「認知機能」とは?

関連ニュース

警視庁「おいお前ら。このリストに5つ以上当てはまったやつは認知症。免許返上しろ」 - 12月08日(日)22:47  poverty

やってみよう!「運転時認知障害早期発見チェックリスト30」 https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/kotsu/jikoboshi/koreisha/korei_check_list30.html 「運転時認知障害早期発見チェックリスト30」とは 日常生活の中では気づきにくい初期の認知機能の衰えも、自動車を運転する行為には比較的表れやすく、この認知症予備群とも言える軽度認知障害の人が運転時に表われやすい事象をまとめたものが、「運転時認知障害早期発見チェックリスト30」です。 同リストにより5項目以上チェックが入る人は、認知機能の病的障害を念頭に...
»続きを読む
カテゴリー:

高齢者にリスク高い薬、80代処方ピーク 睡眠・抗不安 - 12月07日(土)22:00 

 のみ続けると転倒や骨折、認知機能の低下を招きやすいとして、高齢者はできるだけ使用を控えるべきだとされている睡眠薬や抗不安薬が65歳以上に多く処方され、ピークは80代だった。厚生労働省のデータをもとに…
カテゴリー:

【宇宙】無重力でがん細胞を無力化できる......? 国際宇宙ステーションで実験へ - 12月06日(金)20:04  newsplus

<国際宇宙ステーションで「無重力によってがん細胞を無力化するかどうか」を検証するミッションが行われることとなった......> 宇宙飛行には、様々な健康リスクが伴う。2015年に340日間にわたって国際宇宙ステーション(ISS)に滞在した宇宙飛行士のスコット・ケリー氏は、地球帰還後の検査で、遺伝子発現や認知機能、腸内細菌叢などに宇宙飛行特有の変化が確認された。 その一方で、宇宙空間は、医学や医療の進歩に寄与する可能性も秘めている。 ■「無重力によってがん細胞を無力化するかどうか」を検証 いよいよ2020年、国際...
»続きを読む
カテゴリー:

エーザイの認知症根本治療薬、承認申請。 - 12月03日(火)20:25  poverty

 製薬大手のバイオジェン(米)とエーザイが共同で開発を進めていた認知症治療薬アデュカヌマブが、来年初めにも米国で承認申請される見通しだ。 アデュカヌマブは、認知症の半数以上を占めるアルツハイマー病の根本治療薬として臨床試験(治験)が行われていたが、中間解析の結果、 「有効性を示す可能性が低い」として、今年3月に中止された。「見込み薄」の評価から一転、承認申請へと動き出す異例の事態で、 審査に当たる米食品医薬品局(FDA)の判断に注目が集まっている。(ヨミドクター 飯田祐子) 根本治療薬の開発は苦...
»続きを読む
カテゴリー:

自動車免許の高齢者講習とは?75歳以上は認知機能検査も受講義務あり! - 12月02日(月)11:50 

自動車免許の高齢者講習とは?75歳以上は認知機能検査も受講義務あり!
カテゴリー:

【定年後・自走人生のススメ】仕事上の不安解消には“脳トレ” 認知機能の維持・向上、やる気という「前向きな気持ち」も - 12月08日(日)10:00 

 前回のこのコラムで、40代から60代前半の会社員が、仕事や生活をしていく上で「不安に思うことは何か?」を紹介した。「不安に思うことは特にない」と答えたのは、40代で2・9%、50代が6・3%、60代前半が3・8%と、ごくわずかであった。大半の人が何らかの「不安」を抱えているのだ。
カテゴリー:

高齢者 高リスク薬多用の実態 - 12月07日(土)22:00 

のみ続けると転倒や骨折、認知機能の低下を招きやすいとして、高齢者はできるだけ使用を控えるべきだとされている睡眠薬や抗不安薬が65歳以上に多く処方され、ピークは8...
カテゴリー:

エーザイ共同開発の新薬、認知機能の低下2割遅く  :日本経済新聞 - 12月06日(金)12:36 

エーザイ共同開発の新薬、認知機能の低下2割遅く  :日本経済新聞米製薬バイオジェンは5日、2020年初めに米国で承認申請すると発表していたアルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」について、投与した患者の認知機能の低下スピードが2割ほど遅くなったとする臨床試験(治験)のデータを学会で発表した。この薬はエーザイと共同開発している。米当局がこの効果を認めれば、アルツハイ...
カテゴリー:

ケータイ・スマホ使用や基地局近くの学校通いで、子どもの認知機能悪化の研究増加――2020年5Gスタートで電磁波ばく露リスク急増へ - 12月02日(月)23:12 

 携帯電話(スマホ)が送受信する電磁波によって、短期間のばく露であっても、子どもの脳に悪影響が出るという研究結果が近年、増えている。今年(2019年)発表された研究では、学校近くの中継基地局の影響で、その学校の生徒全体の認知機能テストのスコアが低下していた。2018年の研究では、わずか1年間のばく露だけでも、右耳で携帯電話を使う場合に、特に右脳の機能に影響が出ていた。また、胎児期の発達時期に電磁波を浴びると、発達障害の一つである注意欠如・多動性障害(ADHD)のリスクが増えることも、デンマーク・韓国・オランダ・ノルウェイ・スペイン5か国の総数83,884人を対象とした調査によって、2017年に再確認されている。近年、日米で子どもの発達障害が増加中というデータがあり、その原因の一つが電磁波である可能性を示している。2020年から商用の本格導入が始まる第5世代移動通信技術(5G)によって、街中には携帯基地局が激増し、家の中でもあらゆる家電やセンサーがネットに接続され、子どもの電磁波ばく露は急増が見込まれる。各家庭で、子どもの脳を守るためにできる方法を最後にまとめたので、気になるかたは実践してほしい。
カテゴリー:

統合失調症に対する認知機能リハビリテーションプログラム「VCAT-J」の研修会を2020年3月7日(土)に奈良県にて開催 - 12月02日(月)09:00 

VCAT-J(Vocational Cognitive Ability Training by Jcores:ヴィーキャットジェイ)研究会は、独自に開発した、統合失調症に対する認知機能リハビリテーション専用ソフトウェア「Jcores(Japanese Cognitive Rehabilitation Programme for Schizophrenia)」を用いた、就労・就学支援など社会生活の改善を行うための認知機能リハビリテーションプログラム:VCAT-Jの研修会を2020年3月7日(土)に奈良県で開催いたします。 当研修会は...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「認知機能」の画像

もっと見る

「認知機能」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる