「ローンチ」とは?

関連ニュース

JetBrains、リモート開発機能と軽量IDE「Fleet」を発表 - 11月30日(火)14:12 

JetBrainsは、同社の統合開発環境(IDE)のフロントエンドとバックエンドを分離するIDEローンチャー「JetBrains Gateway」を発表した。
カテゴリー:

【重要ニュースまとめ(11/20~11/26)】ConsenSysがWeb3レポートを公開、スクエアはビットコイン上にDEXを開発。DeFi市場の被害総額が1兆円に到達 - 11月27日(土)18:00 

今回は、11/20~11/26の暗号資産・ブロックチェーン業界重要ニュースについて、田上 智裕 氏(@tomohiro_tagami)に解説していただきました。 目次 初心者向け主要ニュース【難易度:★☆☆】 1-1. NFTのアンケート調査を実施、購入者は全体の約1割強 1-2. 2021年のDeFi市場におけるハッキングや詐欺などの被害総額は1兆円超え 1-3. ConsenSysがWeb3レポートを公開 暗号資産・ブロックチェーン重要ニュース【難易度:★★☆】 2-1. Sqaureがビットコイン上でDEX開発へ 2-2. デジタル通貨フォーラムが日本円デジタル通貨のホワイトペーパーを公開 暗号資産・ブロックチェーン重要ニュース【難易度:★★★】 3-1. 米IRSが1年間で約4,000億円の暗号資産を押収 3-2. ConstitutionDAOが合衆国憲法のオークションに参加 まとめ、著者の考察 初心者向け主要ニュース【難易度:★☆☆】 NFTのアンケート調査を実施、購入者は全体の約1割強 Coincheck NFT(β版)を運営するコインチェックが、NFTに関する意識調査を行いました。2021年に日本でも急拡大を遂げたNFTが、どれだけ認知されているのかを測ることが目的です。 調査結果では、全体の6割がNFTを知っていると回答し、耳にしたことがあるという人は9割に及...more
カテゴリー:

企業向けボードゲームサブスク「るーでんすぱーてぃー」のプレサービス開始に向けて参加ゲームを募集中 - 11月26日(金)20:27 

企業向けボードゲームサブスク「るーでんすぱーてぃー」参加ゲームを募集 配信元 日本経営協会 配信日 2021/11/26 【12/15まで】企業向けボードゲームサブスク「るーでんすぱーてぃー」参加ゲームを大・大・大募集いたします!【第1回参加ゲーム集中募集キャンペーン】 今回採用されたゲームはローンチタイトルに追加! 一般社団法人日本経営協会(本部事務局:東京都渋谷区 会長:高原 豪久)は、企業向けボードゲームサブスク「るーでんすぱーてぃー」の「第1回参加ゲーム集中…
カテゴリー:

ライブ配信で表情や雰囲気を確認できる、英語圏在住のアジア人向け恋活・婚活マッチングアプリEME Hiveが約8億円調達 - 11月26日(金)16:20 

英語圏在住のアジア人向けマッチング・ライブ配信アプリ「EME Hive」(イーエムイー ハイブ。Android版・iOS版)を運営する米国EAST MEET EAST(EME)は11月25日、第三者割当増資による700万ドル(約8億円)の資金調達を発表した。引受先は、リード投資家のディー・エヌ・エー、朝日メディアラボベンチャーズ、モバイル・インターネットキャピタル。 調達した資金により、画期的かつコロナ禍でも安心して利用できるマッチング×ライブ配信のシステムを強化する。さらに、ヒスパニック系をはじめとする多人種コミュニティのシェア拡大を進める。 EME Hiveは、英語を主要言語としたアジア人を主な対象とする恋活・婚活マッチングサービスで、2013年12月にニューヨークでローンチした。ユーザー登録数は累計14万人以上という。コロナ禍で直接会うことができなかった時期でもリアルタイムにコミュニケーションが取れたことから、ユーザー数が急増したそうだ。 従来のマッチングアプリでは、「相手の写真だけを確認し、チャットのみでコミュニケーションを行いその後に直接会う」といった形式が多く、「実際に会ってみると写真と違っていた」「チャットだけでは雰囲気がわからない」などの問題が起こっている。 これに対してEME Hiveでは、写真・チャットだけではなく、ライブ配信によりお互いの表情や雰囲気を確認でき...more
カテゴリー:

#デュア・リパ がライフスタイルを提案 - 11月25日(木)19:35 

#デュア・リパ がライフスタイルを提案💡✨ グローバル規模でのスタイル、カルチャー、ソサイエティに関する情報を発信していくキュレーションサイト「SERVICE95」のローンチを発表!
カテゴリー:

「Qrates」がカセットテープに特化したクラウドファンディングサービスのローンチを発表。D2C販売と配送代行まで一元的にアーティストをサポート - 11月29日(月)10:00 

トウキョウ・デジタルミュージック・シンジケイツ株式会社(代表:Bae Yong-Bo,本社:渋谷区代々木、以下「TDMS」)が運営するアナログレコードの製造販売プラットフォーム「Qrates(クレイツ)」は、新たにカセットテープの製造販売をサポートするサービスをアーティストやレーベルに向けて提供することを発表し、ティザーサイトを公開した。
カテゴリー:

インスタの“対TikTok”新機能 - 11月27日(土)17:00 

SNSで繰り広げられる、ユーザー争奪戦。そんななか、大手の筆頭であるInstagram(インスタ)より「Collabs」なる新機能が公開された。これは、フィード投稿やリールを制作する際にコラボレーターとして他のユーザーを招待し、共同で制作できる機能。共同で制作された投稿は両者のフォロワーに共有され、いいねやコメントも統合されるシステムとのこと。ちなみにこの機能、じつは5月ごろに期間限定で、しかも日本でのみテストされていた機能だったりする(詳細はこちらをチェック)。成果が上がったのか、米国でのテスト配信へと踏み切ったようだ。さて、10月20日より「Product Week」を開始し、その初弾として公開されたこのCollabs機能。戦略として明らかなのは、これが“クリエイター向け”の機能であるということ。インスタは同プロジェクトの目的を「ユーザーがコンテンツのレベルを上げ、よりうまくファンと繋がるのを支援するため」だとしている。同時に「ユーザーが資金調達をするための機能」のローンチも発表。Twitterの「チップ機能」に倣ったこちらからは、クリエイターの敷居を下げ、クオリティを向上させる狙いが伺える。さらにはデスクトップブラウザから投稿できる機能や、動画に3Dで歌詞を表示する「Dynamic Lyrics」なる機能などの導入も発表。動画をめぐるTikTokとの競...more
カテゴリー:

エー ディグリー ファーレンハイトがD2Cでリスタ.. - 11月26日(金)17:03 

エー ディグリー ファーレンハイトがD2Cでリスタート! リュクスなダウンコートを低価格でローンチ。
カテゴリー:

SuborbitalがスケーラブルなサーバーアプリケーションWebAssemblyプラットフォームで1.8億円調達 - 11月26日(金)13:00 

スケーラブルなサーバーアプリケーションを作るためのオープンソースのWebAssemblyプロジェクト、Atmoを提供しているSuborbitalが、Amplify Partnersがリードする160万ドル(約1億8000万円)のシードラウンドを調達したことを発表した。このラウンドには、GitHubの前CTOであるJason Warner(ジェイソン・ワーナー)氏やAtlassianのCTOであるSri Viswanath(スリ・ヴィスワナート)氏、FastlyのCTOであるTyler McMullen(タイラー・マクマレン)氏、Goliothの創業者Jonathan Beri(ジョナサン・ベリ)氏、RapidAPIのエンジニアリング副社長Vijay Gill(ビジェイ・ギル)氏、およびCommsorの創業者であるMac Reddin(マック・レディン)氏ら、多くのエンジェル投資家が参加した。 同社はまた、Suborbital Computeの公開ベータのローンチを発表した。一見するとこれは、ややおかしなプロダクトと思えるかもしれない。SaaSのサービスがベーシックなドラッグ&ドロップによる統合を超えて、自分のプロダクトに拡張性を持たせようとすると、そういう拡張をデベロッパーがプロダクトの中に書けるためのツールが必要だ。しかしそれらのユーザーファンクションは大量のセキュリティ問題を抱...more
カテゴリー:

【出展決定】特許取得済み “NFT型” 「鑑定証明システム(R)」発明企業である「cryptomall ou」が、「第30回 2021 特許・情報フェア&コンファレンス」へ出展! - 11月25日(木)16:00 

デジタル財・アナログ財それぞれを扱う企業にとり消費者のためのDX(デジタルトランスフォーメーション)化として物品の真贋を証明する「鑑定証明システム(R)」の導入は、不可欠な要素となり得ます。「ニセモノ・パクリ商品」対策を実施することは、それらにより売上を搾取している犯罪組織を撲滅することへも直接つながっております。こうした社会貢献企業として弊社は邁進して参ります。→ https://cas.jp.crypto-mall.org1. 弊社概要 「cryptomall ou(クリプトモール オーユー)」(本社:エストニア共和国タリン、代表取締役:jevgenia kratsko、取締役:把瑠都 凱斗)は、世界最大規模の商品数を誇る“NFT 型”暗号資産(仮想通貨)決済専用マーケットプレイス「cryptomall(以下、クリプトモール)」を運営(※1)。 弊社は、ブロックチェーン技術(NFT:非代替性トークン)を活用した特許取得済み「鑑定証明システム(R)」(US・EPO世界特許「2020-103179」および 日本特許「第6894033号」)を発明し、本物の商品しか「販売されない」・「販売できない」マーケットプレイスを構築。これにより、既存大手と明確な差別化を図っています(https://cas.jp.crypto-mall.org)。 なお、年内を目途に既存の「アナログNFT(R)」...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる