「スタートアップ企業」とは?

関連ニュース

「ワークマンに続け」水道工事会社がアパレル参入 立役者は東大卒の女性社長 - 12月16日(月)07:00 

 作業服市場が熱い。「ワークマンプラス」で勢いに乗る作業服専門店チェーン大手のワークマンを筆頭に、機能性が高く低価格の作業服を一般向けに販売する動きが加速している。この流れに続こうと「スーツ型作業着」で、シェアを急拡大しているのが、スタートアップ企業のオアシススタイルウェア(東京都港区)だ。立役者は中村有沙社長(33)。東大経済学部卒で、従業員70人の水道工事会社に新卒で就職し、アパレル事業を立ち上げた。「尖った作業服で人手不足を解消する」と語る中村社長の思いとは。
カテゴリー:

30キロの荷物運べるドローン スタートアップ企業が開発 - 12月16日(月)02:01 

重さ30キロの荷物を運べる大型のドローンが開発され、実用化に向けた実証飛行が始まりました。一般的なドローンよりも重い荷物に対応できるということで、山の中や急な斜面といった人や車が立ち入りにくい場所での新たな輸送手段として活用が期待されます。
カテゴリー:

「仙台スタートアップ・エコシステム推進協議会」を設立しました!! - 12月13日(金)12:00 

仙台市では、仙台・東北から国内外のさまざまな課題解決に寄与するスタートアップ企業(※1)を連続的に生み出すスタートアップ・エコシステム(※2)の形成を加速させるために、このたび12/10に「仙台スタートアップ・エコシステム推進協議会」を設立しました。 協議会では、産学官金によるスタートアップ企業への支援施策を有機的に結合するとともに、スタートアップ企業と支援者の間で幅広い意見交換を行うオープンなプ...
カテゴリー:

ダイキンが進めるAirTechとは?第2回事業創造プログラムの募集を開始 - 12月12日(木)17:48 

ダイキン工業とベンチャーキャピタルのサムライインキュベートは12月12日、「オフィスにおける空気・空間の改善による生産性向上」の実現を目的とした短期事業創造プログラム「第2回AirTech BootCamp」を開催することを明らかにした。本日12月12日より参加するスタートアップ企業や研究者を募り、2020年2月5日〜6日にイベントを開催する。 募集テーマと開催概要は以下のとおり。なお、最終プレゼンで採択された企業には、サムライインキュベートが2000〜3000万円程度の出資を検討する。実際に出資が決まった場合は、同社が事業立ち上げに協力し、ダイキン工業との協業をサポートするとのこと。 オフィス空間における生産性向上に寄与するヘルスケアソリューション 生産性に寄与または相関するデータのセンシング・分析 オフィスの空間ごとの目的達成度合いを把握するセンシング・分析 対象者:テーマに関わる技術や事業を持つプレシード、シードのスタートアップ企業、もしくは大学の研究室でBootCamp実施日両日とも参加できる方 募集期間:2020年1月14日23時59分まで 審査期間:2020年1月15日〜29日(クアルコム※審査完了次第、随時結果をメールにて連絡) BootCamp実施日:2020年2月5日〜6日 BootCamp開催場所:コワーキングスペース「point 0 marunou...more
カテゴリー:

11月にインテルとの協業を発表した電気自動車開発のNioが北米本社で141名をレイオフ - 12月12日(木)08:15 

電気自動車を開発しているスタートアップ企業であるNioが、北米本社で141名をレイオフする。カリフォルニア州の雇用開発局(Employment Development Department of California)の文書によると、同社のサンノゼオフィスの社員は12月6日に通告を受け取っている。 本社が上海にあるNioは先月、Intel(インテル)傘下で、専用カメラを利用した高度運転支援システム (ADAS)を開発しているMobileyeをパートナーして、消費者向け自動運転車を開発すると発表した。そのパートナーシップの協定では、Mobileyeが設計した自動運転システムをNioが生産することになっていた。 インテルとのパートナーシップは、困難な1年を経たNioにとって明るいニュースだった。Nioの第3四半期は適切な価格政策により売り上げは伸びたが、2月末以降株価は78%落ち込んだ。 同社は今年の第1と第2の四半期に損失を計上し、6月には中国における電池の発火により自発的に電動SUV車であるES8を5000台リコールしたことで、生産量と納車数の低下を招いた。9月の決算報告でCEOのWilliam Li(ウィリアム・リー)氏は、第3四半期末までに9900人の従業員を7800人に減らすなどによりコスト削減に努める、と述べた。Nioのオフィスは北京、ロンドン、ミュンヘンなど11の都市にあ...more
カテゴリー:

30キロの荷物運べるドローン スタートアップ企業.. - 12月16日(月)02:03 

30キロの荷物運べるドローン スタートアップ企業が開発 #nhk_news
カテゴリー:

アップルが英スタートアップ企業買収-iPhone撮影.. - 12月13日(金)13:26 

アップルが英スタートアップ企業買収-iPhone撮影写真の改善技術取得
カテゴリー:

IOC詐欺のブロックチェーンスタートアップ創業者、罪状認める 46億円集めて私的流用【ニュース】 - 12月13日(金)11:48 

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)詐欺を画策したとして、米証券取引委員会(SEC)に起訴されていたブロックチェーンスタートアップ企業ショッピン(Shopin) 創業者のエラン・エイヤルCEOは、罪状を認めた。ニューヨーク州司法長官が12月12日に発表した。
カテゴリー:

スタートアップ企業のアイデアソン 「AirTech BootCamp Africa」をナイロビにて開催 - 12月12日(木)14:00 

2019年12月12日 ダイキン工業株式会社 アフリカ全土のスタートアップ企業を参加対象としたアイデアソン 「AirTech BootCamp Africa」をナイロビにて開催 ダイキン工業株式会社は、スタートアップ企業からの出資・インキュベーションを行う株式会社サムライインキュベート(以下「サムライインキュベート」)とともに、2019年12月10日~11日の2日間、ケニア共和国の首都ナイロビにて、アフリカ全土から集まったスタートアップ企業を参加対象としたアイデアソン「AirTech BootCamp Africa」を開催しました。 当社は、今後大きな経済成長が予想されるアフリカでの事業拡大をめざしており、アフリカで空調製品を普及させるための革新的なアイデアの創出を目的として本イベントを実施しました。アフリカ全土から応募があった160社のスタートアップ企業のうち、書類審査と面接の選考を通過した9社が本イベントに参加し、活発な議論と様々なアイデアのプレゼンテーションが行われました。当社は今後、優良なアイデアを提案した企業とともに、現地でアイデアの検証に取り組むことを検討します。 現在、アフリカのスタートアップ企業に世界から注目が集まる中、本イベントを通じて、アフリカ全土に多くの優良なスタートアップ企業が存在し、今後アフリカで事業拡大をめざす企業にとって強力なパートナーと...more
カテゴリー:

スタートアップ企業に不利な条件ないか 公取委が.. - 12月11日(水)17:18 

スタートアップ企業に不利な条件ないか 公取委が初の実態調査 #nhk_news
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「スタートアップ企業」の画像

もっと見る

「スタートアップ企業」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる