「青森県弘前市」とは?

関連ニュース

15年目「岩プロ」健診スタート - 05月25日(土)19:49 

青森県弘前市岩木地区の住民1100人を対象に、健康に関する2千項目以上のデータを集め、健康施策に生かす弘前大学の「岩木健康増進プロジェクト」の健康調査が25日、同市中央公民館岩木館・岩木文化センターで始まった。15年目の今年は「味覚」や「肌・毛髪」「疲労度」などの新しい項目を加えた。6月3日までの10日間、健康寿命延伸に向けた調査・指導を行う。同プロジェクトは2005年度から始まり、13年度には、国のCOI(革新的イノベーション創出プログラム)に採択された。調査スタッフは約300人。弘大のほか…
カテゴリー:

津軽こぎん刺しの現状紹介/民芸協全国大会 - 05月24日(金)20:59 

「民芸と手仕事」をテーマに、日本民芸協会全国大会(同協会、県民芸協会主催)が24日、青森県弘前市を会場に2日間の日程で始まった。初日は弘前パークホテルで、フォーラムや津軽こぎん刺しの現状についての記念講演などが行われた。青森県での全国大会は2003年に青森市で開催して以来16年ぶり。県内外から会員約120人が参加した。「民芸運動をどう進めるか」と題したフォーラムでは、パネリストや会場の会員から「大学や行政との連携が大切」「作り手は若い人にアピールし、買い求めやすいものを作っていく必要があるので…
カテゴリー:

認知症の人も気軽に、弘前の「カフェ」6年目 - 05月24日(金)11:00 

認知症の人も、そうでない人も気軽に青森県弘前市中心街の小スペースでおしゃべりを楽しみ、健康について学ぶ「あっぷるカフェ」が6年目に入った。食事や運動、介護保険などをテーマに月2回のペースで開催される集いの場は100回を超え、高齢者や介護家族の交流の場、心のよりどころとなっている。カフェは、社会福祉法人七峰会が「認知症になっても安心して暮らせる街」を目指して、2014年1月から同市土手町のコミュニティパークで開催している。18日の105回目となるカフェには、スタッフを含め約20人が参加。認知症の…
カテゴリー:

軟式7チームも熱戦 25日から弘前で/春季県高校野球 - 05月23日(木)10:44 

春季県高校軟式野球選手権兼県高校総体軟式野球競技が25日から、青森県弘前市の岩木山総合公園野球場で開かれる。今回は前回より1チーム少ない7チームが出場し、東北大会出場を懸け熱戦を繰り広げる。昨秋の県大会で3連覇し、その後の東北地区大会も制した弘前工が軸。昨夏の全国高校選手権県予選決勝で弘前工を破ったむつ工、昨秋の県大会決勝に進んだ八戸工なども頂点をうかがう。また東奥義塾と弘前が連合チームとして出場する。25日は1回戦3試合、26日に準決勝、27日に決勝を行う。決勝に進んだ2チームは、6月15~…
カテゴリー:

いのちの電話担い手が不足 青森 - 05月23日(木)08:56 

さまざまな悩みを電話で聞いて自殺予防に取り組む認定NPO法人「あおもりいのちの電話」(青森県弘前市)の相談員が高齢化などによりここ20年で4割減少し、慢性的な担...
カテゴリー:

米穀店改装 ギャラリーに 「ギャラリーYunagura」オープン - 05月25日(土)10:23 

1907(明治40)年創業で2018年8月に閉店した青森県弘前市茂森町の藤田米穀店の店舗を活用した「ギャラリーYunagura」が17日、オープンした。隣接する米蔵もカフェ「Cafe Yunagura」として営業しており、話題を呼んでいる。ギャラリーを経営する藤田誠さん(69)は「場所を貸してほしいという市民の声があった」とオープンのきっかけを話す。近代的な外観と白を基調とした明るい内装が特徴で、米穀店当時に使用していた台やたるを展示に役立てている。ギャラリーは作品のジャンルを問わず希望者に有…
カテゴリー:

自然の音に耳を澄ませ 白神山地散策/聖愛中 - 05月24日(金)11:37 

青森県弘前市の弘前学院聖愛中学校(山上猛美校長)の1年生26人が23日、西目屋村で自然体験活動を行った。生徒たちは白神山地のブナ林を散策し、自然の成り立ちなどについて理解を深めていた。同校は生徒たちに自然の美しさや人と自然との関わりを学んでもらおうと、2006年の開校から理科の授業の一環で体験活動を実施している。午前のブナ林散策では、白神山地でエコツアーガイドを行う「エコ・遊」の土岐司代表(77)ら2人が「世界遺産の径(みち) ブナ林散策道」約1.5キロのコースを生徒たちに案内した。土岐代表が…
カテゴリー:

女優杉葉子さん死去/津軽とゆかり、関係者追悼 - 05月23日(木)21:56 

青森県弘前市出身の作家石坂洋次郎の小説を原作とした青春映画「青い山脈」などに出演し、戦後復興期の世相に光明を与えた女優の杉葉子さんが15日、結腸がんのため東京都内で亡くなった。東京都出身、90歳。杉さんは、弘前で培われた石坂文学の清新さをスクリーンで体現して脚光を浴び、同じく石坂作品の映画「石中先生行状記」のロケで岩木山麓を訪れるなど津軽とゆかりがある。訃報が伝わった23日、弘前の関係者から追悼と感謝の言葉が聞かれた。杉さんは1947年、東宝にニューフェースとして入社。「青い山脈」(49年)の…
カテゴリー:

いのちの電話担い手不足 自殺率ワースト3の青森県で募集 - 05月23日(木)09:02 

 さまざまな悩みを電話で聞いて自殺予防に取り組む認定NPO法人「あおもりいのちの電話」(青森県弘前市)の相談員が高齢化などによりここ20年で4割減少し、慢性的な担い手不足に陥っている。同法人の石川敞一理事長(73)は「関心がある方はぜひ連絡してほしい」と相談員の募集を呼びかけている。【岩崎歩】
カテゴリー:

ハンカチツリー見ごろ 「ひらひら涼しげ」 青森県弘前市で満開 - 05月22日(水)10:13 

 青森県弘前市の弘前公園にある弘前城植物園で、ハンカチツリー(ハンカチノキ)が見ごろを迎え、訪れた人たちの目を楽しませている。  ハンカチツリーは、中国原産で、花についた2枚の大きな白い苞(ほう)がハンカチのように見えることから、その名がついたとされる。植物園には大小8本の木が植えられており、今月7
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「青森県弘前市」の画像

もっと見る

「青森県弘前市」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる