「通常国会」とは?

関連ニュース

【国民民主党】#玉木代表 、首相への質問をツイッター募集 成果は? - 02月26日(水)22:50  newsplus

衆院予算委で質問する国民民主党の玉木雄一郎代表=2020年2月26日午後3時23分、岩下毅撮影  国民民主党の玉木雄一郎代表は26日の衆院予算委員会集中審議で安倍晋三首相と論戦を交わすのに備え、事前にツイッターで質問を募集した。世論調査で政党支持率が1~2%程度に伸び悩む野党第2党の党首として、注目を浴びる首相との直接対決で存在感アピールを狙った試みは当たったのか――。  応募は26日までに3528件あった。首相に聞きたいこととして、「景気・経済対策」や「外交・安全保障」など四つの選択肢を用...
»続きを読む
カテゴリー:

「強靱かつ持続可能な電気供給体制の確立を図るための電気事業法等の一部を改正する法律案」が閣議決定されました - 02月25日(火)00:00 

本日、「強靱かつ持続可能な電気供給体制の確立を図るための電気事業法等の一部を改正する法律案」が閣議決定されました。本法案は第201回通常国会に提出されます。
カテゴリー:

「あおり停車」も危険運転致死傷適用、法改正へ 法制審が答申 - 02月21日(金)19:59 

 法制審議会は21日、自動車運転処罰法の定める危険運転致死傷の処罰対象となる運転行為に、通行妨害目的で車道上に停車する行為を加える要綱案を全会一致で採択し、森雅子法相に答申した。法務省は開会中の通常国会への同法改正案提出に向けて準備を進める。
カテゴリー:

「特許法等の一部を改正する法律の施行に伴う意匠登録令の規定の整備及び経過措置に関する政令」が閣議決定されました - 02月21日(金)09:35 

本日、「特許法等の一部を改正する法律の施行に伴う意匠登録令の規定の整備及び経過措置に関する政令」が閣議決定されました。本政令は、第198回通常国会において成立した「特許法等の一部を改正する法律」の施行に伴う意匠登録令の規定を改正し、経過措置を規定するものです。
カテゴリー:

「特定デジタルプラットフォームの透明性及び公正性の向上に関する法律案」が閣議決定されました - 02月18日(火)09:34 

「特定デジタルプラットフォームの透明性及び公正性の向上に関する法律案」が閣議決定されました。現在開会中である通常国会に提出される予定です。
カテゴリー:

政府はプラットフォーマー(PF)と呼ばれる巨大.. - 02月25日(火)09:00 

政府はプラットフォーマー(PF)と呼ばれる巨大IT企業に対する初めての包括的な規制ルールをまとめ、今通常国会に関連法案を提出します。「送料無料化」で議論を呼んでいる楽天の三木谷浩史会長兼社長に、新規制への見解やビジネスの展望を聞きました
カテゴリー:

新型肺炎さなか事件は起きた 立憲・安住氏「壁新聞」がはらむ重大性 - 02月21日(金)22:17 

 新型コロナウイルスを原因とする肺炎の流行で中国湖北省武漢市が事実上封鎖されたのが1月23日。わが国の通常国会が召集されたのが20日。論戦の主戦場となる衆参予算委員会で野党は相変わらず「桜を見る会」に執着し、喫緊の課題である新型肺炎対策には大した関心を示さなかった。国民の生命よりも、倒閣なんだろう。そう考えざるを得ない。「そんなことはない」というのであれば、特に立憲民主党と共産党には、質疑に費やした時間をテーマごとに開示してもらいたいものだ。
カテゴリー:

「妨害停車、急減速も危険運転」法制審答申 通常国会に改正案提出へ - 02月21日(金)16:25 

 法制審議会(法相の諮問機関)は21日、自動車運転処罰法の定める危険運転致死傷の処罰対象となる運転行為に、通行妨害目的で車道上に停車する行為を加える要綱案を全会一致で採択し、森雅子法相に答申した。法務省は開会中の通常国会への同法改正案提出に向けて準備を進める。
カテゴリー:

「手取りは減額」となる年金改革「複雑さ」のカラクリ - 02月19日(水)17:00 

1月20日に召集された2020年の通常国会で、年金制度改正が実施される。主な柱は、在職老齢年金の見直し、75歳までの繰り下げ受給の拡大など、いかにも年金受給者にメリットがありそうだ。しかし、2019年12月16日の拙稿『「年金制度改正」で加速する安倍政権「高齢者いじめ」』で問題点を明らかにしたように、実は “大きな落とし穴”が潜んでいる。手取りベースでは……まずは、公的年金の受給開始年齢の繰り下げから説明しよう。 現在の公的年金制度は、受給開始年齢は原則65歳だが、60〜70歳の範囲で選択できる。この選択可能範囲を、制度を改正することによって75歳までに拡大するという。65歳から受給を開始した場合の年金額(基準額)に対して、受給開始を1カ月遅らせるごとに年金受給額は0.7%増額されるため、単純に計算すれば、70歳からの受給開始では42%、75歳からは84%増額となる。たとえば、65歳からの年金の年間受給額が100万円ならば、70歳開始なら142万円、75歳開始なら184万円に増額する。だが、65歳からの受給開始と年金の受取総額が同額になる年齢(損益分岐点)は、70歳開始の場合には82歳、75歳開始の場合には87歳と、かなりの高齢になってしまう。さらに、そこにはもう1つ“大きな落とし穴”がある。実際...more
カテゴリー:

「特定高度情報通信技術活用システムの開発供給及び導入の促進に関する法律案」が閣議決定されました - 02月18日(火)00:00 

「特定高度情報通信技術活用システムの開発供給及び導入の促進に関する法律案」が閣議決定されました。現在開会中である通常国会に提出される予定です。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「通常国会」の画像

もっと見る

「通常国会」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる