「市場調査会社」とは?

関連ニュース

5000万人が身分証明登録、都市の10%がデジタル通貨使用 〜中国のブロックチェーン10大予測=IDC中国 - 02月19日(水)06:00 

市場調査会社のIDCは2月17日、中国のブロックチェーン市場における今後5年間の10大予測を発表した。中国では2019年に習近平国家主席がブロックチェーン強国を目指す方針を宣言。中国人民銀行がデジタル通貨開発にも乗り出し、関連産業が進展すると期待されている。IDCは、決済や司法手続きなど広い分野で、ブロックチェーンが普及すると予測している。
カテゴリー:

【マインドコマース調査報告】ブロックチェーン技術市場:サービスタイプ毎、用途毎、ソリューション毎、産業垂直市場毎 2020-2025年 - 02月17日(月)14:00 

【調査レポートのサマリー】2020年2月17日 販売取扱開始米国調査会社マインドコマース(Mind Commerce)の調査レポート「ブロックチェーン技術市場:サービスタイプ毎、用途毎、ソリューション毎、産業垂直市場毎 2020-2025年」は、新しいブロックチェーンのエコシステムの技術、主要企業、ソリューションについて査定している。ブロックチェーンの現状と予測される利用ケースや、2020-2025年の世界と地域毎の採用タイプ毎と産業毎の市場を評価している。主要企業、ソリューション、利用ケースについて記載している。IoT(モノのインターネット)や人工知能などの技術へのブロックチェーンの統合を予測している。2020-2025年の利用ケース、用途、産業などを詳細に予測している。金融分野とそれ以外の市場について記載している。This report evaluates the technology, leading companies, and solutions in the evolving blockchain ecosystem. The report evaluates current and anticipated use cases for blockchain and assesses the market potential globally, regionally, a...more
カテゴリー:

中東・アフリカでのブロックチェーン関連政府支出、2023年に115億円超え=IDC予測【ニュース】 - 02月16日(日)10:00 

米市場調査会社IDCは2月14日、中東およびアフリカ(MEA)政府における情報通信技術(ICT)関連支出に関するレポートを発表した。ブロックチェーンソリューションに対する政府支出額が、2023年までに1億500万ドル(約115億円)を超えること(2019年支出額は2100万ドル/約23億円)、また2023年までの年間平均成長率(CAGR)は49.2%で、驚異的に成長すると予測した。
カテゴリー:

ビットコインにもポイント投資ができる!仮想通貨取引所のお得なサービスを徹底解説 - 02月13日(木)18:13 

仮想通貨投資を始めるとなると、仮想通貨取引所で口座開設して日本円を入金し、目的の銘柄を購入するという流れをイメージするでしょう。 しかし、国内大手の仮想通貨取引所bitFlyerは、提携先のショッピングサイトや旅行予約サイトでサービスを利用したり、商品を購入することで、ポイントバックと同様にビットコインを獲得できる「ビットコインをもらう」というサービスを提供しています。 ここでは、bitFlyerの「ビットコインをもらう」をはじめとする、ビットコインを取得できる様々なサービスについて詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。 目次 bitFlyerでビットコインをもらう、各種ポイントと交換する 1-1. 好みの広告をクリックして「ビットコインをもらう」 1-2. Tポイントをビットコインに交換!bitFlyerの「Tポイントプログラム」 1-3. ちょびリッチのちょびポイントをビットコインに交換 仮想通貨取引所Coincheckでビットコインを無料で獲得する方法 2-1. ビットコインが貯まる・使える「Coincheckでんき」 2-2. マクロミルポイントをCoincheckで仮想通貨に交換 2-3. 仮想通貨レンディングができる「貸仮想通貨サービス」 まとめ ①bitFlyerでビットコインをもらう、各種ポイントと交換する bitFlyerでは広告をクリックした...more
カテゴリー:

世界のミリ波レーダー用IC市場、2025年までに13億米ドル規模に到達見込み(Lucintel発行レポートより) - 02月13日(木)14:30 

2020年02月13日株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ミリ波レーダー用IC市場:動向・予測・競合分析」 (Lucintel発行) の販売を2月13日より開始いたしました。当レポートによると、世界のミリ波レーダーIC市場の展望は明るく、自動車、通信、セキュリティ、イメージング、およびヘルスケア業界での機会が見込まれています。2020年から2025年にかけて16.9%のCAGRが見込まれ、2025年までに13億米ドルに達すると予測されています。同市場の主な成長要因は、OEMによる先進運転支援システム(ADAS)テクノロジー採用の増加と、スモールセルバックホールネットワークにおけるミリ波使用の増加です。ミリ波レーダーIC市場では、24 GHzや77 GHzなど2つのタイプが主に使用されています。77 GHzタイプのミリ波レーダー用ICは、帯域幅が広く、レンジ分解能と精度が向上するため、予測期間中に最高の成長が見込まれています。信号帯域幅が拡大しているため、多様なオブジェクトを区別する能力があり、高解像度も提供しています。世界のミリ波レーダー用ICは、自動車、通信、セキュリティとイメージング、ヘルスケアなどのさまざまな最終用途産業で使用されています。予測期間中、自動車は引き続き最大の最終用途産業です。高速無線ブロードバンド通信におけるミリ波レーダーICの使用が増加...more
カテゴリー:

【無料セミナー】「世界における腹腔鏡手術用ロボット市場の展望」2020年3月13日(金)開催-お申込み受付中 - 02月18日(火)12:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、「腹腔鏡手術用ロボット」に関する無料セミナーを市場調査会社DRG (Decision Resources Group)社(本社米国)と共催いたします。※当セミナーは、講師がDRG社のインドオフィスで行う講演を東京のセミナー会場にライブ中継でお届けいたします。【セミナー概要】世界における腹腔鏡手術用ロボット市場は、ロボットを用いた手技数の増加や低侵襲手術の需要増加、手術用ロボット技術の受け入れ、新たな革新的ロボットシステムの上市およびロボット下手術の有用性を示す臨床エビデンスの増加により、2027年まで顕著に成長するとみられます。本講演では、米国、欧州、アジア地域における腹腔鏡手術用ロボット市場の今後10年間のトレンドについて言及します。【アジェンダ】※ 下記の予定は現時点のものです。 内容が変更される場合がございます。2020年3月13日(金)14:30 ~ 15:00 開場・受付開始15:00 ~ 15:10 株式会社グローバルインフォメーション 会社案内15:10 ~ 15:20 DRG社 会社案内15:20 ~ 16:00 「世界における腹腔鏡手術用ロボット市場の展望」講演者 Raghav Tangri氏 DRG シニアアナリスト16:00 ~ 16:15 質疑応答16:15 ~ 16:20 閉会の挨拶開催日:2020年3月13日(金)...more
カテゴリー:

【マインドコマース調査報告】車両運行管理(フリートトラッキング)市場:モード毎(航空、陸上交通、鉄道、水運)、フリート毎(サービス、運輸、タクシー、特殊)、産業毎、地域毎 - 02月17日(月)14:00 

【調査レポートのサマリー】2020年2月17日 販売取扱開始米国調査会社マインドコマース(Mind Commerce)の調査レポート「車両運行管理(フリートトラッキング)市場:モード毎(航空、陸上交通、鉄道、水運)、フリートタイプ毎(サービス、交通運輸、タクシー、特殊用途)、タイプ毎(自動車、コンテナ、鉄道、飛行機、船舶、トラック)、産業垂直市場毎、地域毎 2020-2025年」は、フリートトラッキングの主要企業の技術、ソリューション、エコシステムと主要企業について評価している。様々な利用ケースの影響を考察し、資産技術やソリューション選択について記載している。世界と地域毎のフリートトラッキング市場を概観している。2020-2025年のモード毎(航空、陸上交通、鉄道、水運)、フリートタイプ毎(サービス、交通運輸、タクシー、特殊用途)、タイプ毎(自動車、コンテナ、鉄道、飛行機、船舶、トラック)、産業垂直市場毎、地域毎の数値データと予測を提供している。This fleet tracking market report evaluates fleet tracking technologies, solutions, and ecosystem including major players. The report assesses the impacts of various use c...more
カテゴリー:

【悲報】PS5さん、ガチで税込5万円超えになってしまう…… - 02月15日(土)01:57  livejupiter

内部情報筋によると,PlayStation 5の製造原価は1台あたり約450ドル(※約4万8500円)になるという。  Bloombergとの話で(参考URL),この問題を知っているソニーの人々は,ハイエンドのコンポーネントのコスト,とくに熱放散のコストが生産コストを押し上げたと語ったという。  通常,家庭用ゲーム機の製造は,低利益ないし損失につながる行為である。PS4は2013年に399ドルの価格帯で発売され,市場調査会社IHS Markitは,製造コストは1台あたり約381ドルであると推定している(参考URL)。  PS2で記録的な成功を収めた後,...
»続きを読む
カテゴリー:

コロナウイルスは継続的な脅威と考える人が多数、抑え込めると考える人は5人に1人 - 02月13日(木)18:00 

2020年2月12日―イプソスが世界8か国で実施した世論調査によると、ウイルス抑制のための渡航禁止や検疫などの措置に強い支持が示されています。今回調査対象となった8か国の過半数の人々は、コロナウイルスが世界に与える脅威は「大きい」または「非常に大きい」と回答しており、さらに、3人に1人は「中程度の脅威」を世界に与えると回答しています。日本(66%)、オーストラリア(61%)、アメリカ(55%)では半数以上が世界的な流行の脅威を懸念しています。カナダ(42%)、ロシア(42%)、英国(43%)、ドイツ(47%)では、脅威が「大きい」「非常に大きい」の割合がやや低くなっています。これは、イプソスがオーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、日本、ロシア、イギリス、アメリカの16歳(または18歳)~74歳の8,001人を対象に、2月7日~9日に実施したオンライン調査の結果の一部です。平均では「コロナウイルスの流行が食い止められていて、すぐに終息する」ことに同意しているのはわずか19%で、その倍以上の46%は同意していません。イギリス(55%)、カナダ(51%)、オーストラリア(50%)、日本(49%)では「流行が食い止められている」ことに同意しない傾向が高く出ていました。ロシアの調査対象者の3人に1人は、コロナウイルスの流行は食い止められていると考えています。また、8か国の対象者全体の86...more
カテゴリー:

【マインドコマース調査報告】3D印刷市場:プリンタタイプ毎、ソフトウェア毎、サービス毎、材料毎、用途毎、産業垂直市場毎、地域毎 2020-2025年 - 02月12日(水)11:00 

【調査レポートのサマリー】2020年2月10日 販売取扱開始米国調査会社マインドコマース(Mind Commerce)の調査レポート「3D印刷市場:プリンタタイプ毎、ソフトウェア毎、サービス毎、材料毎、用途毎、産業垂直市場毎、地域毎 2020-2025年」は、3D印刷市場のハードウェアメーカー、サービスプロバイダ、アプリケーションプロバイダ、ソフトウェアプロバイダ、原材料プロバイダ、コミュニティなどの様々な局面からの分析を提供している。世界や地域毎の産業垂直市場の知的財産権(IP)、様々な技術と戦略、原材料供給、その他の主要な市場要因について査定し、2020-2025年の市場を予測している。This report provides multi-dimensional analysis of the 3D Printing market including hardware manufacturers, service providers, application providers, software providers, raw material providers, and communities. The report also assesses the market impact of intellectual property, different technologie...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「市場調査会社」の画像

もっと見る

「市場調査会社」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる