「再構成」とは?

関連ニュース

日本初出店!高級チョコ量り売り - 02月25日(火)20:44 

『日本初出店!高級チョコ量り売り』動画はこちらイタリアでは知らない人がいないと言われている老舗高級チョコレート店が、日本に初出店。高級店には珍しいちょっと変わった売り方で日本での市場拡大を狙います。2019年12月12日に東京・銀座にオープンしたイタリアの高級チョコレート店「Venchi(ヴェンキ)」。店内には90種類以上のチョコレートと16種類のジェラートが並びます。高級店には珍しく、40種類以上のチョコレートの中から好きなものを選んで買える「量り売り」をしています。チョコレートはどれを選んでも1グラム17.3円です。1878年にイタリア・トリノで開業したVenchi。現在では世界各国に100を超える直営店があり、70カ国に輸出しています。そんなVenchiが、いま日本に進出する理由には、日本のチョコレート市場にありました。日本のチョコレート市場は継続的に伸びていて、なかでも高級なものが人気で平均単価が上がっています。Venchi成功のカギは、ジェラートとのシーズン戦略にあります。夏に売れるジェラートと、冬に売れるチョコレートの両方を販売することで閑散期をなくす狙いがあります。ヴェンキ・ジャパンの藤本哲平取締役は「ジェラートは大人が自分のために食べるのに非常に良いデザートなので、ジェラートで"ごほうび需要"を開拓していきたい」と話します。『日本初出店!高級チョコ量り売り』動画はこ...more
カテゴリー:

「地方の絶品パン」を冷凍宅配 - 02月20日(木)19:29 

『「地方の絶品パン」を冷凍宅配』動画はこちら高級食パンがブームになるなど、全国でパンの需要が増えています。そんな中、地方のベーカリーが作るパンを東京都心のオフィスに届ける新たなサービスが始まりました。このサービスは、冷凍パンの宅配(1個250円・税抜・送料別)で、月替わりで最大8種類のパンがオフィスに届きます。宅配サービスを手掛けているのは、冷凍パンメーカーに勤務していた矢野健太さんが立ち上げたベンチャー企業「パンフォーユー」。"高級パン"ブームでパンの需要が増える中、都心のオフィス近くにはベーカリーが少ないことに着目しました。クオリティーや価格の面でこだわった地方のベーカリー15店舗とすでに契約していますが、サービスの拡大に向け常に新たな店を探し歩いています。矢野さんが訪れたのは、前橋市で80年以上続く「松田製パン店」。地元の幼稚園などに卸売りしていますが、人口減少で将来的に売り上げの低下が懸念されることから、新たな販路を期待してパンフォーユーと契約を結びました。矢野さんは「都心には、おいしいパンを食べたことがない人がかなりいるので、冷凍パンの流通で知ってもらいたい」と言います。『「地方の絶品パン」を冷凍宅配』動画はこちらこの映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年12月4日放送)の内容を配信用に再構成したものです。テレビ東京の経済報道番組とTBSの「がっ...more
カテゴリー:

"マグロ"が食べられなくなる!? - 02月18日(火)20:24 

『"マグロ"が食べられなくなる!?』動画はこちら日本人が大好きな「マグロ」。しかし今、その数が激減しています。いったい何が起こっているのか?そこには知られざる実態が存在していました。東京の新たな台所、江東区の豊洲市場。指折りのマグロ仲買人である藤田浩毅さんは、マグロの取引の量について異変を感じているひとりです。藤田さんは「量はものすごく減っているが、何が影響しているか分からない」と語ります。2018年、11月。大間のマグロ漁は最盛期をむかえていましたが、漁師たちの表情には厳しいものがありました。マグロ一筋40年というベテラン、マグロ一本釣り漁師の泉徳隆さんは2カ月の間、漁に出るものの、1本もマグロが釣れていなかったのです。「以前は、水面で泳いでいるマグロを見ながら漁をしていたが、今は水面のマグロを見ることはない」と言います。2018年大間のマグロ水揚げは、前年から6割も減っていました。近年、日本近海で獲れる太平洋クロマグロは、乱獲などの影響もあり漁獲量が激減してしまいました。そこで水産庁は2018年7月から罰則を伴う漁獲規制をスタートさせ、漁法ごとに漁獲量の枠を決めました。 そんな中、まき網船の一大拠点と言われる鳥取・境港市では、7月初旬のセリで約600本ものマグロがセリに並んでいました。漁獲量が減少する中で、これほどの数を獲ることができるのは、産卵のために浮かび上がったところを網...more
カテゴリー:

国産バナナ 雪国ほど甘い!? - 02月14日(金)19:16 

『国産バナナ 雪国ほど甘い!?』動画はこちら南国でしか育たないと思われていたバナナの栽培が日本全国に広がっています。秋田では雪国バナナも登場しています。東京・台東区谷中の商店街では、国産のバナナだけを扱う店「国産バナナ研究所」が人気になっています。輸入バナナとは風味が違い、「濃厚なのにさっぱりしていておいしい」というバナナジュースは一杯420円以上。熱帯地方でしか育たないと思われていたバナナが、現在沖縄から北海道まで、日本全国20以上の市町村で栽培されています。秋田・美郷町では、外気温が5度の寒さでも温室の中でバナナを栽培。温室とはいえ夜間の室温は15度。しかし、寒暖差があるほどバナナは光合成が活発になり、おいしくなるといいます。「雪国バナナ」と呼ばれ、地元のスーパーでは1本800円という値段で売られていますが、すぐに売り切れるといいます。現在、菓子店と共同でバナナを使ったスイーツも開発中です。『国産バナナ 雪国ほど甘い!?』動画はこちらこの映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年12月5日放送)の内容を配信用に再構成したものです。テレビ東京の経済報道番組とTBSの「がっちりマンデー!!」を"早見"できる「パラビジネス 見て得する!サクッと経済」は毎日配信中。(C)テレビ東京パラビジネス 1月人気ランキング1位 ガイアの夜明け 朝食で新発見する台湾2位 花王...more
カテゴリー:

安価な市販素材でMITがソフトロボットの皮膚となる触覚センサーを開発 - 02月14日(金)12:15 

MITのCSAILのチームが、ソフトロボット製のロボットアームに触覚を持たせるための「皮膚」を設計し、そのデモを披露した。その経過は今週のIEEE Robotics and Automation Lettersに載っているが、研究者はソフトロボットの本体に、妨害電波を遮断するために使われるシールド素材で作った柔軟性のあるセンサーをかぶせた。シールド素材には圧抵抗効果があるので、折り曲げなどの動きをセンスできる。 通常は剛体であるその素材で切り紙のようなものを作り、それをレーザーでカットして鎖(くさり)状に組み立てると、上図のように伸ばしたり曲げたりできるようになり、ロボットの形状に付着して一緒に動くようになる。電磁シールド材は市販品なので、ソフトロボットという成長分野に低コストで触覚を導入できる。 CSAILのDaniela Rus氏が、この研究を発表するリリースでこう言っている: 「ご自分の体を考えてみましょう。目を閉じても皮膚からのフィードバックで世界を再構成できます。それと同じ能力を、ソフトロボットに持たせたかったのです」。 研究者はニューラルネットワークを作ってこの人工皮膚からの結果を処理し、信号とノイズを分離した。そしてそのデータを、従来的なモーションキャプチャーシステムで補強した。今後CSAILは、人工皮膚のための新しい構成をいろいろ探求し、またニューラルネットワー...more
カテゴリー:

顎乗せクッションで仕事がはかどる!? - 02月21日(金)18:12 

『顎乗せクッションで仕事がはかどる!?』動画はこちら東洋紡が"顎を置くクッション"を開発。デスクワークをする人は、楽な姿勢で集中力を持続させることができるようになります。厚生労働省が定めたガイドラインによる、パソコンなどを使った作業時の正しい姿勢があります。しかし、集中すると前のめりになりがちで、正しい姿勢を保つことは意外と難しいもの。前のめりのままでも作業ができるように、東洋紡が顎を置くクッション「ダクノ」を開発しました。机に引っ掛けるへこみが3段階あり、座高に合わせて自分に合った姿勢をキープできます。素材には、寝具や新幹線のシートにも使われる、耐久性に優れたクッション材が使われています。このクッション材を顎に当てることで、尻や腕にかかる荷重が机に分散。負荷なく楽に作業ができます。『顎乗せクッションで仕事がはかどる!?』動画はこちらこの映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年12月2日放送)の内容を配信用に再構成したものです。テレビ東京の経済報道番組とTBSの「がっちりマンデー!!」を"早見"できる「パラビジネス 見て得する!サクッと経済」は毎日配信中。(C)テレビ東京パラビジネス 1月人気ランキング1位 ガイアの夜明け 朝食で新発見する台湾2位 花王 "人工皮膚"技術でスキンケア家電3位 「乗り心地」追求 東海道新幹線の新型車両4位 カップヌードル「謎肉...more
カテゴリー:

国産より3割安い カナダ産ポーク - 02月19日(水)18:04 

『国産より3割安い カナダ産ポーク』動画はこちら東京・渋谷区の「代官山ハイライフ ポーク テーブル」は、ハーブや麦を食べさせた日本人向けの三元豚カナダポークを輸入し提供している専門店です。TPP発効前は4.3%だった豚肉の関税が、2019年には1.9%まで引き下げられました。店を手掛けるハイライフ ポーク ジャパンは、カナダポークの輸入量を2018年比で10%増やしたといいます。「TPPの効果はあった。生産コストがカナダのほうが約3分の1安いので、国産豚肉と同等の品質のものでも約3割安く提供できる」とシニアアカウントマネージャーの佐藤善紀さん。渋谷区のスーパーでは、豚肉エリアの半分弱をカナダ産が占めていました。ロースの切り身100グラムあたりの値段は、国産248円に対してカナダ産は168円。今後、日米貿易協定が承認されれば、アメリカ産の関税もTPP加盟国と同じ水準まで引き下げられるため、競争激化による消費者への恩恵が期待できそうです。『国産より3割安い カナダ産ポーク』動画はこちらこの映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年11月29日放送)の内容を配信用に再構成したものですテレビ東京の経済報道番組とTBSの「がっちりマンデー!!」を"早見"できる「パラビジネス 見て得する!サクッと経済」は毎日配信中。(C)テレビ東京パラビジネス 1月人気ランキング1位 ガ...more
カテゴリー:

インフォア、2020年の企業のAI活用に関する予測を発表 - 02月17日(月)13:00 

 あらゆる業界に特化したクラウド型業務ソフトウェアを展開する米インフォアの日本法人インフォアジャパン株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役:ヘレン・マスターズ、以下インフォア)は、本日、「2020年の企業のAI活用に関する予測」の日本語版を下記の通り発表します。 本予測は、米インフォアのAI製品のエヴァンジェリスト兼担当シニアディレクターであるリック・ライダー(Rick Rider)によるもので、2020年は、AIが状況を理解することでより「知的」になり、業務の「通常」を再定義するとともに、業界特化のテンプレートにより導入と利用が活発化することを予測しています。■「2020年の企業のAI活用に関する予測」予測1.AI搭載のデジタルアシスタントの進化 2020年は、AIや機械学習を搭載したデジタルアシスタントが、企業内で社員と臨機応変に双方向のコミュニケーションをとるようになります。業務の前後の状況を理解し、完了した業務に基づいて想定される次のステップを提案したり、間違いを指摘してミスを自動で修正したりするようになるでしょう。特定の業務や基本的な設定を自動実行するだけのAIアシスタントでは、企業活用には対応できなくなります。予測2.AIが新たに業務の「通常」を再定義 2020年は、AIや機械学習プラットフォームにより、ビジネスプロセスの再構成や人材研修の効率化が進み、何が「通常...more
カテゴリー:

【バレンタイン限定企画】「open sesame」で有名な河方かおる先生の懐かしラブコメ3作品を無料で全話公開キャンペーン!【待たずに読める】 - 02月14日(金)18:00 

漫画配信ソリューション(CMS)やブロックチェーン事業を手がけるロケットスタッフ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高 榮郁、以下「ロケットスタッフ」 )が企画及び開発を行う人気マンガアプリ、「マンガKING」にて「open sesami」で有名な河方かおる先生の3作品を一気に読める読み放題イベントを実施します。全話無料公開される開催期間は2020年2月14(金)のバレンタイン当日~2020年2月16日(日)の週末限定です。【バレンタイン限定企画(ハード)ラブコメで有名な河方かおる先生の3作品を大公開!!】全話無料開放作品(1)「OPEN SESAME」【あらすじ】壇上大和は幼なじみの葵を波島に残し東京で暮すことに。転校先は元女子高の女だらけの世界。しかも学園の女王・最上槙は大和に宣戦布告!!一体どうなる大和の学園生活!?全話無料開放作品(2)「もっとGOODキッス!」【あらすじ】あこがれの麻美とダンパの実行委員をすることになった和人。共に恋愛御法度の高三受験生の二人だったが…!?甘酸っぱい想い出を描いたラブストーリー短編集全話無料開放作品(3)「GOOD KISS! version2.0」【あらすじ】前作「もっとGOODキッス!」が「GOOD KISS! version2.0」になって帰ってきた!読者が体験した恋愛談をマンガで再構成、色々な恋がつまっています!そのほかにも期...more
カテゴリー:

日本の「生卵」が海外で大人気 - 02月13日(木)19:05 

『日本の「生卵」が海外で大人気』動画はこちら日本人の食卓に欠かせない「生卵」が海外で人気を集めています。なぜなのでしょうか?多くの外国人バイヤーが集まった"日本の食品"輸出EXPO。2019年2月にグアムへ初めて生卵を輸出したエムイーシーフーズは温泉卵を出品しました。実は日本の殻付き生卵の輸出は、2018年までの5年で約6倍に増加しています。海外ではサルモネラ菌を警戒し生卵を食べる習慣はほとんどありませんが、日本では菌の発生を極限まで抑えた環境で収穫されるため、"安全な日本の卵"が人気になっているのです。さらに海外への販路拡大に向け、エムイーシーフーズが新たに力を入れているのが"液卵(えきらん)"です。殻付き卵より輸送コストを抑えることができるだけでなく、利用者が卵の殻などゴミを出さないで使えるというメリットがあるといいます。現在、液卵は国内の菓子メーカーなどに卸されていますが、冷凍すれば賞味期限が1年半までのびるため、今後はアジアにもマーケットを広げる予定です。エムイーシーフーズの石井成年取締役は「日本の技術を喜んでくれる人へは惜しみなく輸出したい」と語ります。『日本の「生卵」が海外で大人気』動画はこちらこの映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年11月27日放送)の内容を配信用に再構成したものです。テレビ東京の経済報道番組とTBSの「がっちりマンデー!!...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「再構成」の画像

もっと見る

「再構成」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる