「金融庁」とは?

関連ニュース

昨年2作品が入賞した群馬県で、ワークショップ「第2回FESコンテストへの道 in 群馬」を前橋市で開催! - 07月12日(金)11:00 

一般社団法人日本金融教育支援機構(東京都中央区 代表理事:平井梨沙 以下「当機構」)は、中高生を対象とした金融教育ワークショップ「第2回FESコンテストへの道 in 群馬」を群馬県前橋市で開催することとしました。群馬県内でのワークショップは、初開催となります。   このイベントは、株式会社トータルライフサポート、SOMPOひまわり生命保険株式会社、アイオー信用金庫、山田税理士事務所の協賛、PCアルターナの協力および群馬県、群馬県教育委員会、前橋市教育委員会の後援を得て実施します。   当機構では正しい金融リテラシーを普及させ、自分らしく生きるための選択ができる後押しになるよう、全国各地にアウトプット型の金融教育を届けることを目標として、1都3県や政令指定都市に限らず、さまざまな場所でイベントやワークショップを開催してまいります。     FESコンテストについて   「人生の選択肢を増やす金融教育を」を理念とする当機構では、小学生がお金について学ぶためのショート動画を中高生が制作し、そのクオリティを競う「FESコンテスト」を開催しています。大学生が運営し、中高生が小学生に教え、小学生が学ぶ、という関係性の中で、全ての若者が金融についての学びを深めることを目的としています。 本年は昨年につづき第2回として、全国8カ所とオンラインにて...more
カテゴリー:

【金融庁】損保不正の再発防止へ 悪しき業界慣行是正を迫る - 07月11日(木)11:30 

金融庁の有識者会議が、不祥事が相次いだ損害保険業界に対して再発防止策を提言する報告書をまとめた。 中古車販売大手、ビッグモーターによる保険金の不正請求問題を巡っては、大規模な保険代理店である同社と、損害保険ジャパンを始めとする大手損保の〝癒・・・
カテゴリー:

損保「見直し」生保「適切」 代理店への出向、顧客の選択肢狭める? - 07月09日(火)06:00 

 保険を販売する代理店に、保険会社が社員を出向させる業界の慣行に対し、金融庁がメスを入れようとしている。出向元の商品ばかりを推奨し、顧客の選択肢が奪われる懸念があるからだ。不祥事が相次ぐ損害保険業界で…
カテゴリー:

年金繰り上げ受給 63歳男性の生活 - 07月06日(土)12:20 

金融庁の報告書に端を発して話題となった「老後2000万円問題」など、老後の心配事といえばやはりお金ではないでしょうか。もっと出世しておけばよかったと現役時代に後悔を...
カテゴリー:

「どうしてお返事がないのか」 せかされた「投資」、失った退職金 - 07月02日(火)12:00 

 投資をかたる詐欺被害が起きていることは知っていた。相手とのやり取りの中で出てきた会社名を、金融庁や警察署に確認もした。それなのに……。 SNSを介した投資名目詐欺の被害が全国で急増している。1700…
カテゴリー:

楽天証券、「NISAのつみたて投資枠+クレジット決済」のメリットと注意点 - 07月12日(金)10:47 

NISAのつみたて投資枠は、毎月一定額の投資商品を購入して積み立てていく資産形成の制度です。買付した投資信託の運用益や売却益が非課税になるため、住宅購入資金や子どもの教育資金の確保など、長期的な資産形成に向いています。 各証券会社ではNISAを取り扱っていますが、中でも楽天証券はクレジット決済でNISAのつみたて投資枠の投資を行いながらポイントを貯められるメリットがあります。そこでこの記事では、楽天証券の「NISAのつみたて投資枠+クレジット決済」のメリットと注意点について詳しく解説していきます。NISAを検討している方、ポイントを効率的に貯めたい方は参考にしてみてください。 楽天証券 楽天証券は、1999年に設立された楽天グループ傘下のネット専業証券会社です。楽天証券の取扱金融商品は、国内株式・海外株式、債券、投資信託、外貨預金、FX(外国為替取引)、金・プラチナ取引、ロボアドバイザー等のおまかせ運用と幅広く、利用者の投資目的に合う商品を選べるのが特徴です。 株式投資は1株、投資信託は100円から購入可能なので、お小遣い程度の余裕資金があれば投資を始められます。楽天ポイントは株や投信の買付資金に使えるので、ポイント投資も手軽です。さらに、楽天ポイントは証券口座を開設したり、投資信託の保有金額に応じて付与されたりなど、楽天市場などの買い物に利用可能です。 楽天証券のサイトを見る[...more
カテゴリー:

【金融/山形】金融庁、業績が悪化している「きらやか銀行」の経営監視等を担う専門チームを庁内に立ち上げ - 07月10日(水)18:44  newsplus

【速報】金融庁、きらやか銀行の監視チーム設置  金融庁は10日、業績が悪化しているきらやか銀行(山形市)の経営監視や支援を担う専門チームを庁内に立ち上げたと発表した。取締役会で問題提起を行うなど、経営再建に向けて国の関与を強める。 共同通信 2024年07月10日 17時59分 https://www.47news.jp/11177039.html ※依頼あり ◆◆◆スレッド作成依頼所★1675◆◆◆ [ぐれ★] https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1720239296/725 ...
»続きを読む
カテゴリー:

この期に及んでまだ新NISAしてない香具師の正体、謎 - 07月06日(土)12:32  poverty

!extend:checked:vvvvv:1000:512:donguri=0/3 金融庁 NISAを知る:NISA特設ウェブサイト NISAは、2014年1月の制度開始以降、2016年4月にはジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)、2018年1月にはつみたてNISAがスタートし、2024年1月から新制度が開始し https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/know/index.html VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:donguri=0/3: EXT was configured ...
»続きを読む
カテゴリー:

【公取委】損保大手4社のカルテル認定 審査継続し処分決定へ - 07月04日(木)15:17  newsplus

損害保険大手4社が、企業向けの保険契約などで保険料を事前に調整していた問題をめぐり、公正取引委員会は、契約の一部で独占禁止法が禁じるカルテルが結ばれていたと認定し、4社に通知しました。自治体相手の保険契約での事前調整や、談合の疑いでもさらに審査を継続し、最終的な処分を決定するとみられます。 「東京海上日動火災保険」、「損害保険ジャパン」、「三井住友海上火災保険」、「あいおいニッセイ同和損害保険」の4社は、あわせて500を超える企業や自治体との保険契約で保険料の事前調整を行っていたとして、去年12月、金...
»続きを読む
カテゴリー:

サステナブル投資の真実 よくある誤解と実際のパフォーマンス - 06月28日(金)13:44 

一般社団法人カーボンニュートラル機構理事を務め、カーボンニュートラル関連のコンサルティングを行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / @fukuokasho12))に解説していただきました。 目次 サステナブル投資とは 1-1.サステナブル投資の概要 1-2.サステナブル投資が注目される背景 サステナブル投資の手法 2-1.ネガティブ・スクリーニング 2-2.規範に基づくスクリーニング 2-3.ポジティブ/ベストインクラス・スクリーニング 2-4.ESGインテグレーション 2-5.サステナビリティ・テーマ投資 2-6.インパクト投資 2-7.議決権・エンゲージメント サステナブル投資の誤解とパフォーマンス 3-1.選択肢が非常に限られている 3-2.リターンを低下させる 3-3.株式でのみ有効 3-4.一時的なブームに過ぎない まとめ 近年、「ESG」というワードが世界で広く浸透してきており、財務情報だけでなく、非財務情報にも注目して投資先を決定するサステナブル投資がますますその規模を拡大しています。 しかしその一方で、サステナブル投資に対していくつかの誤解が生じていることも確かで、その本質をしっかりと理解できていないがために、誤った認識を持っているというケースも少なくありません。 そこで今回は、サステナブル投資にフォーカスして、概要や生じている誤...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる