「一元管理」とは?

関連ニュース

【DMM 株】「マネーフォワード ME」との資産連携を開始いたしました - 06月05日(金)16:08 

2020年6月5日 株式会社DMM.com証券   株式会社DMM.com証券(本社:東京都中央区、代表取締役 谷川龍二)が提供する株式オンライントレード【DMM 株】は、株式会社マネーフォワードが提供する資産管理サービス「マネーフォワード ME」との資産連携を開始したことをお知らせいたします。   「貯蓄から投資へ」の流れが思うように進まず老後の資金不足が不安視される中、【DMM 株】では投資家の皆様の資産形成をサポートすることを第一義とし、業界屈指の低コストでサービスを展開しております。 このたびの「マネーフォワード ME」との連携により資産管理の利便性を高めることで、より資産形成のサポートを強化することが可能となります。   「マネーフォワード ME」は、ご利用中の金融機関口座や各種ポイントと連携し、家計簿を自動作成します。 資産を一元管理し、ご自身のお金の流れや家計の現状を把握することで、お金の不安をなくすための第一歩をサポートするツールです。   当社サービス【DMM FX】では既に資産連携が可能ですが、お客様のご要望にお応えし、このたび【DMM 株】においても対応いたしました。 ぜひこの機会にご利用いただき、「お金の見える化」にお役立てください。   サービスの詳細につきましては、以下をご覧ください。  ...more
カテゴリー:

エアークローゼット 通販アプリを刷新、エアクロとID連携へ、物流も一元管理 - 06月04日(木)07:56 

 月額制ファッションレンタルサービスを手がけるエアークローゼットは5月27日、ショッピングアプリ「ピックス」を刷新した。名称を「airCloset Fitting(エアクロフィッティング)」(画像)に変更し”エアクロ”の下ですべてのサービスを展開する。今夏には主力のエアクロとID連携し、サービスを相互利用しやすくするほか、物流面も一元管理。例えばエアクロで配送面のサービスを拡充した際にはエアクロフィッティングにも適用してユーザーの利便性を高める。  「エアクロフィッティング」は、専用アプリでファッションの好みや体型、悩みなどを入力して注文すると、数日後に同社スタイリストが選んだ洋服5点と一緒に着こなし方のコツなどスタイリングアドバイスが記載されたスタイリングシートが届き、利用者は気に入った服だけ購入して残りは好きな配送方法を選択して返却するサービスだ。  また、スマホカメラで手持ちの服を写真に撮ってアップロードするとマイクローゼットを作ることが可能で、注文時にコーディネート提案してほしいアイテムをクローゼットから選択することで、当該アイテムとの組み合わせを含めた計4つのコーデを提案してもらうこともできる。  今回の刷新ではクリエイティブのトンマナをそろえて世界観をより打ち出したほか、商品返却時の選択肢を広げた。  また、料金体系も変更。従来はスタイリ...more
カテゴリー:

アットホームとライナフがAPI連携--入居募集から申込まで一元管理可能に - 06月03日(水)13:00 

アットホームとライナフは、アットホームが提供しているオンライン入居申込システム「スマート申込」と、ライナフが提供しているAIで物件確認を自動化するサービス「スマート物確」のAPI連携を開始したと発表した。募集から申込までシームレスな賃貸管理が可能になる。
カテゴリー:

インドネシアのコロナ禍での資金調達をクラウドファンディングで支援 マーケットプレイス型ECサイト「D2C@Kemang(クマン)」 - 06月02日(火)10:00 

インドネシアのコロナ禍での資金調達をクラウドファンディングで支援マーケットプレイス型ECサイト「D2C@Kemang(クマン)」でクラウドファンディングサービス開始https://eccs.global/――イー・エージェンシーのシンガポール現地日系グループ会社EASG“おもてなしを科学する”株式会社イー・エージェンシー(東京都千代田区、代表取締役:甲斐 真樹、以下イー・エージェンシー)は、2020年6月2日、インドネシアをはじめとするASEANのコロナショックでの資金調達とマーケティング活動を支援するべく、現地のマーケットプレイス型ECサイト「D2C@Kemang(クマン)」の新機能であるクラウドファンディングサービスについて、日本国内での取扱窓口を開始しました。現地のマーケットプレイス型ECサイト「D2C@Kemang(クマン)」の新機能であるクラウドファンディングサービスは、イー・エージェンシーのシンガポール現地日系グループ会社であるEASG PTE. LTD(e-Agency Singapore、CEO:佐藤 伸己、以下EASG)が、目的を同じくして同日提供を開始した新サービスです。現地に進出する日本企業や現地企業はもちろん、現地に拠点や代理店を持たない日本国内の事業者の利用もサポートいたします。イー・エージェンシーは今後もEASGとともに、新型コロナウイルスの影響下もそれ...more
カテゴリー:

支出管理SaaS「Leaner」運営のリーナーテクノロジーズが3億円を調達 - 06月01日(月)10:00 

リーナーテクノロジーズは6月1日、プレシリーズAラウンドで3億円を調達した。第三者割当増資による調達で、引受先はインキュベイトファンドとCoral Capital。資金調達に併せて既存サービスのフルリニューアルも実施する。 同社は、支出管理プラットフォーム「Leaner」を開発・運営している2019年2月設立のスタートアップ。Leanerは、企業活動にかかわる各種コストを管理可能なSaaSで、会計データをアップロードするだけで支出を費用別に分類してくれるのが特徴だ。費目ごとの金額を他社と比較することも可能だ。 フルリニューアル後は、以下の新機能が利用可能となる。 ダッシュボード機能:間接費管理にかかわる重要指標を一元管理 スコアリング機能:コストの管理水準のスコアリング 分析機能の強化:コストを組織別、取引先別などで詳細分析 案件管理機能:取引先との契約更新や切り替え交渉の案件管理 契約管理機能:契約書情報の登録で自動更新や見直し時期を管理 レポート機能:レポート形式でデータを社内共有可能 なお同社では、リニューアルを記念して初期費用無料キャンペーンを6月30日まで展開する。同社の問い合わせ窓口で受け付けている。 関連記事:200兆円の間接費市場を変えるコスト削減SaaS「Leaner」ローンチ、5000万円の資金調達も
カテゴリー:

IT投資の可視化で「FinOps」の定着狙う--アプティオの成塚氏 - 06月05日(金)06:30 

多くの経営者にとってIT施策による企業の成長は優先課題となっているにもかかわらず、ITコストの可視化が不十分な状態にある。IT投資の分析、計画、最適化を一元管理するSaaSを展開するApptioの日本法人で代表取締役社長を務める成塚歩氏にその現状を聞いた。
カテゴリー:

【日刊薬業】AZとWelby、患者情報の活用で提携 .. - 06月03日(水)20:39 

【日刊薬業】AZとWelby、患者情報の活用で提携  服薬状況・日常記録の一元管理アプリ開発へ: …
カテゴリー:

電子契約サービス「WAN-Sign」とグローバル電子取引プラットフォーム「Tradeshift」が連携 ~電子契約から電子請求・決済まで、同一プラットフォーム上で完結させデジタル化を実現~ - 06月02日(火)11:00 

株式会社ワンビシアーカイブスの「WAN-Sign」とトレードシフトジャパン株式会社の「Tradeshift」はデータ連携しました。契約情報と受発注、請求情報が連携し、トータルなソリューションを実現できます。日本通運株式会社(代表取締役社長:齋藤 充)の子会社で情報資産管理のリーディングカンパニーである株式会社ワンビシアーカイブズ(代表取締役社長 佐久間 文彦 以下、ワンビシアーカイブズ)が提供する、書面契約と電子契約の一元管理が可能な電子契約サービス「WAN-Sign」(URL: https://www.wanbishi.co.jp/econtract/)と、Tradeshift Inc.(本社:米国)の日本法人であるトレードシフトジャパン株式会社(代表取締役社長:菊池 孝明 以下、トレードシフトジャパン)が提供するグローバル電子取引プラットフォーム「Tradeshift」(URL:https://tradeshift.com/ja/)は、本日2020年6月2日(火)よりサービス連携を開始いたしました。本連携により、企業間取引(BtoB)における契約から請求・決済までの一連のやり取りを電子化し、「Tradeshift」上でシームレスに運用が出来るため、オンライン取引の迅速化とバックオフィスの業務効率が向上します。【電子契約サービスと電子取引プラットフォーム連携の背景と概要】今般のリ...more
カテゴリー:

IEYASU株式会社は、緊急事態宣言解除後も「 #取引先にもリモートワークを 」を推進します - 06月01日(月)15:00 

5月1日にリモートワークの課題をみんなで取り除くムーブメントとして発足した「 #取引先にもリモートワークを 」は、業種の垣根を超えて現在50社以上の企業・団体が賛同しています。各社それぞれ、請求業務・契約書作成、押印業務・社内承認(ワークフロー)といったバックオフィス業務の電子データ化や、対面での商談をオンラインに切り替える提案を積極的に行うなど、自社のみならず取引先にもリモートワークができるアクションを起こしています。そして、緊急事態宣言解除を受けた今も、相手を思いやる働き方は続けるということを6月1日宣言します。取引先も含めた働き方の改善を継続することで、安心して働ける社会を実現していきます。■「 #取引先にもリモートワークを 」について本アライアンスは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により物理的な接触を減らす必要がある中、賛同企業が協力して、リモートワークを妨げる課題を解決していくために発足しました。「 #取引先にもリモートワークを 」を合言葉に、賛同企業は自社のみならず、取引先もリモートワークをしやすくなるような取組を実施します。特設サイト:https://www.for-partners-remote.work/■今回の宣言「仕事のやり方、元どおりはもったいない。」について新型コロナウイルスの感染拡大抑制を目的として、リモートワークを実施する企業が増加しまし...more
カテゴリー:

ファッション系ECの販売・在庫・データ分析の統合管理システム「BRANDIT system」、アイテムごとの一元管理が可能に - 05月29日(金)11:12 

Branditは5月29日、オンライン通販(EC)でアイテムごとの各種データを蓄積・分析して損益分岐点の算出を可能にする統合EC管理ツール「BRANDIT system」を6月1日から提供開始することを発表した。 同社によるとファッション系ECサイトは、販売、在庫管理、マーケティング・分析などのツールが別々に存在し、必要項目のみのデータを入力して管理しているケースが多いとのこと。担当者は同じ指標のデータをすぐに閲覧することが難しいほか、データ更新の度に煩雑な作業が発生するため、入力ミスや連携ミスが起こりやすい環境だと指摘する。 BRANDIT systemは、複数のツールによる煩雑なオペレーションやヒューマンエラーなどを回避する統合EC管理ツール。受注、原価、各チャネル別手数料、販売開始日、配送データ、出荷売上などの項目を1つのシステムで一元管理可能で、アイテムごとの損益分岐点をカラー別やサイズ別、販売チャネル別で参照できるのが特徴だ。 同社は、広告・プロモーションなどのマーケティング支援やメディア事業を展開するCandeeからスピンアウトした2019年9月設立のスタートアップ。これまではCandeeから引き継いだファンション事業でD2Cのプライベートブランド「TRUNC 88」を展開していた。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「一元管理」の画像

もっと見る

「一元管理」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる