「ボーイング」とは?

関連ニュース

生産終了のボーイング747が最後のデリバリーフライトで空に「747」を描く - 02月02日(木)20:00 

その大きな体から「ジャンボジェット」の愛称で知られるジェット旅客機「ボーイング747」が2022年をもって生産を終え、最後に製造された機体が2023年2月1日に工場から出荷されました。同シリーズの最後のデリバリーフライトに合わせ、機体は空に「747」という数字と王冠を描きました。
カテゴリー:

エティハド航空、アブダビ〜上海/浦東線を増便 2月2日から週2往復 - 02月02日(木)14:35 

エティハド航空は、アブダビ〜上海/浦東線を、2月2日から週2往復に増便する。 強い需要に応えるもので、アブダビ発木・日曜、上海/浦東発火・土曜に運航する。機材はボーイング787型機とボーイング777型機のいずれかを使用す […] 投稿 エティハド航空、アブダビ〜上海/浦東線を増便 2月2日から週2往復 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

ボーイング747型機製造終了 最後の機体は米貨物航空会社へ - 02月01日(水)11:31 

ジャンボ機の愛称で親しまれたボーイング747型機の製造が終了し、最後の機体がアメリカの貨物航空会社に引き渡されました。海外旅行の普及をけん引し、世界の大量輸送時代を支えた航空機の製造が幕を閉じました。
カテゴリー:

747本限定!元祖ジャンボジェット「ボーイング747」を称えたブライトリングの新作 - 02月01日(水)08:11 

1969年に初めて滑走路を走行し、民間航空業界に革命をもたらしたジャンボジェット機、ボーイング747。2つの通路と2つのデッキを持ち合わせており、それまでのジェット旅客機の2倍に当たる人数を空の旅へと運ぶことができるこの機体は、長距離フライ・・・
カテゴリー:

空の女王最後の1機を引き渡し。ボーイング 747最後の納入式典は2月1日6時にライブ配信 - 01月31日(火)13:07 

 ボーイングは、最後の747型機の納入式を1月31日(現地時間)にシアトルで実施する。
カテゴリー:

世界で最後の量産型ジャンボ機「ボーイング747」成都で運航スタート - 02月02日(木)16:50 

「ジャンボジェット」として親しまれた「ボーイング747」の世界で最後の1機がこのほど引き渡された。同機はエーペックスインターナショナル(APEX)によって運営され、今後長期にわたり成都と北米
カテゴリー:

ボーイング、最後の747をアトラスエアに引き渡し 1,574機目 - 02月01日(水)12:59 

ボーイングは、最後に生産されたボーイング747型機を、現地時間1月31日にアトラスエアに引き渡した。 最後に生産されたのは、貨物機のボーイング747-8F型機。セレモニーには、初代ボーイング747型機の設計や製造を担当し […] 投稿 ボーイング、最後の747をアトラスエアに引き渡し 1,574機目 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

最後のジャンボ機「747」、米で引き渡し 脱炭素化で需要低迷 - 02月01日(水)10:07 

 米航空機大手ボーイングは1月31日、ジャンボ機「747」の最後の機体となる貨物専用機を米アトラス航空に引き渡した。1967年から半世紀余り生産され、最後の機体は1574機目となった。近年は脱炭素化を背景に、ジェットエンジンを4基備えたジャンボ機は燃費性能が劣るのが敬遠され、需要が低迷していた。
カテゴリー:

F-35Bが垂直離着陸でドバー!日本で見られるのは岩国だけ。岩国フレンドシップデー4月15日 - 01月31日(火)14:37  news

今ならホテルはガラ空き。 【2023年3~5月 航空イベント】岩国・嘉手納の米軍基地イベントが復活!ブルーインパルスの飛行予定は? https://flyteam.jp/news/article/138321 新型コロナの影響でここ数年規模が縮小されたり、開催が見送られたりしていた各地の航空イベントですが、2022年後半から徐々に再開され始めました。今年2023年は、3月5日(日)の「小牧基地オープンベース」を皮切りに、4月15日(土)に「岩国基地フレンドシップデー」、4月22日(土)・23日(日)に嘉手納基地の「アメリカフェスト」の開催が発表されるなど...
»続きを読む
カテゴリー:

ボーイング、最後の“ジャンボ”747型機を引き渡し。式典のライブ配信も - 01月30日(月)17:15 

 ボーイングは、最後の747型機の納入式を1月31日(現地時間)にシアトルで実施する。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる