「オンプレミス」とは?

関連ニュース

日本マイクロソフト主催の『【Azureベーシックアカデミー】 オンプレミスからPaaSへ移行!TCO 1/3を実現するAzure PaaSの 可能性と3つの柱』に当社エンジニアが登壇 - 02月21日(水)10:00 

株式会社エーピーコミュニケーションズは、2024年3月7日に開催される日本マイクロソフト主催『【Azureベーシックアカデミー】オンプレミスからPaaSへ移行!TCO 1/3を実現するAzure PaaSの可能性と3つの柱』に、当社クラウドアーキテクトの埜下 太一が登壇することをお知らせいたします。昨今世界情勢の不安などから為替変動も大きくなり、クラウド化検討におけるコスト最適の需要が高まっています。Microsoft Azureでは、お客様の様々な運用負担を軽減してくれる便利なPaaSを多数用意しています。本セミナーでは、Microsoft Azureの数多くあるPaaSの中でもよく使わる代表的なサービスを紹介させて頂きます。また後半では、オンプレミスからMicrosoft AzureへのマイグレーションでTCOを大きく削減することに成功したお客様のコスト最適化の事例をご紹介します。■セミナー概要セミナー名称:【Azureベーシックアカデミー】オンプレミスからPaaSへ移行!TCO 1/3を実現するAzure PaaSの可能性と3つの柱開催日時:2024年3月7日(木)12:00~13:00開催形式:Online参加費 :無料(事前登録制)主催  :日本マイクロソフト株式会社共催  :株式会社エーピーコミュニケーションズイベント詳細・申込:https://msevents.mic...more
カテゴリー:

世界各国の金融機関を対象とした調査レポートを発表 - 02月20日(火)15:00 

~AIやクラウド技術の導入を含めたメインフレームからの脱却の兆し~2024年2月20日株式会社NTTデータグループ株式会社NTTデータグループ(以下、NTTデータグループ)は、グローバルバンキング調査レポート「デジタルに関する展望:メインフレームからAI駆動型のクラウドインフラへ移行する金融機関」を発表しました。この調査は、世界中の金融機関のIT部門の意思決定者650人を対象にアンケートを行いました。調査結果では、金融機関が消費者の需要、新市場の影響を受けた抜本的成長、革新的な技術の進歩による競争圧力といった環境の中で、強固なメインフレームシステムからの脱却に向けて、AIとクラウド技術の導入を進めているという方向性を示しています。【主な調査結果】● メインフレームの定着金融機関のリーダーの89%が革新的であると自認しているにもかかわらず、63%は依然としてメインフレームシステムで業務を行っています。● 生成AIの投入によるクラウド移行の拡大金融機関の意思決定者の63%が、生成AIは間違いなく金融業務関連のアプリケーションのクラウド移行を促進すると認めています。● 生成AIは経営層の支持を獲得91%がAIとクラウドへの取り組みは経営層の支持を得ていると回答し、戦略的優先度の高さが示されています。● ナビゲーションスキルの不足80%は生成AIを導入するための戦略的枠組みがないと回答して...more
カテゴリー:

企業のクラウド離れが起こっている理由 - YAMDAS現更新履歴 - 02月14日(水)23:55 

企業のクラウド離れが起こっている理由 - YAMDAS現更新履歴www.infoworld.com 『Insider's Guide to Cloud Computing』(asin:B0BYHX7LF6)の著書もあるクラウド分野のベテランである David Linthicum が、「企業のクラウド離れ」についての記事を書いている。 最新の調査で、英国の企業の25%が、クラウドベースのワークロードの半分以上をオンプレミスのインフラに戻しているそ...
カテゴリー:

アクロニス、Microsoft インテリジェント セキュリティ アソシエーション(MISA)に加盟 - 02月09日(金)11:00 

※本リリースは2月1日にスイスシャフハウゼンで発表されたプレスリリースの抄訳です。サイバープロテクションのグローバルリーダーであるアクロニスは本日、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)とマネージドセキュリティサービスプロバイダー(MSSP)のエコシステムであるMicrosoft インテリジェント セキュリティ アソシエーション(MISA)のメンバーとなったことを発表しました。MISAのメンバーは、それぞれのソリューションをMicrosoftのセキュリティ技術に統合し、増大するサイバーセキュリティの脅威に対し、より優れた防御を構築しています。アクロニスが提供するネイティブ統合アプリケーションおよびサービスは、一般にサービスプロバイダーによって生産性と効率を上げる目的で使用されています。Acronis Cyber Protect Cloudは、統合された高度なソリューションで、複雑さを軽減しながら、進化し続けるサイバー脅威に対し、ほかにはない統合型の保護を提供しています。また、アクロニスのエコシステムでは、サードパーティベンダーとの200を超えるサービスとの連携が網羅されています。アクロニスのプレジデントであるガイダー・マグダヌロフ(Gaidar Magdanurov)は、次のように述べています。「2万以上のMSP(マネージドサービスプロバイダー)が、顧客のエンドポイント、アプリケーシ...more
カテゴリー:

オンプレミス対応のOracle Database用帳票サービス「DBXFORM」2月6日リリース!シンプルな機能で低価格を実現 - 02月06日(火)10:30 

オンプレミス対応のOracle Database用帳票サービス「DBXFORM」2月6日リリース!シンプルな機能で低価格を実現
カテゴリー:

データ匿名化ツール「Insight Data Masking」にSaaS版、オンプレミス環境不要で短期導入 | IT Leaders - 02月20日(火)15:29 

インサイトテクノロジーは2024年2月20日、データ匿名化ツール「Insight Data Masking」のSaaS版を発表した。個人情報などを含む本番データをマスキング(匿名化)してテスト/分析用データを生成するツールである。SaaS版は、オンプレミス版と比べて環境構築の時間を短縮可能であり、契約後短期間でクラウド上の固有環境を使って利用を始められる。同日、5社限定のアーリーアクセスプログラムを開始した。正式版は2024年6月以降に提供開始する。
カテゴリー:

エイツー社 LAN de VOICE(ランデボイス)のカタログに当社ロゴが掲載されました - 02月19日(月)17:00 

電話のDXを推進する株式会社プロディライト(大阪市中央区:代表取締役社長 小南 秀光、証券コード:5580、以下プロディライト)が提供するクラウド電話システム「INNOVERA」のロゴが2024年2月19日、株式会社エイツー(東京都品川区:代表取締役社長 加地 宏行、以下エイツー)の製品「LAN de VOICE 4シリーズ」のカタログに掲載されましたことをお知らせします。LAN de VOICEはPBX(※1)と連携させることで、電話端末等から電子錠の操作や構内放送を行うことができるVoIP(※2)機器で、1998年の発売以来、大手メーカーのオンプレミスPBX連携を中心に累計で53,000台以上の販売実績があります。プロディライトは、電子錠や構内放送設備等の既存設備が制約となりクラウドPBXの導入を諦めざるを得なかったお客様のお声を反映し、LAN de VOICEとクラウド電話システム INNOVERAとの連携サービスの提供をしております。今回、LAN de VOICE 4シリーズのカタログに、大手通信キャリアに並びプロディライト及びINNOVERAのロゴが掲載されました。このことは、当社が業界でのプレゼンスが高まっていることを示しており、これからもお客様が安心して使えるクラウドPBXのベンダーとして邁進してまいります。※1 Private Branch eXchangeの略で、...more
カテゴリー:

メルカリの本番環境で流れているクエリを使って、MySQL互換のTiDB Cloudを評価。40TBを越えるDBの大規模トラフィックに耐えられたか?[PR] - 02月13日(火)00:16 

国内最大級のフリマアプリ「メルカリ」のバックエンドデータベースは、50台以上のMySQLサーバがオンプレミスのデータセンターで稼働しており、40TBを越えるデータサイズのデータベースを保持していると、2023年12月に都内で開催されたイベン...
カテゴリー:

IBM i(AS/400)でのデータ連携&クラウド活用セミナー - 02月07日(水)10:00 

本セミナーでは、特別講演として日本アイ・ビー・エム株式会社の三ヶ尻 様よりIBM iを最新化し活用可能性を広げるPower Virtual Serverについてご紹介いただきます。Maxava株式会社からは、Power 8保守サポート終了における移行課題にお悩みのユーザ企業様に朗報の移行ソフト+サービスパッケージである「MAXAVA MIGRATE LIVE™」についてご紹介いただきます。そして、クライムからは、IBM i(AS/400)のデータ連携ツールとしてDB2をクラウド上の様々なDBへ連携可能な「Syniti Replicate」とIBM iデータをオンプレミスの仮想テープライブラリとしてAmazon S3やAzure Blob等へ容易保存可能な「StarWind Virtual Tape Library(VTL)」をご紹介します。
カテゴリー:

アクロニス、令和6年能登半島地震の被災地域にAcronis Snap Deploy復旧用無償ライセンスを提供開始 - 02月06日(火)10:00 

このたびの令和6年能登半島地震に伴う災害において被災された皆様に謹んでお見舞いを申し上げ、一日も早い復旧をお祈りしております。サイバープロテクションのグローバルリーダーAcronis の日本法人であるアクロニス・ジャパン株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役社長:川崎哲郎、以下「アクロニス」)は、本日、令和6年能登半島地震による被災された皆様の救済や被災地の早期復旧のため、これまでに行ってきた支援に続いて、同社が提供する企業向けOSデプロイメント/ディスクイメージング/キッティングツール製品Acronis Snap Deployのデプロイメントライセンス無償提供プログラムを開始いたしました。Acronis Snap Deployは、企業向けのOSデプロイメント/ディスクイメージング/キッティングツール製品です。数百台のサーバーやPCを同時にプロビジョニング、高速デプロイし、作業時間と負担を軽減することができます。Acronis Snap Deployの概要はこちらをご参照ください。https://www.acronis.com/ja-jp/products/snap-deploy/■Acronis Snap Deployデプロイメントライセンス無償提供プログラムについて【対象製品】Acronis Snap Deploy for Server Deployment License ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる