「中部国際空港」とは?

関連ニュース

心優しき青年が酷い目に……牛のうんこを焼きながら中秋の名月を鑑賞した話 - 09月14日(土)17:00 

 2015年6月にLCC春秋航空が中部国際空港セントレアから石家荘経由フフホト便を就航し、中国内陸部へ格安で行けるようになった(2017年9月以降運休)。 これが大層サラリーマンに都合のいいフライトスケ…
カテゴリー:

セントレア、LCC向け第2ターミナル免税店の取り扱いブランドなど発表 - 09月06日(金)18:19 

 セントレア(中部国際空港)は9月6日、9月20日開業の第2ターミナルに出店する免税店「Centrair Duty Free 第2ターミナル店」と「おみやげ館」で取り扱うブランドを発表した。
カテゴリー:

中部国際空港、第2ターミナルで旅客ハンドリング総合訓練実施 - 09月03日(火)20:00 

中部国際空港は、9月20日の第2ターミナルの供用開始を前に、旅客ハンドリング総合訓練に9月3日に実施した。 模擬旅客300名と、航空会社、税関、出入国在留管理庁、検疫所、警備会社、ボランティアなどの空港関係者約150名。手荷物預けや保安検査、搭乗ゲートまでの出発フローと手荷物受取などの到着フローを確認した。 模擬旅客は約60名ずつ5組に分かれ、それぞれが指定された国際線の便を利用するという想定で実施した。訓練後に実施するアンケートでは、デザインがシンプルで分かりやすいといったことや、インスタ映えしそうなど好評だったという。動線の長さは、プロジェクトマッピングを映すなどの工夫で気にならなかったとのコメントもあったという。一方で、場所によってはアナウンスが聞こえづらかったり、防火シャッターなどでサインが見えづらいという意見もあったとしている。 第2ターミナルには、ジェットスタージャパン、エアアジア・ジャパン、チェジュ航空、ティーウェイ航空、エアプサンの5社が利用する。 投稿 中部国際空港、第2ターミナルで旅客ハンドリング総合訓練実施 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

セントレアで防災訓練。障害者の被災体験や煙中避難を初めて導入。空港勤務の約100名が参加 - 09月02日(月)20:27 

 セントレア(中部国際空港)は9月2日、防災の日に合わせて毎年実施している防災訓練を実施した。15回目となる今回は、初めての実施となる煙に包まれた階段を下りる訓練や、障害者の避難支援のトレーニングを初めてプログラムに組み込んだ。
カテゴリー:

セントレア、国際線保安検査場にスマートレーン導入。より短時間で通過可能に - 09月02日(月)13:25 

 セントレア(中部国際空港)は9月2日、8月31日にリニューアルして供用を開始した国際線保安検査場を公開した。4月より改修作業を進めてきたもの。
カテゴリー:

中部国際空港、公式ウェブサイトをリニューアル 約6年半ぶり - 09月11日(水)08:50 

中部国際空港は、公式ウェブサイトを9月10日にリニューアルした。 リニューアルは約6年半ぶり。9月20日に供用を開始する第2ターミナルに対応したほか、スマートフォンからのアクセスが全体の7割以上を占めることを受け、デザインを最適化した。 また、NAVITIMEなどと連携し、交通や宿泊などの検索や予約が可能となるなど、アプリのような使い勝手を考慮した新機能を搭載し、訪日外国人向けに多言語対応も行った。 リニューアルに伴い、一部のページではURLの変更や統廃合を行っている。 ⇒詳細はこちら 投稿 中部国際空港、公式ウェブサイトをリニューアル 約6年半ぶり は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

セントレア第2ターミナルで国際線出発/到着の流れをチェック。9月20日開業に向け模擬旅客300名以上が参加して「旅客ハンドリング総合訓練」 - 09月04日(水)10:45 

 セントレア(中部国際空港)は9月3日、9月20日に供用を開始するLCC向けの新ターミナル「第2ターミナル」において、チェックインから保安検査、搭乗ゲートへ至る出発フロー、到着ゲートから出口までの到着フローそれぞれを、模擬旅客、空港関係者が実運用を想定して実践する「旅客ハンドリング総合訓練」を実施した。
カテゴリー:

エアアジア・ジャパン、中部国際空港第2ターミナルに移転 タイ・エアアジアXは従来どおり - 09月03日(火)18:09 

エアアジア・ジャパンは、9月20日より中部国際空港の発着ターミナルを第2ターミナルへ移転する。 第2ターミナルは、本館とサテライトの2棟で構成されている。国際線の出発制限エリアでは、免税店、薬、電化製品専門店などを導線上に配置するほか。搭乗待合スペースには、滑走路を見渡せる飲食コーナーを配置する。開業に合わせ、社員ボランティアによる案内スタッフの配置や、アクセスプラザでの新ターミナルへの案内の装飾の設置を予定している。 第2ターミナル発着便の旅客施設使用料は、国際線の出発では大人1,280円・小人640円、国内線の出発・到着では大人380円・小人190円となる。第1ターミナルと比べて、国際線は大人1,290円、国内線は大人70円安くなる。 グループのタイ・エアアジアXは、同日より第1ターミナルに名称を変更する、現ターミナルを使用する。 ⇒詳細はこちら 投稿 エアアジア・ジャパン、中部国際空港第2ターミナルに移転 タイ・エアアジアXは従来どおり は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

中部国際空港、スマートレーン導入完了 待ち時間短縮 - 09月02日(月)16:09 

中部国際空港は、8月31日に国際線の保安検査場に導入を完了した、最新の保安検査機器を報道陣にお披露目した。 新たに導入したのは、手荷物検査時に同時に4人が荷物の取り出しができることで待ち時間の短縮につなげることができる「スマートレーン」と、高性能のX線検査装置。 「スマートレーン」には、CT(Computed Tomography)の検査機器を1台、AD(Automatic explosive Detection)の検査機器を3台設置した。いずれもSmiths Detection製で、CTは全方向、ADは2方向からX線を照射できる。レーンの長さは設置場所により異なり、CTのレーンは19メートル、ADのレーンは16メートルから17メートルとなる。これまでの検査装置より全長が長いことから、保安検査場の面積を約1.8倍となる790平方メートルに拡張。レーン数は8レーンから6レーンに減ったものの、効率化により処理能力は8レーン時と同等を維持できるという。 いずれのレーンも、4人が同時に検査の準備ができる。利用者はレーン下からトレーを取り出し、かばんやポケット内の小物などをトレー上にのせる。用意ができたトレーを検査台に流すと、自動で検査が行われる。検査機器を通過し、問題がなかったトレーは利用者自身が受け取ることができる。追加検査が必要なトレーは自動で排除され、各レーン1ヶ所もしくは2ヶ所を設...more
カテゴリー:

名古屋から1時間くらいかかる僻地に国内4番目の規模の国際展示場がオープン!eスポーツ大会などを開催へ - 09月02日(月)12:11  poverty

世界に開かれた中部地方の玄関口である中部国際空港島(常滑市)に、新たなビジネスや文化の交流拠点として三十日誕生した県国際展示場「アイチ・スカイ・エキスポ」。開業の記念式典で国内外の関係者が祝い、先進性を生かしたさまざまな催しが開かれた。 ◆「地元発展に貢献」運営会社社長抱負 「地元にいながら国際マーケットに直接アクセスできるようになる。新たな産業インフラとして、経済発展のけん引役になる」。記念式典で県商工会議所連合会の山本亜土会長は、展示場への期待を語った。 式典には、国内外の関係者約千...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「中部国際空港」の画像

もっと見る

「中部国際空港」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる