「金融機関」とは?

関連ニュース

年金受給で詐欺罪に...クレジットカードにも要注意! いま知るべき「終活の落とし穴」:ソクラテスのため息 - 11月20日(水)12:47 

"滝沢カレンが理解できれば、視聴者みんなが理解できる!"をテーマに、経済情報や話題のニュース、世間を騒がせている流行のモノについて、誰にでもわかるように優しくかみ砕いてお届けするお勉強バラエティー「ソクラテスのため息~滝沢カレンのわかるまで教えてください~」(毎週水曜夜10時)。11月6日(水)の放送では、「終活の落とし穴」をテーマにお届けした。近年浸透してきた「終活」という言葉。しかし、実際に終活をしている人の割合は1割に満たない(※2018年楽天インサイト調べ)という。終活の不備で面倒ごとに巻き込まれるのは、死去した人より遺された人だというのだ。そこで今回は、遺された側が知っておくべき終活の情報を紹介していく。終活の危険な落とし穴...そのひとつは「死なれて起こるお金のトラブル」。森井じゅん公認会計士は「亡くなった人の銀行預金は引き出すのが超大変」と指摘する。通常、口座の名義人が亡くなると、銀行が口座を凍結する。2019年7月1日には、凍結した銀行口座から仮払いできる制度が制定されたが、ひとつの金融機関から引き出せる上限は150万円と決められており、それ以上の金額を銀行から引き出すためには、遺された側による非常に面倒な手続きが必要になるという。凍結解除に必要な書類は「故人の出生から死亡までの戸籍謄本」「全ての相続人の実印・印鑑証明」「全ての相続人の戸籍謄本」など(※遺産分割協議...more
カテゴリー:

日本発のブロックチェーン、カンボジア国立銀行のデジタル決済「バコン」のテスト運用開始へ - 11月20日(水)12:25 

ソラミツ株式会社とカンボジア国立銀行は11月18日、カンボジアにおける金融包摂を促進するためにブロックチェーン「ハイパーレジャーいろは」を活用し、安全・簡単・迅速かつ無料の決済・送金を実現するトークン型のカンボジア国立銀行デジタル決済「バコン」を開発、正式導入に向けたテスト運用を開始した。 「バコン」はそれ自体が現金と同等の価値を持ち転々流通可能なトークン型のデジタル決済だ。カンボジア国立銀行が主導的に運営し、全ての国民・全ての金融機関に提供する強固なセキュリティと十分な処理能力を備え、安全、簡単、迅速に、そして無料で現地通貨のリエルやUSドルの決済・送金が行える。また、利用者は、送金先の銀行口座番号を知る必要がなく、相手の携帯電話番号宛に直接送金したり、QRコードをスキャンして決済や送金を行うことができる。 「バコン」は、金融包摂、金融政策力の維持、自国通貨の強化、銀行口座開設率の向上、電子商取引への対応、クロスボーダー取引などを目的として開発されており、現在の金融政策や従来のバンキングシステムを破壊するものではなく、それらをより効率的で安全なものにすることを目指すという。 世界銀行の統計によると、カンボジアの15歳以上の78%の国民が銀行口座を開設していないという。その一方で、スマートフォンの国民への普及率は150%であり、多くの国民が2台のスマートフォンを所有していることが...more
カテゴリー:

上場している不動産投資会社7社の特徴・実績・評判まとめ - 11月20日(水)11:58 

「どの不動産投資会社に相談するのが良いだろうか?」とお悩みの投資初心者の方は多いかと思います。数ある不動産投資会社の中で、全てを比較検討することは難しいですが、基本的には以下のようなポイントを満たす企業をお探しのケースがほとんどかと思います。 会社規模が大きく、つぶれにくい 物件の開発実績が豊富 コンプライアンス(法令遵守姿勢)活動に取り組んでいる 営業の説明を丁寧にしてもらえる 連絡が取りやすい 土地・物件の需要が高い 融資の条件で有利になりやすい 上記の条件を満たしていることが多いのが上場している会社です。上場企業は上場審査という証券取引所の厳しい審査を経て上場されているので、非上場の企業と比べると会社の規模や体制などがしっかりとしています。この記事では、投資会社選びでお悩みの方に向けて、不動産投資の上場企業7社の情報をまとめましたので、ぜひご参考になさって下さい。 ※本記事のデータは2019年11月調査時点のものとなります。最新情報は各社のサイトURLから直接ご確認下さい。 FJネクスト プロパティエージェント グローバル・リンク・マネジメント シノケングループ GAテクノロジーズ デュアルタップ オープンハウス 上場している不動産投資会社7社の特徴・実績・評判まとめ 入居率99.0%、都内の高品質なブランドマンションを提供する東証1部企業「FJネクスト」 FJネクス...more
カテゴリー:

コンプライアンス・監査対応への強化として自治体や企業のニーズ増加 メールアーカイブシステム『MailBase』、 市場占有率27.9%、11年連続で国内製品シェアNo.1※を達成 ※富士キメラ総研調査 - 11月20日(水)11:00 

サイバーソリューションズ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:秋田健太郎、以下当社)は、市場調査会社である株式会社富士キメラ総研が2019年10月25日に発刊した『2019 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧(市場編)』の調査報告において、当社が提供するメールアーカイブツール『MailBase』(メールベース)が市場占有率27.9%を記録し11年連続でメールアーカイブソフトウェアとして国内製品における第1位の実績を達成したことを、2019年11月20日(水)に発表しました。『MailBase』は、企業内の全ての送受信メールと添付ファイルを長期的に保存し、高速検索を可能にする電子メール監査・メールアーカイブシステムです。内部統制やコンプライアンス対策のほか、企業内の個人メールの再活用にも効果的であることなどにより、導入団体から高く評価されています。JFEシステムズ株式会社、株式会社ルネサンス、松戸市、所沢市、宝塚市、高松市、株式会社近畿日本ツーリストコーポレートビジネス、日本ペイント株式会社をはじめ、金融機関、官公庁、ISP/XSPなどのサービス事業者様をはじめ数多くの企業・自治体に導入されています。■海外メーカー中心のメールソリューション市場の中、国内メーカーならではの安心サポートで高い評価『2019ネットワークセキュリティビジネス調査総覧』(富士キメラ総研)によると...more
カテゴリー:

税理士・金融機関と建設会社をつなぐ業界初の経営管理ツール「原価指南」がリリース~安価な定額制サービスで中小建設業の生産性向上を支援~ - 11月20日(水)09:30 

一般社団法人原価管理研究会<略称:SCC>(東京都)は、業界の垣根を越えたデータ利活用による生産性向上を促進すべく経済産業省が推進してきた「Connected Industries」を建設業界で実現するため、中小建設会社と税理士・金融機関をITでつなぐ新たな経営管理システム「原価指南」を開発し、2019年11月7日より、定額制で安価に利用できるサービスとして提供開始しました。 昨今の建設業界を取り巻く経済環境は堅調に推移する一方...
カテゴリー:

預貯金等の照会を電子化するサービス(注1)を導入する機関のお知らせ~金融機関6行、行政機関32機関が採用~ - 11月20日(水)12:30 

日本ATM株式会社(代表取締役社長:中野 裕、以下「日本ATM」)が提供する預貯金等の照会を電子化するサービス「DAIS」において、このたび、2つの金融機関と20の行政機関に新たに導入いただくことになりましたのでお知らせいたします。これにより、既に公表済みの機関とあわせて6の金融機関、32の行政機関でのご採用が確定しました。 ■導入機関名一覧 <今回新たに公表する機関(注2)> ・金融機関(金融機関コード順) 株式会社北...
カテゴリー:

若手経営者が災害後の自企業や地域の復興のあり方について考えるビジネス復興事業を開催 ~被災後の復興に向けた迅速なビジネスの再開方法等について学ぶ~ - 11月20日(水)12:00 

日本商工会議所青年部(以下日本YEG/田中暢之会長・各務原商工会議所青年部所属)は、2019年11月15日(金)、秋田県秋田市の秋田ビューホテルにて、災害からの復興をテーマとしたビジネス復興事業『災害から復興へ ~地域を全国のYEGの力で~』を開催しました。日本YEGは、地域の経済的発展の支えとなるべく、全国各地でのコンベンションの開催、地域からの要望や意見を集約し提言を行う活動、経営課題を解決するための事業、講演会・セミナーなどの研修事業、国際的な交流活動などを行っている団体です。本事業は、全国各地で大規模自然災害が多発していることを受け、被災した場合の対処方法や、復興していく為の知識や行動力を学ぶことを目的に開催し、2011年に東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市の事業者3人を招いた講演会やディスカッションを行いました。自企業の被災リスクを考え、被災の体験談を聞き、復興に向けた取り組み等を学ぶため、日本各地から179人の青年経済人が参加しました。講演を行った菅沼渉氏(建設会社・株式会社菅原工業/取締役専務)は、「災害復旧工事で人手不足に陥った際、気仙沼市と漁業で交流のあったインドネシアから技能研修性を受け入れることで事業を再開した」と自企業の取り組みを紹介したほか、藤村さやか氏(染織工房・インディゴ気仙沼/代表)の「子育て中の女性が子供をおんぶしながらでも仕事ができる染織工房を...more
カテゴリー:

オープンテキスト、日本においてエンタープライズソリューション向けにクラウドインフラストラクチャを拡充 - 11月20日(水)11:00 

~データセンターを拡充し、エンタープライズコンテンツ管理の国内での全面的なクラウド対応と、ディザスタリカバリやセキュリティ機能の強化を実現~エンタープライズ情報管理(EIM)ソリューションのグローバルリーダーである、OpenText(NASDAQ:OTEX、TSX:OTEX、日本法人:東京都千代田区、代表取締役社長:反町浩一郎、以下オープンテキスト)は11月19日に、エンタープライズコンテンツ管理(ECM)を始めとしたエンタープライズソリューションのクラウド対応に向けて東京と大阪にある国内データセンター(DC)を拡充し、OpenTextクラウドの拡張を発表しました。OpenText Business Networkサービスにおける豊富な実績をもつオープンテキストは、今回の拡張により、お客様のOpenTextクラウドへのEIMワークロードの移行を支援すると共に、ディザスタリカバリ対策とセキュリティ機能を強化します。OpenTextのCEO兼CTOであるMark J.Barrenecheaは、次のように述べています。「日本はOpenTextにとって非常に重要な市場です。今回の拡張により、日本のお客様はOpenText Cloudを最大限に活用できるようになります。最新の次世代EIMアプリケーション、主要なネットワークプロバイダとの戦略的パートナーシップおよびエンタープライズクラスのクラ...more
カテゴリー:

アラムコ上場のFA手数料、最大9000万ドルにとどまる=関係筋 - 11月20日(水)09:59 

サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコの新規株式公開(IPO)のアドバイザーを務める金融機関25社が受け取る予定の手数料が最大で計9000万ドルと、過去の大型IPOに比べ低くなることが、事情に詳しい関係者3人の話で明らかになった。
カテゴリー:

米フィデリティがNYでの仮想通貨ビットコインの取引・カストディが可能に【ニュース】 - 11月20日(水)07:28 

米大手金融機関フィデリティの仮想通貨関連サービス子会社「フィデリティデジタルアセット・サービシス(FDAS)」が、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)からビットコインの取引やカストディ(保管)サービスのライセンスを取得した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「金融機関」の画像

もっと見る

「金融機関」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる