「輸送費」とは?

関連ニュース

毎日新聞 富山県内での配送を9月末で休止へ 全国初 - 07月17日(水)17:34  mnewsplus

NHK https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240717/k10014513881000.html 2024年7月17日 15時25分 毎日新聞社は印刷費と輸送費の増大や富山県内での発行部数の減少により、富山県内での新聞の配送をことし9月末で休止すると発表しました。配送を休止するのは富山県が全国で初めてだということです。 これは毎日新聞社が17日の朝刊の北陸版で発表したもので、ことし9月末で富山県内での配送を休止するとしています。 毎日新聞社によりますと、全国の都道府県で配送を休止するのは富山県が初めてだということです。 富山県内...
»続きを読む
カテゴリー:

<旬の人>全国麦茶工業協同組合理事長の緒方重利さん(76) 原料高騰、情報共有し対策 - 07月12日(金)19:30 

唐津市相知町の麦茶、健康茶製造メーカー三栄興産の会長で、5月に全国麦茶工業協同組合の理事長に就任した。務めていた副理事長を退く意向を伝えていたが、当時の理事長から打診を受けた。「半世紀以上、組合の活動に携わった。最後の花道を用意してくれたのでは」と謙遜する。 原料の大麦を取り巻く環境は厳しい。国家貿易の外国産の価格はウクライナ侵攻、輸送費上昇、円安などの影響で高騰し、昨年まで豊作が数年続いていた国産はニーズが高まるなどして価格が上昇。
カテゴリー:

日本のアイスが世界に見つかる - 07月12日(金)07:41  poverty

日本のアイスが海外でも人気、訪日客が帰国後も買い求める…輸送費などコスト上乗せ「現地では高級アイスの部類」 https://www.yomiuri.co.jp/economy/20240711-OYT1T50199/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

豚肉 高騰 - 07月08日(月)18:11  poverty

買い物客困惑「とんかつではなく鶏のかつに…」食卓の味方「豚肉」にも値上げの波「今までに経験がない」 夏バテ対策にも有効な豚肉。使い勝手の良さと手頃な価格から食卓の味方と言われていましたが、今、値上げの波が豚肉にも押し寄せてきています。 厳選された道産の豚を使ったロースかつ。きめ細かい肉質が特徴です。 森唯菜アナウンサー)「柔らかい!こんなに厚みがあるのにしっとり!甘い脂が溶けていきます」。 とんかつ作りとんかつ店にとって、命ともいえる豚肉。いま、その価格が悩みの種となっています。 とんかつ...
»続きを読む
カテゴリー:

毎日新聞 富山県内での配送を9月末で休止へ 全国初 - 07月17日(水)15:25 

毎日新聞社は印刷費と輸送費の増大や富山県内での発行部数の減少により、富山県内での新聞の配送をことし9月末で休止すると発表しました。配送を休止するのは富山県が全国で初めてだということです。
カテゴリー:

日本のアイスが海外でも人気、輸送費などコスト上乗せ「現地では高級アイスの部類」 - 07月12日(金)11:08  newsplus

各地で気温が上昇し、アイスクリームやかき氷がおいしい季節を迎えた。夏の定番スイーツは訪日客にも人気が高く、食品メーカー各社は需要を逃すまいと知恵を絞っている。(貝塚麟太郎) 静岡市駿河区では今月7日、全国で今年初めて40・0度を観測した。コンビニ大手ローソンによると、6~7日のアイスの売り上げは前週比で約5割増だったという。  業界では、気温が高すぎると味わいの濃いクリーム系のアイスが敬遠され、氷菓が売れるとされてきた。近年はコロナ禍に加えて猛暑日が相次ぎ、外出機会が減っている。室内...
»続きを読む
カテゴリー:

【矢野経済研究所プレスリリース】医薬品原薬・中間体市場に関する調査を実施(2024年)~2024年度の医薬品原薬・中間体市場は5,050億円と予測、高薬理活性原薬・中分子医薬品向け原薬は拡大期待~ - 07月11日(木)11:30 

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の医薬品原薬・中間体市場を調査し、市場動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2024年度の国内の医薬品原薬・中間体市場規模(製造受託企業の販売金額ベース)を5,050億円と予測する。国内の医薬品原薬・中間体市場は、引き続き低分子医薬品向けの原薬・中間体の需要が底堅いことや、製薬企業が医薬品製造を外部委託する傾向が続いていることなどから堅調に推移している。一方、医薬品原薬・中間体製造受託企業では原料費や電気代、輸送費などの各種費用のコストアップに加え、薬価改定による最終製品(医薬品)の価格下落による製造受託単価の伸び悩み、人材確保などといった課題もある。2.注目トピック~中分子医薬品の成長に期待~中分子医薬品の明確な定義はないものの、分子量が500から数千程度と低分子医薬品と高分子医薬品の中間に位置する医薬品である。中分子医薬品は、低分子医薬品に比べて特定の分子と結合するため薬剤の標的を明確に出来る特長があり、核酸医薬品やペプチド医薬品などが代表例である。新たなモダリティ(創薬技術)開発は、スタートアップ(ベンチャー企業)への資金流入の停滞などにより、足元の成長は足踏み状態にあるとみるが、中分子医薬品の開発進展に伴い市場拡大が期待できると考える。3.将来展望医薬品原薬・中間体市場は今後も堅調に推移する見通しであ...more
カテゴリー:

こんなの見てる