「白内障」とは?

関連ニュース

【芸能】和田アキ子、100歳になっても現役「真っ赤なマニキュアしてブルース歌う」 - 10月11日(金)08:53  mnewsplus

歌手、和田アキ子(69)が、100歳まで目の健康と人生のビジョンを持ち続けようとシニア層にエールを送る啓発活動「VISION100」の広報大使に任命され、10日、東京・白金台の八芳園で行われた発表会見に出席した。 和田は黄斑変性症、白内障、昨年11月に手術した眼瞼(がんけん)下垂と目の病気を3度しており、 「目は他の器官に比べて関心が薄いように思える。目の健康を意識していただきたい。私は1日に4回目薬を差しています」と訴えた。 また、人生100年時代に向けた漢字一文字をリクエストされ「楽」と...
»続きを読む
カテゴリー:

まさはる君も7歳に! 松本君が教える「シニア犬と暮らすための3つの心得」 - 09月29日(日)11:31 

ワンちゃんの年齢、人間に換算すると何歳くらいか知っていますか? 犬種やサイズによって差異はありますが、最初の1年で17~18歳、その後は1年に4歳くらいずつ年をとるといわれています。ワンちゃんは、7歳頃からシニア期を迎えます。シニア犬には、どんなことを注意してあげればいいのでしょうか。専門家が役立つ生活情報を提供する生活情報番組「なないろ日和!」(毎週月~木午前9時26分~放送中)から、今回は「ポチたま」シリーズ(BSテレ東、テレビ東京)でもおなじみのグッドドッグライフプランナーの松本秀樹さんが登場。番組で、ラブラドールのまさお君、だいすけ君、まさはる君と旅をし、現在は7歳となりシニア期を迎えたまさはる君と暮らす松本さんに、「シニア犬と暮らすための3つの心得」を教えていただきました。【心得その1】「しつけ」ではなく「恩返し」犬の平均寿命は14.2歳。12歳を越えたら、これまでたくさんの思い出と笑顔をもらったことへの「恩返し」の時期だと心得るべし!「この子はここで完成だと思って、多少のミスは許す! 責任は全部自分で飲み込んで、のんびり寛容になること。すると、その子のまた違う面が見えたり、絆が深まったりしていく。老いていく姿が愛おしく感じる。我々犬バカは、老犬になればなるほどかわいいんです。僕は特にシニアのビーグルがかわいくて、きゅんきゅんしちゃいます」(松本秀樹さん、以下同)「僕も『...more
カテゴリー:

金鳳堂 × 白内障手術の権威・赤星隆幸医師 『白内障のひみつ』白内障治療の最先端 講演会のお知らせ - 10月01日(火)11:00 

画像 : https://newscast.jp/attachments/enJHLbZAM1iNyiJAABpl.JPG赤星隆幸 医師 三城ホールディングス傘下の創業明治20年、今年で132年の歴史を持つ眼鏡店・株式会社金鳳堂(東京都港区、代表取締役社長:恒吉裕司)は、世界的著名な白内障手術の権威・赤星隆幸医師によるアイケアセミナーを10月8日(火曜日)京橋エドグラン(東京都中央区)3階オフィスラウンジにて開催いたします。 視力の低下には様々...
カテゴリー:

「白内障」の画像

もっと見る

「白内障」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる