「貸金業」とは?

関連ニュース

【悲報】 韓国 2200万人以上が、年20%以上の高金利の借金に苦しむ - 02月21日(木)13:11  poverty

最低賃金を2年間で 29%も引き上げたことで、庶民層の雇用である臨時職、日雇いの働き口が19万5000人分も消えた。 台所が苦しくなった庶民が借金をしたことで、家計債務はさらに膨らんだ。 年20%以上の高金利に苦しむ債務者が2200万人を超えた。 国民3人に1人の割合である。 うち貸金業者にまで手を伸ばした人は412万人に達する。 昨年廃業した零細自営業者は100万人に達した 主に給与労働者だった人が退職金を注ぎ込んで経営している4200カ所が閉店した。 金融危機以降の10年間で最多だ。 保険解約による返戻金は1年間...
»続きを読む
カテゴリー:

「信用情報提供等業務に関連する統計」の公表に関するお知らせ(平成31年1月度) - 02月20日(水)16:00 

貸金業法に基づく指定信用情報機関である株式会社日本信用情報機構(略称:JICC)は、平成31年1月度の信用情報提供等業務に関連する統計を公表いたします。 1. 平成31年1月度の概況 [1]加盟会員の状況 当社に加盟する総会員数は、前月から6社増加し、1月31日時点で1,377社となりました。また、当社に加入する貸金業者数は、前月から6社増加し、891社となりました。 なお、1月度の入会・退会の状況は、新規入会8社、退会2社とな...
カテゴリー:

SBIソーシャルレンディング、出資金の振込手数料を無料とするクイック入金サービスを開始 - 02月15日(金)17:40 

貸付型クラウドファンディングサービスを提供するSBIソーシャルレンディング株式会社は、2月16日より住信SBIネット銀行の即時決済サービスによるクイック入金サービスの提供を開始することを公表した。 同サービスは住信SBIネット銀行の口座を保有するSBIソーシャルレンディングの利用者を対象に、振込手数料の負担なく、即時に出資金を入金できるようにするもの。これにより、出資金の入金時、分配金の受取時ともに手数料不要で利用可能となる。クイック入金サービスの対応ファンドは「不動産担保ローン事業者ファンド」と随時募集している「オーダーメード型ローンファンド」だ。 SBIソーシャルレンディング 入金方法の比較 SBIソーシャルレンディングは、SBI証券など金融サービス全般を取り扱うSBIグループのソーシャルレンディングサービス。SBIソーシャルレンディングでは、担保力を重視した貸付額の設定と借手ごとの厳格な審査(たとえば、資本金5,000万円以上、直近6年間の貸し倒れ件数2件以内かつ2,000万円以内、過払い債務なし、貸金業の業歴7年以上など)を行った企業に融資を行うファンドなどを扱っている。また、登録・販売・分配金の送金手数料が無料という特徴があり、これまでに累計融資額600億円超、投資家登録完了者数2万人超という豊富な実績がある。 【関連ページ】SBIソーシャルレンディングの評判・口コミ 【...more
カテゴリー:

【悲報】韓 国 経 済ヤバい...年20%以上の高金利に苦しむ債務者が2200万人を超えた模様 - 02月21日(木)12:02  livejupiter

最低賃金を2年間で 29%も引き上げたことで、庶民層の雇用である臨時職、日雇いの働き口が19万5000人分も消えた。 台所が苦しくなった庶民が借金をしたことで、家計債務はさらに膨らんだ。 年20%以上の高金利に苦しむ債務者が2200万人を超えた。 国民3人に1人の割合である。 うち貸金業者にまで手を伸ばした人は412万人に達する。 昨年廃業した零細自営業者は 100万人に達した 主に給与労働者だった人が退職金を注ぎ込んで経営している4200カ所が閉店した。 金融危機以降の10年間で最多だ。 保険解約による返戻金は1年間...
»続きを読む
カテゴリー:

【韓国経済崩壊】高金利に苦しむ債務者2200万人超 ネット「日本に助けを求めたりするのはナシで」「国も多重債務国」 - 02月19日(火)18:18  seijinewsplus

https://anonymous-post.mobi/archives/4043 韓国の金融委員会は生活が苦しい基礎生活受給者(生活保護受給者に相当)、高齢者、長期の債務延滞者について、債務の元金を減免する対策を発表した。金融機関への債務の元金を最大で95%減免する内容だ。 貧困層の所得を増やし、経済成長につなげることを掲げる政府だが、低所得世帯の経済が崩壊したことを受け、緊急支援に乗り出す格好だ。 「モラルハザードを助長しかねない」とする批判があるにもかかわらず、長期の債務延滞者について、最大で1人当たり1500万ウォン(約147万円)ま...
»続きを読む
カテゴリー:

1口5万円・年利回り7.0%・25日12時まで、SBIソーシャルレンディングがSBISLメガソーラーブリッジローンファンド22号募集 - 02月14日(木)17:33 

SBIソーシャルレンディングが「SBISLメガソーラーブリッジローンファンド22号」を2月14日10時から2月25日昼12時まで募集している。 SBISLメガソーラーブリッジローンファンドは、太陽光発電事業者向けの貸付事業で運用され、SBIソーシャルレンディングが玄海インベストメントアドバイザーと協業して組成する「かけはし」シリーズのファンドだ。「かけはし」シリーズは2019年2月13日時点で貸倒れや延滞なく、105億円超の元本償還実績がある。今回の案件は1口5万円から投資可能で、募集額は6億円。予定年間利回りは7.0%、運用期間は2019年2月下旬から2020年8月末日の約18か月となっている。 借手は最終返済日(貸付実行日から約18か月後の2020年8月末日)に元金一括払いで返済を行うことが予定されているため、出資金の償還は、原則として最終分配日の予定となっている。ただし、貸付先から期限前返済が発生し、運用期間が短縮される可能性がある。また、借手の貸倒れ等によって元本割れが生じ、最悪の場合、元本が0円になる可能性があり、実際の運用利回りを確約するものではない点、そのほか、出資金入金後の返金は不可である点、留意を要する。 ファンド概要 予定年間利回り 7.0% 借手資金使途 借手が行う太陽光発電事業のプロジェクト資金の一部(地上権及び売電権利の取得、発電所建設業務の委託...more
カテゴリー:

「貸金業」の画像

もっと見る

「貸金業」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる