「同大会」とは?

関連ニュース

夜風受け駆け抜ける てだこナイトラン 1200人が参加 - 07月21日(日)10:20 

 【浦添】「第4回てだこナイトラン in ANA SPORTS PARK浦添」(アールビーズスポーツ財団主催、琉球新報社共催)が20日、浦添市の同スポーツパークで行われた。参加した約1200人が夜風をほおに受けながら懸命に駆け抜けた。  同大会は午後6時から3時間の制限時間内に走った距離を競う。1人で走るソロの部に91人、2~15...
カテゴリー:

文部科学大臣杯・山形県代表の3人が天童市長を表敬訪問 - 07月19日(金)00:19 

 文部科学大臣杯第15回小・中学校将棋団体戦(日本将棋連盟、産経新聞社主催)の東日本大会に山形県代表として出場する天童市立天童南部小の3選手が18日、天童市の山本信治市長を表敬訪問し、同大会への意気込みを語った。
カテゴリー:

張本智和、石川佳純ビデオ判定賛成 五輪導入に期待 - 07月16日(火)09:21 

張本智和(16=木下グループ)石川佳純(26=全農)らが16日朝、国際卓球連盟(ITTF)公認の賞金大会「T2ダイヤモンド」の第1回が行われるマレーシア・ジョホールバルへ向けて羽田空港を出発した。同大会で導入されるビデオ判定について張本…
カテゴリー:

テニス=ハレプがウィンブルドン初優勝、セリーナを圧倒 - 07月14日(日)09:11 

テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権は13日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで女子シングルス決勝を行い、第7シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が第11シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)に6─2、6─2で快勝。同大会初優勝を達成した。
カテゴリー:

第36回アメリカズカップの大会公式VIP艇となる高性能クルーザー「X47 Express Cruiser」のイメージ先行公開 - 07月10日(水)11:00 

[ヤンマー株式会社] [画像: https://prtimes.jp/i/34384/37/resize/d34384-37-204741-0.jpg ]  ヤンマーは、同大会のオフィシャルマリンパートナーとして、世界をリードするマリンエンジニアリング技術に裏付けられた高性能で優れ...
カテゴリー:

【サッカー】“26番”久保建英はベンチスタート…アザールは背番号50で先発デビューへ - 07月21日(日)08:22  mnewsplus

7/21(日) 8:18配信  レアル・マドリーは20日、インターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)でバイエルンと対戦する。日本時間21日の午前9時キックオフを前にスターティンメンバー発表され、日本代表MF久保建英(18)はベンチスタートとなった。  今夏レアル・マドリーに加入した久保は、フベニールA登録でカスティージャ(Bチーム)に所属する予定だが、クラブは“昇格候補”とみており、トップチームのプレシーズンツアーに帯同。スター軍団の中で物怖じせずにハイレベルなプレーを見せている。  スペイン『アス』によれば、ジネディ...
»続きを読む
カテゴリー:

「日常の出来事 風刺利かせて」 仙台で東北川柳大会 - 07月16日(火)12:18 

第37回東北川柳連盟仙台大会と第46回宮城県川柳大会の合同大会が14日、仙台市青葉区のエル・パーク仙台であり、最高賞の東北川柳連盟大賞は「回り道100回楽しさも100回」などと詠んだ青森県弘前市の高瀬
カテゴリー:

世界最高峰トレード大会優勝の凄腕のバカラ村氏が教える「時間がない人のための勝つ秘訣」 - 07月15日(月)08:32 

かのラリー・ウィリアムズが’87年に優勝し、その名を一躍世界に知らしめた世界最高峰のトレーディングコンテストが、“World Cup Trading Championships”、通称「ロビンスカップ」だ。この大会は仮想売買ではなく、実際に自分で用意した現金(最低1万USドル)を1年間でどれだけ増やせるのかを競う。バカラ村氏は、’15年の同大会のFX部門に参加し優勝。さらに、’17年のロビンスカップ日本大会(期間5か月間)でも優勝という輝かしい実績を誇る。
カテゴリー:

ロッテ・レアードの「寿司ポーズ」、なぜ生まれた? 来日1年目の窮地救った“出会い” - 07月12日(金)11:54 

本日7月12日(金)、13日(土)に行われる「マイナビオールスターゲーム2019」。プロ野球界を代表する選手が一同に会する夢舞台だが、注目選手のひとりとして挙げられるのが、ロッテのブランドン・レアードだ。レアードは過去に2度、監督推薦でのオールスター出場経験があるが、ファン投票での選出は今回が初めて。日本ハムから移籍した今季は、打率2割7分、24本塁打(7月11日現在)と新天地で好成績を残しており、同大会でもその活躍が期待されるが、注目を集めているのはプレーだけではない。彼が本塁打を放った際にとるお約束の「寿司ポーズ」も、多くのファンが待ち望んでいる。しかし一体、ファンの間ではすっかりお馴染みとなったこの「寿司ポーズ」は、どうやって生まれたのか?そこには、「日本といえば、寿司」というステレオタイプなイメージで生まれたわけではない、“ある出会い”があった――。◆窮地のレアードを救った“恩人”との出会いアメリカ・カリフォルニア州出身で、2015年に来日し日本ハムに入団したレアード。来日当初は、新助っ人の多くがそうであるように、変化球攻めに苦しむ。2015年前半戦の打率は2割にも満たず、「ダメ助っ人」という烙印まで押され始めていた。「1年目だからプレッシャーを感じていました。実力を証明したいと思い、自分自身を苦しめていたんです」(レアード)レアード自身が「1年目でいちばん苦しんでいる時期...more
カテゴリー:

ツール・ド・フランス=第4ステージ、ビビアニが区間優勝 - 07月10日(水)08:29 

世界最高峰の自転車ロードレース、ツール・ド・フランスは9日、ランスからナンシーまでの第4ステージ(213.5キロ)を行い、同大会出場2回目のエリア・ビビアニ(30、イタリア)が5時間9分20秒で区間優勝した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「同大会」の画像

もっと見る

「同大会」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる