「デバイス」とは?

関連ニュース

「プルーム・エス」が2,980円に! 3月上旬より値引きキャンペーンを開始 - 02月26日(水)16:21 

JTは、2020年3月上旬より、高温加熱型の加熱式たばこ用デバイス「プルーム・エス」スターターキットを、メーカー希望小売価格税込3,480円のところ、期間限定の特別価格税込2,980円で販売するキャンペーンを開始する。
カテゴリー:

エリア別SEO順位取得ツールORRがリニューアル。月額80円から利用可能になりました。 - 02月26日(水)15:00 

リサーチ合同会社は、2020年2月27日にSEO順位取得ツール【ORR】のリニューアルを行い、さらに低価格でサービス提供を行えるようになりました。「リニューアルによる変更点」・月額80円から利用可能となりました。・検索ベンダーを選べるようになりました。・検索デバイスを選べるようになりました。・市区町村別に順位取得できるようになりました。・競合のSEO順位取得も自動で10ドメインまで可能になりました。・順位履歴データが1年以上を閲覧できるようになりました。・画像検索順位も自動取得できるようになりました。SEOの順位は都道府県はもちろん、市区町村別にも違います。これまでのアプリケーション型ではこの課題をクリアできませんでした。クラウド型のORRであればこの課題をクリアでき、余計な手間を省くことができます。ORRによって正確なエリア別SEO順位を把握し、今後のSEO施策やWEB広告施策をプランニングすることを推奨します。リサーチ合同会社お問い合わせ先:mail@seo-research.co.jp配信元企業:リサーチ合同会社プレスリリース詳細へドリームニューストップへ
カテゴリー:

Moxa、4G LTE/Wi-Fi通信対応の耐久性に優れたARMベースのデュアルコアIIoTゲートウェイ「UC-8200シリーズ」を発表 - 02月26日(水)14:00 

台湾、台北、2020年2月26日 - 産業用通信およびネットワーキングのリーディング・カンパニーであるMoxaは、耐久性に優れたワイヤレス対応IIoTゲートウェイ「UC-8200シリーズ」を本日発表しました。UC-8200シリーズでは、-40~85°Cという広範な温度範囲に対応し、過酷な環境でも動作するよう設計された、Arm Cortex-A7デュアルコア1 GHzプロセッサを採用したファンレス・コンピューターが搭載されています。デュアル・シリアル・ポート、デュアル・ギガビット・イーサネット・ポート、4 DI、4 DO、1 CANポートのほか、デュアルmini PCIeスロット、デュアルSIMスロットがサポートする冗長Wi-Fi/セルラー接続により、ユーザーはIIoTアプリケーションにおける幅広い複雑な通信シナリオでUC-8200を効率的に展開できます。MoxaのUC-8200シリーズは、産業オートメーション・プロジェクトで求められる長寿命のニーズに応えるため、5年間のハードウェア保証と、Moxa Industrial Linuxに対する10年間の長期サポートを提供しています。ワイヤレス対応UC-8200シリーズのコンピューターは、デュアルSIMスロットによる冗長性や内蔵のGPSによる位置情報追跡機能とともに、LTE Cat. 4ネットワークへの組み込みセルラー接続機能を備えていま...more
カテゴリー:

クアルコム、5G対応XRデバイスのリファレンスデザインを発表 - ケータイ Watch - 02月26日(水)12:46 

クアルコム、5G対応XRデバイスのリファレンスデザインを発表 - ケータイ Watch
カテゴリー:

糖尿病管理向け電子皮膚パッチ市場2024年には66億1270万米ドルに - 02月26日(水)11:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「世界の電子皮膚パッチ市場:タイプ、用途、14か国のデータ、競合動向 - 分析と予測(2019~2024年)」 (BIS Research Inc.) の販売を2月26日より開始いたしました。この図は世界の電子皮膚パッチ市場の応用別シェアを示しています。糖尿病管理は、2018年の時点で26億7930万米ドル、2024年には66億1270万米ドルに達すると予想されています。この間のCARGは16.55%となります。糖尿病の有病率の増加により、糖尿病管理は電子皮膚パッチ市場の2018年の収益に最も貢献しました。一方で、心血管管理、体温モニタリング向け市場は糖尿病管理を上回る17.39%のCAGRで拡大するとされています。これは、人々の間で健康とフィットネスに対する意識が高まっていることに起因しています。糖尿病は最も一般的な慢性疾患の1つであり、いくつかの合併症により、死亡リスクが大幅に高まることで知られています。ウェアラブルデバイスの進化により、糖尿病の非侵襲的な管理が可能になりつつあります。非侵襲グルコースセンサーでグルコース値を測定し、インスリンポンプによりインスリンを連続的に供給することができます。リモートコントロールの弱点はその脆弱性にあり、時にはリコールにつながる事例も見受けられます。たとえば、Medtronic社はメッ...more
カテゴリー:

Airbnb、宿泊施設を提供する大家に対し宿泊者を監視する機器の導入を推奨 - 02月26日(水)15:31 

Anonymous Coward曰く、 いわゆる「民泊」 の仲介サービスを手がけるAirbnbが、宿泊施設を提供する大家に対し騒音監視デバイスの購入を推奨しているという。「未承認のパーティーを防ぐため」とのことだが、これに対し宿泊者を密かに監視させる行為だとの批判が出ているようだ。 この騒音監視デバイスは想定外の音量の騒音が発生すると大家に警告が届く仕組み。24時間年中無休で家を監視し、異常が発生したと思われる場合は住宅所有者に警告する。ただし、宿泊者のプライバシーを守るために音声は録音していないとしている。騒音監視デバイスには3種類があり、Airbnbは52ドルから265ドルという価格で提供しているという。 そのうちの1つである「Minut」というデバイスでは、騒音監視だけでなく温度監視機能があり、体温で利用者の行動を監視できる。しかし、セキュリティ専門家のDaniel Cuthbert氏は「機器によって収集されたデータがどのように処理され、どこに送信されているのか分かりにくい。デバイスが提供する機能とプライバシーのバランスを取ることは非常に難しい」と懸念を表明している。 デジタル権利を守る米国の組織「Fight for the Future」の副ディレクターEvan Greer氏は「生活のより広範な部分で監視が増加する傾向にある。たしかにMinutのような騒音監視や温度監視を...more
カテゴリー:

電通デジタル、デジタルコマース領域において Dynamic Yieldを活用したROI改善ソリューションの提供開始 - 02月26日(水)14:00 

2020年2月26日 株式会社電通デジタル 株式会社電通デジタル(本社:東京都港区 代表取締役社長:川上宗一 以下、電通デジタル)は、Dynamic Yield Inc.(本社:ニューヨーク州 CEO:Liad Agmon 以下、Dynamic Yield社)と、ソリューションパートナー契約を締結しました。本契約締結により、デジタルコマース領域においてパーソナライゼーションプラットフォーム「Dynamic Yield(ダイナミックイールド)」を活用したROI改善のためのソリューション提供を開始します。 Dynamic Yield社が開発した「Dynamic Yield」は、AIを活用したパーソナライゼーションプラットフォームです。統合されたオン/オフのユーザーデータをもとに、ウェブ、アプリ、DM、広告などあらゆるコンタクトポイントで、ユーザーの嗜好に合わせたコンテンツの出し分けを行い、最適なユーザー体験の提供が可能です。また、それぞれのコンタクトポイントにかける予算配分の最適化により、マーケティング予算全体に対するROI向上も期待できます。現在、世界有数のEコマースブランドをはじめ、グローバル企業300社以上に採用されています。   電通デジタルは、デジタルコマース領域における事業戦略策定からサイト制作・開発、店頭販促までのあらゆるフェーズで事業支援を行っています...more
カテゴリー:

軸流ファンの世界市場、2027年に70億6,990万米ドル規模へ到達見込み(The Insight Partners発行レポートより) - 02月26日(水)13:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「世界の軸流ファン市場:速度、サイズ、用途、タイプ、エンドユーザー別の予測(2027年まで)」(The Insight Partners発行)の販売を2月26日より開始いたしました。【軸流ファン用途の多様化に伴う急速な工業化、世界市場はCAGR4.0%で拡大予測】The Insight Partnersによると、世界の軸流ファン市場は、2018年に49億7,350万米ドル規模に達し、2027年には70億6,990万米ドルに到達すると予想されています。予測期間中、同市場はCAGR4.0%で成長する見込みです。当レポートは、市場の成長促進因子の他、主要プレーヤーに関する情報を提供しています。軸流ファン市場は、速度別に低速、中速、高速に分類されます。中速セグメントは、2018年に軸流ファン市場最大のシェアを占めていました。中速軸流ファンは、ダクト付きまたはダクトなしの商用および産業用換気システムに最適です。軸流ファンは、清潔な空気、汚染空気、または高温空気の換気に使用できます。中速軸流ファンは、オフィスビル、駐車場、倉庫、製造工場などの商業施設または工業施設の一般的な換気に適しています。ファンは、屋内と屋外の両方の用途向けに設計できます。これらのファンは、冷却器、コンデンサー、冷却装置、スパイラルエアブラスト冷凍庫、ラジエーター、オ...more
カテゴリー:

中国ハイテク企業はどのように新型コロナウイルスと戦っているのか? - 02月26日(水)11:17 

新型コロナウイルス感染症の影響についてはTechCrunchでもたびたび取り上げてきたが、今回、中国のハイテク企業がこの大流行にどのように対処してているかを取材した。また、これが中国以外の世界にとっての意味についても紹介する。新型コロナウイルス感染症の大流行は中国の社会、経済全般に大打撃をもたらしているが、わずかな救いはテクノロジーが人々の相互の接触を最小限とする手助けとなっている点だ。巨大な人口が自宅で過ごすためにテクノロジー企業がどのような役割を果たしているかにも触れたい。2002年に中国で流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)は800人近い死者を出したが、これが中国におけるeコマースを立ち上げるきっかけとなった。人々は感染を避けようとして外出を控えることととなり、オンライン通販に頼るようになった。Jack Ma(ジャック・マー)氏の伝記によれば、Alibaba(アリババ)のオンライン・マーケットプレイスであるTaobao(タオバオ)が急成長したのも、ちょうどこのSARS流行期だった。それから20年近く経ってさらに深刻な新型コロナウイルス感染症が中国の多数の都市をマヒさせている。この中でテクノロジー企業は自らの活動を維持すると同時に生活のライフラインとなり、また新型コロナウイルスを封じ込めるための国や民間の努力を助けようとしている。データ分析企業のQuestMobileのレポ...more
カテゴリー:

マカフィー、セキュリティ対策課題抽出を支援する 「標的型攻撃耐性診断サービス」を強化 - 02月26日(水)11:00 

  マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 辰夫)は、 企業が対策すべき課題の抽出を支援する 「標的型攻撃耐性診断サービス」を強化し、提供を開始しました。 これによりお客様はサイバー脅威の現況に即した対策すべき課題点が より明確となり、結果的にROI(投資対効果)の高い セキュリティ投資が可能になります。   攻撃手法の多様化・高度化に伴い、標的型攻撃による情報漏えいなどの セキュリティインシデントは鎮静化することなく、 未だに多く確認されています。   また昨今では、データは「21世紀の石油」と称されることもあり、 企業にとって非常に貴重な資産となっていることから、 企業は今まで以上に情報資産を保全する必要が高まっています。 それに伴い、マカフィーでは、具体的な対策をどのように施すべきか、 また、対策が適正かどうかの相談を受ける機会が増加しています。   本サービスは、情報セキュリティに関する総合的な コンサルティングサービスを提供するプロフェッショナルサービス部門が、 想定したシナリオを基に実環境において攻撃者として振る舞い、 対策を技術的に検証します。 今回、近年のマルウェアの挙動など最新の脅威動向を反映し、 日々進化し巧妙化する攻撃手法を用いたシナリオに更新しました。   疑似マルウェア送付の遮断可否を...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「デバイス」の画像

もっと見る

「デバイス」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる