「インスタレーション」とは?

関連ニュース

パナソニックと共同開催!人と地域の新しいつながりを体験できるインスタレーション「言山百景(ことやまひゃっけい)」を伊豆大島 椿まつりで2日間実施 - 02月02日(木)11:00 

一般社団法人 大島観光協会は、人と人が遠隔でつながりながら、その土地の新たな観光資源や地域の魅力を作り出すプロジェクト「言山百景(ことやまひゃっけい)」を体験できるネット連動型のインスタレーションイベントをパナソニック株式会社 デザイン本部 FUTURE LIFE FACTORY(以下 FUTURE LIFE FACTORY)と共同で開催いたします。2023年2月25日(土)から26日(日)の2日間、椿まつり 椿花ガーデン会場(東京都大島町元町津倍付41-1)にてインスタレーション展示を、特設サイトにてインスタレーションへの参加を可能とし、会場のストリーミング配信も行います。
カテゴリー:

ピクニックをするように名建築の中で音楽とゆったり過ごすワンデイイベント 子どもと大人の音楽堂<大人編>音楽堂のピクニック 横浜・神奈川県立音楽堂 3/4(土)開催 - 01月31日(火)15:00 

ピクニックをするように名建築の中で音楽とゆったり過ごすワンデイイベント ジャズ、クラシック、ガムラン、アンビエントなヴォーカルから創作楽器のインスタレーション、さらに現代美術家/ホーメイ歌手のパフォーマンスやシテ方観世流能楽師の舞まで、世界中で活躍するさまざまな表現者のパフォーマンスを、0歳から好きな時間に出入りして楽しめるワンデイ音楽イベントがあったとしたら? 横浜に建つ神奈川県立音楽堂で開かれる 子どもと大人の音楽堂<大人編>音楽堂のピクニック が、そんな願いをかなえてくれる。 響きの美しい「木のホール」や周辺の自然環境を生かしたホワイエなど、前川國男の名建築として広く知られる神奈川県指定重要文化財の建物全体を使って、丸一日すごせる『子どもと大人の音楽堂』シリーズは、今年で第二弾となる。 今回の「音楽堂のピクニック」は、草原でピクニックをするように自由に音楽堂のあちらこちらを歩いたり、立ち止まったりしながら、現代美術家や能楽師、チェリスト、ガムラン奏者、創作楽器奏者など、クラシック音楽に限らないさまざまなジャンルで活躍するアーティストたちの音や表現に出会っていただける。 気鋭の音楽プロデューサー・Kenji“Noiz”Nakamuraと現代美術シーンで活躍する美術作家・小金沢健人がディレクターとして演出を手掛ける。キーワードは“隣の宇宙”。開館から69年にわたる歴史に想いを廻ら...more
カテゴリー:

東京タワーと東京大学のコラボ!ウィーン万博をテーマに“音”を活用した展示イベント開催 - 01月30日(月)08:00 

株式会社TOKYO TOWERは、3月17日(金)〜5月7日(日)の期間、東京大学総合研究博物館とともに、モバイルミュージアム「音景夜景 – トウキョウヘ オモイヲハセル」を開催します。 同イベントの開催は、2022年に続き2度目。会場は東京タワーのメインデッキ1階で、メインデッキまでの展望料金のみで体験できます。 明治6年のウィーン万博をテーマに モバイル・ミュージアムは、東京大学総合研究博物館が提案してきた、さまざまな場所に自由に遊動する次世代型ミュージアムです。 今回の展示テーマは、日本が国家として初めて参加し、ウィーンのジャポニズムのきっかけとなった、明治6年(1873年)のウィーン万国博覧会。150年という節目の年に思いをはせ、東京大学、東京藝術大学大学美術館などのデジタルアーカイブ、参加者のエピソード、奇想天外な出品物、ウィーン万博ゆかりの美術品がライティングパネルで紹介されます。 音のシャワーを浴びながら・・・ ミュージアムのタイトルに「音景」とついているように、天井に設置された50を超えるスピーカーから流れる音響(音景)の中で、展示を閲覧できるのが特徴の一つ。西伊豆の波の音やSLの音、東京タワーの地上260m付近で録音した都市音を使ったインスタレーション・サウンドなどが繰り広げられます。 2022年の展示の様子 今回の展示における「音」は、来場者がいる空間そのものを...more
カテゴリー:

「ハウルの動く城」エッフェル塔の前に出現 ⇨「コレジャナイ感がすごい」と話題に【画像・動画】 - 01月25日(水)14:18 

仏トロカデロ広場で展示された「ハウルの動く城」のインスタレーション=2023年1月20日もっと読みたい>>ジブリ作品の裏エピソードを徹底紹介。『ハウルの動く城』は木村拓哉さんのプロ意識 『となりのトトロ』は“謎の少女”ラグジュアリーブランドLOEWE(ロエベ)とスタジオジブリの「ハウルの動く城」のコラボコレクションのプロモーションの一環として、パリのトロカデロ広場に原作の城をイメージしたインスタレーションが展示された。View this post on InstagramA post shared by LOEWE (@loewe)エッフェル塔との2ショットに注目が集まった中、インターネット上では「何か違う」「映画にもう少し近づけてほしい」「コレジャナイ感がすごい」といった厳しい声も上がった。トロカデロ広場でのインスタレーションの展示は1月19日から21日までで終了。2月1日からはロンドンのマーブルアーチに移動する。ロエベとスタジオジブリのコラボコレクションは「となりのトトロ」に続き「千と千尋の神隠し」などが発表され、今回の「ハウルと動く城」が最後となる。Related...ジブリが通勤通学にもぴったりのプレイリスト作成。「行き」と「帰り」各15曲、ラインナップが最高すぎるハウルに千尋、カオナシも。ジブリ公式の“LINEスタンプ風”に新作9種。サッカー日本代表へのメッセージに使う人...more
カテゴリー:

アーティスト長島有里枝のプロジェクト「ケアの学校」が開催 他者と学び合う「ケア」の概念 - 01月23日(月)16:59 

アーティスト 長島有里枝によるプロジェクト「ケアの学校」が、Minatomachi POTLUCK BUILDING 3階で3月18日(土)まで開催中。 1973年生まれの長島有里枝は、カリフォルニア芸術大学ファインアート科写真専攻修士課程、武蔵大学人文科学研究科博士前期課程を修了し、現在は東京都を拠点に活動。 社会で周縁化されがちな人々や事象を主なテーマとし、写真やインスタレーション、映... このコンテンツは FASHIONSNAP が配信しています。
カテゴリー:

蓮沼執太、花のインスタレーションイベントで音楽を奏でる - 01月31日(火)17:43 

蓮沼執太と、フラワークリエイター・篠崎恵美が主宰するクリエイティブスタジオ「edenworks」によるコラボレーションイベントが2月10日に東京・Lurf MUSEUMで開催される。
カテゴリー:

文明はやがて土に還るのか 左官職人が倉庫で巨大インスタレーション - 01月31日(火)14:00 

 土と火による造形が陶芸だとすれば、左官職人・挾土(はさど)秀平(1962年生まれ)の表現は、土と水と光の芸術と言えるだろうか。東京・天王洲の寺田倉庫で、文明の行く先を予言するかのようなインスタレーシ…
カテゴリー:

Kohlerが150周年を迎える同社の大胆な行動、創造性、インパクトを祝い、象徴的なKOHLERブランド次の150年を形成へ - 01月27日(金)09:30 

デザイン、イノベーション、ウェルネス、サステナビリティをブランドの柱とするグローバル企業KOHLER, ウィスコンシン州, 2023年1月27日 /PRNewswire/ -- 1873年に創業されたKohlerは、キッチンやバスルーム、エネルギーレジリエンスを向上させる製品、豪華なおもてなし、ゴルフのメジャー選手権の分野で、業界を変革する革新的なレガシーを生み出してきました。 創造性と最先端のデザインは、KOHLERブランドの理念と使命である「優雅な生活」の核心であり、魂です。 Kohler Co. Celebrates 150 Years of Bold Moves, Creativity, and Impact While Shaping the Next 150 Years of Its Iconic KOHLER Brand. Kohler Co. partnered with American artist and innovator Daniel Arsham to conceive the commemorative 150th anniversary creative identity through logos and marks, typography, and lettering to meld the company’s storied her...more
カテゴリー:

パリに現れた草間彌生さんが「新宿のゴジラみたい」と話題。ど迫力アートが世界中を席巻【動画・画像】 - 01月25日(水)09:00 

草間彌生さんのインスタレーション像、パリ・シャンゼリゼ通りのルイ・ヴィトン(2023年1月13日)もっと読みたい>>草間彌生は「死に物狂いで闘ってきた」と語った。世界が熱狂する芸術家が生まれるまでフランス・パリのシャンゼリゼ通りにある「ルイ・ヴィトン」の店舗に1月、世界的アーティストである草間彌生さんの巨大人形が登場しました。まるで建物に覆い被さるように、モチーフであるドットを描く姿の草間さん像は、人々の目をひくインパクトです。SNSでは「シャンゼリゼの草間彌生vs歌舞伎町ゴジラ」「草間彌生が新宿のゴジラ化してる!!」とコメントが集まり話題になっています。【左】草間彌生さんのインスタレーション像、パリ・シャンゼリゼ通りのルイ・ヴィトン(2023年1月13日)【右】新宿のTOHOシネマズの屋上に設置されているゴジラ像(2017年3月15日)ルイ・ヴィトンは1月、草間さんとコラボレーションしたコレクションを発表。世界中のルイ・ヴィトンの店舗では、その世界観を体現するウィンドウ・ディスプレイが展開されています。草間彌生さんのインスタレーション像、パリ・シャンゼリゼ通りのルイ・ヴィトン(2023年1月13日)草間彌生さんのインスタレーション像、パリ・シャンゼリゼ通りのルイ・ヴィトン(2023年1月13日)東京の表参道店には、モチーフであるドットを描く草間彌生さんのロボが出現しました。ショー...more
カテゴリー:

草間彌生がシャンゼリゼで描く 現代アートの巨匠.. - 01月20日(金)15:30 

草間彌生がシャンゼリゼで描く 現代アートの巨匠をそのまま巨大化したインスタレーションが話題
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる