「ハッキング」とは?

関連ニュース

太陽にUFO船団、月の裏にエイリアン基地【未解決ミステリー】 - 02月01日(水)18:00 

2001年2月、イギリスのハッカー、ゲイリー・マッキノン氏は1年余りの時間の中で、数十台の米軍コンピューターと16台のNASA(アメリカ航空宇宙局)のコンピューターをハッキングしました。
カテゴリー:

IoTデバイスのセキュリティ脅威を防ぐ!脆弱性診断ツールとセキュリティプラットフォームが登場 - 02月01日(水)15:00 

株式会社東陽テクニカ(以下、東陽テクニカ)は、サイバーセキュリティ対策ソリューションのリーディングメーカーのKaramba Securityと販売代理店契約を締結。 バイナリベースの脆弱性診断ツール「VCode(ヴイコード)」と、自律型セキュリティプラットフォーム「XGuard(エックスガード)」の販売を開始しました。 脆弱箇所の修正方法を提案 「VCode」はバイナリ(実行ファイル)ベースで脆弱性診断を行い、組込みソフトウェアのセキュリティ上のリスクを可視化し、脆弱箇所の修正方法を提案するツールです。 ソフトウェア部品表(SBOM)の生成・管理機能も備え、準拠の必要性が高まっているサイバーセキュリティ関連標準へのコンプライアンス対応を支援します。 マルウェアを検知すると実行を阻止 「XGuard」は、デバイス上に常駐し、マルウェアの存在を検知すると自動で実行を阻止する組込み型エージェントと、バックエンドでのセキュリティインシデントのモニタリングおよび情報収集・分析機能を兼ね備えています。 これらのソフトウェアは、拡大するIoT(モノのインターネット)デバイスの利用に対し、サプライチェーンリスクの可視化からハッキングの監視・対策まで、幅広く対応します。 東陽テクニカについて 東陽テクニカは、Karamba社製品の提供を通じて、自動車やIoTデバイスの製品ライフサイクルにおけるセキュ...more
カテゴリー:

ロシアが仕掛けたサイバー戦争は、ウクライナの民間人への苛烈な攻撃の予兆だった - 01月30日(月)08:00 

ロシアによるウクライナへの攻撃は明確に民間人を標的したものになりつつあるが、その予兆はずっと前からあった。ウクライナのインフラを混乱に陥れるハッキング行為が、2015年ごろから相次いでいたのである。
カテゴリー:

Yandexの40GB超えの内部情報流出は「従業員が流出させた」という公式コメント、流出ファイル一覧もアリ - 01月27日(金)14:00 

2023年1月25日に、borderline2023と名乗るハッカーがロシア最大の検索サイト「Yandex」から44.71GBにおよぶGitリポジトリを取得したことを報告しました。この大規模な内情情報流出について、Yandexが「ハッキングの可能性は考えられず、従業員による流出と考えられる」という旨のコメントを発表しました。
カテゴリー:

ロシアのGoogleこと「Yandex」の40GB超のGitリポジトリが漏えい - 01月26日(木)11:41 

大規模データベースのリーク情報やハッキングツールなどを提供する場として人気のサイバー犯罪フォーラムBreachForums上で、borderline2023というユーザーがYandexの40GB超のGitリポジトリをリークしたと主張しています。
カテゴリー:

ロシアの検索エンジンYandexが「ハゲ」と検索してもプーチン大統領の写真が出ないように検索結果をいじっていたことが判明 - 02月01日(水)15:47  poverty

ロシアの検索エンジンYandexが「ハゲ」と検索してもプーチン大統領の写真が出ないように検索結果をいじっていたことが判明 2023年1月に、「ロシアのGoogle」と呼ばれることもあるロシア最大の検索エンジン「Yandex」からソースコードが流出しました。このコードの解析により、Yandexは「ハゲ頭」や「うそつき」といった罵倒語で検索した際に、ウラジーミル・プーチン大統領の画像が表示されないようにしたり、「Z」で検索してもナチス・ドイツに関する検索結果などが表示されないようにしていたことが分かったことが報じられています...
»続きを読む
カテゴリー:

GitHubがハッキングされる、デスクトップアプリの更新が必要 - 02月01日(水)10:12 

GitHubが「GitHub Desktop」や「Atom」に関連するリポジトリへの不正な侵入を検出したと報告しました。GitHubは証明書の無効化を実施しており、macOS版GitHub DesktopとAtomのユーザーに対してアップデートの適用を呼びかけています。
カテゴリー:

暗くても逆光でもキレイに映る!サンワサプライから明るさ調整機能付きWEBカメラ発売 - 01月29日(日)12:43 

新しい働き方はすっかり定着し、ビデオ会議も普及しました。 しかしビデオ会議の際、部屋の暗さや逆光などで自分の顔の写りが悪いと感じたことはないでしょうか。 そんな悩みを解決するのがサンワサプライ株式会社より新しく発売された明るさ調整機能付きWEBカメラ「CMS-V68BK」です。 明るさを調整してイメージアップ! 本製品にはタッチ操作で明るさを無段階調整できるボタンが内蔵されています。 従来のカメラで逆光や部屋が暗い状態で顔を写した場合、顔が暗く見えて表情が伝わりにくくなってしまうこともありますが、本製品を使えば表情まで伝わりやすく、イメージアップにつながるとのこと。 さらに個人だけでなく、4人程度の少人数であれば、複数人が同画面から参加する会議でも使用できます。 明るさ調節機能だけじゃない 本製品の特徴は明るさ調節機能だけではありません。 ノートPC・モニタ上部だけでなく、机の上や三脚・カメラスタンドに取り付けて使用もできます。 さらに、着脱可能なプライバシーシャッターが付属しているため、万が一のハッキングによる盗撮・消し忘れによる映像流出を防止し、プライバシーを保護することができるとともに、保護カバーとしてレンズの汚れ・傷を防ぐこともできます。 また、カメラ上部の可動域が上下90°・左右360°と広いので、角度や向き調整も自由自在です。 加えてカメラ本体にステレオマイクを内蔵し...more
カテゴリー:

侵害されたWordPressサイトが広告ネットワークに悪用される - 01月26日(木)19:11 

Sucuriは1月24日(米国時間)、WordPressサイトをブラックハット広告ネットワークに流用する大規模なキャンペーンを発見したことを伝えた。攻撃者によってハッキングされたWordPressサイトがさらに悪用され、悪意のあるWebサイトにリダイレクトするキャンペーンのプラットフォームフォームに使われていることが明らかとなった。
カテゴリー:

1億ドルの暗号資産窃取、北朝鮮のサイバー攻撃者が関与とFBI - 01月26日(木)09:21 

FBIは1月23日(米国時間)、ブロックチェーン「Harmony」のトークンブリッジプロトコルであるHorizon Bridgeが2022年6月にハッキングされ、1億ドル相当の暗号資産が窃取されていた事件に、北朝鮮に関連する持続的標的型攻撃(APT)グループ「Lazarus」(別名:APT28)が関与していると伝えた。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる