「アップル」とは?

関連ニュース

【スマホ】廉価版iPhone、「SE2」は4月15日発表、22日出荷、内部情報がリーク - 04月02日(木)23:00  newsplus

4/2(木) 16:30配信Forbes JAPAN https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200402-00033435-forbes-sci 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、販売スケジュールが延期されていたiPhone SE2が4月中に発売される見通しだ。テック系ユーチューバーでアップルの内部情報に詳しいJon Prosserは4月1日、次のようにツイートした。 「アップルは昨日の社内ミーティングで、4月中のリリースを決定した。暫定的なスケジュールとして4月15日に発表、22日に出荷となっている。感染拡大は継続中であり、予定が変更される可能性もあるが、幸運...
»続きを読む
カテゴリー:

良い未来に転がる!…実はピンとくるだけじゃない「直感力の磨き方」  #31 - 文・土居彩 | ananweb - マガジンハウス - 04月02日(木)20:20 

右へ進んだらいいのか、左なのか。自粛すべきか、前に踏み出すべきか。元サヤなのか、破局か。チーズケーキか、リンゴか。人生とは選択にあふれています。でも、これまで通りの感覚では判断しにくく、ますます先も見えないという今。いまこそ野生の勘の直感力を磨くチャンスです。「もうダメだ」というときほど直感の女神は微笑んでくれるもの。ピンチは直感力を味方にする絶好のタイミングです。では直感とは何か? どう役立つのか? そしてどうやって磨くことができるのか。成功者たちの実話や心理学研究をもとにズバリ検証していきます。文・土居彩【マック・マインドフルネス時代の瞑想探し。「魂ナビ」が欲しい!】vol. 31直感で一歩先を見抜く成功者たち。「直感はとてもパワフルなものだよ。思うに、知性よりもずっと。私の仕事に大きなインパクトを与えてくれた」と語ったのは、アップル創業者のスティーブ・ジョブズです(1)。実はプログラミングもろくにできなかったジョブズでしたが、石油会社大手のエリクソン・モービルを抜いてアップルの時価総額を一位にして世界をアッと言わせました。そんな彼は、直感の力で一歩先の未来を見抜く天才だともてはやされました。今では誰もが知る大企業のアップルですが、巨大コンピューターが一部の機械マニアだけに愛されていたころ、「ノートみたいに薄くて軽くて、家電みたいに洗練されたデザインで。家計簿をつけたり絵を描い...more
カテゴリー:

Androidで人気の天気予報アプリを、アップルが手に入れて起きること - 04月02日(木)17:00 

アップルが、このほどAndroidで人気の天気予報アプリ「Dark Sky」を買収した。この買収によってAndroidから姿を消すことになるが、それによってアップルが得られるメリットとはどのようなものなのか。
カテゴリー:

フィオナ・アップル、8年ぶりのスタジオ・アルバムのリリース日を発表 - 04月02日(木)14:30 

 現地時間2020年4月1日、フィオナ・アップルが、『アイドラー・ホイール』以来8年ぶりとなるスタジオ・アルバム『Fe…
カテゴリー:

世界サイバープロテクションウィーク調査発表、企業の42%がデータ損失に起因するダウンタイムを経験 - 04月02日(木)13:00 

ゼロデイランサムウェア、クリプトジャッキング、ハッキング、ソーシャルエンジニアリング攻撃増大の危機的状況下、データセキュリティ対策に何を選ぶか※本リリースは2020年3月31日にスイス・シャフハウゼンで発表されたプレスリリースの抄訳です。サイバープロテクションのグローバルリーダーであるアクロニスは、本日、世界サイバープロテクションウィーク開始にあたり、企業の42%がデータ損失によるダウンタイムを経験しているという昨年度を対象にした調査結果を発表しました。これほど多くの企業でダウンタイムが発生した主な原因は、約90%の企業がITコンポーネントのバックアップを行うも、それを継続的かつ高頻度で実施する企業は約41%。すなわち、データバックアップの実施頻度が低いために、貴重なデータの復元に障害が発生しているから、と言えます。アクロニスの2020年版、世界サイバープロテクションウィーク調査を通して顕在化したこの数値から、これまでのデータ保護に対する考え方やソリューションを採用するだけでは、最早、個人や企業のIT環境を保護するための需要に対応できなくなっているという、新たな事実が伺えます。昨年まで、アクロニスがデータバックアップへの意識を高めるために「世界バックアップデー(データバックアップの重要性を再認識するための記念日。毎年3月31日)」としていた記念日を、世界サイバープロテクションウィー...more
カテゴリー:

アップル、天気予報アプリのダークスカイ買収 An.. - 04月02日(木)20:34 

アップル、天気予報アプリのダークスカイ買収 Android向け配信打ち切り
カテゴリー:

●アイルランドの調教師「欧州でレースやってへんな...せや!」 - 04月02日(木)19:08  livejupiter

ゴドルフィンの専属調教師を務め、ドバイと英国に厩舎を構えるC・アップルビー師が、日本のレースに大量に予備登録をした。 NHKマイルCにはウェルオブウィズダム(牡3)、ヴィクトリアMには今年のジェベルハッタ(G1)2着のマジックリリー(牝5)をエントリー。京王杯SC、新潟大賞典など計7レースにのべ10頭を登録した。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

新型コロナで人気の「Zoom」が抱える問題...セキュリティ保護は大丈夫なのか? - 04月02日(木)15:24 

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックのおかげで、ビデオ通話は新奇なものから必需品へと変わった。人気ビデオ会議サービスのZoom(ズーム)は、いちはやく他を引き離して最も使われているサービスになっている。しかし、それでいいのだろうか?最近のZoom人気は、同社のセキュリティー保護やプライバシーに関わる問題に改めて光を当てた。米国時間3月31日、The InterceptはZoomのビデオ通話は、同社の主張とは異なり、エンドツーエンド(終端間)暗号化が行われていないと報じた。そしてMotherboardは、Zoomが「少なくとも数千人の」をメールアドレスを漏洩したと報じ、その理由を個人のアドレスが自社の所有物のように扱われていたためだと指摘している。以上は、2019年にその運営状態や誤解を招くマーケティングに対して集中砲火の後始末に明け暮れた会社のごく最近の事例だ。Apple(アップル)は、ZoomがユーザーのMacに秘密のウェブサーバーをインストールしていたのを公表しなかったことを1人のセキュリティー研究者が発見した。その後、数百万台のMacの安全を守るためにアップデートをプッシュ配信せざるを得なかった。そこにサーバーがあったのはユーザーがアンインストールした際にZoomが削除しなかったためだった。問題を発見した研究者であるJonathan Leitschuh(ジョナ...more
カテゴリー:

このような状況なので WEBを介した取材を模索中….. - 04月02日(木)11:45 

このような状況なので WEBを介した取材を模索中…。 慣れないので、 「設定どうやるの?」 「ZOOMダウンロードしようとしたら、アップルIDわかんない!」 「先方があらわれない!?」 「ネットを介した通信なのでタイムラグがある。会話に慣れるまで難しい!」など、 珍道中状態です…。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「アップル」の画像

もっと見る

「アップル」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる