「貴金属」とは?

関連ニュース

西日本豪雨:「思い出の品」救出 “プロ”がボランティア - 08月17日(金)10:56 

 被災者の「思い出」を救助します--。現職の警察官や消防士、海上保安官などで構成するNGO「日本警察消防スポーツ連盟」が、西日本豪雨の被災地でアルバムや貴金属などを探し出し、持ち主に返す「財産保護活動」をボランティアで行っている。一般のボランティアでは入ることが難しい倒壊家屋内を“プロ”が捜索。活動
カテゴリー:

トルコリラ危機で、高級ブランド店に外国人旅行客が殺到 「外貨ベースで4割引になってめっちゃ安い!」 - 08月15日(水)17:20  news

米国との対立を原因とする深刻な通貨安に見舞われているトルコの最大都市イスタンブールで、 欧米系の高級ブランド品店に外国人旅行者が押し寄せる事態となっている。 通貨リラが主要通貨に対する急落に商店側の価格改定が追いつかず、外貨ベースでは割安感が大幅に増しているためだ。 高級ブランド店では入店待ちの行列ができた(14日、イスタンブール) 「シャネルのバッグを娘への土産にしたい。値段はサウジアラビアの半額だ」。 14日、最大都市イスタンブールの高級商業施設「イスティニエ・パーク」ではサウジから来た...
»続きを読む
カテゴリー:

米国が経済制裁を再開、イランに及ぼす影響は? - 08月08日(水)16:39 

イラン核合意から離脱したトランプ米政権による対イラン経済制裁が再開された。7日に始まった第1弾では、イランによる米ドルや金、貴金属の購入が禁止される。経済制裁はまた、通貨リアルによる取引や自動車産業にも大きな影響を与えそうだ。経済制裁の再開は短期的、長期的に、イランに対してどのような影響を及ぼすのだろうか。 世界の大部分は11月に始まる第2弾の石油やガスに対する制裁に注目しているが、第1弾の制...
カテゴリー:

<仙台七夕まつり>金の短冊に願いを込め 貴金属で企画 - 08月04日(土)20:25 

6日開幕する仙台七夕まつりに合わせ、仙台市青葉区一番町の田中貴金属ジュエリー仙台店は、金箔(きんぱく)の短冊に願い事を書いてもらう企画を開催している。まつり最終日の8日まで。 長さ約11センチの金の短
カテゴリー:

【国際】リラ急落、トルコのブランド店に旅行者殺到 - 08月15日(水)17:20  bizplus

米国との対立を原因とする深刻な通貨安に見舞われているトルコの最大都市イスタンブールで、欧米系の高級ブランド品店に外国人旅行者が押し寄せる事態となっている。通貨リラが主要通貨に対する急落に商店側の価格改定が追いつかず、外貨ベースでは割安感が大幅に増しているためだ。 「シャネルのバッグを娘への土産にしたい。値段はサウジアラビアの半額だ」。14日、最大都市イスタンブールの高級商業施設「イスティニエ・パーク」ではサウジから来たアリさん(61)が上機嫌で買い物を楽しんでいた。  シャネル、ルイ・ヴィトン、...
»続きを読む
カテゴリー:

なぜトランプはイランが飲むはずない無茶な要求を突きつけるのか - 08月13日(月)04:30 

8月7日、イラン制裁の一部を開始したアメリカ。今後第二弾も予定され、日本を含む各国に影響が出ることは必至ですが、トランプ大統領は何を目論んでいるのでしょうか。国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんはメルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』誌上で、厳しいイラン制裁は大統領自身が米国の11月中間選挙で勝利する為のパフォーマンスであるかもしれないが、米とイラン擁護派との関係悪化は今後深刻化していくだろうと分析しています。 トランプ、イラン制裁を復活 先日、「トランプさんが原因で、【二つの世界的危機】が起こる可能性が高まってきている https://diamond.jp/articles/-/176016 」という記事を書きました。二つの世界的危機とは、 米中貿易戦争が世界的経済危機に転化すること アメリカとイランの対立が、戦争に転化すること です。この2ですが、大きなできごとが起こりました。アメリカが8月7日、イラン制裁の一部を復活させたのです。この制裁は、自動車、鉄鋼製品、貴金属などの分野で、イランとの取引を禁じます。 問題は、「アメリカ企業に禁止するだけではない」ということ。外国企業(たとえば日本企業)が、イランと上の分野で取引すると、その日本企業まで制裁対象になる。 少し、過去を思い出してみましょう。オバマ2期目(13~16年)、アメリカは、シェール革命で世界一の石油・ガス大国に浮上しま...more
カテゴリー:

イラン取引、違反なら深刻リスク 米が制裁の一部再発動、日本企業も縛り - 08月08日(水)06:15 

 トランプ米政権は7日午前0時(日本時間同日午後1時)過ぎに、米国のイラン核合意離脱に伴う対イラン制裁の一部を再発動した。まず、イランの自動車産業、貴金属の売買、イラン政府による米ドル購入などに関する制裁を再発動し、イラン産原油の禁輸など影響の大きい制裁は11月5日に再開。日本を含む第三国企業もイランと取引すれば制裁対象になる。
カテゴリー:

「貴金属」の画像

もっと見る

「貴金属」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる