「変更点」とは?

関連ニュース

ASCII.jp:変更点はそれほど多くないWindows 10の秋アップデートが完成 (1/2)|Windows Info - 10月13日(日)10:11 

ASCII.jp:変更点はそれほど多くないWindows 10の秋アップデートが完成 (1/2)|Windows InfoWindows 10 秋のアップデートが完成したようだ。今年11月に一般配布予定で、Windows 10 Ver.1909になる予定の「Windows 10 November 2019 Update」(以下、19H2と表記)は、最終版となる予定のビルド18363.418が作られ、Windows Insider ProgramのRelease Previewの参加者向けに配布されることがブログで公表された。 19...
カテゴリー:

新・OS X ハッキング! 第251回 ついに公開「Catalina」、ココが変わった(その1) - 10月11日(金)10:00 

日本時間の10月8日、ついに「macOS 10.15(Catalina)」が公開された。Appleの秘密主義は過去のこと、ここ数年は正式リリース前に登録開発者限定のクローズドなベータテストを行い、その後非開発者のユーザもくわえパブリックベータテストを行うスタイルに変更されているため、リリース前に"噂"が広がってしまい、驚くほどのニュースがないのは確かだ。とはいえ、実際にアップデートしてみると、パブリックベータでは知られていなかった/注目されていなかったあれやこれやが浮上するのも事実。今回は、そんなCatalinaの知られざる/注目されざる変更点をいくつかピックアップしてみよう。
カテゴリー:

Windows 10 ビルド18995、WSL 2の改善進む - 10月08日(火)10:11 

Microsoftは10月3日(米国時間)、公式ブログで、Windows 10 Insider Preview Build 18995の変更点や新機能などを伝えた。このビルドにおいても、WSL 2 (Windows Subsystem for Linux version 2)の改善や機能追加が行われている。
カテゴリー:

GoProが新アクションカムのHero8 BlackとMAXを発表 - 10月02日(水)19:00 

GoProはHeroシリーズと360度アクションカメラの新バージョンを発表した。399ドル(約4万3000円)のGoPro Hero8 Blackの最大の変更点は、GoPro独自のマウントシステムをケースに直接組み込んだ新ボディデザインになり、自撮り棒や吸着マウント、ボディマウントなどに取り付けるための、アドオンフレームが不要になったことだ。 GoPro Hero8 Blackは1080pから4Kの解像度で撮影でき、独自のデジタル安定化技術の第2世代バージョンことHyperSmooth 2.0も搭載されている。GoPro Hero7で初公開された最初のHyperSmoothはその有効性が称賛されたが、新バージョンはさらに強力で、その効き具合を調整できる新しいオプションが存在する。 GoPro独自の可変録画モードことTimeWarpもバージョン2.0にアップグレードされ、マイクなしでの録画での防風効果が向上した。本体の変更によりレンズは取り外せなくなったが、GoProはフィルタ用の新しいマウントシステムを間もなくリリースする予定だ。 新デザイン以外にも、一連の新しい別売りアドオンがあり、GoProはこれを「Mods(モッド)」と呼んでいる。ショットガンマイクを内蔵したMedia Mod(79.99ドル、約8600円)や、フリップアップ式の液晶ビューファインダーを備えたDisplay...more
カテゴリー:

消費税10% 岡山城など料金改定 岡山市 貸自転車など据え置きも - 10月01日(火)08:10 

 1日から消費税率が10%に引き上げられるのに伴い、岡山市でも岡山城や美術館など市営施設の利用料や水道料金が改定される。一方で貸自転車や一部の市営駐車場の料金は据え置く。主な変更点などをまとめた。...
カテゴリー:

防災対策は人それぞれに違いあり、だからこそ日常生活で「オーダーメイド防災」で最適な備えを - 10月11日(金)11:41 

9月1日は「防災の日」。みなさんのご家庭では、普段からどのような防災対策をしているでしょうか。近年の度重なる地震・豪雨・大型台風がきっかけで、防災について改めて考えたり、見直したりするという方もいることでしょう。パパやママであれば、「防災」についてまず真先に我が子の安全や身の守り方について考えるかもしれません。当然のことながら、家庭によって構成人数や子供の年齢によって「防災」対策や、用意する防災グッズの種類や量にも違いがありますし、日頃から家族でコミュニケーションを取っておくことも重要ですよね。今回は、日常生活の中で防災対策を行う「アクティブ防災」を子育てママたちを中心に発信しているNPO法人ママプラグ理事の富川万美さんにインタビュー。自分たちにベストな防災について伺ってみました。東日本大震災で避難したママとの出会いが「アクティブ防災」の始まりだった 編集部:私も『ママプラグ』のサイトを見まして、共感できた部分があったのでSNSをフォローさせていただきました。『ママプラグ』の活動を立ち上げた、きっかけを詳しく教えていただけないでしょか。 冨川万美さん(以下、敬称略。冨川):きっかけは、LAXICみたいに、もともとママたちの新たなキャリアをつないだり、お母さんの子供のために育児がより楽しくできるプロジェクトを立ち上げたり…… と、「ママ...more
カテゴリー:

iPhoneユーザーはアップデートしよう! iOS 13.1.2の変更点まとめ | ライフハッカー[日本版] - 10月09日(水)03:32 

iPhoneユーザーはアップデートしよう! iOS 13.1.2の変更点まとめ | ライフハッカー[日本版]私は、自分が使っているアプリやゲーム、ハードウェアなど、何でも最新版にアップデートしないと気がすまないタイプの人間です。 自動アップデートの機能がないデバイスやソフトの場合は(自動アップデートがあったとしても)、最新の機能や修正、セキュリティパッチなどの確認のために、常にチェックしています。取り憑...
カテゴリー:

【Z会の通信教育・高1高2】新大学入試の変更点がわかる情報誌などを無料進呈! - 10月07日(月)11:00 

Z会グループのニュースリリース(2019年10月07日)【Z会の通信教育・高1高2】新大学入試の変更点がわかる情報誌などを無料進呈!
カテゴリー:

『ルクミーフォト』および ユニファコーポレートサイトリニューアルのお知らせ - 10月01日(火)16:00 

IoTやAIの力を活用することで、保育業務の負担軽減や保育の品質を向上する「スマート保育園」の実現を目指すユニファ株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役CEO:土岐泰之、以下「ユニファ」)は、Baby Tech Award Japan2019施設管理部門 大賞を受賞した『ルクミーフォト』を2019年10月1日より完全リニューアルいたしました。ユニファは「"家族?テクノロジー"で世界中の家族コミュニケーションを豊かにする」という思いを持って創業し、現在はIoTやAIの力を活用することで保育業務の負担軽減や保育の品質を向上する「スマート保育園」の実現を目指し、『ルクミー(フォト、午睡チェック、体温計)』や『キッズリー』等を展開しています。中でも保育施設における子どもの自然な表情や成長を記録し、保護者がオンライン上で購入することができる写真/動画提供サービス『ルクミーフォト』(https://lookmee.jp/photo)はユニファ創業の2013年5月より提供しているサービスで、2019年8月時点で登録ユーザーは約18万人、2,200以上の保育施設でご利用いただいております。この度のリニューアルでは、『ルクミーフォト』を利用されるユーザーの皆様が直感的に操作できることを最優先に、サイトデザインいたしました。『ルクミーフォト』新画面■機能の変更点・ご要望の多かった、カート機能を追加...more
カテゴリー:

WSL2の開発が続く、2020年5月版のWindows 10 - 09月27日(金)14:33 

Microsoftは9月24日(米国時間)、公式ブログでWindows 10 Insider Preview Build 18990に導入された新機能や変更点などを紹介した。この開発版は2020年5月にフィーチャーアップデート版としてWindows 10への提供が開始される見通し。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「変更点」の画像

もっと見る

「変更点」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる