関連ニュース

【イラン、ホルムズ海峡で英タンカー拿捕】英政府情報収集に全力 - 07月20日(土)05:11  newsplus

https://jp.reuters.com/article/iran-tanker-idJPKCN1UE2EJ ワールド 2019年7月19日 / 21:55 / 15分前更新 イラン、ホルムズ海峡で英タンカー拿捕 英政府情報収集に全力 Reuters Staff [ロンドン/ドバイ/ワシントン 19日 ロイター] - イランの精鋭部隊「イスラム革命防衛隊(IRCG)」は19日、英船籍の石油タンカーを拿捕(だほ)したと表明した。 拿捕されたタンカーは「ステナ・インペロ」で、サウジアラビアの港に向かっていたが、原油輸送の要衝であるホルムズ海峡を通過した直後に進路を変更した。 イラン...
»続きを読む
カテゴリー:

脅しに出たFacebook、我々がやらなければ中国に乗っ取られる - 07月19日(金)12:45 

Facebookは、中国が権威主義的な社会的価値観を輸出するという懸念を、事業の分割や抑制を求める圧力への反論の材料にし始めた。Facebookの幹部たちは口々に、もし米政府が企業規模の制限、企業買収の妨害、暗号通貨の禁止などに出れば、そうした制約のない中国企業が海外で勝利し、巨大な力と膨大なデータを中国政府にもたらすようになると主張している。CEOのマーク・ザッカーバーグ氏、COOのシェリル・サンドバーグ(Sheryl Sandberg)氏、コミュニケーション担当副社長のニック・クレッグ(Nick Clegg)氏はみな、この立場を表明している。 この論点は、米国時間7月16日と17日の米議会によるLibra(Facebookが主導し2020年前半に運用開始を目指しているデジタル通貨)に関する公聴会で改めて具体的に語られた。Facebookのブロックチェーンを扱う子会社Calibraのデイビッド・マーカス(David Marcus)氏は、米下院金融サービス委員会のために用意した意見書で、こう述べている。 「米国は、デジタル通貨と支払いの分野ではイノベーションを主導できず、他国がそれを行うようになると私は考えています。もし行動を起こせなければ、たちまち、まったく価値観が異なる別の者にデジタル通貨を支配されるようになるでしょう」。 2019年7月16日、ワシントンD.C.の連邦議会で開...more
カテゴリー:

【日米】対イラン強硬派のボルトン米大統領補佐官、来週訪日で調整 ホルムズ有志連合協議か - 07月19日(金)01:27  newsplus

https://this.kiji.is/524173047335552097 米大統領補佐官、来週訪日で調整 ホルムズ有志連合協議か 2019/7/17 20:20 (JST) ©一般社団法人共同通信社  対イラン強硬派のボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が、日本を来週訪問する方向で調整していることが分かった。河野太郎外相や谷内正太郎国家安全保障局長と会談する見通し。中東・ホルムズ海峡の安全確保に向けた米国の有志連合構想が議題となる可能性がある。日米外交筋が17日、明らかにした。  有志連合問題が取り上げられた場合、日本側は、現段階で...
»続きを読む
カテゴリー:

ボルトン氏、来週来日へ ホルムズ「有志連合」協議か - 07月18日(木)15:30 

 対イラン強硬派のジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が、日本を来週訪問する方向で調整していることが分かった。河野太郎外相や、谷内正太郎国家安全保障局長らと会談する見通し。中東・ホルムズ海峡の安全確保に向けた米国の「有志連合」構想が議題となる可能性がある。
カテゴリー:

【トランプ氏】グーグルと中国の関係調査へ ティール氏発言受け - 07月17日(水)00:23  newsplus

https://jp.wsj.com/articles/SB10513618972026563303104585429713092579080 トランプ氏、グーグルと中国の関係調査へ ティール氏発言受け By Sarah E. Needleman 2019 年 7 月 17 日 00:18 JST  米フェイスブックの取締役ピーター・ティール氏がアルファベット傘下グーグルと中国政府の関係について国家安全保障上の懸念を指摘したことを受け、ドナルド・トランプ大統領は政府として調査する方針を明らかにした。  トランプ氏は16日朝のツイッター投稿でこうした方針を表明した。ティール氏は14日、首都ワシントンで開かれた...
»続きを読む
カテゴリー:

日本の輸出規制、国際法に違反=韓国高官 - 07月19日(金)17:03 

韓国大統領府の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安全保障室第2次長は19日、外交努力が尽くされていない中、日本が一方的に対韓輸出規制を強化することは、世界貿易機関(WTO)の自由貿易の原則と国際法に違反しているとの認識を示した。
カテゴリー:

ロシア製アプリ「FaceApp」に懸念--米議員、FBIなどに調査を要請 - 07月19日(金)12:12 

ロシアで開発されたAI写真編集アプリ「FaceApp」について、米議員が米連邦捜査局(FBI)と米連邦取引委員会(FTC)に対し、国家安全保障とプライバシーの観点から調査するよう要請した。
カテゴリー:

ボルトン米補佐官、近く来日 「有志連合」やイラン情勢意見交換へ - 07月18日(木)22:36 

 対イラン強硬派のボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が近く来日する予定であることが18日、分かった。河野太郎外相らと会談し、米国がイラン沖のホルムズ海峡などでのタンカー護衛に向けて関係国と結成を目指す有志連合やイラン情勢について意見交換するとみられる。日本政府関係者が明らかにした。
カテゴリー:

FBI、ソーシャルメディア利用者の個人情報にアクセスできるようにするツールの開発を求める - 07月18日(木)06:00 

taraiok曰く、 FBIはSNSからこれまで以上に情報を収集したいと考えており、そのためにテロリストグループ、国内の脅威、犯罪活動などを監視するのを助ける「早期警戒ツール」の開発を求めているそうだ(Engadget、Slashdot)。 FBIの提出した新たな「提案依頼書(RFP)」によると、FBIはターゲットとなる人物のソーシャルメディアアカウントについて、ユーザーIDやメールアドレス、IPアドレス、電話番号といったすべての個人情報にアクセスできるようなツールを求めているという。さらに、場所を指定しての人物の追跡や指定したキーワードに帯する監視、ソーシャルメディア履歴へのアクセスなども求めているそうだ。 FBIがすべてのプライバシーと市民の自由を遵守すると主張しても、移民に対するSNS監視などの問題がある以上、信じ切れないのも事実だろう。また、トランプ政権では当局が社会保障障害受給者のSNSアカウントを詮索することを許可することも提案している。 ソーシャルメディア上の脅威を監視すること自体は意義がある。しかし、このようなツール権力のある人々によって悪用されれば、市民の自由が侵害される可能性も高まる。 すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | IT | SNS | アメリカ合衆国 | プライバシ |...more
カテゴリー:

ムニューシン長官の緊急記者会見で仮想通貨ビットコインが上昇、なぜ? - 07月16日(火)12:20 

ムニューシン米財務長官による緊急記者会見は、ビットコインにとってプラス材料ではないかという見方が仮想通貨業界の中で広まっている。ムニューシン長官は15日、ビットコインなどの仮想通貨による不法活動は「国家安全保障の問題」と懸念を表明していた。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「国家安全保障」の画像

もっと見る

「国家安全保障」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる