「機密情報」とは?

関連ニュース

GMOインターネット社長曰く、「在宅勤務による業績への影響はない」。一方で自宅に仕事ができる環境がない人の存在も課題に - 02月20日(木)16:43 

新型肺炎対策で1月27日より東京・大阪・福岡オフィスで在宅勤務を導入したGMOインターネットグループの熊谷社長が、Twitterで在宅勤務による業績への影響はなかったとTwitterに投稿した。また、これを受けてオフィスの必要性についても疑問を持つようになったとも述べている(ITmedia)。ただ、在宅勤務を導入した企業は他にもあるが、企業によっては派遣社員には適用されない場合があることや、自宅に仕事ができるスペースやインターネット回線、PCがないため在宅勤務ができない人がいるという問題、機密情報の扱いなどで壁があるケースなどもあり、どの企業でも同じような結果になるとは限らないようだ(Business Insider)。 すべて読む | 日本 | ビジネス | ニュース | 関連ストーリー: 新型肺炎の感染例増加を受けて在宅勤務を指示する企業が増加 2020年02月17日 都内のNTTデータ拠点に勤務する千葉県の男性、新型コロナウイルス感染が確認される 2020年02月15日 在宅勤務って浸透してる? 2020年版 2020年02月11日 GMOインターネットグループ、新型コロナウィルスの感染拡大に備え在宅勤務体制へ移行 2020年01月27日
カテゴリー:

Tracealyzer最適化ツールと「SAFE RTOS」パッケージの販売開始 - 02月19日(水)11:00 

2020年2月19日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区、Percepio AB(パーセピオ)社日本総代理店」は、Percepio AB(パーセピオ)社「Tracealyzer最適化ツール」とセイフティクリティカルなリアルタイムOS「SAFE RTOS」のパッケージ販売を開始いたします。セイフティクリティカルなリアルタイムOS「SAFE RTOS」は、機能安全規格IEC61508は、鉄道・プラント・発電所・機械・医療機器・家電などのシステムのリスクを軽減するために使用するコンピュータ・ソフトウェアの安全性を高めるための分野別機能安全規格RTOSを最大限に活用できるように設計されています。そして、組み込みプロセッサ向けの事前認証済み安全リアルタイムオペレーティングシステム(RTOS)です。最小限のリソースを使用しながら、優れたパフォーマンスと事前認証済みの信頼性を実現します。安全システム会社のWHISにより開発されました・ 幅広い国際開発標準をサポート・ FreeRTOS機能モデルに基づく・ テュフズードによってIEC 61508-3 SIL 3に事前認証済み・ テュフズードによりISO 26262 ASIL Dに事前認証済み・ タスクスケジューリングパフォーマンスの検証・ イベントフラグとグループ・ 割り込みサービスルーチン(ISR)・ ウォッチ・ドッグス・ RTOS省電力...more
カテゴリー:

新型肺炎でテレワークや時差通勤に踏み切った国内企業まとめ - 02月18日(火)15:22 

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、企業や自治体の間でテレワークや時差出勤を推奨する動きが広がってきている。政府が不要不急の外出の自粛や、テレワークの推進を後押しする中、実際に踏み切った企業をここでまとめてご紹介したい。これら企業の対応を見ていくと、いくつかのパターンに分かれることがわかった。 在宅勤務型 1月末から日本国内の全従業員の9割にあたる約4000人を在宅勤務させている「GMOインターネット」。当初は2週間だけの予定だったが、期限を設けず対策を続けることにしたという。必要なやり取りはメールで行い、ビデオ会議で打ち合わせすることで、在宅でも円滑な業務が可能。NHKによると、やむを得ず出社する場合は、「健康状態が良好であること」「持病を抱えていないこと」を条件とし、出社する場合は時差通勤や自転車通勤を勧めているという。 GMOインターネットの熊谷正寿グループ代表は、自身のツイッターに「在宅勤務開始から3週間。何がすごいかと言うと、業績に影響がほぼ無い。この結果を見て、そもそもオフィスが必要なのか真剣に考えている」と投稿。在宅勤務によるメリットを強調している。 在宅勤務開始から3週間。何が凄いかと言うと、業績に影響がほぼ無い。この結果を見て、そもそもオフィスが必要なのか真剣に考えている(汗) 在宅勤務の判断は正しいと評価されてるけど、駅前のオフィスを一棟丸ごと借りてい...more
カテゴリー:

トランプ激怒。アメリカを裏切り中国を選んだイギリスの暗い明日 - 02月18日(火)04:30 

1月28日、自国の次世代通信規格5Gに、アメリカが排除を求めるファーウェイの参入容認の姿勢を示したイギリス。米英関係に大きなひずみを生むことが予想される英国の決断の背景には、一体なにがあるのでしょうか。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、ファーウェイ戦争とも称される米中覇権戦争や米英関係について、様々な情報を分析しつつ今後を予測・解説しています。 トランプが裏切り者ジョンソン首相に大激怒! 先日、アメリカと「特別な関係」にあるはずのイギリスが、「ファーウェイの5 G参入を許可した」という衝撃的ニュースをお伝えしました。 英、ファーウェイの5G参入容認 米主導の包囲網崩壊 1/28(火)21:23配信   【ロンドン時事】英政府は28日、中国通信機器最大手・華為技術(ファーウェイ)による次世代通信規格「5G」網への参入を容認することを決めた。非中核部品などに限定する。米国は機密情報が盗まれるとの懸念から同盟国にファーウェイ製品の排除を求めてきたが、「特別な関係」にある英国の離反で包囲網は事実上崩壊した。英国は米国などと諜報(ちょうほう)機関の情報を共有する同盟「ファイブアイズ」を構成している。米国は英国に対し、ファーウェイの参入を認めた場合は情報共有を制限すると示唆してきた。今回の決定で英米関係にきしみが生じそうだ。 この...more
カテゴリー:

SB漏洩 露外交官はラインX所属か - 02月15日(土)06:27 

ソフトバンクの機密情報漏えい事件で、情報を受け取った疑いがある在日ロシア通商代表部の代表代理で外交官アントン・カリーニン氏(52)が、ロシア対外情報局(SVR)で科...
カテゴリー:

ソフォス、XG Firewallの「Xstream」バージョンを発表 - 02月19日(水)14:00 

2020年2月19日<<報道資料>>ソフォス株式会社ソフォス、XG Firewallの「Xstream」バージョンを発表~SophosLabs Researchの調査により、情報を盗み出す一般的なサイバー攻撃の44%が暗号化を行って盗んだデータを隠蔽していることが明らかに~※本資料は2020年2月18日(現地時間)に英国オックスフォードにて発表されたプレスリリースの抄訳です。ネットワークおよびエンドポイントセキュリティのグローバルリーダー企業である英国ソフォス (LSE: SOPH 日本法人:ソフォス株式会社 東京都港区 代表取締役 中西 智行) は本日、Sophos XG Firewall に高性能な Transport Layer Security (TLS) トラフィック復号化機能を組み入れた新しい「Xstream」アーキテクチャを発表しました。この復号化機能により、パフォーマンスの低下と複雑さという懸念があるためにセキュリティチームが見落としがちな暗号化されたネットワークトラフィックに関連する重大なセキュリティリスクが排除されます。XG Firewall には、SophosLabs により提供される AI で強化された脅威分析情報が組み込まれており、アプリケーションのパフォーマンスも高速化されています。ソフォスは本日、SophosLabs Uncutの記事「Nearly a...more
カテゴリー:

WikiLeaksのTwitterアカウントがアサンジ被告の身柄引き渡し審理直前にロックされる - 02月18日(火)19:00 

数々の機密情報を告発してきたことで知られる「WikiLeaks」のTwitterアカウントが、創設者であり、「アメリカの軍事機密を公開した」罪に問われているジュリアン・アサンジ被告の、イギリスからアメリカへの身柄引き渡し審理が行われる直前になってロックされたことがわかりました。その後、ロックは解除されていますが、Twitterに対して、特定のアカウントを意図的に沈黙させようとしたものではないかと疑いがかけられています。
カテゴリー:

【機密情報が覗ける】世界一危ないドメイン「corp.com」約2億円でオークションに出品 - 02月18日(火)10:00  newsplus

本当に危ないものほど、見た目は無害そうなんです。 インターネットで最も危険な場所はどこかと訊かれると、おそらく「ダークウェブ」みたいな言葉が出てくるのではないでしょうか。でも実は、世界一危険なサイトのひとつは文字通りのゴミやポルノで埋めつくされているわけではなく、ただのドメインなんです。しかも、今ならあなたも購入できます。 . ■世界の機密情報が覗ける 「corp.com」は、起業家のMike O'Connor氏が90年代に大量買いした無害そうなドメインのひとつでした。この頃、彼は自分のISP(Go-fast.net)を開設し...
»続きを読む
カテゴリー:

元社員「報酬、最高で20万円」 ロシア側幹部「ラインX」所属か - 02月15日(土)19:07 

 在日ロシア通商代表部の幹部職員の求めに応じ大手通信会社「ソフトバンク」元社員が機密情報を持ち出したとされる事件で、元社員の荒木豊被告(48)=不正競争防止法違反罪で起訴=が「情報提供の報酬は最高で20万円ほどだった」などと供述していることが15日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁公安部は情報の機密性によって報酬額が変わったとみて、スパイ活動の実態解明を急ぐ。
カテゴリー:

ソフトバンク情報漏洩 元社員を起訴 PC画面をデジカメ撮影 - 02月14日(金)18:49 

大手通信会社「ソフトバンク」の機密情報漏洩(ろうえい)事件で、東京地検は14日、社外秘の情報を不正に取得したとして、不正競争防止法違反の罪で、同社元社員の荒木豊…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「機密情報」の画像

もっと見る

「機密情報」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる