「予防策」とは?

関連ニュース

すぐヤれる女の特徴 - 12月08日(日)14:49  poverty

https://www.asahi.com/articles/ASMD16JD6MD1UEHF00B.html インフルエンザ流行、過去2番目の早さ 特徴、予防策は  今年も既にインフルエンザが全国的に流行期に入りました。統計を取り始めた20年前から2番目に速いペースです。今回の流行の特徴は? 予防するには何に気をつければいいのでしょうか? ...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】「勝手に離婚届」「だまされて署名」…海外と異なる制度、外国人女性ら気付けず - 12月08日(日)13:45  newsplus

 「日本人の夫に勝手に離婚届を出された」「だまされて署名させられた」。外国人女性から相次ぐ「無断離婚」の相談を受け、関西の外国人支援団体などで作る「リコン・アラート」は、支援者向けの対応マニュアルを出版した。夫婦の署名がある離婚届を役所に提出すれば離婚が成立する日本の制度は世界でも珍しく、手続きを理解していない外国人がトラブルに巻き込まれる例が多い。「深刻な被害を救うため、支援を広げたい」という。   署名を偽造  先月下旬、近畿地方の家庭裁判所で、日本人男性が勝手に出した離婚届を無効と...
»続きを読む
カテゴリー:

お風呂で運気が急降下…⁉ 「冬にしてはいけない」不吉行動4選 - 文・脇田尚揮 | ananweb - マガジンハウス - 12月06日(金)20:15 

冬は人恋しさと寒さが相まって、ロマンチックな気分になる季節ですよね。そんな魅力的なシーズンですが、あなたに不幸が訪れる絶対にしてはいけない行動があるのはご存知ですか?そこで今回は「冬にしてはいけない不吉行動」について占い師の脇田尚輝さんにご紹介いただきます。文・脇田尚揮観葉植物の植え替えをしてはいけないすくすくと育った観葉植物。何年も経つと観葉植物の大きさに対して鉢が小さくなりますが、今の季節は安易に植え替えを考えてはいけません。植え替えをするのなら、冬場は避けるようにしましょう。植え替えても、土本来のパワーがないため、すぐに枯れてしまうことに。その結果、気のバランスが乱れ、あなたの運気まで下がってしまうのです。長湯をしてはいけないお風呂に入ると血行がよくなり、体温も上がって気のめぐりが良くなります。そもそも入浴は身体を清める行為なので、本来は吉のアクションです。しかし、冬場は要注意。お風呂あがりに冷えた場所に移動すると、身体に負荷がかかるだけでなく、環境の激しい変化が原因で気も乱れてしまうのです。予防策としては、脱衣所にヒーターをつけて寒暖の差をなくすことや、熱いお風呂に長時間つからないことが挙げられます。花火で遊んではいけない夏の余り物の花火を、ごくまれに冬に使おうとする人がいますが、絶対にやめましょう。冬場は空気が乾燥しており、火事の原因になるのはもちろんですが、風水的にも凶...more
カテゴリー:

豚コレラワクチン接種、群馬県が来年度から手数料徴収 - 12月05日(木)00:41 

 群馬県は4日、豚コレラ(CSF)予防策として県内で進める飼育豚へのワクチン接種について、令和2年度から養豚農家に手数料の負担を求める方針を示した。
カテゴリー:

インフルエンザ流行、過去2番目の早さ 特徴、予防策は - 12月02日(月)11:00 

 今年も既にインフルエンザが全国的に流行期に入りました。統計を取り始めた20年前から2番目に速いペースです。今回の流行の特徴は? 予防するには何に気をつければいいのでしょうか? 動画で解説します。…
カテゴリー:

タチが悪い「仕事がデキる風の厄介者」にならぬため注意すべき事 - 12月08日(日)14:13 

テキパキ指示を出しているようにも見えても、実は同僚に威張っているだけ…。そんな「デキる風の厄介者」扱いされているタイプは案外多く、さらに誰もがそうなる可能性があるとするのは、接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさん。坂本さんは今回、自身の無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』で、店舗での「デキる風の厄介者」の事例や、自分が厄介者にならない為にできる予防策を記しています。 デキる風の厄介者 あまりこういうことは言いたくはないですが、世の中には、デキる風の厄介者というのが少なからず存在します。お店においてもこれは同じことでして、一見すると、デキる風なのですが、実のところ、お客様からの評判を下げてしまっているような人はいるものです。 例えば、よくありがちなのが、悪い意味で、厳しさを持って仕事に当たっているタイプの人。こういう人は、確かに仕事のスキルに関しては、デキる人が多いのです。迅速に対応できますし、何をやらせても、テキパキとこなせる。しかし、仕事はできるように見えて、その実はそうでもなかったりします。 つい最近も見かけたのですが、他のスタッフに対して、お客様の前で平気で「それはそうじゃないでしょ!」と怒ってしまったり、スピードを上げることにかまけて、お客様への印象がものすごく悪かったりする人っているんですね。こういう人は、たとえ仕事そのもののスキルが高かろうと、お...more
カテゴリー:

高齢者労災防止に新助成金 中小企業向けに厚労省創設 70歳までの雇用確保の努力義務も - 12月07日(土)03:00 

 高齢者の労働災害を防ぐため、厚生労働省は来年度、安全確保に取り組む中小企業向けの助成制度を創設する。予防策を企業に促す初のガイドラインを来年2月にも公表し、これに沿った対策を取る企業に助成金を支給する。政府は70歳までの雇用確保を努力義務として企業に課す方針で、高齢者の就業拡大を図っており、より安
カテゴリー:

「ヒートショック」突然死の恐怖! 交通事故死より多い高齢者の“浴槽事故” 寒暖差で血圧上昇脳梗塞や心筋梗塞発症 - 12月06日(金)15:30 

 強い寒気が日本列島に居座るなか、関東や関西地方も週末にかけて気温が下がりそうだ。こうした時期に要注意なのが、急激な寒暖差で脳出血や心筋梗塞などを発症する「ヒートショック」による突然死だ。年間の死者数は交通事故死よりも多く、特に高齢者は危険性が高い。事前予防策を専門家が語った。
カテゴリー:

どんなに軽くても「体罰」 「しつけ」と区別し禁止明記 厚労省が指針案 - 12月03日(火)20:08 

 「しつけ」を名目とした児童虐待を防ぐため、厚生労働省は3日、体罰の範囲や予防策の指針案をまとめた。体罰をしつけと区別し、「子どもの身体に苦痛や不快感を与えるもの」として法で禁じられると明記。具体例も挙げ、どんなに軽いものでも該当するとした。暴言や無視といった心理的虐待も体罰と同様の行為とみなした。
カテゴリー:

今年のインフルは3回かかる!? ハミガキに意外な効果も…インフルエンザ「予防5カ条」 - 11月30日(土)10:00 

 例年より早く流行シーズン入りしたインフルエンザ。流行が長期化することで、今季は「2~3回かかるリスクが高くなる」と専門家は警鐘を鳴らす。ワクチンの接種に加えて、普段からできる予防策を習慣づけておきたい。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「予防策」の画像

もっと見る

「予防策」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる