「世界経済」とは?

関連ニュース

聖書、ほとんど中国で生産していた 米中貿易摩擦で価格高騰、「聖書税」を課す可能性も - 07月15日(月)21:10  news

米中貿易摩擦 聖書も「犠牲者」か、実は多くが中国で印刷 ニューヨーク(CNN Business) 米国と中国との間で進められている貿易をめぐる交渉で、両国政府が合意に 達しない場合、聖書も高関税の「犠牲者」となるかもしれない。 トランプ米大統領は米中による交渉が失敗に終わった場合、中国からの輸入品全てに関税をかけるとの考えを 明らかにしている。出版社からは、こうした関税が聖書の印刷費用を押し上げ、在庫不足を引き起こす可能性も あるとの警告が出ている。 米出版社の大部分が中国で聖書を印刷してい...
»続きを読む
カテゴリー:

【米中貿易摩擦】聖書も「犠牲者」か、実は多くが中国で印刷 - 07月15日(月)05:07  newsplus

https://www.cnn.co.jp/business/35139744.html 米中貿易摩擦 聖書も「犠牲者」か、実は多くが中国で印刷 2019.07.14 Sun posted at 12:41 JST ニューヨーク(CNN Business) 米国と中国との間で進められている貿易をめぐる交渉で、両国政府が合意に達しない場合、聖書も高関税の「犠牲者」となるかもしれない。 トランプ米大統領は米中による交渉が失敗に終わった場合、中国からの輸入品全てに関税をかけるとの考えを明らかにしている。出版社からは、こうした関税が聖書の印刷費用を押し上げ、在庫不足を引き起こす...
»続きを読む
カテゴリー:

コラム:製造業に世界的逆風、中国の変調長期化なら日本の回復にも影響 - 07月12日(金)20:04 

日米欧で貿易量の減少を背景に、製造業に逆風が吹いている。その一方、非製造業は製造業ほど落ち込んでおらず、2019年後半の回復シナリオが実現するかどうかは、この製造業と非製造業の「力比べ」の結果が直結しそうだ。その帰すうは不透明だが、米中貿易戦争の長期化による中国経済の「変調」が長期化すれば、製造業に引っ張られて世界経済の回復が弱まり、つれて日本経済の回復も先送りされるシナリオの実現可能性が高まる。
カテゴリー:

ブレイナード米FRB理事、利下げ支持を示唆 - 07月12日(金)07:56 

米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事は、軟調なインフレと通商問題や世界経済を巡る不透明感がもたらすリスクを回避するため、利下げを支持することを示唆した。
カテゴリー:

【速報】黒田総裁「これだけは言える。消費税増税は日本経済に悪影響を与えない。」 - 07月11日(木)21:58  poverty

勢い失われれば「当然、追加緩和」 日銀・黒田総裁語る 日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁が朝日新聞の単独インタビューに応じ、目標の物価上昇率2%への勢いが景気減速などで失われれば、「当然、追加緩和策を検討することになる」と述べた。 金融緩和を強化する手段として、金利引き下げや国債の買い増しなど「様々なオプションとその組み合わせということがあり得る」とした。 黒田総裁は追加緩和策として、現在は「マイナス0・1%」の短期金利や「ゼロ%程度」の長期金利の水準の引き下げ、マネタリーベース(市場に供給...
»続きを読む
カテゴリー:

中国GDP成長率 過去最低 4~6月期 - 07月15日(月)11:57  poverty

中国成長率、6.2%に減速=四半期で過去最低-4~6月期 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071500191 【北京時事】中国国家統計局が15日発表した今年4~6月期の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質ベースで 前年同期比6.2%増加した。 成長率は前期(6.4%)から0.2ポイント低下し、四半期ごとの数字を公表している1992年以降で最低となった。 米中貿易摩擦の激化が響いた。中国の景気減速が再び鮮明になったことで、日本を含む世界経済への影響が懸念される。 成長率の低下は2四...
»続きを読む
カテゴリー:

英中銀、合意なきEU離脱なら過去最低水準へ利下げも=ブリハ氏 - 07月13日(土)02:46 

イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会のブリハ委員は12日、英国が欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)期限を繰り返し延期したり、世界経済が減速したりすれば、需要を喚起するために利下げが必要になる可能性があるとの見解を明らかにした。
カテゴリー:

一部の地区連銀総裁、米経済をより楽観 利下げ根拠ないと主張 - 07月12日(金)08:15 

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が11日の上院銀行委員会での証言で今後数週間以内の利下げにつながる可能性のある世界経済に対するリスクに焦点を当てたのに対して、リッチモンド地区連銀のバーキン総裁とアトランタ地区連銀のボスティック総裁は、米経済は今後も拡大し、企業の見通しは明るいとの見方を示した。
カテゴリー:

【だが】米FRB議長、トランプ氏が辞任迫っても「断る」 - 07月12日(金)00:50  newsplus

https://www.cnn.co.jp/usa/35139800.html 米FRB議長、トランプ氏が辞任迫っても「断る」 2019.07.11 Thu posted at 16:08 JST (CNN) 中央銀行に相当する米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長は10日、利下げを求め異例の圧力を仕掛けているトランプ大統領が自らに辞任を迫ったとしてもこれを受け入れない考えを示した。 米下院の金融委員会の公聴会で、所属委員の質問に回答した。辞任を促す電話をもらったとしても、「そうするつもりはない」と明言。委員が良く聞こえなかったと応じて議場内で笑...
»続きを読む
カテゴリー:

FRB議長、7月利下げ強く示唆 市場の焦点は「幅」に - 07月11日(木)19:32 

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は10日、議会下院で証言し、米中貿易戦争を巡る不透明感や世界経済の減速懸念が「引き続き米経済の重しになっている」と述べ、月内の政策金利引き下げを強く示唆した。同日公表した6月の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨では、多くの参加者が「近い将来」の利下
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「世界経済」の画像

もっと見る

「世界経済」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる