「世界経済」とは?

関連ニュース

アーバネットコーポレーション、2020年6月期決算発表のお知らせ - 08月07日(金)09:00 

投資用ワンルームマンションの開発・1棟販売を主業とする株式会社アーバネットコーポレーション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:服部信治)は、第23期事業年度(2019年7月1日から2020年6月30日まで)を終了いたしましたので、ここに事業等の概況について発表します。当連結会計年度における当社グループの業績は、売上高220億18百万円(前期比9.6%増)、営業利益24億84百万円(前期比15.7%増)、経常利益21億98百万円(前期比14.9%増)、親会社株主に帰属する当期純利益15億6百万円(前期比15.0%増)となり、売上高・各利益とも過去最高値を達成することができました。【各事業内容別の業績】当社グループは投資用・分譲用マンションの開発・仕入及び販売を主体とする不動産事業の単一セグメントであるため、不動産事業内容別に記載しております。(不動産開発販売)投資用ワンルームマンション等14棟712戸及び用地1件の売却により、不動産開発販売の売上高合計は211億52百万円(前期比9.1%増)となりました。(不動産仕入販売)買取再販物件(2戸)の売却に加え、一括での物件(12戸)購入・販売により不動産仕入販売の売上高合計は4億5百万円(前期比61.8%増)となりました。(その他)不動産仲介及び不動産賃貸業等によりその他の売上高合計は4億60百万円(前期比4.6%増)となりました。【...more
カテゴリー:

COVID-19パンデミックの発生から半年、世界経済は大恐慌以来最悪の局面の中、パンデミック緩和製品という新たな市場が出現 - 08月06日(木)11:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 関連製品・サービスの世界市場 (2020-2024年):全5巻・2シナリオ」 (Homeland Security Research Corporation (HSRC)) の販売を8月6日より開始いたしました。
カテゴリー:

世界経済における日本のGDP推移1995年 17.6%、2019年5.7%、どうして1/3に縮小してしまったのはなぜ? - 08月06日(木)10:03  poverty

●世界でのプレゼンス 世界経済における日本のプレゼンスは弱まりつつある。 世界のGDPに占める日本の割合の推移をみると、 1980年に9.8%だったものが、 1995年には17.6%まで高まった後、 2010年には8.5%になり、ほぼ30年前の位置付けに戻っている。 現在のまま推移した場合には、国際機関の予測によれば、 2020年には5.3%、 2040年には3.8%、 2060年には3.2%まで低下する。こうした「現状のまま推移した場合」の予測を変えていく努力が求められる。 https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/futur...
»続きを読む
カテゴリー:

TIS、独ボッシュのソフトウェア専門会社とSAP(R)領域で協業 ~ 世界120拠点以上での豊富なERP導入経験の知見活用で組立製造業へのビジネス拡大などを目指す ~ - 08月05日(水)11:00 

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下:TIS)は、ドイツを拠点とするグローバル規模で革新的なテクノロジーとサービスを提供するボッシュ・グループのソフトウェア専門会社ロバート・ボッシュ・エンジニアリング・アンド・ビジネスソリューションズ(本社:インドベンガルール、代表取締役社長: Dattatri Salagame、以下:RBEI)と、SAP社のERP関連事業などにおける協業を開始する基本合意書を締結したことを2020年8月3日に発表しました。RBEIは、1990年に設立された従業員20,000人以上を擁するソフトウェア・テクノロジー企業です。SAP社製品を中心にボッシュ・グループ世界27カ国、計120拠点以上へのシステム導入の豊富な経験があります。本協業では、TISの国内製造業向けERP導入実績および日本の企業文化・商習慣へのノウハウと、グローバルで多数の実績があるRBEIの組立製造業向けSAP S/4HANA(R)テンプレート(ひな型)「MantHANA(モンタナ)」を組み合わせることで、日本の組立製造業の経営高度化、デジタルトランスフォーメーション(DX)ならびにグローバリゼーションの加速を支援します。TISは、本協業を通じて日本の組立製造業へのERP事業展開を加速させ、2025年までにSAP S/4HANA(R)お...more
カテゴリー:

新型コロナ第2波の経済的影響【フィスコ・ビットコインニュース】 - 最新株式ニュース - 08月04日(火)11:27 

コロナショック後の景気回復も、足元ではやや勢いを失いつつあるように見受けられる。新型コロナウイルスの新規感染者数が再拡大に向かっている国が少なくないこともあり、新型コロナ第2波の経済的影響にも関心が高まりつつあるようだ。IMFの6月時点予想では、2020年の世界経済成長率はマイナス4.9%、2021年はプラス5.4%であった。コロナ前の1月時点では3.3%成長予想であったので、コロナショックを受け
カテゴリー:

【小林至教授のスポーツ経営学講義】壊滅的スポーツ興行のなか“異彩”放つJRA 今年度上半期の売上は昨年を上回る - 08月06日(木)11:00 

 コロナ禍が世界中の経済活動に甚大な悪影響を及ぼしている。IMF(国際通貨基金)によれば今年の世界経済は4・9%、日本は5・8%のマイナス成長。感染が収まらなければ、来年も成長は見込めないという。
カテゴリー:

COVID-19パンデミックの発生から半年、世界経済は大恐慌以来最悪の局面の中、パンデミック緩和製品という新たな市場が出現 - 08月06日(木)11:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 関連製品・サービスの世界市場 (2020-2024年):全5巻・2シナリオ」 (Homeland Security Research Corporation (HSRC)) の販売を8月6日より開始いたしました。
カテゴリー:

FRB、コロナ禍で世界の「最後の貸し手」に 世界.. - 08月05日(水)15:30 

FRB、コロナ禍で世界の「最後の貸し手」に 世界経済が停止した3月、連邦準備制度理事会は各国中銀の後ろ盾となった #FRB
カテゴリー:

FRB、コロナ禍で世界の「最後の貸し手」に 世界.. - 08月04日(火)19:45 

FRB、コロナ禍で世界の「最後の貸し手」に 世界経済が停止した3月、連邦準備制度理事会は各国中銀の後ろ盾となった #FRB
カテゴリー:

TandT イスラエル AI能動的予測分析 DMWay と日本国内において独占的業務提携 2020年7月26日に締結しました。 - 08月04日(火)09:00 

最先端金融技術開発,ダイヤモンド ビジネスを展開する株式会社TandT(本社:東京都港区 代表取締役:小宮久)と、AI人工知能を世界的に手掛けるDMWay.LTD(本社:イスラエル テルアビブ CEO Gil Nizri http://dmway.com/ )は、2020年7月26日日本国内において独占的業務提携を締結致しました。IT大国 イスラエルのAI人工知能分野の最大手 DMWay社と独占的業務提携を締結いたしました。DMway社は、特に能動的予測分野における世界的パイオニアであり、日本市場に初上陸したことになります。今回の業務提携に伴い 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のRNA解析、新規個人のクレジットスコア、ヒストリー構築などの本来AIが、得意としている分野で日本でも大きく身近に感じられるように邁進して参ります。info@tandtgo.com に連絡頂くとデモを提供致します。株式会社TandT 及び DMWay。LTD は、AI人工知能の発展と研究をしながら、人類と世界経済に貢献出来るように運営して参ります。【会社概要】会社名:株式会社TandT代表者:代表取締役 小宮久所在地:東京都港区新橋5-34-6Tel:03-5422-1086Fax :03-5422-1087Free; 0120-110-081https://tandtgo.com/info@ta...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「世界経済」の画像

もっと見る

「世界経済」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる