「デバイス」とは?

関連ニュース

Nintendo Switchをお絵かきツールにするソフト「Colors Live」--感圧式ペンが付属 - 05月26日(火)15:00 

さまざまなスタイルで楽しめる任天堂のゲーム機「Nintendo Switch」だが、これをお絵かきデバイスとして使うためのソフト「Colors Live」が登場したので紹介しよう。
カテゴリー:

ソフォスの調査により、組織がランサムウェア攻撃で身代金を支払った場合、被害の回復にかかる費用が2倍になることが明らかに - 05月26日(火)14:00 

2020年5月26日<<報道資料>>ソフォス株式会社ソフォスの調査により、組織がランサムウェア攻撃で身代金を支払った場合、被害の回復にかかる費用が2倍になることが明らかに~ソフォスが世界的に実施した調査から、組織が身代金を支払った場合、被害の回復にかかる平均費用は1億4千万米ドルであったのに対して、支払わなかった場合は73万米ドルであったことが判明。その中でも、日本は被害回復に最も高い費用を支払っている国の一つであることが明らかに~~SophosLabs、身代金の支払いに対する圧力を増大させるMazeランサムウェア手法について報告~ネットワークおよびエンドポイントセキュリティのグローバルリーダー企業である英国ソフォス(日本法人:ソフォス株式会社 東京都港区 代表取締役 中西 智行)は本日、世界的に実施した調査に関するレポート『The State of Ransomware 2020(ランサムウェアの現状2020年版』(https://www.sophos.com/ja-jp/medialibrary/Gated-Assets/white-papers/sophos-the-state-of-ransomware-2020-wp.pdf )を発表しました。この調査結果により、組織がランサムウェア攻撃を受けた際、暗号化されたデータを復元するためにサイバー犯罪者に身代金を支払うことは、被...more
カテゴリー:

進化するビジュアルコミュニケーションシステム グルーピング機能などの新機能を搭載した 「LiveOn(R)(ライブオン)Ver.17.0/ Ver17.0i」をリリース - 05月26日(火)11:00 

ジャパンメディアシステム株式会社(略称:JMS、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:富樫泰章)は、ビジュアルコミュニケーションシステム「LiveOn(R)(ライブオン)」Ver17.0/Ver.17.0i」を令和2年6月25日より販売開始いたします。今回の新バージョンでは、会議中に参加者をグループに分けて個別にやり取りを行うことができるグルーピング機能を追加し、グループディスカッションなどを簡単に行える環境を実現します。その他、新しいユーザーインターフェイスの追加や映像表示機能の改良など、従来の機能の改良も行っております。■LiveOn(R)(ライブオン)Ver17.0、Ver17.0iの新機能及び改良点1. 画面表示機能の改良 通常会議室に、新しいユーザーインターフェイスを追加します。 新しいユーザーインターフェイスでは、映像が可能な限り大きくなるよう改良を加えております。2. 映像表示機能の改良 複数のカメラデバイスをご利用の際に、自己映像画面上からカメラをワンクリックで 切り替えることができる簡易カメラ切替え機能を追加いたします。3. グルーピング機能の追加 会議中に参加者を3つのグループに分けて個別に会議を行うことができる機能を追加し、 これによりグループディスカッションなどを容易に行うことが可能となります。4. プレゼンス機能の改良 プレゼンス機能のユーザーインターフェ...more
カテゴリー:

デジタルネイティブ世代でも、電子カルテは苦手? - 05月26日(火)10:00 

令和の研修医・コジカちゃん。世代的にデジタルデバイスは得意かと思いきや、電カルの入力には日々苦戦しているようです。慣れるまではもう少し掛かりそう・・・。皆さんのお近くの研修医はどうですか?
カテゴリー:

「IoTが進むことで、あらゆるモノがネットに接続.. - 05月26日(火)07:20 

「IoTが進むことで、あらゆるモノがネットに接続されていきますが、常に手が届く範囲内にあるわけではない。手を使わないで検索したり、デバイスに指示をしたりする必要が出てくるはずで、その方法として音声には大きな可能性がある」
カテゴリー:

電通テック、ECとリアル店舗をつなぐ店頭支援ソリューション「リテソリ」の具体的な活用施策を紹介 - 05月26日(火)14:00 

2020年5月26日 株式会社 電通テック  株式会社電通テックは、当社ウェブサイト内にて展開している「TEC Solution SHOWROOM」の新コンテンツ「リテソリ(リテールテクノロジーソリューション)02」を公開いたしました。   「TEC Solution SHOWROOM」では、企業のマーケティング・販促担当者および営業担当者が直面している様々な課題に対応したソリューションを紹介しております。 この度公開した新コンテンツは、当社が提供する次世代の店頭支援ソリューション「リテソリ」の具体的な活用施策にフォーカス。販売チャネルのオンライン化が加速するなか、自社の情報資産である購買データなどの有効活用に課題を抱える流通小売業界の担当者に向けて、オンラインとオフラインのデータを横断的に相互活用し、リアル店舗でのショッピング体験や売上向上に貢献する「データ×店頭デバイス」の各種施策をご紹介。ソリューション概要をまとめたダウンロード資料もご用意いたしました。   今後も、当社のプロモーション領域における豊富なノウハウを生かし、様々な課題に結果を出す解決策を継続的に提供してまいります。ぜひ、ご活用ください。     「TEC Solution SHOWROOM」新コンテンツ   ■「リテソリ02」 オンラ...more
カテゴリー:

「Outlook」の電子メール署名、デバイスごとの設定が不要に - 05月26日(火)12:00 

マイクロソフトが6月にアップデートを予定している「Windows」版の「Microsoft Outlook」クライアントでは、電子メールの署名をデバイスごとではなく、クラウドに格納できるようになるという。
カテゴリー:

シュナイダーエレクトリック、エッジでの管理を簡素化する新しいパブリックAPIを発表 - 05月26日(火)11:00 

このリリースは5月21日に米国 マサチューセッツ州アンドーバーにて発表されたリリースの抄訳です。● EcoStruxure IT Expert APlによりユーザーは、遠隔モニタリング機能を好みのプラットフォームに統合でき、分散ITインフラへの可視性強化を実現● 継続的イノベーションと新機能の追加によるEcoStruxure ITソリューションのポートフォリオ強化を行い、パートナーにとっての新しい収益ストリームと一層オープンなエコシステムを創出エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは本日、クラウドベースのソフトウェア、EcoStruxure IT Expert向けのパブリックAPI(Application Programming Interface)をリリースしたことを発表しました。EcoStruxure IT Expert向けの初のパブリックAPIにより、ITソリューションプロバイダーおよびエンドユーザーは、電力および重要インフラのモニタリングプラットフォームをお好みの管理システムにシームレスに統合できるようになります。シュナイダーエレクトリックはEcoStruxure IT Expert APIを発表することで、分散ITインフラを管理するITソリューションプロバイダーやエンドユーザーがエッジ...more
カテゴリー:

JCV、顔認証&体温検知デバイスに5.5インチの小型モデル「SenseThunder-Mini」 | IT Leaders - 05月26日(火)10:00 

日本コンピュータビジョン(JCV)は2020年5月25日、顔認証と体温検知を同時に行うデバイスに、新しいラインアップとして、5.5インチとコンパクトなモデル「SenseThunder-Mini」を追加した。価格は、要問い合わせ。
カテゴリー:

タイの通信大手AISで80億件ものネット利用記録のデータベースが流出 - 05月26日(火)07:00 

タイの通信ネットワーク最大手AISは、何百万人ものインターネットユーザーの何十億というリアルタイムインターネットの利用記録を流出させていたデータベースをオフラインにした。 セキュリティ研究者のJustin Paine(ジャスティン・ペイン)氏は、DNSクエリやNetflowデータを含むデータベースがパスワードなしでインターネット上にあることに気づいた、とブログに書いた。このデータベースにアクセスすると、インターネットユーザー(あるいは世帯)が今、何をしているのか誰でも「すぐに見当をつけられる」とペイン氏は話している。 ペイン氏は米国時間5月13日にAISにデータベースがオープンになっていることを警告した。しかし1週間経ってもAISからの反応がなく、ペイン氏は明らかなセキュリティ上の過失を通称ThaiCERTというタイの国家コンピューター緊急対応チームに報告した。そしてThaiCERTがAISに連絡を取った。 しばらくしてデータベースはアクセスできなくなった。 データベースを誰が所有しているのかは明らかではない。ペイン氏は、データベースで見られた記録の種類は、ネットワーク内を飛び交うインターネットトラフィックを監視できる人からのものだとTechCrunchに語った。ただ、データベースがインターネットプロバイダーに属するものなのか、あるいは子会社の1社のものなのか、はたまたAISネット...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「デバイス」の画像

もっと見る

「デバイス」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる