「セキュリティ」とは?

関連ニュース

2024年以降にカジノが日本にできる? その前に「カジノの世界」を学ぼう! - 11月15日(金)20:07 

画像素材:PIXTA今年9月、横浜で「ギャンブル依存症が増える」「治安が悪化する」といった理由から、カジノ誘致を反対する声が上がった。確かにカジノといえば危ない印象がつきまとう。でも、世界のカジノをよく知る人からはそのイメージを残念がる声も。世界ではどんな場所だと思われているの? 日本では知られざるカジノの魅力を、カジノディーラー育成学校「日本カジノ学院」に聞いた。本来は健康的な場所? ゴージャスなオトナの遊び場画像素材:PIXTA2016年12月に「カジノ法案」が成立して以来、しばしばカジノに注目が集まっている。大きな観光資源になるという賛成派の声がある一方で、今年9月には横浜でカジノ反対派が声をあげ、一悶着あったばかりだ。悪いイメージが先行しているが、そもそもカジノとは、世界ではどういう位置付けなのだろう?「日本では競馬やパチンコと同じギャンブルとして後ろ暗い文脈で語られるのですが、それは大きな誤解です。世界におけるカジノは、高級ホテルや豪華客船と同じ、きらびやかで美しい世界なんですよ」と教えてくれたのは、日本カジノ学院代表・贄田(にえだ)崇矢さんだ。そもそもギャンブルの歴史をひもとくと、有史以来、私たちのご先祖は石や木片、動物の骨などをダイスとしてさまざまなゲームを考案して遊んできた。そして、17世紀のイタリアで産声をあげたのがカジノだ。「男性はスーツやタキシード、女性はカク...more
カテゴリー:

【東京都】中学生・高校生、五輪ボランティア半強制参加へ ★7 - 11月15日(金)17:53  newsplus

強制ではないということですが、果たしてボランティアといえるのでしょうか。 来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京都は、ボランティア体験を希望する中学生と高校生を募集していますが、実際は具体的な人数が学校ごとに割りふられ、学校によっては半ば強制的に参加を求められていることがわかりました。専門家は「ボランティアに大事なのは、自発性だ」と批判しています。 東京オリンピック・パラリンピックの期間中は「大会ボランティア」や、「都市ボランティア」として、合わせて10万人を超えるボランティアが...
»続きを読む
カテゴリー:

セキュリティ専門家、「ブラックリスト作成は困難なうえ、仮想通貨詐欺の防止には不十分」【Blockshow】 - 11月15日(金)16:37 

コインテレグラフが後援する仮想通貨・ブロックチェーンのカンファレンス「ブロックショー(Blockshow)アジア2020」で、セキュリティ専門家らは、ひとつの完結したブラックリストを作成することは困難なだけでなく、それだけでは仮想通貨詐欺の防止にならないとの意見で一致した。
カテゴリー:

Nordic Semiconductor、低消費電力IoTアプリケーション向けに世界初となるデュアルArm Cortex-M33プロセッサの無線SoCを発表 - 11月15日(金)14:00 

2019年11月15日 【参考日本語訳】nRF5340は、プログラマブルな超低消費電力ネットワークプロセッサと高性能アプリケーションプロセッサを統合し、高度な信頼の基点(root-of-trust)とトラステッドな実行セキュリティ機能を備えた、低消費電力のマルチプロトコルSoCで、プロ仕様の照明、産業オートメーション、先進のウェアラブルといった複雑なIoTアプリケーションに対応2019年11月14日 - ノルウェー、オスロ発 - 超低消費電力無線ソリューションのリーディング・プロバイダーであるNordic Semiconductor(OSE:NOD、以下Nordic)は本日、次世代のnRF5シリーズSoCの最初の製品としてハイエンドのマルチプロトコルSystem-on-Chip (SoC) nRF5340を発表しました。nRF5340は、世界中で採用され多くの実績のあるNordicのnRF51およびnRF52シリーズのマルチプロトコルSoCをベースとしており、高度なセキュリティ機能を搭載したフレキシブルなデュアルプロセッサのハードウェアアーキテクチャを新たに導入しています。nRF5340は、Bluetooth 5.1/Bluetooth Low Energy(Bluetooth LE)、Bluetooth mesh、Thread、ZigBeeをはじめ主要なRFプロトコルをサポートし...more
カテゴリー:

【アップル】iPhone 11シリーズで苦情が相次いでいました通信障害をアップデートで修正 - 11月15日(金)13:09  newsplus

 アップルは7日(米現地時間)、iOS 13.2.2およびiPadOS 13.2.2の配信を開始しました。前回のiOS 13.2から約10日ぶり、早めのマイナーアップデートとなります。 届いていれば通知から、あるいは[設定]>[一般]>[ソフトウェア・アップデート]から確認して手動でアップデートできます。 今回は新機能の追加はなく、主な更新点はバグの修正および改善となっています。 アップルの公式リリースノートによると、まずアプリがバックグラウンド中に予期せず終了するバグが修正されているとのこと。 この不具合はiOS 13.2配信当初よ...
»続きを読む
カテゴリー:

桜を見る会 安倍首相の説明詳報(4)「事務所を信頼するが、改めて確かめた」 - 11月15日(金)19:46 

 --首相自身の関与は 「それは私は総理大臣で、総理の職に全力投球をしておりますから、これ、入り口で私がですね、受付をするということももちろんありませんし、当然事務所がずっとやっているということであります」 --今回のことを把握されたのは今日か 「今、どういう手続きでやっているかということについて、詳細について聞いたということであります。私どもの事務所については、当然にですね、公職選挙法にのっとって今まで瑕疵(かし)なくやってまいりましたから、信頼をしておりましたが、改めて詳細について確かめたということです」 --長年、どんな方が参加されているという認識で会ったのか。実際に会われる方とのギャップは 「いろんな方々が。叙勲を受けられた方々もおられますし、いろんな方々、まさに皆さんの会社のですね、トップの方、幹部の方、あるいは報道機関のキャップ方などたくさん来られてますね。でも、そういう方々だけではなくて、市井の方々もですね、なるべく多く来られる、なかなか私自身、そう接触する機会がありませんから、そういう意味においても、今までおそらく推薦をですね、与党にも出していたんだろう、こういうふうに思います」 「そういう市井の方々の中にもですね、それぞれ地域で頑張っておられる方々たくさんいますから。じゃ、どういうふうに選ぶんだってなかなか難しいところがあると思います。そういう中で今までこういう方...more
カテゴリー:

FFRI、次世代エンドポイントセキュリティ「FFRI yarai」Version 3.3 をリリース ~検出エンジンのロジック強化、新機能「クラウド連携機能」を標準搭載~ - 11月15日(金)17:00 

サイバー・セキュリティ領域において国内で独自の研究開発活動を展開している株式会社FFRI(本 社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鵜飼裕司、以下 FFRI)は、振る舞い検知技術を使用した5つの自社開発エンジンで、既知・未知のサイバー脅威を防御する次世代エンドポイントセキュリティ「FFRI yarai」 Version 3.3 を 2019年11月15日にリリースいたします。最新の脅威動向に対応した検出エンジンの強化を始め、検出精度向上並びにシステム管理者の負荷を大幅に低減する「クラウド連携機能」を新たに搭載しました。近年のマルウェアを利用したサイバー攻撃は、サイバー・セキュリティ対策ソリューションの検出を逃れるために正規プロセスを偽装する攻撃手法や、実行ファイルを使わない手法(ファイルレスマルウェア)などステルス性の高い攻撃が増加しています。FFRIでは、こうした最新のサイバー攻撃への対策強化をはじめ、既存の検出ロジック改善による検出精度の向上や、近年運用が増加しているWindows Defenderと同居時のパフォーマンス向上などの改善を盛り込んだ、FFRI yarai Version 3.3をリリースしました。 また、検出精度を向上し、システム管理者の負荷を低減する新機能「クラウド連携機能」を実装しました。本機能は、世界中から収集した脅威情報のデータベースを持つFFRI独自のクラ...more
カテゴリー:

( ヽ´ん`)「生まれてきて、ごめんなさい」 なんて声かける? - 11月15日(金)14:00  poverty

ZombieLoad v2による脆弱性を発見したシュワルツ氏らによる研究チームは2019年4月にIntelへ警告を行い、同年5月にパッチを適用したMDSの欠陥についても報告しています。 Intelは脆弱性に対処できるアップデートを備えたセキュリティパッチを考案するまで、ZombieLoad v2の詳細を公表しないよう研究者に依頼していたとのこと。 http://gigazine.net/news/20191114-intel-casc ...
»続きを読む
カテゴリー:

スマートホーム需要の持続には、企業が消費者のデジタル疲れとプライバシーに関する不安に対応する必要あり - 11月15日(金)13:49 

2019/11/15 EY Japan EY調査:スマートホーム需要の持続には、企業が消費者のデジタル疲れとプライバシーに関する不安に対応する必要あり ・調査対象の消費者の45%はインターネット接続機器から離れる時間を積極的に模索している ・同72%は信頼性のあるウェブサイトに対しても、個人データの開示に関し不安を抱いている ・ストリーミングによってコンテンツ消費が再定義され、従来のテレビ視聴に波乱を巻き起こしている EYは、4カ国(フランス、オランダ、英国、米国の4つの市場)で実施した調査「Decoding the digital home(デジタルホームを解き明かす)」の結果を発表しました。本調査の数値は、4つの市場において、テクノロジー、メディアおよびエンターテインメント、通信(TMT)サービスに対する家庭の消費者態度を評価したものです。 本調査によると、消費者の54%がインターネットは社会生活に不可欠と回答する一方、半数近く(45%)がスマートフォンや他のインターネット接続機器から離れる時間を積極的に模索しており、25~34歳の消費者に限るとその割合は53%に達しています。 また、スマートユーティリティの5年間の普及見通しは過去最高で、スマートホーム製品・サービスの普及率は望ましい状態にあるようですが、コネクティビティが急増する現状が消費者の信頼を徐々に低...more
カテゴリー:

アルファCo---2Q増収ながら減益、セキュリティ機器事業は国内・海外ともに堅調 - 最新株式ニュース - 11月15日(金)13:00 

<3434>  アルファCo  1325  +4アルファ<3434>は14日、2020年3月期第2四半期(19年4-9月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比5.6%増の303.49億円、営業利益が同23.6%減の11.24億円、経常利益が同22.6%減の11.22億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同30.0%減の8.14億円となった。自動車部品事業(日本)では、主要得意先の生産台数が減少
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「セキュリティ」の画像

もっと見る

「セキュリティ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる