「最終年」とは?

関連ニュース

住友商事CDOに聞くDXでの成長戦略、5Gやスマートシティ、ジョブ型雇用への取り組みとは - 11月26日(木)07:10 

DXの基盤となるグループ体制を築いてきた中期経営計画2020の最終年度、社会全体に大きなインパクトを与えたコロナ禍を経て、住友商事は「次」に何を見据えるのか。住友商事の代表取締役 副社長執行役員で、メディア・デジタル事業部門長と会社全体のCDOを兼任する南部智一氏に5Gやローカル5Gの活用、スマートシティへの取り組みなどについて話を聞いた。
カテゴリー:

Eストアー、3年後に売上2倍の100億円、営業利益は4倍の20億円目指す 中期経営計画で明らかに - 11月23日(月)16:00 

Eストアーは11月12日、2025年3月期(2024年度)を最終年度とする中期経営計画「Dynamic Ascension」を策定したと発表した。前期に2社をM&Aをし、中小企業から大手企業までECを支援できる体制を整えている。グループ・・・
カテゴリー:

国土交通省 提言の骨子案討議、次期物流大綱の施策策定に向け - 11月19日(木)07:30 

 国土交通省は11月4日、「2020年代の総合物流施策大綱に関する検討会」の第5回会合を開催した。2017年度からの現行総合物流施策大綱は20年度が最終年度となるため、次期の総合物流施策大綱施策策定に向けた提言の骨子案について討議。人口減少・少子高齢化による労働力不足、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う社会・経済環境の変化、AI・IoTなど先端技術の進化など様々な変化が発生している中で、物流に関する課題へ対応する施策の策定を進めていくため、物流DX(デジタルトランスフォーメーション)と物流標準化の推進、労働力不足対策と物流構造改革、強靭で持続可能な物流ネットワークの構築といった3本を柱に提言していくことにした。  第5回の検討会では最初に、これまで関連企業・団体などのプレゼンテーションやヒアリングした意見をまとめ、披露した。それによると、EC市場拡大による多頻度・多品種・小ロット化や物流のデジタル化の遅れなど時代の潮流・社会の変化に関する意見や、新型コロナウイルス感染症による新常態における働き方改革の必要性があるといった意見があった。  また今後の物流のあり方に関しては、DXの進展を見据えて省人化・標準化を通じた物流の装置産業化・投資産業化を進める必要性を訴える意見が寄せられた。SDG'sという国際目標の達成も設定することが重要との意見も見られたほか、災害大国としての...more
カテゴリー:

第1回建築安全マネジメント推進協議会を開催 - 11月18日(水)15:21 

今年度は本計画で定める計画の実施期間の最終年度となり、今般、平成28年度以来5年ぶりに本計画を改定するため、下記のとおり第1回目の協議会を開催しますので、お知らせします。
カテゴリー:

阪神・久慈コーチ「留任」の謎 失策数ワースト…指導の問題点指摘する声も - 11月16日(月)15:30 

阪神が15日、秋季練習を開始。矢野燿大監督(51)の3年契約最終年となる来季体制で、大きな反響があったのが内野守備担当の久慈照嘉コーチ(51)の留任だ。チーム失…
カテゴリー:

青森市営バス運営審 10年間の戦略案答申 - 11月25日(水)11:39 

青森市営バスの経営について審議する「青森市自動車運送事業運営審議会」(会長・井上隆青森大教授)は24日、2021年度から10年間の経営戦略案を小野寺晃彦市長に答申した。広告事業の強化や経費の抑制など経営改善に継続して取り組む内容となっており、小野寺市長は「素晴らしい答申をまとめていただいた」と評価した。同審議会は昨年10月から分科会も含め計7回会議を重ね、答申案を取りまとめた。計画最終年の30年度に資金不足比率を0%(20年度9.9%)、一般会計からの繰入金も10億2600万円(同22億500…
カテゴリー:

「オーナー&社長」史上初の体制で優勝争いを…退団ボーアはどこに? 「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記 - 11月22日(日)22:45 

 巨人のボーアが矢野阪神に牙をむく!? 阪神は藤原崇起オーナー(68)=阪神電鉄会長=が12月1日から球団社長を兼務することを正式発表(10月18日アップのコラムで詳報)しました。球団社長が置かれた1960年からオーナーが球団社長を兼務するのは球団史上初めてです。来季が3年契約の最終年で勝負の年の矢野燿大(あきひろ)監督(51)と二人三脚で16年ぶりのリーグ優勝を目指しますが、同オーナーの社長兼務が発表された同日、ジャスティン・ボーア内野手(32)の自由契約も発表されました。17本塁打、45打点に終わったボーアは期待外れの成績でしたが、自由契約公示の当日に獲得調査と思える動きを見せた球団が、まさかの原巨人とは…。近未来に意外な展開が待っているのかもしれません。
カテゴリー:

日本ハムがビヤヌエバの退団を発表 右腕2人残留、王柏融は契約最終年 - 11月18日(水)16:27 

 日本ハムは18日、クリスチャン・ビヤヌエバ選手(29)の退団が決まったと発表した。  ビヤヌエバは2019年に来日するも1シーズン限りで巨人を退団となり、今季から日本ハムに加入。中田翔と並ぶ大…
カテゴリー:

阪神・久慈コーチ「留任」の謎 失策数ワースト…指導の問題点指摘する声も - 11月16日(月)20:00 

阪神が15日、秋季練習を開始。矢野燿大監督(51)の3年契約最終年となる来季体制で、大きな反響があったのが内野守備担当の久慈照嘉コーチ(51)の留任だ。チーム失…
カテゴリー:

阪神・糸井、大減俸を受け入れるか…減額制限40%超え提示されていた - 11月14日(土)07:36 

 4年契約最終年を終える阪神・糸井嘉男外野手(39)が球団との契約交渉で野球協約で定められている減額制限(年俸1億円以上は40%)を超えるダウン提示を受けていたことが13日、分かった。今季最終戦の11日に話し合ったとみられ、返答期限は週明け。大減俸を受け入れるか-。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「最終年」の画像

もっと見る

「最終年」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる