「検討中」とは?

関連ニュース

FTCとクアルコムの独禁法違反判決、クアルコムが逆転勝訴へ - 08月12日(水)14:00 

米サンフランシスコ連邦控訴裁判所は8月11日、Qualcommが反競争行為を行っていたとして、米連邦取引委員会(FTC)が同社を訴えていた訴訟で、昨年5月の米カリフォルニア州地方裁判所が独占禁止法に違反したとする判決を覆した。これによりQualcommが逆転勝訴した(The NewYork Times、日経新聞、CNET)。 FTCはQualcommが求めるライセンス料を支払わないスマートフォンメーカーに対して、半導体を供給しないのは優越的地位の乱用だと主張していた。控訴裁は今回、ライセンス料を払わない企業に、チップを供給しないというQualcommの方針は、市場の競争を妨げるものではないと判断したという。今回、裁判官は「反競争的な行為は独占禁止法に違反するものだが、企業間における強い競争行為はそれに当たらない」と述べている。 なおFTCは最高裁に上訴するかどうかは検討中だとしている。 すべて読む | YROセクション | 通信 | YRO | 法廷 | パテント | 関連ストーリー: Qualcomm、Huaweiとクロスライセンスを含む長期の特許ライセンス契約を結ぶ 2020年08月01日 Qualcommの知財と半導体のセット販売は反競争的と米裁判所が判断 2019...more
カテゴリー:

香港でメディア関係者らが香港国家安全維持法違反で相次ぎ逮捕される - 08月12日(水)13:32 

あるAnonymous Coward 曰く、昨年の大規模デモを経て、今年6月30日に国家安全維持法が成立して中国政府による取り締まりが行われるようになった香港で、10日にメディア王として知られる人物やフリージャーナリストなどのメディア関係者らが相次ぎ逮捕されたことが報じられている(ロイターの記事, AFPBBの記事、ロイターの記事その2)。 逮捕の容疑は国安法で規定された「外国勢力との共謀の疑い」とされており、メディア関係者の他に日本語のTwitterで情報発信していた民主活動家の周庭氏なども逮捕されている。逮捕者は最高で無期懲役となる可能性がある。同法では、中国政府への批判などの幅広い発言が当局の匙加減一つで犯罪とみなされる可能性があり、また裁判も香港の司法ではなく中国政府側の裁判官が行うなど、一国二制度を終焉させ言論の自由を奪うものだと兼ねてから懸念されていた(BBCの記事)。 今回メディア関係者が同法に基づき逮捕され、実際に報道の自由が大きく制限されたことについて、英米日など各国政府からは批判が相次いでいる。香港のメディアは今後どうなっていくのだろうか? なお10日に香港国家安全維持法に違反した疑いで逮捕された民主活動家「周庭」氏が11日の夜に保釈された。同じく逮捕されていた香港紙創業者の「黎智英」氏も12日午前0時すぎに保釈されたと報じられている(日経新聞)。 すべて読...more
カテゴリー:

【生物】新種のハエに「ナカムラテツ」と命名 アフガンで凶弾に倒れた中村哲医師を称え 佐賀大研究チーム - 08月12日(水)00:20  newsplus

 昨年12月にアフガニスタンで凶弾に倒れた故中村哲医師の功績を後世に伝えようと、新種のタマバエの学名に「Massalongia nakamuratetsui」(マッサロンジア・ナカムラテツイ)と付けられた。和名は「ミズメタマバエ」。佐賀大農学部の徳田誠准教授(昆虫学)らの研究チームが発見、命名した。中村さんは昆虫好きとして知られていた。  徳田准教授らは2018年8月、佐賀県と長崎県にまたがる多良岳の中腹で、広葉樹のミズメに虫が寄生して一部組織が異常成長する「虫こぶ」を発見。19年春に成虫(体長約2~3ミリ)を調べたところ、従来...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ大統領、キャピタルゲイン減税を「真剣」.. - 08月11日(火)10:30 

トランプ大統領、キャピタルゲイン減税を「真剣」に検討中
カテゴリー:

〈新型コロナ〉佐賀市が予防周知ポスター3000枚 - 08月10日(月)07:15 

中学生2人の感染確認などを受けて、佐賀市が9日開いた対策本部会議では、感染予防を呼び掛けるポスターを3千枚制作していることなどが報告された。「3密」の回避やマスク着用、手洗いの励行をイラストで紹介、11日以降に佐賀駅周辺や佐賀空港、公共施設、学校などに張る方針。 感染が確認された同市内の中学生2人が通う学校は8日から部活動を中止した。再開時期は検討中となっている。(山本礼史)。
カテゴリー:

ポンペオ長官、中国に反撃する「長い措置リスト」を検討中 - 08月12日(水)13:35 

マイク・ポンペオ米国務長官は10日、メディアのインタビューに対し、「中国(共)は何十年も前から米国を利用してきた、二度とそのようなことが起こるのを許さない、もうたくさんだ」と改めて強調した。さらに「米国は今、中国共産党に対して真剣に反撃しており、検討中の長い一連の行動がまだある」と述べた。
カテゴリー:

【生物】新種のハエに「ナカムラテツ」と命名 アフガンで凶弾に倒れた中村哲医師を称え 佐賀大研究チーム★2 - 08月12日(水)11:14  newsplus

 昨年12月にアフガニスタンで凶弾に倒れた故中村哲医師の功績を後世に伝えようと、新種のタマバエの学名に「Massalongia nakamuratetsui」(マッサロンジア・ナカムラテツイ)と付けられた。和名は「ミズメタマバエ」。佐賀大農学部の徳田誠准教授(昆虫学)らの研究チームが発見、命名した。中村さんは昆虫好きとして知られていた。  徳田准教授らは2018年8月、佐賀県と長崎県にまたがる多良岳の中腹で、広葉樹のミズメに虫が寄生して一部組織が異常成長する「虫こぶ」を発見。19年春に成虫(体長約2~3ミリ)を調べたところ、従...
»続きを読む
カテゴリー:

【三浦祐太朗「披露宴考えてない」堅実新婚生活に.. - 08月11日(火)11:07 

【三浦祐太朗「披露宴考えてない」堅実新婚生活に百恵さんの教え】 挙式や披露宴については検討中と報じられていましたが?「実は考えていないんです」きっぱりと答え、その理由について「いちばんの理由は……」 #三浦祐太朗 #牧野由依 #結婚 #女性自身[@jisinjp]
カテゴリー:

【LGBT】「これ以上放置やめて」 パートナーシップ制度、所管官庁なく国は推進に及び腰 - 08月11日(火)09:18  seijinewsplus

 同性カップルを公的に認める「パートナーシップ制度」の導入自治体が、全国50以上に急速に広がっている。当事者の権利保障に向けた第一歩となり、平等に扱われる機会も増えてきた。だが、制度は各自治体が条例や要綱で定め、国の所管官庁がないことから、国内の導入状況や利用数の把握が難しい。支持者からは国の積極的な関与やLGBTなど性的少数者への理解、差別禁止を進める基本法づくりを求める声が出ている。(奥野斐) ◆51自治体に制度  認定NPO法人虹色ダイバーシティ(大阪市)と東京都渋谷区の共同調査によると...
»続きを読む
カテゴリー:

米国陸軍司令官 第3の原爆の標的を東京にすべしと強く勧告 - 08月09日(日)10:22  liveplus

 トルーマンからの中止命令を受けた後も、陸軍はさらなる原爆は必須と考えていた。8月10日、スパーツ太平洋戦略航空軍司令官は陸軍航空軍の目標計画責任者ローリス・ノースタッドへ電報を打ち、次なる目標は東京にすべしと強く勧告した。 「明確な目標を狙ったほうがより多くの破壊効果が得られるが、現時点では破壊よりも日本政府の指導部へ心理的圧力をかけるほうが重要であると考える」  同じ日、スパーツは「上層部がこの提案を検討中」であり、「最終決定」は2日以内に下されると告げられた。  8月13日、スティムソンはテニア...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「検討中」の画像

もっと見る

「検討中」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる