「脳細胞」とは?

関連ニュース

「老化を巻き戻す薬」が開発中! 知力や精神力を向上させ、よぼよぼマウスが若返った - 12月03日(木)17:00 

Credit:canva 全ての画像を見る老化による知的衰退は逆転可能なようです。 12月1日に『eLife』に掲載された論文によれば、細胞がストレスを感知する仕組みを遮断することで、老化現象を逆転して知性と精神の若返りに成功したとのこと。 また実験に使用した若返り薬は、被検体となった老マウスの記憶力や精神的柔軟性、空間認知能力、ニューロンの通電性といった加齢とともに低下する項目を回復させました。 さらに脊髄密度の増加や騒音性難聴の防止、外傷性脳損傷の修復、前立腺がんに対する治療効果まであったとしています。 しかし、ストレスを感知する仕組みを遮断するだけで、なぜ知性や精神まで若返るのでしょうか? 研究者たちの話によれば、鍵となるのは漫画やアニメでお馴染みの「リミッター解除」であるようです。 >参照元はこちら(英文) 目次 細胞の安全装置を解除する老化は可逆的な現象だったリミッター解除の副作用は特になし 細胞の安全装置を解除する Credit:ナゾロジー 老いは避けがたく、脳細胞は時と共に劣化して知力や精神力を減退させ、時計の針を巻き戻す以外に回復することはない…。 かつては誰もがそう思っていました。 しかし今回の研究で、その常識がくつがえります。 契機となったのは、2013年にカリフォルニア大学の研究者によって発見されたISRIB(統合的ストレス応答阻害因子)と呼...more
カテゴリー:

「はたらく細胞BLACK」椎名へきるほか出演決定 放送は「はたらく細胞!!」との連続1時間枠に - 11月29日(日)23:00 

テレビアニメ「はたらく細胞BLACK」の追加キャストが発表され、マクロファージ役で椎名へきる、肝細胞役でブリドカット セーラ 恵美、脳細胞(司令)役で平川大輔の出演が決定した。そのほか、主題歌ア...
カテゴリー:

自分が見ている色を他人に知られてしまう技術が開発される - 11月20日(金)19:00 

Credit:Current Biology 全ての画像を見る自分の視覚を盗撮される日が来るかもしれません。 11月16日に『Current Biology』に掲載された論文によると、脳活動を観測することで、他人の視界に映る色を正確に予測する技術が開発されたとのこと。 近年における急速な技術進歩は、究極のプライバシーである脳内の情報を次々に暴き出すことに成功しており、今回は遂に視界に映る「色」の読み取りにまで手が届いたようです。 しかし、いったいどうやったら他人の見ている色を言い当てられるのでしょうか? >参照元はこちら(英文) 目次 脳は色ごとに異なる反応パターンをみせる色の名称にあらわれる奇妙な偏り神経回路に対する事前プログラミング 脳は色ごとに異なる反応パターンをみせる Credit:Bevil Conway、Ph.D.、National Eye Institute これまで色にかかわる研究は、目の網膜に存在する色覚細胞の分析が中心でした。 色覚細胞には赤・緑・青を認識する3種類の細胞が存在しており、それぞれの細胞が受け取った信号を脳内に伝達します。 しかし、目から入った信号を脳がどのように処理するかは不明であり、ブラックボックスの中にありました。 そこでカリフォルニア工科大学の研究者たちは、脳の神経回路が発する磁場を感知する装置(脳磁図)を用いて、脳細胞の活性を...more
カテゴリー:

アルツハイマー病は予測できる、血液検査により「発症の4年前から判定可能」に! - 12月01日(火)17:02 

Credit:canva 全ての画像を見るアルツハイマー病は予測しそなえられる病気になりました。 11月30日に『Nature aging』に掲載された論文によれば、簡単な血液検査をするだけで将来アルツハイマー病になるかを4年前から判定する技術が開発されたとのこと。 アルツハイマー病は認知症全体の50%~70%を占める支配的な存在であるため、検査方法の簡易化は医療のありかたをかえるゲームチェンジャーになると期待されています。 いったいどうやったら、4年も前からアルツハイマーになるのかがわかるのでしょうか? >参照元はこちら(英文) 目次 血液成分とアルツハイマー病の関係を解き明かす血液成分は4年前から兆候を示していた軽い物忘れがアルツハイマー病になるのを食い止める 血液成分とアルツハイマー病の関係を解き明かす Credit:saiseikai アルツハイマー病は、脳の内部にアミロイドベータと呼ばれる毒性の高い異常なタンパク質が蓄積することが原因であることが知られています。 アミロイドベータの蓄積が進むと脳細胞を損傷して細胞死を引き起こし、記憶障害、不眠や徘徊、性格の変容がはじまります。 しかしアミロイドベータを検出する従来の方法は、脳しょう(脳脊髄液)を直接採取するため、手術リスクが高い高齢者にとって安易にできる方法ではありません。 一方、近年の研究により、アルツ...more
カテゴリー:

ジョブスもエジソンも発達障害だった。親はASD児をどう育てるべきか? - 11月23日(月)17:00 

発達障害者は、日本社会では活躍できない邪魔者・お荷物なのでしょうか?実は、私の息子は発達障害(ASD)の診断を受けています。そして現在、5歳まで育ててきた経験から、発達障害はこれからの日本では武器になり、特定分野で一流になれる素質をもった存在であると考えています。(『午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門』午堂登紀雄) ※有料メルマガ『午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門』好評配信中!興味を持たれた方は、ぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。 プロフィール:午堂登紀雄(ごどう ときお) 米国公認会計士(CPA)。1971年生まれ、岡山県出身。中央大学経済学部 国際経済学科卒。株式会社エディビジョン代表取締役。一般社団法人 事業創造支援機構代表理事。 私の息子は発達障害(ASD)の診断を受けている 先日、妻が2人の息子を連れて遊びに行ったとき、居合わせた見知らぬ男性の若者が「アイツ、ブツブツ言って、発達障害じゃねーの?」とわざと聞こえるように言い放ったそうです。ことの顛末は妻のブログに記載されています。 そうなんです、私の長男(5歳)は発達障害なのです。 発達障害にはASD(自閉症スペクトラム、かつてのアスペルガー症候群)、ADHD(注意欠陥・多動性障害)、LD(学習障害、ディスレクシアとも呼ばれる)の3分類があるのですが、長男は3歳の時にASDという診断を受けています。 そ...more
カテゴリー:

「脳細胞」の画像

もっと見る

「脳細胞」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる