「上昇率」とは?

関連ニュース

仮想通貨の積立はコインチェックがおすすめ!資産形成のための積立手法を徹底解説! - 07月13日(月)11:00 

証券会社を経て、仮想通貨取引所でトレーディング業務に従事した後、現在は独立して仮想通貨取引プラットフォームのアドバイザリーや、コンテンツ提供事業を運営する中島翔氏のコラムを公開します。 目次 Coincheckの積立サービスとは? 積立投資の基本「ドルコスト平均法」 ドルコスト平均法がFXで利用されることが多い理由 ビットコインとFXでドルコスト平均法による積立の大きな違いとは? Coincheckで「つみたてサービス」を利用する場合の購入方法は? 現在の仮想通貨は全体の時価総額で20兆円以上となっており、伝統的なアセットクラスと比較すると流動性はまだ低いものの、マーケットとして着実に拡大してきています。 投機に近い取引活動がここ数年主流となっていましたが、最近では中長期的に保有する投資活動が機関投資家を中心に見受けられるようになっています。 FXや日本株や投資信託をされている方の中には「一部は仮想通貨で運用したいけど、毎日市況を追う時間は取れない」という方もいます。あるいは、ビットコインの買い時がよく分からない、トレードに自信がない、取引に必要な時間が取れないといった人にとってCoincheckの積立サービスは便利です。ここでは、Coincheckの積立サービスの使い方や注意点について解説したいと思います。 ①Coincheckの積立サービスとは? Coincheckがリリ...more
カテゴリー:

【高論卓説】日銀ETF買い、出口戦略練るとき - 07月10日(金)05:00 

 日本銀行が株価指数連動型上場投資信託(ETF)を買い始めてから今年末で丸10年になる。買い入れ枠は当初の年4500億円から、「当面」の条件付きながら年12兆円に膨らんだ。“コロナ・ショック”で相場が急落した直後の3月に1兆5200億円余り、4月に1兆2000億円余りを買った。日経平均株価は3月につけた安値1万6552円から、6月には2万3178円まで戻した。この間の上昇率は40%。新型コロナウイルス禍の下で株価が大幅に戻ったのには違和感が募った。しかし、日銀のETF大量買いが相場を下支え、二番底の形成を回避したとみれば得心がいく。
カテゴリー:

【時事通信】中国企業、香港重複上場を加速 米締め出しの動きが後押し - 07月05日(日)07:19  newsplus

7/5(日) 7:09 時事通信    【北京時事】香港国家安全維持法の施行に米国が態度を硬化させる中、米市場に上場する中国企業が香港市場に重複上場する動きが加速している。  米市場からの締め出しを狙うトランプ政権の強硬姿勢が中国企業の「回帰」を後押しし、金融センターとしての香港の地盤沈下を食い止めている形だ。  米国は米上場の中国企業が会計検査や情報開示に消極的なことを問題視しており、監査や検査を拒否した企業の上場廃止を含む規制強化に踏み出した。新興株式市場を運営するナスダックは、不正会計が発覚した...
»続きを読む
カテゴリー:

【米株式】ナスダック100指数の快進撃、インターネット株バブル期超す勢い - 07月03日(金)13:07  bizplus

→テク株中心のナスダック100指数、S&P500種との比較で最高更新 →新型コロナやリセッションでもナスダック100の上昇持続 3月がそうだったように1カ月で時価総額の4分の1を失った株式相場が激しく反発することはある。しかし、急反発して最高値を更新した後も高騰が続くとなれば、話は別だ。しかも、それが今まさに米国の大型テクノロジー株で起きている。   波乱の相場展開となった今年、ナスダック100指数は前年末比プラス圏に浮上しただけではなく、年間騰落率が過去20年で最高の水準に肩を並べる方向にあり、これほど奇...
»続きを読む
カテゴリー:

デジタルシフトが加速?--時価総額の変化で見る日米株式市場 - 07月03日(金)10:57 

6月30日に終えた第2Q(4~6月)の米国市場では、S&P500指数が約20%上昇。四半期ベースの上昇率としては今世紀(2000年以降)最大を記録した。
カテゴリー:

仮想通貨カルダノ 3カ月で270%急騰 ステーキング銘柄の上昇余地とは - 07月10日(金)20:10 

今月に入ってから好調なのがステーキング銘柄だ。とりわけカルダノ(ADA)は過去3カ月間で驚異の270%のプラス。2020年第2四半期(4−6月期)がビットコイン(BTC)42.5%、イーサ(ETH)69.3%のプラスだったため、カルダノの上昇率は圧倒的だ。
カテゴリー:

立会外分売のメリット・デメリットは?過去実績から勝率と騰落率も検証 - 07月08日(水)10:56 

株式投資を行う中で、立会外分売という言葉を聞いたことがあるかもしれません。これは一種の特殊な取引方法の1つですが、内容についてよく知らないという方も多いことでしょう。 そこで、立会外分売がどんな取引なのかをメリット・デメリットの面から解説します。また、立会外分売が儲かるのかどうか、過去の実績から徹底検証してみたいと思います。 目次 立会外分売とは 1-1.株式が割安で売りに出される理由 立会外分売のメリット 2-1.株式を割引価格で購入できる 2-2.購入時の手数料が無料 2-3.東証一部への指定替えを期待できる 立会外分売のデメリット 3-1.絶対に儲かるとは限らない 3-2.希望者が多い場合は抽選になる 3-3.売却時は手数料が必要になる 3-4.立会外分売は常にあるわけではない 立会外分売の過去実績を検証 4-1.立会外分売の勝率 4-2.立会外分売の騰落率 まとめ 1.立会外分売とは 立会外分売とは、企業や大株主が保有している株式が、証券取引所の取引時間外に割安な価格で売り出されることをいいます。 立会外というのは「取引時間外」という意味、分売というのは「株式を小口に分けて売る」という意味になります。投資家にとっては、株式が割安で購入できるチャンスとなります。 1-1.株式が割安で売りに出される理由 なぜ企業や大株主が割安価格で株式を売りに出すのかというと、以下のような...more
カテゴリー:

【悲報】森永卓郎 「MMTが批判される理由は、山本太郎のような胡散臭い政治家が主張しているから」 - 07月03日(金)22:17  poverty

金融緩和を継続できる余地はまだまだ大きい 第2次安倍政権発足以降、日銀は368兆円も国債保有を増やした。それによって、確かに深刻なデフレからの脱却には成功したが、いまだに物価上昇率は1%未満であり、目標の2%に遠く及んでいない。 国債に至っては、マイナス金利に陥っている。つまり、財政赤字を増やして、それを日銀が買い取る金融緩和を継続できる余地は、まだまだ大きいということになる。 しかし、MMTに関しては、評論家たちだけでなく、安倍総理や日銀の黒田総裁も、否定的だ。もしかすると、MMTが世間になかなか受...
»続きを読む
カテゴリー:

「gooグルメ&料理」で見る緊急事態宣言下のユーザー動向 レシピページのPV数は緊急事態宣言前から148.4%増 - 07月03日(金)11:32 

2020年7月3日 NTTレゾナント株式会社 お知らせ   「gooグルメ&料理」で振り返る緊急事態宣言下のユーザー動向 レシピページのPV数が大幅アップ、緊急事態宣言前から148.4%上昇https://gourmet.goo.ne.jp/    NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:楠木 健、以下NTTレゾナント)が運営する総合グルメ情報サイト「gooグルメ&料理」では、旬の食材や季節のメニューから検索できるレシピ情報や全国の飲食店・レストラン検索を提供。グルメに関するさまざまな情報を掲載しています。    今回は、7都道府県を対象に「緊急事態宣言」が発出された2020年4月7日 (火)を基準日とし、「gooグルメ&料理」が提供する「料理レシピ」ページのアクセス数(以下PV数)の傾向を調査した結果を公開します。   1. 緊急事態宣言発出前後のPV数比較と上昇率(調査期間: 2020年2月12日~2020年5月31日)        「gooグルメ&料理」提供の「料理レシピ」ページにおいて、7都道府県を対象に緊急事態宣言が発出された2020年4月7日を基準に前後55日間のPV数を比較し、上昇率を調査しました。その結果、緊急事態宣言前の期間に比べてPV数は大幅に上昇し、上昇率は148.4%に達...more
カテゴリー:

宮城上昇率4.8% 全国3位 路線価 東北1.2%プラス - 07月02日(木)06:05 

仙台国税局は1日、相続税や贈与税の算定基準となる2020年分の路線価を発表した。東北6県の標準宅地約2万2000地点の対前年の平均変動率は1.2%プラスとなり、5年連続で上昇。上昇率は前年比0.1ポイ
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「上昇率」の画像

もっと見る

「上昇率」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる