「金融庁」とは?

関連ニュース

「高配当」と7億集金か 金商法違反疑い、3人逮捕 - 01月16日(水)13:28 

高配当をうたって金融庁に登録せず出資を募り、現金を集めたとして群馬、長野両県警の合同捜査本部は16日、金融商品取引...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

金融庁、マネロン対策で報告命令 銀行や仮想通貨業者など=関係筋 - 01月15日(火)18:47 

金融庁が、銀行、信用金庫、信用組合の預金取り扱い金融機関や仮想通貨交換業者など所管する全ての金融機関を対象に、マネーロンダリング・テロ資金供与防止のための体制整備状況や関連データを報告するよう命令していたことがわかった。複数の関係者が15日までに明らかにした。
カテゴリー:

「金融機関等におけるFP資格活用度調査」調査結果 - 01月15日(火)10:00 

2019年1月15日 NPO法人 日本FP協会 「金融機関等におけるFP資格活用度調査」調査結果金融機関の約8割がCFP資格・AFP資格を認知、継続教育、CFP資格の高い専門能力などを評価 日本FP協会(所在地 東京都港区、理事長 白根壽晴)は、ファイナンシャル・プランニングの普及を通じて社会全体の利益の増進に寄与することを目的としたNPO法人で、高い能力と倫理観をもったファイナンシャル・プランナー(CFP・AFP認定者)を養成しています。このたび、日本FP協会は、全国の金融機関(都市銀行・地方銀行・第二地方銀行・信用金庫・信用組合・証券会社)を対象に、FP資格の活用状況やCFP・AFP資格を評価する理由等についてアンケート調査を実施し、234法人から回答を得ました。【調査結果概要】1.日本FP協会が認定するCFP資格・AFP資格については、回答した金融機関の約8割が「ともに知っている」と回答しており、認知率は高い。また、これらの金融機関のCFP資格・AFP資格に対する評価では約8割が「評価している」と回答。主な理由としては「継続教育(資格の更新制)」(60%)、「CFP資格の高い専門能力」(43%)、「FP技能士と比較した顧客の認知度」(30%)などが挙げられ、両資格の専門性を評価していることがうかがえる。2.従業員に対して取得を奨励しているFP資格として、地方銀行の約4割、証券...more
カテゴリー:

【預金】日本に休眠口座ある人は注意!=民間公益活動に活用開始 - 01月12日(土)22:41  newsplus

 日本では2018年から休眠預金等活用法が施行され、今月1日以降、10年以上取引のない預金等は民間公益活動への活用が開始されている。ただし、休眠口座であってもいつでも預金を引き出すことが可能だ。  金融庁に拠れば、10年間放置された預金等が平成26~28年度で毎年1200億円程度発生している。本制度は休眠預金を社会全体への波及効果の大きい民間公益活動の促進に活用することを目指したものだ。  残高が1万円以上ある場合は、最後の取引から9年経過した場合、その後10年6カ月経過する迄に金融機関から届...
»続きを読む
カテゴリー:

三井住友FG、カバード債の法制化要請へ 海外拡大へ外貨を安定調達 - 01月12日(土)09:02 

 三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)は、長期的に安定した外貨の調達手段として、カバード債(債権担保付き社債)の法制化を金融庁に働き掛ける。マイナス金利政策や少子高齢化で国内の経営環境が悪化する中、海外事業の拡大に必要な外貨調達手段の多様化を目指す。
カテゴリー:

「高配当」と7億集金か 金商法違反疑い3人逮捕へ - 01月16日(水)10:29 

 高配当をうたって金融庁に登録せず出資を募り、現金を集めたとして群馬、長野両県警の合同捜査本部が金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで投資グループ代表の男ら3人の逮捕状を取ったことが16日、両県警への取材で分かった。同日中に逮捕する方針。捜査関係者によると、群馬、長野両県の出資者らから総額7億円以上を集めたとみられる。16日午前、関係先を家宅捜索した。
カテゴリー:

金融庁、仮想通貨取引所や銀行にマネロン対策で報告を命令=ロイター報道|秋のFATF対日審査を意識か - 01月15日(火)15:40 

金融庁が、銀行や仮想通貨交換業者などを対象に、マネーロンダリング・テロ資金供与防止のための体制整備状況や関連データを報告するよう命令していたことが分かった。ロイター通信が15日複数の関係者の話として伝えた。
カテゴリー:

2019年の不動産投資はどう動く?2018年の不動産投資市場の振り返りと今後の予測 - 01月14日(月)13:53 

2018年は、不動産投資市場のトレンドにおいて転換点となるニュースがいくつもありました。2019年に不動産投資を検討している方や売却タイミングを見極めている方に向けて、HEDGE GUIDE編集部が2018年の主な動きをまとめてみましたので、一緒に振り返っていきましょう。 不動産投資市場の2018年の動向 ソーシャルレンディングの2018年の動向 不動産投資クラウドファンディングの2018年の動向 Jリートの2018年の動向 海外不動産の2018年の動向 民泊投資の2018年の動向 経済全体の2018年の動向 2019年の不動産投資市場の見通しまとめ 不動産投資市場の2018年の動向 まずは不動産投資市場の動向やアパートローンなどの動向について振り返っていきたいと思います。 2018年の首都圏の新築マンション平均価格はほぼ横ばい 不動産経済研究所の調査によると、2018年1月~11月までの首都圏の新築マンションの平均価格(5,864万円)は、2016年全体の新築マンションの平均価格(5,884万円)に比べてほぼ横ばいとなっています。(※1) ※1首都圏・近畿圏マンション市場予測―2019年の供給予測―((株)不動産経済研究所調べ) 2018年11月時点の東京23区の中古マンション価格は前年比5.1%上昇 一方、東京23区内の中古マンション価格については、2018年11月時点の価...more
カテゴリー:

コインチェックは9カ月でどう変わったのか--金融庁の“お墨付き”を受け再出発 - 01月12日(土)13:45 

コインチェックは、資金決済法にもとづく仮想通貨交換業者として関東財務局への登録が完了したと発表した。都内で会見した同社代表取締役社長の勝屋敏彦氏は、業務改善命令後について「地道にコツコツやっていく。それをしっかりやる1年だった」と語った。
カテゴリー:

コインチェック社が仮想通貨交換業者の金融庁認定を受け会見、さらなる管理体制の強化を報告 〜マネックスグループの一員として「一歩先の未来の金融」を目指すなど今後の豊富を語る - 01月11日(金)23:59 

 マネックスグループの一員として仮想通貨交換所「Coincheck」を運営するコインチェック株式会社は1月11日、同日付けで金融庁より資金決済に関する法律に基づく仮想通貨交換業者として関東財務局への登録が完了したこと受け、東京都内で緊急記者会見を開いた。
カテゴリー:

もっと見る

「金融庁」の画像

もっと見る

「金融庁」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる