「データベース」とは?

関連ニュース

「夫が社長」妻のつぶやき川柳に「女性社長のココトモひろば賞」を設置 - 12月02日(金)16:00 

女性社長.netを企画運営する株式会社コラボラボ(本社:東京都千代田区、代表取締役:横田響子)は、運営する女性社長のココトモひろば(以下、ココトモひろば)にて、エヌエヌ生命保険株式会社(代表取締役社長:マリウス・ポペスク、本社:東京都渋谷区、以下「エヌエヌ生命」)が運営する「経営者の妻のための情報サイト つぐのわ」主催「夫が社長」妻のつぶやき川柳に「女性社長のココトモひろば賞」を設置いたしました。2022年12月2日(金)より2023年2月28日(火)の期間募集します。ココトモひろばは、夫やご家族の逝去により、突然、事業を継ぐことになった女性経営者のためのコミュニティサイトで、2020年1月開始以降130名以上の女性経営者が登録・利用しております。ココトモひろばを運営する中で、夫から事業を承継した妻の方々は立場上、同じ境遇や立場の人と知り合い、話し、悩みを打ち明ける機会が少ないという実情が改めて浮き彫りになりました。夫から事業を承継した妻の方を応援する、またこれから夫から事業を承継するかもしれない妻の方へ心構えを高めることを目的に、このたび、「夫の事業を承継した」妻のつぶやき川柳「女性社長のココトモひろば賞」を募集することにしました。夫から事業を承継した先輩経営者として、ココトモひろばにて女性経営者に寄り添うアドバイザーとしてご活躍いただいている有限会社 古田商会 代表取締役 古田...more
カテゴリー:

トリプルアイズ、不動産テックのGATESグループと資本業務提携 ――ビッグデータと需要予測AIで不動産価値の向上を目指す - 12月02日(金)12:00 

2022年12月2日(金)、株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:山田 雄一郎、東京証券取引所グロース市場《証券コード:5026》、以下トリプルアイズ)は、GATES GROUP株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:関野雄志氏、以下GATES GROUP)及びその子会社であるGATES株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:関野雄志氏、以下GATES)(以下、2社を総称する場合はGATESグループ)と、三社間で資本業務提携を結びましたのでお知らせいたします。GATESは、「Lifetime Relationship」をビジョンに掲げる不動産テック企業です。コア事業である不動産投資のワンストップ事業を主軸に、結婚や投資、相続、事業承継などライフステージごとに変化していく顧客の多様なニーズに一貫して対応するトータルライフサービスを提供しています。52万件の謄本ビッグデータを活用した直接仕入れと、Fintech(クラウドファンディング)を活用した直接販売を強みとしており、競争優位のビジネスモデルを確立しています。今回のトリプルアイズとGATESグループとの資本業務提携に伴い、トリプルアイズはGATES GROUPの株式を取得し、またGATESと協業を行います。具体的な協業の内容として、GATESの保有するビッグデータをもとに、不動産売却領域からスタートし、仕入れ・購...more
カテゴリー:

「複数の企業が関与する不正の評価モデル」に関する特許の共同取得について - 12月02日(金)10:30 

株式会社東京商工リサーチ(以下「TSR」)、有限責任 あずさ監査法人(以下「あずさ監査法人」)、国立大学法人一橋大学(以下「一橋大学」)は、機械学習を用いた複数企業が関与する不正のリスク評価モデルを開発し、共同で特許を取得しました。   ----------------------------------------------------------------------------------------- 発明の名称:情報処理装置、情報処理方法及びプログラム 特許番号:第7146218号 特許登録日:令和4年9月26日 特許権者:株式会社東京商工リサーチ / 有限責任あずさ監査法人 / 国立大学法人一橋大学 -----------------------------------------------------------------------------------------   本モデルは、計量経済学分野の高度な学術的知見を有する一橋大学、国内最大級の企業情報を有するTSR、会計不正検知に関する豊富な知見を有するあずさ監査法人が、それぞれの知見・ノウハウを結集した研究成果として、企業間取引における不正リスクを評価する目的で開発され、2022年9月に特許を取得しました。 取引関係を有する企業の集団(クラスター)レベルでの不正を検知することで、商取...more
カテゴリー:

クラウドコンピューティングプラットフォームの市場規模、2027年に1兆2409億米ドル到達予想 - 12月01日(木)10:00 

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「クラウドコンピューティングプラットフォームの世界市場:サービスモデル別 (IaaS、PaaS、SaaS)・展開方式別・組織規模別・業種別 (BFSI、小売業・消費財、通信、IT・ITeS、製造業)・地域別の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を11月30日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/mama1151633-cloud-computing-platform-market-by-service-model.htmlクラウドコンピューティングプラットフォームの市場規模は、2022年の5458億米ドルからCAGR17.9%で成長し、2027年には1兆2409億米ドルに達すると予想されています。クラウドコンピューティングは、コンピューティング、ストレージ、アプリケーション、データベース、ネットワークなどのリソースを含む仮想環境を、従量課金制のサービスモデルを通じてオンデマンドで提供するもので、これにより企業はワークロードを管理できるようになります。市場は、コンポーネント、展開タイプ、マーケティング機能、組織規模、業種、地域別に分類されてい...more
カテゴリー:

次世代型(ALL電子)の電子請求書発行&受取システム「DX請求 by SALESGRAM」 パートナープログラム(紹介代理店)募集開始のお知らせ - 12月01日(木)10:00 

株式会社コマースロボティクス(本社:東京都港区、代表取締役:伊藤彰弘 以下「当社」)は、業界初となる発行&受取一体型電子請求書システム「DX請求 by SALESGRAM」におけるパートナープログラム(紹介代理店)の募集を2022年12月1日から開始することをお知らせします。DX請求 by SALESGRAMサービスサイト: https://www.salesgram.jp/■「DX請求 by SALESGRAM」とはSNSと電子メール技術を応用した請求書の発行&受取の両方を行えるまったく新しいALL電子の仕組みです(システム特許申請済)。発行、受取が1つのシステムで可能なため、他システムと比較して低価格なことが特徴です。さらにすべての作業をクラウド上で行っているため在宅経理の実現が可能です。請求書(PDF)と電子データ(CSV)の両方を専用メーラーで送受信でき、さらに請求書(PDF)をAWSクラウド上のデータベース保存(10年間)が可能となっています。改正電子帳簿保存法&インボイス制度にも、もちろん対応しています。さらに送信・受信プロセスにワークフローを組み込みました。■「DX請求 by SALESGRAM」のパートナープログラムとは代理店として「DX請求 by SALESGRAM」のお客様を紹介していただくパートナー様向けのプログラムです。新規のお客様を紹介していただくことが役...more
カテゴリー:

薬局で月1500件の手続きミスの撲滅も! ビジネスにこそ必須なマイナンバーカードの活用事例 - 12月02日(金)12:00 

マイナンバーカード(個人番号カード)を発行したものの「実際にどんなときに利用できるのか、よく知らない」という人はいるのではないでしょうか? マイナンバーカードはすでにさまざまなビジネス現場で活用されています。 そこで今回は、一般社団法人官民共創未来コンソーシアムの官民共創データ利活用エバンジェリストである川崎浩充氏に、マイナンバーカードの活用事例やマイナンバーカードの今後についてご寄稿いただきました。 変化はもう始まっている 多くの人と「苦手だ」「面倒だ」と共感して盛り上がれる話題とは何でしょうか? 私は、書類作成・書類対応じゃないかなと思います。 もし「できることなら全部誰かにやってほしい発狂ものの作業ランキング」なんてものが昔からあったのなら、100年くらい首位を独占してきたんじゃないかと思うのですが、みなさん、いかがですか? 今日は、誰もが幾度となく直面するこの問題を、日本政府が力を入れて解消しようとしていることや、マイナンバーカードの普及がその鍵となっていることを、具体的なストーリーと共にお伝えします。 タイトルにもある通り、マイナンバーカードに関する話は、ビジネスの場にこそ必要な情報です。もっと言えば、忙しい社会人や、大切な人との時間も大事にしたいすべての人にこそ、役に立ちます。 変化はもう、あちこちで始まっています。国内最大手のドラッグストアで、月に1500件もの手続き...more
カテゴリー:

「世界のin vitro毒性試験市場2022年-2032年:方法別(細胞アッセイ-生細胞)、技術別、エンドユーザー別、用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました - 12月02日(金)11:30 

2022年12月2日株式会社マーケットリサーチセンタ-株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界のin vitro毒性試験市場2022年-2032年:方法別(細胞アッセイ-生細胞、固定細胞生化学アッセイ、In-Silico、Ex-vivo)、技術別(細胞培養技術、ハイスループット技術、分子イメージング技術、オミックス技術)エンドユーザー別、用途別」調査資料の販売を2022年12月2日に開始いたしました。in vitro毒性試験市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト■レポ-トのタイトル:世界のin vitro毒性試験市場2022年-2032年:方法別(細胞アッセイ-生細胞、固定細胞生化学アッセイ、In-Silico、Ex-vivo)、技術別(細胞培養技術、ハイスループット技術、分子イメージング技術、オミックス技術)エンドユーザー別、用途別■英文タイトル:In-vitro Toxicology Testing Market by Method (Cellular Assay- Live Cells, Fixed Cells Biochemical Assay, In-Silico, and Ex-vivo), by Technology (Cell Culture Tec...more
カテゴリー:

「無人交通管理(UTM)市場レポート 2023-2033」の取り扱い開始 - 12月02日(金)09:00 

レポート販売取扱開始株式会社データリソース(東京都港区)はヴィジョンゲイン社(Visiongain)が出版した下記英文調査レポートの取扱を2022年11月25日に開始いたしました。タイトル無人交通管理(UTM)市場レポート 2023-2033Unmanned Traffic Management (UTM) Market Report 2023-2033レポート概要この調査レポートは世界の無人交通管理(UTM)市場を調査し、タイプ別、コンポーネント別、ソリューション別、サービス別、エンドユーザー別、地域別に2023年から2033年までの予測結果を掲載しています。また関連企業情報を提供しています。配達用ドローンが自律的に飛行するためには、視認可能な範囲を超えて飛行する技術が必要です。ドローンは、GPSシステムを使って顧客のいる場所に荷物を届けることができるようになります。しかし、そこには潜在的な障害があるかもしれません。対象物が鳥であれ、木であれ、他のドローンであれ、空中や地上での事故を防ぐためには、自動感知・回避システムが必要です。近い将来、空は無人交通管理システム(UTM)によって管理されるようになると思われます。搭載されたセンサーとカメラで近くの物体の接近と速度を検知し、ドローンが障害物を回避するための対応行動をとることができるようになります。掲載内容- 世界、地域、国別の売上...more
カテゴリー:

セキュリティストリングスがデータセンターサーバー用の ランサムウェア対策製品を発売 - 12月01日(木)10:00 

2022年12月1日 セキュリティストリングス株式会社 報道関係 各位   セキュリティストリングスがデータセンターサーバー用の ランサムウェア対策製品を発売 ~デスクトップ用「NeuShield Data Sentinel」の国内販売価格も見直し~   2022年12月1日 東京 - 新しい発想とアプローチを採用したランサムウェアソリューションである「NeuShield Data Sentinel」の日本総代理店であるセキュリティストリングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:辻根 佳明、以下「セキュリティストリングス」)は本日、データセンター等の大容量サーバー向けのランサムウェアソリューションである「NeuShield Data Sentinel per node Datacenter」の国内販売を開始すると発表しました。 セキュリティストリングスでは、同時にデスクトップ用「NeuShield Data Sentinel」の国内販売価格の見直しを行うことも発表しました。米NeuShield社の価格改定と、昨今の円安に対応した価格設定となります。   ランサムウェアの被害は拡大しており、最近ではデスクトップパソコンだけではなく、サーバー上のファイルが暗号化されてしまうケースが増えています。サーバー上のファイルが失われると、デスクト...more
カテゴリー:

記者日記 備えあれば憂いなし - 12月01日(木)09:41 

先日、住宅メーカーから上峰町に放課後児童クラブの施設が寄贈された。トラックなどで輸送して移築できる「モバイル建築」と呼ばれる施設で、大規模災害時には移設して避難所などに活用できるという。 取材する前にモバイル建築の単語を本紙の過去記事のデータベースで検索してみたが、一度も使用されたことはなかった。別の表現ができないかと思って「移動 住宅」「移築 施設」などにしてみても、同様の施設を報じた記事はあまり出てこなかった。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる