「安全保障」とは?

関連ニュース

海自「特定秘密」問題 防衛省再発防止検討委 対策急ぐ方針確認 - 07月17日(水)21:33 

海上自衛隊の護衛艦などで国の安全保障にかかわる「特定秘密」の情報の取り扱いをめぐる違反が複数確認されたことを受けて、防衛省は17日、再発防止に向けた委員会を開き、対策を急ぐ方針を確認しました。
カテゴリー:

海自「特定秘密」問題 防衛相に保全体制改善を勧告 衆院審査会 - 07月17日(水)15:07 

海上自衛隊の複数の艦艇などで国の安全保障にかかわる「特定秘密」の情報の取り扱いをめぐる違反が相次いで確認されたことを受けて、衆議院の審査会は、木原防衛大臣に対し情報の保全体制の改善を勧告しました。
カテゴリー:

米国、事前入国審査プログラムを正式運用へ、顔認証で入国可能に、「日米観光交流年」で高まる期待(トラベルボイス) - 07月17日(水)13:10 

米国国土安全保障省 税関・国境取締局 (CBP)は、ブランドUSAの「ジャパン・セールス・ミッション」に合わせて、東京と大阪で「グローバル・エントリー・プログラム(GEP)」の面接を実施した。GEPと
カテゴリー:

FBIとDHS、「追加攻撃や報復」の可能性に警鐘 トランプ氏暗殺未遂受け - 07月17日(水)09:45 

トランプ前米大統領の暗殺未遂事件を受け、連邦捜査局(FBI)と国土安全保障省(DHS)が「追加攻撃や報復攻撃」の可能性を懸念していることが分かった。CNNが入手した両機関の共同報告書から明らかになった。 FBIとDHSは報告書で、暗殺未遂を受け「一部のオンラインコミュニティー」が暴力行為を示唆もしくは奨励していると説明した。報告書は15日付で、連邦や州、地方当局者に配布された。 報告書はさらに...
カテゴリー:

カスペルスキー、米で事業終了の見込み - 07月16日(火)18:41  news

Kasperskyがアメリカでの事業を終了し従業員を解雇する方針 セキュリティソフトの開発・販売で知られるKaspersky(カスペルスキー)が、アメリカの事業所を閉鎖し、従業員を解雇する方針であることがわかりました。 事業縮小は2024年7月20日以降、順次進められるとのことです。 Kasperskyはロシア出身で1989年からコンピューターウイルスの研究を行っているユージン・カスペルスキー氏が1997年に創業したセキュリティ企業で、アンチウイルスソフトやインターネットセキュリティソフトの大手として知られています。 ロシア政府...
»続きを読む
カテゴリー:

防衛省に情報保全教育の抜本的見直し勧告へ 衆院情報監視審査会 - 07月17日(水)16:10 

 自衛隊で安全保障に関わる機密情報「特定秘密」の違法な運用が行われていた問題で、衆院情報監視審査会は17日、情報保全教育の抜本的な見直しなどを柱とする勧告を木原稔防衛相に対して出すことを全会一致で決め…
カテゴリー:

河野太郎デジタル相「日銀は円の価値を高め、金利を引き上げるよう求める」 - 07月17日(水)14:17  newsplus

 河野太郎デジタル相は、円の価値を高め、エネルギーや食料品のコストを引き下げるために政策金利を引き上げるよう日本銀行に求めた。   河野氏は17日、ブルームバーグテレビジョンに出演し、急激な円安がもたらす国内物価への影響などの問題を強調した。河野氏は円が安くなれば輸出の増加につながるが、多くの日本企業は海外に生産拠点を置いており、日本にとっての恩恵は限られていると述べた。インタビューは英語で行われた。   河野氏は「為替は日本にとって問題だ」とした上で、「円は安過ぎる。価値を戻す必要がある」...
»続きを読む
カテゴリー:

「新冷戦の尖兵」韓国、ベトナム・トルコ・インドネシアから学ぶべきこと(ハンギョレ新聞) - 07月17日(水)10:39 

 「作用・反作用」は、自然現象だけでなく国家間にも適用されるほど普遍的な法則だ。この約1カ月に起きた国際安全保障の動向はそのような視点でおおよそ見ることができる。まず、北朝鮮とロシアは先月19日、「包
カテゴリー:

習近平が激怒。NATO事務総長「中国がウクライナ侵攻のロシア経済を支えている」という“名指し批判” - 07月17日(水)04:45 

日本もパートナー国として参加した「NATO首脳会議2024」。多くのメディアが中国を名指しで批判した首脳宣言を大きく報じましたが、当然ながら中国政府はこれに猛反発しています。今回のメルマガ『富坂聰の「目からうろこの中国解説」』では多くの中国関連書籍を執筆している拓殖大学教授の富坂さんが、中国が欧米各国に対して展開した「極めてもっともである反論」を紹介。さらにNATOがアジアにまで出張ってこようとする理由を解説しています。 ※本記事のタイトル・見出しはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:ウクライナに侵攻したロシアの戦争を支えているのは中国ではなく、欧米という不都合な中国の反論 怒り心頭の中国。NATO「ロシアの戦争を支えているのは中国」への的確すぎる反論 いよいよ欧州も中国をターゲットに本格的に動き出したのだろうか。 75周年を迎えた北大西洋条約機構(NATO)首脳会議(サミット)は10日、首脳宣言を採択して閉幕した。会議の最重要議題はウクライナへの支援の継続だったが、同時にメディアが注目したのは中国だった。 首脳宣言で「ロシア経済を支えている」と初めて名指しで中国を批判したからだ。 NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、「中国はロシアによるウクライナ侵攻の決定に重要な支援者であり、中国による支援によりロシアがヨーロッパおよび大西洋地域に及ぼす安全保障の脅威が拡大し...more
カテゴリー:

「防衛に穴が開かないか」 自衛隊不祥事、自民から懸念の声 - 07月16日(火)16:59 

 安全保障に関わる機密情報「特定秘密」の違法な運用や、手当の不正受給などをめぐる自衛隊員の大量処分を受け、自民党は16日、防衛省から現状を聞き取った。自民議員からは「防衛に穴が開かないか」と隊員の不足…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる