「金融庁」とは?

関連ニュース

老後2000万円問題をどう考える? お金に振り回されないための処世術 - 08月25日(日)15:30 

老後に2000万円必要!? どう資産形成すればいいのか  年金制度が揺らぐなか、老後は年金だけで生活できるのだろうかと不安に感じている人も多いのではないだろうか。  金融庁が今年6月にまとめた報告書によると、老後30年間 […]
カテゴリー:

キャッシュレス決済のセキュリティー 検査強化へ 金融庁 - 08月25日(日)11:11 

現金を使わずにスマートフォンなどで買い物の支払いをするキャッシュレス決済で不正アクセスの被害が相次いでいることから、金融庁は、セキュリティー対策が十分かどうか、事業者を検査することになりました。
カテゴリー:

【芸能】 吉本人気芸人と “反社疑惑” 仮想通貨トレーダーの密接交際 - 08月23日(金)08:43  mnewsplus

吉本興業の「闇営業」問題が膠着状態に陥る中、同社所属の人気芸人と、反社会的勢力の新たな接点が浮上した。 2017年『キングオブコント』王者である漫才コンビ「かまいたち」の山内健司(38)が、 暴力団関係者との繋がりも報じられている仮想通貨トレーダーに“師事”し、利益を得ているのではないかとの疑惑が取り沙汰されているのだ。 山内は、吉本のお笑い養成所「NSC大阪」の同期だった濱家隆一(35)と2004年にコンビを結成。 翌年から4年連続で『M1グランプリ』の準決勝まで勝ち上がり、2007年には『ABCお笑い新人グランプリ』で...
»続きを読む
カテゴリー:

仮想通貨交換業で初の廃業 - 08月23日(金)05:00 

 暗号資産(仮想通貨)交換サイト「Zaif(ザイフ)」を運営していたテックビューロ(大阪市)は22日、仮想通貨の交換業を廃業すると発表した。金融庁によると、登録された仮想通貨交換業者が廃業するのは初めて。昨年9月にシステムへの不正アクセスで約70億円相当の仮想通貨が流出。金融庁から顧客資産の管理体制が不十分だったとして3度目の業務改善命令を受けた。昨年11月に「ザイフ」をフィスコ仮想通貨取引所(東京)に事業譲渡し、仮想通貨交換業からは事実上撤退していた。
カテゴリー:

コインチェック、IEO事業の検討を開始へ - 08月22日(木)19:31 

コインチェック株式会社は8月22日、ユーティリティ・トークンによる資金調達支援事業IEO(Initial Exchange Offering:イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)の検討開始を発表した。 IEOは、トークン発行により資金調達を行うICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング)の中でも、仮想通貨取引所が主体となってトークンの販売を行うモデルだ。ICOがもつ「資金調達コストの削減」「ファンコミュニティや独自の経済圏の創造」「エクイティの分配を必要としない資金調達」といったメリットを踏襲しつつ、仮想通貨取引所が販売トークンの審査を行うことで、ICOよりも高い信頼性をもつ資金調達手段として海外の仮想通貨取引所を中心に注目を集めている。 コインチェックでは、金融庁認定自主規制団体の規則及びガイドラインに基づき、対象事業の審査を行った上で、企業やプロジェクト等の発行体から委託を受け、暗号資産の販売などの業務を支援していく予定だという。 【引用】Coincheck:「ユーティリティ・トークンによる資金調達支援事業の検討開始について」 コインチェックでは当該事業開始の検討にともない、既にコンテンツを保有していてファンコミュニティと一緒に事業を成長させたいプロジェクトなど、ユーティリティ・トークンを活用した新たな資金調達スキームの構築を検...more
カテゴリー:

キャッシュレス決済のセキュリティー 検査強化へ .. - 08月25日(日)11:12 

キャッシュレス決済のセキュリティー 検査強化へ 金融庁 #nhk_news
カテゴリー:

【海外不動産投資をもっと身近に】インドネシア史上初、外資によるREITライセンスをシノケンが取得 - 08月24日(土)17:11 

「海外不動産投資に興味はあるけど、騙されたという話をよく聞く」「海外の物件の管理なんて到底無理」「しっかり配当や利回りが出るのか不安」。海外不動産投資に関心はあっても、なかなかハードルが高く実行できないという方も多いでしょう。 経済成長の著しいASEANのなかでも、インドネシアは特に魅力的な国のひとつ。しかし、実際に投資をするには規制の障壁がある国です。魅力的ではあるものの手の届かない国への投資が、スマホから簡単にできるようになる可能性があります。 記事目次 なぜ今、インドネシア不動産投資なのか インドネシア史上初の外資系企業による不動産投資信託(REIT)ライセンス 不動産投資信託(REIT)に組み込まれる物件とは 早期に1000億円規模の組成を目指す スマホで買えるくらいに海外不動産投資のハードルを低く 1.なぜ今、インドネシア不動産投資なのか 筆者は、インドネシアで独自にアパートメントの運営に関わったビジネスをしています。アパート経営を始めたきっかけは、現地の地主さんや建設会社とのご縁があったためですが、客観的にみてもインドネシアは有望な市場の一つです。例えば、 人口が世界第4位(2.64億人、2017年の国連人口統計) 平均年齢が29歳と若い 親日指数が82%と世界第1位(英国BBCによる2013年の調査) ASEAN経済の35%のシェア(IMF予測) 資源(石油、天...more
カテゴリー:

活気づく仮想通貨業界。各交換所が事業強化を発表 〜新サービスの開始・安全性の強化・スポーツへの協賛 - 08月23日(金)06:00 

国内の仮想通貨業界は今、活気づいている。2019年5月に国会で改正資金決済法と改正金融商品取引法が成立。7月初頭には、一部仮想通貨交換業者に対する金融庁の業務改善命令が解除された。さらに4月からBitcoin(BTC)の強気相場が継続。7月には1BTC=130万円を越える日もあり、現在も1BTC=100万円以上を保っている。業界の中心となる国内の仮想通貨交換所は、7月末から8月中頃にかけて、各社がそれぞれの動きを見せた。
カテゴリー:

【テックビューロ】70億円相当流出の仮想通貨業者、業界初の「廃業」へ - 08月22日(木)20:13  newsplus

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190822-OYT1T50248/ 70億円相当流出の仮想通貨業者、業界初の「廃業」へ 19:36 2019/08/22  不正アクセスによって昨年9月、約70億円相当の暗号資産(仮想通貨)が流出した「テックビューロ」(大阪市)は22日、仮想通貨交換業の登録を返上し、廃業すると発表した。金融庁によると、仮想通貨の登録業者は現在19社あるが、登録を返上するのは初めてという。  テックビューロは昨年11月、金融情報サービスなどを手がけるフィスコ(東京)のグループ会社に仮想通貨の交換事業を譲...
»続きを読む
カテゴリー:

ザイフ元運営のテックビューロ 仮想通貨交換業を廃業 - 08月22日(木)17:49 

 暗号資産(仮想通貨)交換サイト「Zaif(ザイフ)」を運営していたテックビューロ(大阪市)は22日、仮想通貨の交換業を廃業すると発表した。  昨年9月にシステムへの不正アクセスで約70億円相当の仮想通貨が流出。金融庁から繰り返し業務改善命令を受け、昨年11月に「ザイフ」をフィスコ仮想通貨取引所(東
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「金融庁」の画像

もっと見る

「金融庁」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる