「アジア太平洋地域」とは?

関連ニュース

【ティファニー】純利益230%増 日本が貢献 - 03月26日(火)20:27  newsplus

https://jp.sputniknews.com/business/201903266076918/?utm_source=https://t.co/ZIyH8aw89J&utm_medium=short_url&utm_content=maSS&utm_campaign=URL_shortening ティファニーの純利益230%増 日本が貢献 経済 2019年03月26日 19:07 米高級宝飾品大手ティファニーは、3か月間で230%増の2億400万ドルという利益を達成した。日本の売上増が貢献した。ティファニーの株価は3%上昇した。 スプートニク日本 2017年12月に成立した米国の税制改革法が、売上高急増の主な理由となった。当時ティフ...
»続きを読む
カテゴリー:

【エレクトロニキャスト社調査報告】世界の平面導波回路(PLC)スプリッタ市場の分析と予測 - 03月25日(月)16:00 

【調査レポートのサマリー】2019年3月発行米国調査会社エレクトロニキャスト社の調査レポート「世界の平面導波回路(PLC)スプリッタ市場の分析と予測 2018-2028年」は、世界の光通信用途のPLCスプリッタの市場消費の分析と予測を提供している。光導波路回路、ピグテイルファイバ、パッケージに搭載されるPLCスプリッタについて調査している。2018-2028年の世界の地域毎(アメリカ大陸/欧州・中東・アフリカ/アジア太平洋地域)の市場予測と世界市場の概要を記載している。通信とケーブルテレビのサービスプロバイダ、光ファイバー試験計測、企業の専用線・データセンタ・ローカルエリアネットワーク、過酷な環境(軍事、産業など)の用途におけるPLCスプリッタについて調査している。This market forecast report, which is available immediately, is part of a consultant service from ElectroniCast Consultants to our clients. This is the ElectroniCast analysis and forecast of global market consumption of planar lightwave circuit (PLC) splitters us...more
カテゴリー:

【日ロ】ロシア次官「交渉はまだ入り口」 平和条約で日本側に表明 - 03月21日(木)20:23  newsplus

https://this.kiji.is/481421725847667809 ロシア次官「交渉はまだ入り口」 平和条約で日本側に表明 2019/3/21 20:17 ©一般社団法人共同通信社  【モスクワ共同】森健良外務審議官は21日、モスクワでロシアのモルグロフ外務次官と会談し、両国の平和条約締結問題を協議した。冒頭、モルグロフ氏は「平和条約交渉はまだ入り口で、双方の立場には大きな差異がある」と指摘した。  森氏は、日ロ関係の発展はアジア太平洋地域の安定と繁栄に貢献するとし「長年にわたり未解決な困難な問題を解決し、平和条約を締結することが...
»続きを読む
カテゴリー:

「世界の屋根材市場」 - 調査レポートの販売開始 - 03月20日(水)15:30 

2019年03月20日株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「世界の屋根材市場」 (Freedonia Group発行) の販売を3月20日より開始いたしました。【 商品情報 】世界の屋根材市場Global Roofing● 発行: Freedonia Group● 出版日: 2019年02月28日● ページ情報: 394 Pageshttps://www.gii.co.jp/report/fd124266-world-roof.html当レポートでは、世界の屋根材市場の現状と将来展望について分析し、市場の基本構造や背景事情、市場規模の動向見通し (過去・今後10年間分)、製品別・市場別 (用途別)・地域別の詳細動向、大手企業の概況と市場シェア構造、産業構造・資本取引動向といった情報を取りまとめてお届けいたします。第1章 エグゼクティブサマリー第2章 概要第3章 製品・市場第4章 北米の屋根材市場第5章 中南米の屋根材市場第6章 西欧の屋根材市場第7章 東欧の屋根材市場第8章 アジア太平洋地域の屋根材市場第9章 アフリカ/中東の屋根材市場第10章 産業構造第11章 付録【当レポートの詳細目次】https://www.gii.co.jp/report/fd124266-world-roof.htmlレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。...more
カテゴリー:

ラックとNEC Asia Pacific、アジア太平洋地域のサイバーセキュリティ事業で協業 - 03月20日(水)10:00 

ラックとNEC Asia Pacific社は3月18日、APAC(アジア太平洋)地域のサイバーセキュリティ分野で協業することに合意したことを発表した。
カテゴリー:

2020年「アジア・太平洋水サミット」に政府を挙げて協力します - 03月26日(火)09:55 

2020年10月19日から20日にかけて、アジア・太平洋地域の首脳級を含むハイレベルが集い、水に関する諸問題について議論する第4回アジア・太平洋水サミットが熊本市で開催されます。 本サミットの円滑な実施のため、関係行政機関が必要な協力を行うことについて、本日、閣議了解されました。 今後、サミット開催に向けて、ハイレベル会合での議論への参加等を想定して準備を進めてまいります。
カテゴリー:

Sojern、アジア太平洋地域担当バイスプレジデントに上野正博を任命 - 03月25日(月)07:00 

[Sojern] シンガポール発—2019年3月25日 旅行業界に特化したデジタルマーケティングプラットフォームのリーディングプロバイダーであるSojernは本日、上野正博を同社のアジア太平洋地域(APAC)担当バイスプレジデ...
カテゴリー:

首相「日米同盟の絆、大きな資産」 米議員団と面会 - 03月20日(水)16:55 

 安倍晋三首相は20日、官邸で超党派の「日米国会議員会議」に出席するため来日中の米下院議員団の表敬を受けた。首相は「アジア太平洋地域の平和と安定、発展において日米同盟の強固な絆は大きな資産だ。今回の訪日が同盟の強化に貢献することを期待する」と述べた。
カテゴリー:

「燃料電池の世界市場:競合予測と機会」 - 調査レポートの販売開始 - 03月20日(水)11:00 

2019年03月19日株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「燃料電池の世界市場:競合予測と機会」 (TechSci Research発行) の販売を3月19日より開始いたしました。【 商品情報 】燃料電池の世界市場:競合予測と機会Global Fuel Cell Market By Application (Stationary Fuel Cell, Transport Fuel Cell & Portable Fuel Cell), By Type (PEM Fuel Cell, Solid Oxide Fuel Cell, Molten Carbonate Fuel Cell & Others), By Region, Competition, Forecast & Opportunities, 2013-2023● 発行: TechSci Research● 出版日: 2019年03月01日● ページ情報: 143 Pageshttps://www.gii.co.jp/report/tsci800159-global-fuel-cell-market-by-application-stationary.html当レポートでは、世界の燃料電池市場について調査分析し、市場規模・シェア・予測、セグメント別分析、競合分析、市場動向の変化と新興の機会について、体系的...more
カテゴリー:

インダストリアルIoT、アジアで今後大きく成長の見込み-デジタルサプライチェーンが革新する製造業で活用拡大へ- - 03月19日(火)11:30 

独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供するフロスト&サリバンは、インダストリアルIoT市場に関する見通しを3月19日に発表しました。フロスト&サリバンはインダストリアルIoT(IIoT)の市場展望をまとめました。工場の製造プロセス改善でのIIoTの活用が進むに伴い、アジア太平洋地域(APAC)のIIoT市場の大きな成長が見込まれています。フロスト&サリバンのリサーチ「アジア太平洋地域のインダストリアルIoT市場:2022年までの展望」によると、APACのIIoT市場は2017年から2022年にかけて年平均成長率(CAGR)17.9%と大きく成長する見通しです。「アジア太平洋地域にはあらゆる産業でIIoTが生み出す大きな市場機会が存在し、低コストでの製造が可能な魅力的な市場といえます。アジア地域の多くの政府機関が企業との連携やインフラ開発に取り組む意向を示しており、工業自動化やプロセス制御システムのサプライヤーに恩恵がもたらされるでしょう」と、フロスト&サリバンのAPAC工業自動化・プロセス制御部門アソシエイト・ディレクターのティム・シュアは話します。IIoTを製造プロセスに用いることでMTBF(平均故障間隔)の大幅な改善が可能となるほか、修理時間の短縮や保守コストの削減、故障防止を通じた予知保全の増強が可能となります。この様な利点に加えて、IIoT...more
カテゴリー:

もっと見る

「アジア太平洋地域」の画像

もっと見る

「アジア太平洋地域」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる