「貨物機」とは?

関連ニュース

Airbusのイルカ飛行機「BelugaXL」がサービス開始!輸送能力30%増 - 01月17日(金)08:00 

イルカのような飛行機「BelugaXL」が運用を開始した。 BelugaXLは大きな輸送能力をもつ、Airbus社が開発した新しい貨物機だ。 ・最大の貨物室断面積で、エアバスの輸送能力を30%増加 BelugaXLは長さ63メートル、幅8メートル。現存する貨物機の中で最大の貨物室断面積を持ち、輸送能力を30%増加させる。 前身のBelugaSTは、ひとつのA350 XWBウィングしか搭載できなかったが、BelugaXLは2つ搭載可能。最大積載量は51トン、航続距離は4,000 kmだ。A330-200貨物機をベースにして、既存のコンポーネントと機器の再利用を可能できるのも特徴で、ロールス・ロイス社が製造するエンジン「トレント700」を搭載している。 そしてなんといっても、そのユニークな外観が人目を引く。Airbus社は、低位置にあるコックピットと貨物室構造、後部と尾部をパートナーと共同で新たに開発したという。 ・ 欧州の11の空港で運航予定 2014年から開発が始められたBelugaXLは、200回以上の試験飛行が実施され、試験飛行時間700時間を記録。2019年末に欧州航空安全機関(EASA)によって認証を受け、今月9日、BelugaXLは最初の運用飛行を行った。 現在6機が完成しているが、Airbus社は 2023年までに航空機を追加導入し、欧州の11の空港で運航を行う予定。 ...more
カテゴリー:

【(人・ω・)☆超かわいい☆(・ω・人)】貨物室面積は世界最大! エアバス輸送機「ベルーガ」新モデル 「ベルーガXL」運航開始 - 01月15日(水)16:27  newsplus

2023年にかけて6機導入予定  エアバスが2020年1月14日(火、現地時間)、同社のパーツ輸送を行う貨物機「ベルーガ」シリーズの最新モデル「ベルーガXL」の運航を、1月9日に開始したと発表しました。 ベルーガXLは、エアバスA330-200F貨物専用機をベースにした飛行機です。「ベルーガ」シリーズの特徴である大きな「コブ」状の貨物室を有してします。低い位置に設置されたコックピットや貨物室構造部、胴体後部は新開発のものとのこと。  エアバスによると、ベルーガXLの貨物室胴体面積は、世界最大といいます。A300-600R型機を...
»続きを読む
カテゴリー:

【画像有】カワ(・∀・)イイ!!飛行機部品輸送機、エアバスベルーガXL運航開始。 - 01月14日(火)21:38  news

貨物室面積は世界最大! エアバス輸送機「ベルーガ」新モデル 「ベルーガXL」運航開始 1/14(火) 20:03配信 乗りものニュース エアバスが2020年1月14日(火、現地時間)、同社のパーツ輸送を行う貨物機「ベルーガ」シリーズの最新モデル「ベルーガXL」の運航を、1月9日に開始したと発表しました。 ベルーガXLは、エアバスA330-200F貨物専用機をベースにした飛行機です。「ベルーガ」シリーズの特徴である大きな「コブ」状の貨物室を有してします。低い位置に設置 されたコックピットや貨物室構造部、胴体後部は新開発のものとのこ...
»続きを読む
カテゴリー:

エアバスの大型貨物機「ベルーガXL」、正式運航開始 - 01月15日(水)19:00 

航空製造大手「エアバス」が開発した新型の大型貨物機「ベルーガXL」がこのほど正式に運航を開始した。北極圏などに生息するシロイルカの別名「ベルーガ」にちなみ、機首に青色の目や笑みを浮かべる口先などの模様を塗装した特徴ある機体が待望のデビューを飾った。 9日に初の業務飛行を実施したベルーガXLは現在運航中の航空機の中でも最大クラスの機体の1つ。貨物機のため旅客を乗せることはできないが、欧州各地に散...
カテゴリー:

写真特集:ついに運航開始、エアバスの「空飛ぶイルカ」を見る - 01月15日(水)13:05 

航空製造大手「エアバス」が開発した新型の大型貨物機「ベルーガXL」がこのほど正式に運航を開始した。北極圏などに生息するシロイルカの別名「ベルーガ」にちなみ、機首に青色の目や笑みを浮かべる口先などの模様を塗装した特徴ある機体を写真で紹介する
カテゴリー:

「貨物機」の画像

もっと見る

「貨物機」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる