「ソースコード」とは?

関連ニュース

スーパーマリオのゲームウォッチ、homebrewのガイド動画が公開される - 12月01日(火)18:06 

czkey.xi 曰く、発売日前にハックされてしまっていた"ゲーム&ウオッチのスーパーマリオブラザーズで、homebrewを動かすガイド動画が公開された(Bringing homebrew to the Nintendo Game & Watch[動画] )。動画中では、スーパーマリオブラザーズ3などの元来入っていなかったファミコンゲームが動作している様子が確認できる。動画にはまた、内蔵のファームウェアをバックアップ・リストアしたり、内部へのアクセスをアンロックするスクリプト、very quick and dirtyとはしながらもretro-goのportであるNESエミュレータ、これからゲームやアプリを制作するための基本的なサンプルプロジェクトへのリンクが貼られており、ARM Debug Probe(ST-Link/J-Linkなど)があれば一連の作業ができる状態になっている。USBポートの信号線がCPUにはつながっていないことは既に判明している為、この辺りが改造を簡単にする限界のように思われた。一般ユーザが全てを理解してすぐに、というわけにはいかないだろうが、スラド民であればそれほど高い技術も道具も必要ないため、自分の好きなファミコンソフトをツッコミたい、という方には参考になる情報ではなかろうか。警告にはVDDに3.3Vを繋ぐな、と書いてあるので、それを守って壊さないよ...more
カテゴリー:

PCゲームメーカーがレビュー批評サイトに介入してデータを削除させ炎上 - 11月27日(金)14:04 

「まいてつ」「ものべの」などの作品をリリースしているPCゲームブランド「Lose」が、批評サイトErogameScape -エロゲー批評空間-から自社作品のデータを全削除させたとして話題になっていたようだ。ちなみにErogameScapeの説明によれば、現時点では、削除依頼の発端となった『まいてつ -Last Run!!-』の情報以外については復元されているという(Lose公式によるリリース、ErogameScape -エロゲー批評空間-のお知らせ、ユーザーによる経緯まとめ、Togetter)。 メーカーの謝罪リリースやまとめなどを見る限り争点はいくつかあるが、中心にあるのはメーカーが一般ユーザーの批評に介入する権利があるかどうか、という点にあるようだ。 状況としては「まいてつ -Last Run!!-」というまいてつの続編が、事前の予告内容と異なるなどの難点があったことや、Steamなど海外対応に合わせてアダルト要素を抑制した結果、前作ユーザーから不評を買ったなどが原因で、批評サイトであるErogameScape上で議論が起こったそうだ。その結果Lose側がErogameScape上にある自社関連のレビューをすべて削除依頼するという事態になったらしい。 ErogameScape側も依頼を受けて11月22日に全削除をするという判断をしてしまったものの、先のメーカーが一般ユ...more
カテゴリー:

LINEがOpenAI「GPT」・Google「T5」同様の超巨大汎用言語モデルをNAVERと共同開発、世界初の日本語特化 - 11月25日(水)17:59 

LINEは11月25日、韓国NAVERと共同で、日本語に特化した超巨大言語モデル開発と、その処理に必要なインフラ構築についての取り組みを発表した。超巨大言語モデル(膨大なデータから生成された汎用言語モデル)は、AIによる、より自然な言語処理・言語表現を可能にするもので、日本語に特化した超巨大言語モデル開発は、世界でも初めての試みとしている。 従来の特化型言語モデルは、Q&A、対話など各ユースケースに対して、自然言語処理エンジンが個別に学習する必要がある。一方、OpenAI開発の「GPT」(Generative Pre-trained Transformer)や、Googleの「T5」(Text-to-Text Transfer Transformer)に代表される汎用言語モデルでは、新聞記事や百科事典、小説、コーディングなど膨大な言語データを学習させた言語モデルを構築し、その上でコンテキスト設定を行うための「Few-Shot Learning」(FSL)を実行するだけで、対話・翻訳・入力補完・文書生成・プログラミングコードなど様々な言語処理が可能。これにより、個々のユースケースを簡単に実現できることが期待される。 FSLとは、ブログの書き出しや、プログラミングコードの一部など少ない情報を新たに与えると、事前に構築した情報を基に、最もそれらしいと判断した文字列を生成すること。...more
カテゴリー:

Next.js 10 の画像最適化システム next/image を読んで理解を深める - 11月21日(土)19:46 

Next.js 10 の画像最適化システム next/image を読んで理解を深める※ ソースコードは 2020/11/20 時点の canary ブランチを参照しています。 Next.js 10 では next/image から提供されるコンポーネントを使用することで、開発者が特別に意識することなく画像を最適化することができるようになりました。リリースのタイミングで Next.js Conf が開催されていたこともあり、この機能は大き...
カテゴリー:

習得すればメリット大!Linuxカーネルをビルドできるようになろう | 日経クロステック(xTECH) - 11月19日(木)13:45 

習得すればメリット大!Linuxカーネルをビルドできるようになろう | 日経クロステック(xTECH)システム開発や運用には欠かせない存在であるサーバーOS、Linux。「Ubuntu」などのLinuxディストリビューションが提供されており、手軽に利用できます。ただソースコードから実行形式へと自前で変換できるようになれば、特定の機能をカスタマイズできる、最新版をいち早く使えるなど多くのメリットがあります。何より、L...
カテゴリー:

GitHub入門--MSによる買収後も成長を続けるソースコードホスティングサービス - 11月30日(月)07:45 

GitHubは世界最大のソースコードホスティングサービスだ。バージョン管理機能を備え、他の開発者との連携が可能なコラボレーションプラットフォームとしても機能する。マイクロソフトによる買収後、ユーザー数は約2倍に増加した(2018年6月25日公開、2020年11月30日更新)。
カテゴリー:

Spotifyでアカウントデータが流出。30~35万人規模 - 11月26日(木)12:00 

音楽ストリーミングサービス「Spotify」で、一部顧客のユーザーアカウントデータが流出したようだ。セキュリティ企業vpnMentorの研究者であるNoamRotem氏とRanLocar氏が発見した(vpnMentor、ZDNet、Engadget、マイナビ)。 流出したのはメールアドレスおよびユーザー名とパスワードのログイン資格情報のデータベース。データベースがどういう経緯で流出したかは不明だが、データ容量にして72GB、アカウント数にして300,000から350,000ユーザー分のデータが流出していたという。すでにSpotifyは該当するユーザーに関してはアカウントのローリングパスワードリセットを実行、流出した資格情報ではログインができなくなっている。このため、該当したユーザーはパスワードの再設定が必要となる。 ただし、ほかのサービス上で同様のユーザー名やパスワードを使用している場合、流出した資格情報を元にして不正侵入が行われるリスクがあるとしている。 すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 情報漏洩 | 関連ストーリー: Mashable、ユーザーデータ流出に関する調査結果を報告 2020年11月10日 流失したGithubとGitHub Enterpのソー...more
カテゴリー:

シーサーの受託開発にてクロスプラットフォーム「Flutter」のアプリ開発が可能に - 11月25日(水)12:00 

ブログシステムやアプリの企画開発を行うシーサー株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:奈良英幸)は、2020年11月17日(火)より、Flutterによるクロスプラットフォームでのアプリ開発が可能になりました。Flutter開発お問い合わせページ:https://www.seesaa.co.jp/apps/flutter/■Flutter開発開始の背景シーサーではこれまで多くの企業様のネイティブアプリ開発を請けおってまいりました。この度、従来のネイティブアプリの開発よりも工期を短く、低コストでの開発を希望する企業様のご要望にお応えするため、Flutterによるクロスプラットフォームでのアプリ開発を開始いたしました。■FlutterとはGoogleが開発したモバイルアプリケーションのフレームワークです。クロスプラットフォームに対応しており、1つのソースコードでAndroidとiOSのどちらのアプリも開発が可能となります。■Flutter開発3つのメリット(1) シングルコードベースによるコスト削減と高い保守性Flutterは基本的にはiOS・Android共に同じソースコードでアプリを作ることができます。そのため、従来のネイティブアプリ開発よりも開発工数が少なく、開発費の削減やスケジュールの短縮が見込まれます。さらに追加改修、バグ改修などにもすばやく対応しやすいため、保守性も向上し...more
カテゴリー:

GitHubから削除された「youtube-dl」関連プロジェクトが復活へ。違反の事実はないと判断 - 11月19日(木)18:05 

アメリカレコード協会(RIAA)からの要請により、10月23日にGitHubから削除されていた「youtube-dl」プロジェクトが現地時間の11月16日に復帰した。復帰までの経緯はGitHubの公式ブログに記載されているが、日本語ではマイナビの記事が詳しい(GitHubブログ、マイナビ)。 今回の復帰には電子フロンティア財団(EFF)が一役買っていたようだ。EFFのの弁護団から送られてきた書簡の内容などから、GitHub側はyoutube-dlのライブラリが、RIAAの申し立てはDMCAの第1201条に違反している事実はないと判断。復帰につながった模様(CNET)。 GitHubは今後の方針として、著作権侵害が明らかな場合は削除を行うが、削除の前に所有者に対して問題を修正する機会を与えること、1201条に基づく削除要請は専門チームによりレビューを行い、不当な申し立ては拒否、合法な場合は削除前に所有者に通知を行うとしている(ITmedia)。 あるAnonymous Coward 曰く、先日話題になった、 RIAA からの DMCA notice によって GItHub から削除された youtube-dl だけど、無事に GitHub へ復帰したみたい。RIAA が口実にしたテストコードの中にあったミュージッククリップのダウンロードを削除した対応かな。 詳しくは Gi...more
カテゴリー:

M1搭載MacBook Airレビュー、新しい扉を開けたAirは多くの人におすすめしたいAppleシリコンMac - 11月19日(木)11:30 

ハードウェアのレビューはおおむね退屈な仕事だ。ときには、何か新しいものや、地球を震わせる可能性のあるものが登場するが、全体としては地道な進歩があるだけだ。製品ラインを新鮮に保つために、小さく徐々に変化を刻んでいく中で、やり方を間違えなければ、ライバルとの差別化を果たすことができる。 Apple(アップル)も、もちろんその意味で、誰にも負けないくらい有罪だ。これは、12カ月から24カ月で繰り返される製品サイクルの宿命に過ぎない。すべてのリフレッシュが革命とはなり得ないのだ。しかし、それがいつものことだとしても、やがてゲームチェンジャーはやってくる。製品ラインにより深い変革をもたらす、否定しようもない何かが、状況を変えるのだ。前回から3カ月の時間をおいて開催された、2020年3度目の大規模プレスカンファレンスで発表された3種のMac(マック)には、まさにそれが当てはまる。 かつてアップルが、それまで10年以上にわたって依存していたチップテクノロジーのPowerPC(パワーPC)から、インテルプロセッサーに跳び移ってから15年が経った。そのときの移行は、アップルが選んだ技術の限界に突き当たったために行われたものだ。それまでPowerPCはアップルを大いに支えていたが、それでもアップルが欲する次世代ポータブル端末のためのパワーに欠けていたのだ。 そのときの移行と同様に、Appleシリコンへ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ソースコード」の画像

もっと見る

「ソースコード」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる