「オリックス」とは?

関連ニュース

オリックス曽谷5敗目 「ビッグイニングをつくられてしまった」 - 07月20日(土)07:21 

 楽天が勝率5割に復帰。四回にフランコの先制適時打と阿部の4号2ランで3点を奪った。早川が8回2失点で自身6連勝となる7勝目を挙げ、則本はリーグ単独最多の21セーブ目。
カテゴリー:

オリックス、前半戦借金ターン確定…”楽天キラー”曽谷5回途中3失点で5敗目 - 07月19日(金)21:10 

● オリックス 2 - 3 楽天 ● <13回戦・ほっと神戸>  オリックスは追い上げ及ばず2連敗。借金は再び「3」となり、残り2試合となった前半戦の借金ターンが確定した。  楽天戦通算…
カテゴリー:

オリックス不動産/愛知県一宮市に7.2万m2のマルチ型施設を開発 - 07月18日(木)13:23 

オリックス不動産は7月18日、愛知県一宮市においてマルチテナント型物流施設「(仮称)一宮萩原ロジスティクスセンター」の開発に着手したと発表した。 <「(仮称)一宮萩原ロジスティクスセンター」外観イメージ> <位置図> 同 […] The post オリックス不動産/愛知県一宮市に7.2万m2のマルチ型施設を開発 first appeared on 物流ニュースのLNEWS.
カテゴリー:

「大谷翔平にもっとも打たれた投手」元オリックス東明大貴35歳はなぜ“野球から離れた”のか? リクナビで就活、同僚は「マジメなヤツなんですよ」 - 07月18日(木)11:21 

「夢をかなえられましたからね。偉大な選手になった大谷君にもホームランを打たれましたし、野球を離れると、そういう話もできますよね」(東明大貴)
カテゴリー:

西武・青山美夏人が完封でプロ初勝利 打線は6回に一挙5得点、若獅子躍動! - 07月17日(水)20:22 

○ 西武 6 - 0 オリックス ● <15回戦・ベルーナドーム>  オリックスに2勝1敗で勝ち越した西武は5カードぶりの勝ち越し。先発で9回3安打無失点の快投を披露した2年目の青山美夏人投手…
カテゴリー:

楽天が勝率5割復帰 小深田の超美技で逃げ切り、早川は前半戦6連勝ターン - 07月19日(金)21:33 

● オリックス 2 - 3 楽天 ○ <13回戦・ほっと神戸>  逃げ切り勝利の楽天は連敗を「2」でストップ。再び勝率を5割に戻した。  打線は今季4戦4敗と苦手にしていたオリックス先発…
カテゴリー:

DeNA・筒香、西武・中村剛ら球宴辞退 代替出場はオリックス・太田ら - 07月18日(木)17:09 

 日本野球機構(NPB)は18日、マイナビオールスターゲーム2024にファン投票で選出されたDeNAの筒香と西武の中村剛、日本ハムの水野がけがのために辞退したと発表した。代わりにDeNAのオースティン、オリックスから太田とマチャドが選ばれた。
カテゴリー:

CREAL(クリアル)の評判・口コミは?メリット・デメリット、利回りも - 07月18日(木)12:42 

CREAL(クリアル)は東証グロース市場に上場するクリアル株式会社が運営する不動産投資型クラウドファンディングです。 本記事ではCREALの評判や口コミのほか、利用するメリット・デメリット、利回り実績を紹介するので、不動産投資を考えている方や投資を始めたい方は参考にしてください。 ※CREALでは、下記ページ経由で新規に投資家登録やファンドへの投資を行うと最大50,000円のAmazonギフト券がプレゼントされるキャンペーンを開催中です。詳しくはCREALのキャンペーンページでご確認下さい。 CREALのサイトを見る[PR] 目次 CREAL(クリアル)とは CREAL(クリアル)の評判・口コミ・実績 CREAL(クリアル)を利用するメリット 3-1.1万円から不動産投資ができる 3-2.さまざまな種類の不動産に投資できる 3-3.投資家を保護する仕組みがある 3-4.投資活動がスマートフォンで完結する 3-5.上場企業が運営している CREAL(クリアル)を利用するデメリット 4-1.投資にはリスクが伴い元本保証がない 4-2.運用期間中の途中解約ができない 4-3.人気案件では投資できない可能性がある CREAL(クリアル)の想定利回り(予定分配率)は? CREAL(クリアル)の口座開設の手順 まとめ 1.CREAL(クリアル)とは CREAL(クリアル)は、クリアル株...more
カテゴリー:

シーズン100敗危機の西武…貧打同様深刻な“投壊の元凶”髙橋光&與座が抱える「7㎏増の反動」(FRIDAY) - 07月18日(木)11:00 

12球団で最も暑さの厳しいベルーナドームを本拠地とする西武が敗戦を重ねている。84試合終了時点で26勝57敗、勝率.313で借金31。5位のオリックスに14.5ゲーム差をつけられ、1961年の近鉄以来
カテゴリー:

パナHD、業務用大型プロジェクター事業をオリックスに売却へ 1000億円規模 - 07月17日(水)19:59 

パナソニックホールディングス(HD)が、傘下のパナソニックコネクトが手がける業務用大型プロジェクター事業をオリックスに売却する方針を固めたことが17日、わかった。売却額は1千億円規模とみられる。売却で得た資金は、パナソニックHDが力を入れるサプライチェーン(供給網)管理のソフトウエア領域などに投資するとみられる。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる