「顔認証」とは?

関連ニュース

新型ウイルスに乗じた権限拡大に「深い懸念」 EU13カ国が共同声明 - 04月03日(金)20:09  newsplus

欧州連合(EU)に加盟する13カ国は2日、新型コロナウイルスのアウトブレイク(大流行)対策として、一部の国が緊急的に権限を拡大していることに「深い懸念」を表明した。 13カ国は声明で、「非常措置」を講じること自体は合法なものの、一部の権限は「民主主義や基本的人権」を脅威にさらすことになると警告した。 ハンガリー議会は3月30日、新型コロナウイルスの流行中、広範な緊急措置を命令できる権限を政府に与える法案を可決した。 同様の措置を計画している他のEU加盟国もある。 欧州では新型コロナウイルスの感染が大き...
»続きを読む
カテゴリー:

マスク着用でも利用できる顔認証ソフトウェア「SAFR 2.0」、リアルネットワークス | IT Leaders - 04月02日(木)15:13 

リアルネットワークスは2020年4月2日、AI顔認証ソフトウェアの新版「SAFR 2.0」を発表した。新版では、マスク着用時でも顔を認証できるようにした。開発会社は、米RealNetworks。
カテゴリー:

1口1万円の不動産投資CREAL、オンライン完結の口座開設(eKYC)開始 - 03月31日(火)00:25 

株式会社ブリッジ・シー・キャピタルの不動産投資クラウドファンディング「CREAL(クリアル)」の投資家登録時に、3月24日から株式会社Liquid(リキッド)のオンライン本人確認システム「LIQUID eKYC」が導入された。スマホで投資家登録手続きが完了できる。これまでは投資家登録手続きには、本人確認書類のアップ作業をした数日後、登録はがきの確認・投資家登録番号を入力する必要があった。LIQUID eKYCの導入で登録の時間・手間を大幅に短縮・削減し、最短10分で投資家登録が可能となる。 LIQUID eKYCは、犯罪収益移転防止法施行規則(2018年11月30日施行)に基づく、オンラインで本人確認を完結するeKYC(施行規則6条1項1号ホ)に対応、スマートフォンで本人確認書類と容貌(顔)を撮影するだけで本人確認が可能になる。 金融機関でeKYCの導入が増える中、LIQUID eKYCは AIによる学習で画像認識精度(顔認証精度)の向上と本人確認事務処理の効率化、わかりやすい操作性による低い離脱率(撮影開始から完了までの離脱率5%未満)を実現。Webブラウザ版とネイティブアプリ版を選択できる、クラウドのASPサービスによる低コストといった特徴で差別化している。 登録するユーザーには、アカウント開設までのリードタイム短縮、本人確認のための郵送コスト削減、本人確認事務のペーパーレス化...more
カテゴリー:

マイクロソフトが顔認証スタートアップから撤退、海外の顔認証技術への投資を終了 - 03月30日(月)12:15 

Microsoft(マイクロソフト)は、顔認証を研究・開発するスタートアップの株式の一部保有を取り止めるという大きな方針転換の一環として、イスラエルの顔認証技術を開発する企業への投資を引き上げることにしたと先週発表した。 顔認証技術を開発するイスラエルの企業であるAnyVision(エニービジョン)から投資を引き上げるという決断は、AnyVisionの技術がイスラエル政府によるヨルダン側西岸地区住民の監視に使われているという報道を調査したうえでのことだ。 元米国検事総長のEric Holder(エリック・ホルダー)氏が、法律事務所Covington & Burling(コビントン&バーリング)のチームと行ったこの調査で、AnyVisionの技術は、ヨルダン側西岸とイスラエルの境界を超える人間の監視に使われたことを確認したが、「ヨルダン側西岸での大規模監視には使われていない」という。 マイクロソフトのベンチャー投資部門M12は、2019年6月にクローズした7400万ドル(約80億円)の資金調達ラウンドのひとつとして、AnyVivisonを支援していた。今もAnyVisionを支援している企業には、DFJ Growth、OG Technology Partners、LightSpeed Venture Partners、Robert Bosch GmbH、Qualcomm Ve...more
カテゴリー:

AIの顔認証で本人確認 スマホで住民票入手可能に 東京 渋谷 - 03月29日(日)07:06 

AI=人工知能による本人確認を活用し、スマートフォンのアプリだけで住民票などを郵送で取り寄せられる全国でも初めての行政サービスを東京・渋谷区が来月から始めることになりました。
カテゴリー:

ロシアが市民監視強化 新型コロナに便乗、携帯位置情報や顔認証カメラで - 04月02日(木)22:12 

 ロシアでは新型コロナウイルスの感染防止策として、4月初旬から携帯電話の位置情報や顔認証式のカメラなどを使った市民の監視が強化される見通しだ。自宅などで隔離措置を徹底させる狙いだが、当局による統制強化や個人情報収集の目的に使われることへの懸念も出ている。
カテゴリー:

“AIを守るセキュリティ”開発へ、研究者4人が創業したChillStackが3000万円を調達 - 03月31日(火)10:00 

AIを活用したセキュリティシステムの研究開発に取り組むChillStackは3月31日、DEEPCOREを引受先とする第三者割当増資により3000万円を調達したことを明らかにした。 ChillStackは2018年11月に代表取締役CEOの伊東道明氏ら4人の研究者が立ち上げたスタートアップだ。4人は法政大学在学中に同じ研究室でAIの研究を行なっていた仲間で、全員が国際学会で論文を発表した経験を持つ。 中でも代表の伊東氏は学生時代からAI×セキュリティ分野の研究に従事。国際学会での最優秀論文賞の受賞経験があり、その反響で様々な企業からセキュリティシステムに関する相談を受けることもあったそう。次第に「1つの会社に入ってシステムを作るのではなく、いろいろな会社に技術を提供したい」という思いが強くなり、ChillStackの創業を決めた。 AI活用でゲームやアプリの不正利用を自動検知 現在ChillStackでは大きく2つの事業を展開している。1つは「AI“で”守る」プロジェクトだ。Webアプリやゲームなどにおける不正利用をAIを用いて検知する取り組みで、昨年夏に「Stena」というプロダクトをローンチした。 Stenaは導入企業から提供されたログデータを基に、様々なデータからチートやBotなど大きな被害に繋がる不正行為を自動で検知する。過去の利用ログから正常な行...more
カテゴリー:

【新型コロナ】中国の公園の警備員が、スマートグラスで人びとの体温を「視る」 2分で数百人の顔を検温 - 03月30日(月)20:32  newsplus

中国の公園の警備員が、スマートグラスで人びとの体温を「視る」 2020.03.30 20:00 https://www.gizmodo.jp/2020/03/rokid-smartglass.html でも結局、検温して回るのは人間の警備員なんですね。 世界中で新型コロナウィルスが猛威をふるう中、中国ではAIを搭載したスマートグラスが公園にいる人びとの体温をチェックしている、とabacusが伝えています。 この警備が行なわれているのは杭州にある西渓湿地公園で、使われているのはRokidのサングラス風スマートグラス「Rokid Glass」。これには、すでに顔と物体を認証できるカメ...
»続きを読む
カテゴリー:

AIの顔認証で本人確認 スマホで住民票入手可能.. - 03月29日(日)07:09 

AIの顔認証で本人確認 スマホで住民票入手可能に 東京 渋谷 #nhk_news
カテゴリー:

マスク顔でも認証OK NEC開発の顔認証ゲート  - 03月27日(金)18:01 

マスク顔でも認証OK NEC開発の顔認証ゲート 
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「顔認証」の画像

もっと見る

「顔認証」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる