「貸金業」とは?

関連ニュース

【2019年8月最新】ソーシャルレンディング徹底比較!利回り・特徴・リスクなど - 08月21日(水)19:07 

国内には複数のソーシャルレンディング、また、それに類するクラウドファンディング投資ができる会社があります。投資ができる会社が多いため、投資初心者の方はどの会社を使って投資すれば良いのか、迷ってしまうこともあるでしょう。 そこで、ここではソーシャルレンディング会社やクラウドファンディング会社の中から自分に合った投資対象を選べるようにするため、それぞれの特徴をまとめてみました。利回りや特徴などを参考にしながら、ぜひ今後の投資の参考にしてください。 ※記載の情報はすべて2019年8月調査時点のものです。 目次 ソーシャルレンディング会社の特徴・比較 1-1.SBIソーシャルレンディング 1-2.クラウドバンク 1-3.Funds 1-4.OwnersBook(オーナーズブック) 1-5.LENDEX(レンデックス) 1-6.ネクストシフトファンド 1-7.クラウドクレジット 不動産投資型クラドファンディング会社の特徴 2-1.CREAL(クリアル) 株式投資型クラウドファンディング会社の特徴・比較 3-1.FUNDINNO(ファンディーノ) 3-2.Unicorn(ユニコーン) まとめ 1.ソーシャルレンディング会社の特徴・比較 以下では、ソーシャルレンディング投資を提供しているサイトの中でも、運営企業や運用実績などの面から比較的安全に投資することができるサービスをご紹介します。それ...more
カテゴリー:

新規ソーシャルレンディングサイト「COOL」の特徴やメリットを探る - 08月19日(月)00:49 

2019年7月、新規ソーシャルレンディングサイトCOOLが運営を開始しました。同年のソーシャルレンディング事業への新規参入事業者は、1月スタートのFundsに続いて2社目になります。 このCOOLはどのような特徴を持ったソーシャルレンディングサイトを運営していくのか、その内容を確認してみました。 目次 新規ソーシャルレンディングサイトCOOLの概要 1-1.日本に在住する外国人の会社への融資に特化 1-2.ソーシャルレンディング業務の経験がある社員が中心 1-3.第二種金融商品取引業に登録 COOLの案件を探る 2-1.第一号案件は中国の会社へ1,000万円規模の案件 まとめ 1.新規ソーシャルレンディングサイトCOOLの概要 まず、このCOOLがどのような会社なのか、会社概要から転記します。 商号 株式会社COOL SERVICES 社名英記 COOL SERVICES INC. 住所 〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町14-6 日宝小伝馬町ビル9F 設立 2016年02月01日 資本金 70,000千円 登録番号 東京都知事(1)第31603号 加入団体 日本貸金業協会 会員 第005946号 信用情報機関 株式会社日本信用情報機構 TEL:0570-055-955 指定紛争解決機関 貸金業相談・紛争解決センター TEL:05...more
カテゴリー:

「リツイートするだけで1万円」は危ない! 暴力団がSNSを駆使して大学生を犯罪に巻き込む - 08月10日(土)09:21 

【配信終了日:8月15日(木)】動画はこちら売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時12分放送)。8月8日(木)放送の「最新犯罪&最新愛人事情スペシャル」では、暴力団がSNSを駆使して大学生に近づく手口や、SNS闇金の金をむしり取る手口を暴露しました。暴力団がSNSを駆使して大学生を巻き込む犯罪手口元埼玉県警捜査一課・佐々木成三さんは、SNSを駆使した暴力団の最新犯罪事情を大暴露! 暴力団がSNSを利用する理由は、取り締まりの強化などにより今までのようなシノギは減少したため。インテリヤクザがSNSを駆使して大学生をビジネスに利用しているのだといいます。今年おきた、赤坂の路上でおよそ8000万円が入ったバッグを奪われた強盗傷害事件でつかまったのは暴力団と有名大学に通う大学生。最近では、大学生と暴力団の関係が密になっている、と佐々木さん。暴力団がSNSを駆使して大学生に近づく手口とは? 第一段階は、暴力団だと隠し、SNSで「これをリツイートするだけで1万円」とエサを撒き、大学生を集めます。第二段階は、1万円に食いついた大学生たちを集めパーティーを開催。最終段階になると、パーティーに参加した大学生に「1回5万円の仕事をしないか」などと薬物の受け子のバイトを持ちかけるなど、犯罪の片棒を担がせている...more
カテゴリー:

1口5万円・年利回り3.8%・22日12時まで、SBIソーシャルレンディングがSBISLカンボジア・マイクロファイナンスローンファンド1号募集 - 08月05日(月)09:55 

SBIソーシャルレンディングが「SBISLカンボジア・マイクロファイナンスローンファンド1号」を8月5日午前10時から22日昼12時まで募集する。 SBISLカンボジア・マイクロファイナンスローンファンドは、「カンボジア事業等を営む事業者(東証マザーズ上場)」向けの貸付事業で運用するファンドだ。 このファンドは、カンボジアの貧困層や零細事業者を対象としたマイクロファイナンスに対する資金供給をテーマとしている。カンボジアの貧困層や低所得者層に小口融資などのマイクロファイナンスサービスを提供することで、人々が貧困から脱して自立した豊かな生活を営むことができるよう支援するとともに「ソーシャルリターン」を実現する。 今回の案件は1口5万円から投資可能で、募集額は2億円。予定年間利回りは3.8%、運用期間は2019年8月23日から2020年8月末日の約12か月となっている。 借手は最終返済日(貸付実行日から約12か月後の2020年8月末日)に元金一括払いで返済を行うことが予定されているため、出資金の償還は、原則として最終分配日の予定となっている。ただし、貸付先から期限前返済が発生し、運用期間が短縮される可能性がある。また、借手の貸倒れ等によって元本割れが生じ、最悪の場合、元本が0円になる可能性があり、実際の運用利回りを確約するものではない点、そのほか、出資金入金後の返金は不可である点、留意...more
カテゴリー:

1口5万円・利回り6.0%・23日12時まで、SBIソーシャルレンディングがSBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeo4号募集 - 08月19日(月)12:00 

SBIソーシャルレンディングが「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeo4号」を8月19日午前10:00から8月23日昼12:00まで募集する。 SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeoは、「不動産を担保にローン事業を営む事業者」向けの貸付事業で運用するファンドだ。今回の案件は1口5万円から投資可能で、募集額は8億円。年利回りは6.0%、運用期間は約12か月。なお、貸付先の詳細は投資家登録が完了しているユーザー限定で公開される。 借手は最終返済日(貸付実行日から約12ヶ月後の2020年8月末日)に元金一括払いで返済を行うことが予定されているため、出資金の償還は、原則として最終分配日の予定となっている。ただし、貸付先から期限前返済が発生し、運用期間が短縮される可能性がある。また、借手の破たん等によって元本割れが生じ、最悪の場合、元本が0円になる可能性があり、実際の運用利回りを確約するものではない点、そのほか、出資金入金後の返金は不可である点、留意を要する。 ファンド概要 名目利回り 6.0% ※貸付金利7.0%(年間)から、管理手数料率1.0%(年間)を差引後、税引前の利回り。 ※利回りは保証されるものではありません。 借手資金使途 借手が行う不動産担保ローン事業における事業資金(借手の顧客に対する貸付金)※借手の第三債務者(借手の貸付先)に対する貸付けに応じて...more
カテゴリー:

【シェアNO.1】SBIソーシャルレンディング、累計融資額1000億円突破!投資家から支持される5つの理由 - 08月13日(火)18:29 

ソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディング)サービスを提供するSBIソーシャルレンディング株式会社は7月に、今年6月末時点で累計融資額が1000億円を突破、7月末時点の融資残高は過去最高349億円に達したと発表しました。また、7月25日発刊の富士キメラ総研「決済関連市場調査」のクラウドファンディングマーケットシェア2018年実績でNo.1となりました。投資家登録数も2019年7月末時点で37,674人(前年同月比74%増)に達し、堅調に推移しています。 今回、HEDGE GUIDE編集部はSBIソーシャルレンディングの営業企画部長である澤田響氏から直接お話しを伺い、ここまで成長している5つの理由をまとめてみました! 目次 総合金融グループ・SBIグループである安心感 1-1.コンプライアンスに対する意識の高さによる安心感 1-2.個人や銀行では取り込めない案件への出資が可能 顧客中心主義に基づく情報提供 2-1.手数料の明確化 2-2.管理画面ログイン後の情報開示 大規模案件で投資機会が多い プロジェクトの社会性を重視 ユーザビリティの改善 まとめ 1.総合金融グループ・SBIグループである安心感 2018年にソーシャルレンディング投資において遅延発生や行政処分などが相次いだことで、安全な投資先を選ぶ目安として、改めて上場企業や上場グループの会社であることが注目される...more
カテゴリー:

1口5万円・年利回り6.0%・16日12時まで、SBIソーシャルレンディングがSBISL不動産バイヤーズローンファンド34号募集 - 08月08日(木)11:30 

SBIソーシャルレンディングが「SBISL不動産バイヤーズローンファンド34号」を8月8日午前10:00から8月16日昼12:00まで募集している。 SBISL不動産バイヤーズローンファンドは「不動産の売買等を行う事業者」向けの貸付事業で運用するファンドだ。当該案件は1口5万円から投資可能で、募集額は8億2,200万円。予定年間利回りは6.0%、運用期間は約6か月。 借手は最終返済日(貸付実行日から約6か月後の2020年1月末日)に元金一括払いで返済を行うことが予定されているため、出資金の償還は、原則として最終分配日の予定となっている。ただし、貸付先から期限前返済が発生し、運用期間が短縮される可能性がある。また、借手の破たん等によって元本割れが生じ、最悪の場合、元本が0円になる可能性があり、実際の運用利回りを確約するものではない点、そのほか、出資金入金後の返金は不可である点、留意を要する。 ファンド概要 予定名目利回り 6.0%※貸付金利6.5%(年間)から、管理手数料率0.5%(年間)を差し引いた、税引前の利回り。※利回りは保証されているものではありません。 借手資金使途 不動産の取得資金の一部 運用期間 約6か月 募集期間 2019年8月8日午前10:00~2019年8月16日昼12:00 募集額 8億2,200万円 出資単位 1口5万円 担保価値...more
カテゴリー:

出資金流出で集団提訴 3.4億円の賠償求める - 08月02日(金)21:19 

 インターネットで投資を募って企業に貸し付ける「ソーシャルレンディング」を巡り、虚偽の説明で出資を募った上、資金を不正に流出させたとして、23都道府県の143人と法人2社が2日、貸金業者「エーアイトラスト」(東京)や同社役員らに対して計3億4000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。
カテゴリー:

「貸金業」の画像

もっと見る

「貸金業」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる