「法整備」とは?

関連ニュース

CREAL(クリアル)の評判・口コミは?メリット・デメリット、利回りも - 07月18日(木)12:42 

CREAL(クリアル)は東証グロース市場に上場するクリアル株式会社が運営する不動産投資型クラウドファンディングです。 本記事ではCREALの評判や口コミのほか、利用するメリット・デメリット、利回り実績を紹介するので、不動産投資を考えている方や投資を始めたい方は参考にしてください。 ※CREALでは、下記ページ経由で新規に投資家登録やファンドへの投資を行うと最大50,000円のAmazonギフト券がプレゼントされるキャンペーンを開催中です。詳しくはCREALのキャンペーンページでご確認下さい。 CREALのサイトを見る[PR] 目次 CREAL(クリアル)とは CREAL(クリアル)の評判・口コミ・実績 CREAL(クリアル)を利用するメリット 3-1.1万円から不動産投資ができる 3-2.さまざまな種類の不動産に投資できる 3-3.投資家を保護する仕組みがある 3-4.投資活動がスマートフォンで完結する 3-5.上場企業が運営している CREAL(クリアル)を利用するデメリット 4-1.投資にはリスクが伴い元本保証がない 4-2.運用期間中の途中解約ができない 4-3.人気案件では投資できない可能性がある CREAL(クリアル)の想定利回り(予定分配率)は? CREAL(クリアル)の口座開設の手順 まとめ 1.CREAL(クリアル)とは CREAL(クリアル)は、クリアル株...more
カテゴリー:

紅麹問題受け 食品表示基準の改正案 消費者委員会が了承 - 07月16日(火)17:41 

小林製薬の紅麹の成分を含むサプリメントを摂取した人が腎臓の病気などを発症した問題を受け、機能性表示食品の健康被害情報の収集と報告を義務づけることなどを盛り込んだ食品表示基準の改正案が、消費者委員会で了承されました。一方で、表示の規制だけでは対策として不十分だとして、サプリメント食品全体について法整備を進めることなどを求める意見書も出されました。
カテゴリー:

【被害者・遺族へのアンケート】被害後に直面した困難について、体験・意見を募集します - 07月15日(月)08:00 

ハフポスト日本版は、事件や事故の被害者や遺族らを対象に、被害後に直面した困りごとについて、体験や意見を募集します。このアンケートを通し、被害に遭った人やその周囲の人が置かれる実情に向き合い、社会課題の解決への道筋を探りたいと考えています。どうか、体験や意見をお寄せください。【アンケートの回答はこちらから↓】「被害後に直面した困りごと」に関する被害者と遺族へのアンケート【所要時間5分】イメージ画像ハフポスト日本版は、事件や事故の被害に遭った人やその周囲の人も生きやすい社会を目指し、『被害者と遺族の「本当」』という特集を立ち上げました。次の3つを目指し、当事者や専門家らに取材をしています。①被害者や遺族に関する法制度や社会機能の問題を伝え、改善を促すこと②被害者や遺族への偏見やステレオタイプ、二次被害をなくしていくこと③被害者や遺族の人権を守るため、(ガイドラインの策定など)報道の変化を促すこと【これまでの特集記事はこちらです(随時更新します)】勝手に住所を載せられた京アニ遺族「本当に、社会のため?」 実名報道だけでないマスコミからの二次被害◆被害者や遺族に関する社会課題は、犯罪被害者等給付金や加害者からの損害賠償などの法制度、マスコミからの二次被害、職場や学校での困りごとなど、多岐にわたります。ですが、「本人にも原因があったのでは」といった差別や偏見は根強く、法整備は遅れています。ま...more
カテゴリー:

安倍元首相銃撃2年 旧統一教会や宗教2世の問題で弁護士ら声明発表 - 07月08日(月)20:00 

 安倍晋三元首相の銃撃事件から2年となる8日、全国霊感商法対策弁護士連絡会(全国弁連)が声明を発表した。世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に対する解散命令の速やかな発令を裁判所に求め、さらなる法整備を…
カテゴリー:

「皮脂ベットリのスマホ」「待ち受けが卑猥な画像」携帯ショップ店員が“多すぎる迷惑客”に辟易 - 07月06日(土)08:54 

 カスタマーハラスメント、通称カスハラの増加が社会問題化している。厚生労働省は対策を強化するため、企業に従業員保護を義務付ける方針で法整備を進めている最中だ。全国に7000店以上存在している携帯キャリアショップも、カスハ […]
カテゴリー:

AI検索で「記事を無断使用」 新聞協会がPFに対応求める - 07月17日(水)18:04  newsplus

 生成AI(人工知能)を用いたネット検索のサービスで報道コンテンツが無断利用されているとして、日本新聞協会は17日、プラットフォーム事業者に対し、報道機関の許諾を得ることや、正確性の確保などの対応を求める声明を発表した。また、政府に対しても、著作権法改正などの法整備を求めた。  対象は、グーグルやマイクロソフトなどが2023年に始めたサービス。検索すると、従来のようにリンクと簡単な説明が表示されるだけでなく、生成AIによる「回答」が生成される。 「タダ乗り、許容されない」  声明は「記事に類似した回...
»続きを読む
カテゴリー:

「早く眼球を一つ取れ」と命令された…元医師語る 「臓器狩り」撲滅法案制定へ 台湾で会見 - 07月16日(火)12:04 

台湾の立法委員(国会議員に相当)や民間団体が15日、「臓器強制摘出撲滅法案制定、台日連携およびグローバル連携」をテーマとした記者会見を台北市で開いた。中国国内では無実の囚人が臓器を強制的に摘出され移植用臓器に利用されているといった問題が続いているとして、議員らは世界各国での法整備を呼びかけた。
カテゴリー:

結婚の平等への反対、日本は26カ国で最も少ない結果に。「早急な法整備を期待」の声 - 07月11日(木)13:29 

世論調査を行うイプソスは6月25日、結婚の平等(法律上の性別が同じふたりの結婚)に関する意識調査の結果を公表した。調査は2月23日から3月8日に、日本やカナダ、南アフリカ、米国など、世界26カ国1万8515人を対象に実施した。その結果、日本はスペインと並び、結婚の平等について「許可されるべきではない」と反対する人の割合が最も少ないことが分かった。 ◆結婚の平等に賛成の割合は?日本では、結婚の平等を法的に認めるべきが42%、結婚でない他の法的承認を得るべきが25%、わからないが28%、結婚も他の法的な承認も許可されるべきではないが6%だった。報道各社が2023年に行った、「同性カップルの結婚を法的に認めること」に関する世論調査では、過半数が賛成だった。法的に結婚を認めるべきとした人の割合は26カ国中21位、一方で反対する人の割合は26カ国中最も低かった。また、LGBTQ当事者に対する雇用や教育などの差別を法律で禁止することに賛成する割合は、世界では53%だったが、日本では42%だった。今回の調査結果について、イプソスの内田俊一代表は、「日本は諸外国と比べ法整備が遅れています。そのことが、結果として、社会全体における関心や認知の拡大を妨げているのではないでしょうか」と指摘。「今後、LGBT+の人々が、当然の権利を享受しながら社会活動を行い、日常生活を営むための法律を含む環境整備が早急に...more
カテゴリー:

<こちさが>患者家族の看護師に処置させた救急救命士が処分 医療従事者の救護に後ろ盾を 法整備求め医学会提言 - 07月07日(日)08:15 

有田消防署の救急救命士が処分を受けた事案は、傷病者の身近に、医療の知識と技術がある看護師がいた点が一つの特殊条件だった。一方、突然の傷病人に遭遇した医療従事者をめぐっては、救護に当たりやすいよう法的な後ろ盾を求める動きもある。 日本救急医学会と日本賠償科学会は昨年12月、「救護者保護に関わる法的整理(法制化)についての提言」をまとめた。
カテゴリー:

強制不妊の原告団、速やかな法整備を要望 面会の加藤こども相が謝罪 - 07月04日(木)20:00 

 旧優生保護法(1948~96年、旧法)下で不妊手術を強制したのは憲法違反だとして、最高裁大法廷が3日、国に賠償を命じた判決を受け、原告らと弁護団が4日、こども家庭庁の加藤鮎子こども政策担当相と面会し…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる