「金融庁」とは?

関連ニュース

ソーシャルレンディング投資歴5年の私が本当に伝えたい7つのこと - 02月24日(月)18:02 

筆者は2016年からソーシャルレンディング投資を始め、今年で投資経験としては5年目になります。その中でソーシャルレンディング業界にも様々な動きがあり、良いと感じた点と悪いと感じた点の両方がありました。 そこでこの記事では、まずソーシャルレンディングの仕組みについて簡単に解説し、その上でこれまでのソーシャルレンディング投資で培った経験の中から、これからソーシャルレンディング投資を始める人に伝えたいポイントを7つに絞ってお伝えします。 記事目次 ソーシャルレンディングとは? ソーシャルレンディングの利回りはたとえ5%でも非常に高い ソーシャルレンディングで2年間の運用期間はリスクが高い 日本のソーシャルレンディングは発展途上の投資手法である ソーシャルレンディングで最も怖いのは事業者リスク 将来的には海外への投資がもっと盛んになる 投資をしないと資産は相対的に目減りする一方である ファンドの早期償還は悪いことではない 1 ソーシャルレンディングとは? ソーシャルレンディングとは、お金を貸したい個人投資家(レンダー)とお金を借りたい企業(ボロワー)をインターネット上でマッチングするサービスで、クラウドファンディングと呼ばれる投資手法の一つです。「貸付型クラウドファンディング」と呼ばれることもあります。 なぜ、企業がソーシャルレンディングの仕組みを使い、銀行以外からお金を借りようとす...more
カテゴリー:

【芸能】「おニャン子」から35年、新田恵利のいま 91歳母の介護と講演活動、熱海に終の棲家を購入 - 02月24日(月)13:57  mnewsplus

1985年に誕生し、一世を風靡(ふうび)した女性アイドルグループ「おニャン子クラブ」の中心メンバーだった新田恵利は、現在91歳の母・ひで子さんの在宅介護に取り組み、その経験を元に企業や官庁などで講演活動を続けている。  バブル景気の入口にあった時代、平日の夕方5時から放送されたフジテレビ系「夕やけニャンニャン」(85年4月~87年8月)。埼玉の県立高校3年だった新田は授業が終わると電車を乗り継ぎ、新宿区河田町にあった同局に通った。 ■おニャン子入りのきっかけは「ハワイに行ける」  「オーディションで優勝すれ...
»続きを読む
カテゴリー:

暗号資産「レバレッジ2倍」方針に止まぬ波紋 専門メディアの共同声明も - 02月23日(日)21:00 

金融庁が、少額の元手で多額の売買ができる暗号資産(仮想通貨)の証拠金取引の倍率(レバレッジ)上限を2倍までに固めた方針を巡り、暗号資産業界に波紋が広がっている。
カテゴリー:

現金約32万円を窃盗、容疑で少年再逮捕 鳥栖署  - 02月22日(土)10:50 

鳥栖署などは21日、盗みの疑いで、群馬県前橋市、無職の少年(19)を再逮捕した。 再逮捕容疑は共犯者らと共謀の上、昨年8月24日、鳥栖市内の90代女性方で、金融庁の職員を名乗るなどしてキャッシュカード1枚を盗み、同日、カードを使って現金31万9千円を引き出して盗んだ疑い。容疑を認めている。 鳥栖署によると、少年は別のニセ電話詐欺事案で今月3日に窃盗、詐欺容疑で逮捕=処分保留=されていた。
カテゴリー:

来年度は「商品売る年でない」 かんぽ生命の千田社長 - 02月21日(金)18:15 

 かんぽ生命保険の千田哲也社長が21日、1月の就任後初めて産経新聞などのインタビューに応じ、「令和2年度は(保険商品を)顧客に売っていく年ではない」との考えを示した。かんぽ生命は金融庁の業務停止命令を受けて3月末まで新規の保険販売ができなくなっている。4月以降は販売を再開することも可能だが、「信頼回復が何よりも大切だ」と述べた。
カテゴリー:

クラウドバンクの評判は?メリット・デメリットを徹底比較! - 02月24日(月)18:01 

ソーシャルレンディングは、運営会社が投資家から集めた資金を企業に融資し、運用益の一部を分配するサービスで、貸付型のクラウドファンディングとも言われます。中でも日本クラウド証券株式会社が運営する「クラウドバンク」は、2020年1月に応募総額800億円を突破し、国内の代表的なソーシャルレンディングサービスの一つとして広く認知されています。 この記事ではクラウドバンクの仕組みやメリット・デメリットのほか、クラウドバンクの評判についても詳しくご紹介していますので、ソーシャルレンディングやクラウドバンクへの投資を検討されている方は参考にしてみてください。 目次 クラウドバンクとは クラウドバンクのメリット 2-1.利回りの水準が6.99%と高め 2-2.1万円から少額で投資ができる 2-3.運用の手間がかからない 2-4.審査や担保などリスク対策が図られている クラウドバンクのデメリット・注意点 3-1.元本が保証されない 3-2.運用期間中は自由に決済できない 3-3.予定より早めに償還されることがある 3-4.融資先の情報が開示されていないこともある クラウドバンクの評判・口コミ 4-1.短期償還、高利回りに利点を感じるユーザー 4-2.改善を望む声もある まとめ 1 クラウドバンクとは サイト名 クラウドバンク URL https://crowdbank.jp/ 運...more
カテゴリー:

【ドラマ】7年ぶり「半沢直樹」撮影開始!!新決めゼリフ出る!? 堺雅人「2作連続で流行語狙っているかも」 - 02月24日(月)06:06  mnewsplus

 俳優堺雅人(46)の主演で7年ぶりに放送されるTBSドラマ「半沢直樹」(4月スタート、日曜後9・00)の撮影が23日、都内で始まった。13年放送の前作は「倍返しだ!」の決めゼリフとともに大ヒット。今作への期待の声に重圧を感じているかと思いきや堺は「それが…昨日はぐっすり寝てしまいました」と笑顔。リラックスして現場に入った。  オフィスや商業施設が立ち並ぶ都心の一角。午前7時、移動車を降りるとスーツのジャケットに袖を通した。そして見上げたのは、劇中に「東京中央銀行本店」として登場するビル。前作の最終回、銀行...
»続きを読む
カテゴリー:

投資初心者がソーシャルレンディングで大失敗しないための4つのポイント - 02月23日(日)18:39 

近年登場した投資サービスの一つであるソーシャルレンディングは、過去に不祥事による金融庁の指導が複数の事業者に対して行われた背景があり、初心者の方にとっては注意をしながら進めたい投資方法です。 しかし、あらかじめ危険なポイントを知っておけば、対策を取ることでリスクを軽減することができます。 そこで、ソーシャルレンディング投資をこれから始める人に向けて、あらかじめ知っておきたい4つのリスクと対策をお伝えしていきます。 目次 ソーシャルレンディングで失敗につながった事例は? 1-1.返済遅延に陥るソーシャルレンディング案件が続出した 1-2.行政処分を受けるソーシャルレンディング会社が多かった 1-3.利回りが高すぎた 危険なソーシャルレンディングの案件を見抜くポイント4つ 2-1.高利回りの案件に注意する 2-2.長い運用期間の案件は慎重に検討する 2-3.担保や保証が第三者によるものか確認する 2-4.融資先の会社の信用性を確認する 2020年現在のソーシャルレンディングが過去と変わった点 3-1.融資先の会社名が明らかにされるようになった 3-2.平均的な利回りが下がった 3-3.担保や保証、リスクなどの情報公開が進んだ まとめ 1.ソーシャルレンディングで失敗につながった事例は? ソーシャルレンディングは業界で発生した様々な過去の問題から、危険と指摘されることもある投資方法で...more
カテゴリー:

口座数は29.9万口座、年間売買代金も80%以上増加へ。GMOコインが最新業績を発表 - 02月21日(金)18:55 

GMOインターネットグループで仮想通貨交換業を営むGMOコイン株式会社は2月12日、2019年12月期の通期決算を発表した。 発表によると、GMOコインでは売買代金9.3兆円、口座数は29.9万口座、預かり資産残高261億円となり、前年と比較してもすべての項目で堅調に拡大したという。 年間売買代金は前年比で80%以上増加、収益も前期比で増益を達成している。 【引用】GMOコイン 「最新の業績指標を発表(2019年12月期) ~年間売買代金9.3兆円、口座数は29.9万口座、預り資産残高261億円~」より 口座数は前年同月末比で30%以上増加、スプレッド引き下げの効果により、顧客基盤が順調に拡大している。預り資産残高は前年同月末比で20%以上増加した。 【引用】GMOコイン 「最新の業績指標を発表(2019年12月期) ~年間売買代金9.3兆円、口座数は29.9万口座、預り資産残高261億円~」より 顧客属性は、前年同月末と比較すると女性比率が高くなっており、仮想通貨取引の裾野が広がっているという。 【引用】GMOコイン 「最新の業績指標を発表(2019年12月期) ~年間売買代金9.3兆円、口座数は29.9万口座、預り資産残高261億円~」より GMOコイン株式会社は2016年10月に、東証一部上場のGMOインターネットグループの仮想通貨による投資の機会を提供する部門として設...more
カテゴリー:

【悩める前向きな不動産投資家に朗報!】 不動産投資に前向きな投資家、しかし融資状況は厳しい現実…… 説得力のある収支計画 ポイントは「修繕費用」! - 02月21日(金)10:00 

2020年、不動産業界では「五輪前後」の不動産投資にも注目が集まっています。2019年10月、一般財団法人日本不動産研究所が機関投資家を対象に行なったアンケートの中で「今後1年間の不動産投資に対する考え方」を聞くと「新規投資を積極的に行う」と回答した投資家は95%で前年より4ポイント増加しました。一方、不動産投資と収益物件の情報サイト「建美家」が2018年に個人投資家を対象に行なった「不動産投資に関する意識調査」によると59.8%の個人投資家が物件購入の際の資金調達において「融資環境は1年前と比べて厳しくなった」と回答、こちらも前年よりも7.5ポイント多い結果でした。これらのデータや、2019年3月に金融庁が公表した「投資用不動産向け融資に関するアンケート調査結果について」などを総合的に見ると、不動産投資市場は前向きでありながら、融資に関する状況は厳しい現実が見えてきました。そこで、業界初の個人向け不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)を提供している “不動産の達人”株式会社さくら事務所(東京都渋谷区/社長:大西倫加)は投資物件向けホームインスペクション(住宅診断、以下HI)で新しいオプションサービスを提供します。今までの投資物件向けHIは、調査後、劣化事象などに対しての対策や経過観測などをピックアップして報告・アドバイスしていました。そこに更に「【収支計画対応...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「金融庁」の画像

もっと見る

「金融庁」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる