「建設現場」とは?

関連ニュース

NEC、コベルコ建機と建設機械の遠隔操作の普及に向けた技術開発協定 - 11月30日(火)15:33 

コベルコ建機とNECは11月30日、建設機械の遠隔操作の普及に向けた技術開発協定の締結を発表した。両社は建設現場の働きやすい作業環境の実現と、作業の遠隔化・現場の自律化を目指した取り組みを進める.
カテゴリー:

目指すは「建設現場のテレワーク化」、コベルコ建機とNECが遠隔操作で技術開発協定 - 11月30日(火)13:46 

コベルコ建機とNECは2021年11月30日、建設現場のより働きやすい作業環境の実現に向けて、現場作業の遠隔化・建設現場の自律化を目指し、建設機械の遠隔操作の普 ...
カテゴリー:

リモート施工管理SaaS「Log System」を開発するlog buildが総額1億円のプレシリーズA調達 - 11月26日(金)20:49 

リモート施工管理を実現するためのサービス「Log System」を開発しているlog build(ログビルド)は11月24日、プレシリーズAラウンドにおいて総額1億円の資金調達実施を発表した。引受先や融資元は、GMFホールディングス、Monozukuri Ventures、ヨシックスキャピタルなど。 同社は、建設業界において深刻な人手不足や膨大な移動時間が大きな社会課題となっており、テクノロジーを活用したDXが急務と位置付け。レガシー産業の代表といわれる建設業界を変革するとしている。 log buildは、湘南の建設会社であるecomoのVR・AI・ロボット事業部として発足し、2020年2月に設立した建設テックのスタートアップ。 Log Systemは、リモート施工管理を実現するため、「Log Walk」(ログウォーク)、「Log Meet」(ログミート)、「Log Kun」(ログくん)の3つのソリューションで構成されている。Log Walkは、360度カメラとスマホアプリにより建設現場をVR空間化し、現場管理のメイン業務である進捗管理・品質管理・情報管理・安全管理をリモートで行うことを可能とする。Log Meetは、リモート現場立ち会いに特化したオンライン施工管理アプリ。職人でも活用しやすいUIを備え、建設現場に関わるすべての人とビデオ通話機能でオンライン打ち合わせが行える。建設...more
カテゴリー:

同じ建設現場で働く同業者の男性を事務所に呼び出し拳で殴る 全治2週間のけが…45歳会社役員の男逮捕 - 11月25日(木)23:08 

 同じ建設現場で働く同業者の男性の顔を殴り、けがをさせたとして、45歳の男が逮捕されました。2021年11月25日(木) 22時50分 更新
カテゴリー:

ジョギング中の黒人青年射殺事件で、白人の被告に有罪評決。「こんな日が来ると思わなかった」 - 11月25日(木)11:16 

アメリカ・ジョージア州で、ジョギング中だった黒人男性アマッド・アーバリー氏が銃殺された事件で、陪審員は11月24日、殺害に関わった3人の白人男性全員に有罪評決を言い渡した。これはアメリカに人種平等の議論を巻き起こすきっかけになった事件の一つで、裁判の行方が大きく注目されていた。3人全員が有罪3人の被告は9つの罪状で起訴され、アーバリー氏を撃ったトラヴィス・マクマイケル被告は、その全てで有罪を言い渡された。父親のグレゴリー・マクマイケル被告は8つの罪、そして殺害時の様子を携帯電話で撮影していたウィリアム・ブライアン被告は6つの罪で有罪になった。ジョージア州では殺人で有罪は最低でも終身刑と定められているため、3人は終身刑になると考えられている。また、3人は連邦法のヘイトクライムと誘拐未遂の罪でも起訴されており、この裁判は2022年に連邦裁判所で開かれる予定だ。検察「黒人だったから攻撃した」事件が起きたのは、2020年2月23日。マクマイケル親子が、ジョギング中だったアーバリー氏をトラックで追跡して射殺し、その追跡の様子をブライアン被告が撮影した。被告らは、アーバリー氏の窃盗を疑って追跡したのであり、自分達の行為は「私人逮捕」だと主張。さらにトラヴィス・マクマイケル被告は、アーバリー氏と対峙した際にアーバリー氏が襲ってきたため、正当防衛のために発砲したと証言した。その一方で、同被告は、追...more
カテゴリー:

非GPS環境でのドローンの自律飛行に成功!建築現場での安全巡回や現地確認を遠隔地から行うことが容易に - 11月30日(火)14:00 

株式会社センシンロボティクス、株式会社ACSL(旧:株式会社自律制御システム研究所)、竹中工務店、カナモト、アクティオの5者は、非GPS環境となる建設現場での屋内ドローンの自律飛行に関する実証実験を実施し、成功を収めました。 実験の概要 同実験では、センシンロボティクスとACSLが共同開発した業務自動化統合プラットフォーム「SENSYN CORE」と、ACSLの国産ドローンMiniを用いた屋内自律飛行システムを活用しています。 「SENSYN CORE」は、ドローンやロボットの経路計画、自律制御、AI解析、データ管理などの機能を有するプラットフォーム。今回は、「SENSYN CORE」で実際の現場のBIMデータを活用した飛行経路策定と自動飛行を行いました。使用したドローンは、ACSL独自の画像処理技術を活用した自己位置推定技術(Visual SLAM)により、室内や工場内などの非GPS環境でも自律飛行が可能な機体。加えて、ジンバルに搭載した2,000万画素のカメラにより高精細な画像が取得できるといいます。 同実験においては、フロア1階から2階への自動飛行を達成。2メートルの幅の経路や障害物がある狭い経路も安全に飛行できました。また、ガラス面や外光の影響など実際の運用環境に近い試験でもVisual SLAM性能を担保できたとのことです。 建設現場でのドローン自律飛行の課題 通常、屋外...more
カテゴリー:

ACSL---センシンロボティクスとドローンを活用した屋内自律飛行システムを開発 - 最新株式ニュース - 11月30日(火)10:45 

<6232>  ACSL  1805  +1277営業日ぶり反発。国産ドローン「Mini」にセンシンロボティクスのシステムを組み合わせた屋内自律飛行システムを開発したと報じられている。工場やプラント内、建設現場などの建屋設備の点検・巡視業務をリモート化し、効率化できるようである。また、マレーシアでドローンの累計1000時間飛行を達成したようだ。レベル4環境下の飛行実現には十分な飛行時間やリスクレベ
カテゴリー:

カタール・ワールドカップ観戦に行くなら知っておいて。公共の場での飲酒や「同性愛行為」などが禁止 - 11月26日(金)05:00 

2022年のサッカーワールドカップまであと1年をきった。開催地は中東のカタールだ。1年後の新型コロナの感染状況はまだ分からないが、現地で観戦するサッカーファンにとって、カタールでの大会は今までと大きく違ったものになるだろう。イスラム教を国教とするカタールでは、公共の場での酔っ払いは厳しく禁止されており、愛情表現も制限されている。FIFAのジャンニ・インファンティノ会長は11月21日、2022年のワールドカップは全ての人を歓迎するとし、LGBTQコミュニティにも会場での観戦を促した。しかし、歓迎されない行為もある。「カタールでは同性愛行為は違法です」と同国の外務省は注意する。カタールの法律では、「不自然な性行為や放蕩...違法もしくは非道徳的な行動を仕向けたり唆したりした場合」、最長3年間の懲役が刑されるという。異性愛者のカップルの場合、「手をつなぐ」ことはできるが、公共の場でそれ以上の愛情表現は殆どできないようだ。カタール観光局によると、「公共の場でのあからさまな愛情表現はひんしゅくを買う」という。また、「観光客(男女とも)は、現地の文化を尊重し、公の場で過度に露出の高い服装は避けるように」と観光局は述べる。「一般的には、男女とも肩と膝は隠すことを薦める」という。カタール外務省によると、アルコールはワールドカップの「ファンゾーン」やスタジアムで部分的に販売されるが、一部はアルコール...more
カテゴリー:

新潟の建設現場管理「羽深機工」に破産決定、負債7億円 - 不景気.com - 11月25日(木)19:40 

新潟県上越市に本拠を置く建設現場管理の「羽深機工株式会社」は、事業を停止するとと...
カテゴリー:

SAGAアリーナ工事の安全願う 建設現場で上棟式 - 11月25日(木)08:30 

2023年春のオープンを目指し、急ピッチで工事が進められている「SAGAアリーナ」(佐賀市日の出)の建設現場で24日、上棟式が執り行われた。山口祥義知事ら関係者約50人が工事の安全を願った。 アリーナは外壁部分の骨組み工事が進み、全体像がイメージできるようになってきている。式では山口知事がボルトを差し込んだ長さ約6メートルの鉄骨の梁はりが200トンの大型クレーンで高さ20メートルまで持ち上げられ、アリーナ中央部の位置に設置された。 山口知事は「感無量。未来に夢をつくっていくものだと感じた。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる