「比較可能」とは?

関連ニュース

2019年 スーパー売上高、4年連続減少 - 01月24日(金)03:32 

 全国の主なスーパーの去年1年間の売り上げは消費税の増税の影響もあって、前の年より1.8%減って、4年連続の減少となりました。  日本チェーンストア協会によりますと、全国の主なスーパー1万550店舗の去年1年間の売り上げは、およそ12兆4324億円でした。このうち、比較可能な店どうしの売り上げを比べると、前の年を1.8%下回り、4年連続の減少となりました。  「消費増税の負の影響は、結構強いものがあるなと。消費を冷え込ませているというのは強く出ているし、懸念として申し上げると、これも長引く恐れはあるなと」(日本チェーンストア協会 井上淳専務理事)  日本チェーンストア協会は、売り上げ減少の要因について、消費税増税による節約志向の高まりや夏場の天候不順、さらに暖冬の影響などで食料品や衣料品の販売が振るわなかったためだとしています。(23日19:16)
カテゴリー:

【経済】主なスーパー売り上げ4年連続減 天候不順や消費税率アップで - 01月23日(木)17:08  newsplus

全国の主なスーパーの去年1年間の売り上げは、前の年を1.8%下回り、4年連続の減少となりました。天候不順や消費税率の引き上げなどが影響しました。 日本チェーンストア協会によりますと、全国の主なスーパー1万550店舗の去年1年間の売り上げは、12兆4324億円余りでした。 このうち、比較可能な店どうしの売り上げを比べると、前の年を1.8%下回り、4年連続の減少となりました。 これは、夏場の天候不順や暖冬の影響で、食料品や衣料品の販売が振るわなかったほか、消費税率が引き上げられた酒類や化粧品だけ...
»続きを読む
カテゴリー:

コンビニ店舗数、初の減少 労働環境悪化などで出店抑制 - 01月21日(火)10:54 

 日本フランチャイズチェーン協会がまとめた2019年12月末時点の全国のコンビニエンスストアは、速報値で5万5620店となり、前年を0・2%(123店)下回った。協会によると、比較可能な05年以降で年…
カテゴリー:

コンビニ店舗数、初の減少 19年、増税還元策で売上高は最高更新 - 01月21日(火)05:00 

日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した2019年の主要コンビニの全店売上高は、前年比1.7%増の11兆1608億円となり、比較可能な05年以降14年連続…
カテゴリー:

昨年11月の機械受注、18・0%増 平成17年4月以降で最も高い伸び - 01月16日(木)10:32 

 内閣府が16日発表した昨年11月の機械受注統計(季節調整値)は、民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」の受注額が前月比18・0%増の9427億円で、統計上比較可能な平成17年4月以降では最も高い伸びとなった。5カ月ぶりにプラスに転じた。ただ、基調判断については、前月の「足踏みがみられる」に据え置いた。
カテゴリー:

スーパー売り上げ、4年連続減 原因はもちろん天候不順 - 01月23日(木)17:12  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/torimasu1.gif 全国の主なスーパーの去年1年間の売り上げは、前の年を1.8%下回り、4年連続の減少となりました。天候不順や消費税率の引き上げなどが 影響しました。 日本チェーンストア協会によりますと、全国の主なスーパー1万550店舗の去年1年間の売り上げは、12兆4324億円余りでした。 このうち、比較可能な店どうしの売り上げを比べると、前の年を1.8%下回り、4年連続の減少となりました。 これは、夏場の天候不順や暖冬の影響で、食料品や衣料品の販売が振るわなかったほか、消費税率が引...
»続きを読む
カテゴリー:

ウェルスナビの手数料はいくら?他ロボアドバイザーと手数料を比較 - 01月21日(火)11:13 

ロボアドバイザーの中にはアドバイス型のような手数料無料のサービスもありますが、投資一任型のサービスである『WealthNavi(ウェルスナビ)』には運用手数料が発生します。利用手数料は、投資期間が長期に及ぶほど負担に感じることもあるため、サービスを検討する際は「コストはいくらなのか」「割引キャンペーンはないのか」といった情報の確認が大切になります。 この記事では、ロボアドバイザーの概要からウェルスナビの特徴および手数料、他の投資サービスとの手数料比較をご紹介します。投資の知識はないけど始めてみたい方や、手数料の安い投資サービスを知りたいという方は参考にしてみてください。 目次 ロボアドバイザーとは ウェルスナビとは 2-1.リスク許容度に応じたポートフォリオの構築 2-2.世界約50カ国、約1万1,000銘柄へ分散投資 2-3.自動積立あり、月1万円から設定可能 2-4.自動リバランス 2-5.自動税金最適化(DeTAX) 2-6.スマホで手軽に簡単操作 ウェルスナビの手数料を詳細解説 3-1.ウェルスナビの手数料は、預かり資産の1% 3-2.その他費用 ウェルスナビの手数料は安い?高い?他社との手数料比較 4-1.THEOの手数料 4-2.楽ラップの手数料 4-3.3社の手数料を比較した結果 まとめ 1 ロボアドバイザーとは ロボアドバイザーとは、AIを利用して投資のアドバイ...more
カテゴリー:

【経済】コンビニ店舗数、初の減少…大手は新規出店抑制に - 01月21日(火)09:27  newsplus

日本フランチャイズチェーン協会は20日、2019年12月末の全国のコンビニエンスストア店舗数が速報値で5万5620店だったと発表した。前年末の5万5743店に比べ、123店(0・2%)減少した。比較可能な05年以降、年末の店舗数が減少に転じるのは初めてだ。  店舗数が減少したのは、加盟店1店あたりの売り上げが伸び悩むようになり、大手各社が新規出店を抑制する方向にかじを切ったためだ。出店を増やして売り上げを伸ばすビジネスモデルは転換期を迎えている。  協会は、セブン―イレブン・ジャパンや...
»続きを読む
カテゴリー:

昨年11月の機械受注、18・0%増  平成17年4月以降で最も高い伸び - 01月16日(木)10:37 

 内閣府が16日発表した昨年11月の機械受注統計(季節調整値)は、民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」の受注額が前月比18・0%増の9427億円で、統計上比較可能な平成17年4月以降では最も高い伸びとなった。5カ月ぶりにプラスに転じた。ただ、基調判断については、前月の「足踏みがみられる」に据え置いた。
カテゴリー:

【今週の予定】<11~17日>米中貿易協議の「第1段階」合意に署名/中国GDPほか - 01月13日(月)06:00 

 米中貿易協議の「第1段階」合意の署名式が15日に米ワシントンのホワイトハウスで開かれる。トランプ米大統領は、第1段階の合意が「非常に大規模で包括的」と評価。そのうえで「後日、私が北京に行き、そこで第2段階の協議を開始する」とも述べている。第1段階合意について、米国内では、中国の構造改革が不十分に終わる恐れがあるとの指摘があり、懸念を払拭したい思惑があるとみられる。17日には、中国の2019年10~12月期の国内総生産(GDP)が発表される。7~9月期は米中貿易摩擦の影響などで実質GDP成長率は比較可能な1992年以降の過去最低を更新したが、10~12月期は政策の下支えなどで小幅の持ち直しも予想されている。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「比較可能」の画像

もっと見る

「比較可能」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる