「最終決戦」とは?

関連ニュース

『スプラトゥーン2』あなたはどのブキが好き? これまでの上位ブキを集めて最終投票を実施!【読者アンケート】 - 01月17日(木)19:30 

これまで3度に渡り『スプラトゥーン2』のブキ人気投票を行いましたが、ついに最終決戦を行います。
カテゴリー:

「メイプルストーリー」の大型アップデート「Black Mage」Final「最終決戦」が実装。キャラクターの強化に役立つイベントも開催 - 01月16日(水)18:53 

 ネクソンは本日,PC向けMMORPG「メイプルストーリー」の大型アップデート「BlackMage」の最終弾となる,「最終決戦」を実装した。最終決戦に備えて,さまざまな報酬が手に入るミニゲームやイベントもあわせて実装,暗黒の魔法使い討伐までの開催となる。
カテゴリー:

【アニメ】『機動戦士ガンダムZZ』はなぜ評価されてない? 子ども向けテイストと古臭いMSデザインが要因か★6 - 01月15日(火)01:19  mnewsplus

日本には、数多くのロボットアニメが存在しているが、その中でも依然圧倒的な人気を誇るガンダム。ただ、脈々と続くガンダムシリーズの歴史に中には、あまり評価されていない不遇なタイトルもある。 たとえば1986年に放送がスタートした『機動戦士ガンダムZZ』なんかは、その代表例といえるだろう。(文:松本ミゾレ) 敵MSは前作で登場したガザCの発展系だったりで、子どもが見ても地味なイメージ 『ZZ』の不人気ぶりについてはこれまでも散々議論されてきた。たとえば前作の『機動戦士Zガンダム』とは正反対の、明るくて子ども向...
»続きを読む
カテゴリー:

【アニメ】『機動戦士ガンダムZZ』はなぜ評価されてない? 子ども向けテイストと古臭いMSデザインが要因か★4 - 01月14日(月)19:37  mnewsplus

日本には、数多くのロボットアニメが存在しているが、その中でも依然圧倒的な人気を誇るガンダム。ただ、脈々と続くガンダムシリーズの歴史に中には、あまり評価されていない不遇なタイトルもある。 たとえば1986年に放送がスタートした『機動戦士ガンダムZZ』なんかは、その代表例といえるだろう。(文:松本ミゾレ) 敵MSは前作で登場したガザCの発展系だったりで、子どもが見ても地味なイメージ 『ZZ』の不人気ぶりについてはこれまでも散々議論されてきた。たとえば前作の『機動戦士Zガンダム』とは正反対の、明るくて子ども向...
»続きを読む
カテゴリー:

【アニメ】『機動戦士ガンダムZZ』はなぜ評価されてない? 子ども向けテイストと古臭いMSデザインが要因か★2 - 01月14日(月)15:29  mnewsplus

日本には、数多くのロボットアニメが存在しているが、その中でも依然圧倒的な人気を誇るガンダム。ただ、脈々と続くガンダムシリーズの歴史に中には、あまり評価されていない不遇なタイトルもある。 たとえば1986年に放送がスタートした『機動戦士ガンダムZZ』なんかは、その代表例といえるだろう。(文:松本ミゾレ) 敵MSは前作で登場したガザCの発展系だったりで、子どもが見ても地味なイメージ 『ZZ』の不人気ぶりについてはこれまでも散々議論されてきた。たとえば前作の『機動戦士Zガンダム』とは正反対の、明るくて子ども向...
»続きを読む
カテゴリー:

稀勢の里、引退会見で“北斗の拳”のラオウに思いを寄せたか 「土俵人生に一片の悔いなし」 - 01月16日(水)22:14 

大相撲の第72代横綱・稀勢の里が1月16日、東京・両国国技館で引退会見を開いた。報道陣から現在の心境を問われた稀勢の里は、涙をこらえながら、ゆっくりと以下のように答えた。「横綱として皆様の期待に沿えられないことは、非常に悔いが残りますが、私の土俵人生において一片の悔いもございません」これは、稀勢の里が愛読している少年漫画「北斗の拳」の登場人物「ラオウ」の台詞を引いたのではないかとネット上で話題になっている。ラオウは最終決戦で、義弟のケンシロウに敗れるのだが、その際に「わが生涯に一片の悔いなし!!」と叫ぶのだった。Twitter上では「ラオウを意識してなかなか粋なことを」「今場所は、死を覚悟したラオウのような悲壮な覚悟で臨んでいたのでは」などと様々な反応が出ている。■過去にラオウの化粧まわしで土俵入りも稀勢の里は以前にも、ラオウが描かれた化粧まわしで土俵入りしたこともあった。これは、2017年1月の横綱昇進の直後に、出版社の「コアミックス」から贈呈されたものだった。コアミックスは、「北斗の拳」のキャラクターでケンシロウ、ラオウ、トキの3パターンの図案を用意していたが、稀勢の里が選んだのはラオウだった。まんたんウェブによると、稀勢の里は、自身の性格を考えてラオウを選び、「孤独で強いってイメージがありますし。存在感があるし、体もすごい!」と話していた。「理想的な力士像」をラオウに見いだし...more
カテゴリー:

【アニメ】『機動戦士ガンダムZZ』はなぜ評価されてない? 子ども向けテイストと古臭いMSデザインが要因か★7 - 01月15日(火)15:28  mnewsplus

日本には、数多くのロボットアニメが存在しているが、その中でも依然圧倒的な人気を誇るガンダム。ただ、脈々と続くガンダムシリーズの歴史に中には、あまり評価されていない不遇なタイトルもある。 たとえば1986年に放送がスタートした『機動戦士ガンダムZZ』なんかは、その代表例といえるだろう。(文:松本ミゾレ) 敵MSは前作で登場したガザCの発展系だったりで、子どもが見ても地味なイメージ 『ZZ』の不人気ぶりについてはこれまでも散々議論されてきた。たとえば前作の『機動戦士Zガンダム』とは正反対の、明るくて子ども向...
»続きを読む
カテゴリー:

【アニメ】『機動戦士ガンダムZZ』はなぜ評価されてない? 子ども向けテイストと古臭いMSデザインが要因か★5 - 01月14日(月)22:08  mnewsplus

日本には、数多くのロボットアニメが存在しているが、その中でも依然圧倒的な人気を誇るガンダム。ただ、脈々と続くガンダムシリーズの歴史に中には、あまり評価されていない不遇なタイトルもある。 たとえば1986年に放送がスタートした『機動戦士ガンダムZZ』なんかは、その代表例といえるだろう。(文:松本ミゾレ) 敵MSは前作で登場したガザCの発展系だったりで、子どもが見ても地味なイメージ 『ZZ』の不人気ぶりについてはこれまでも散々議論されてきた。たとえば前作の『機動戦士Zガンダム』とは正反対の、明るくて子ども向...
»続きを読む
カテゴリー:

【アニメ】『機動戦士ガンダムZZ』はなぜ評価されてない? 子ども向けテイストと古臭いMSデザインが要因か★3 - 01月14日(月)17:07  mnewsplus

日本には、数多くのロボットアニメが存在しているが、その中でも依然圧倒的な人気を誇るガンダム。ただ、脈々と続くガンダムシリーズの歴史に中には、あまり評価されていない不遇なタイトルもある。 たとえば1986年に放送がスタートした『機動戦士ガンダムZZ』なんかは、その代表例といえるだろう。(文:松本ミゾレ) 敵MSは前作で登場したガザCの発展系だったりで、子どもが見ても地味なイメージ 『ZZ』の不人気ぶりについてはこれまでも散々議論されてきた。たとえば前作の『機動戦士Zガンダム』とは正反対の、明るくて子ども向...
»続きを読む
カテゴリー:

【アニメ】『機動戦士ガンダムZZ』はなぜ評価されてない? 子ども向けテイストと古臭いMSデザインが要因か - 01月14日(月)14:08  mnewsplus

日本には、数多くのロボットアニメが存在しているが、その中でも依然圧倒的な人気を誇るガンダム。ただ、脈々と続くガンダムシリーズの歴史に中には、あまり評価されていない不遇なタイトルもある。 たとえば1986年に放送がスタートした『機動戦士ガンダムZZ』なんかは、その代表例といえるだろう。(文:松本ミゾレ) 敵MSは前作で登場したガザCの発展系だったりで、子どもが見ても地味なイメージ 『ZZ』の不人気ぶりについてはこれまでも散々議論されてきた。たとえば前作の『機動戦士Zガンダム』とは正反対の、明るくて子ども向...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「最終決戦」の画像

もっと見る

「最終決戦」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる