「事業化」とは?

関連ニュース

中国、ネパールに530億円支援へ 習近平氏、越境鉄道建設へ調査 - 10月13日(日)21:09 

【北京=西見由章】中国の習近平国家主席は13日、ネパールの首都カトマンズでオリ首相と会談し、「両国を結ぶ鉄道の事業化調査を始めたい」と述べた。水力発電の開発を援…
カテゴリー:

Waymoとルノーがパリで2024オリンピックに向けて自動運転交通ルートを探究 - 10月12日(土)20:15 

自動運転者を開発しているWaymo(ウェイモ)とフランス大手の自動車メーカーであるルノーが共同で、シャルルドゴール空港とパリに隣接する高層ビルの多い巨大業務地区ラデファンスを結ぶ、自動運転車による交通機関を作ろうとしている。ラデファンスには、大きなショッピングセンターもある。これはルノーと日産がこの前Waymoと交わした契約の一環であり、それにより3社は、日本とフランスにおける自動運転車による交通サービスの可能性を探ろうとしている。 とくにこのルートは、2024年夏にパリで開催されるオリンピックに備える準備的プロジェクトとして研究されている。目標は、パリのあるイルドフランス地域の住民に交通の便を提供し、さらに観光客や外国からの訪問者には交通手段の選択肢を増やすことだ。地元は、さまざまなプロジェクトから成る自動運転インフラストラクチャの開発に1億ユーロ(約120億円)を投ずる。 Waymoの自動車事業のチーフでパートナーシップ担当のAdam Frost(アダム・フロスト)氏は声明で「誰もが認めるとおり、フランスは世界のモビリティのリーダーだ。そして弊社はイルドフランス地域圏およびパートナーのルノーグループと協働して、Waymo Driver事業をパリシャルルドゴール空港とパリのラデファンスを結ぶルートに展開することを探究したい」とコメントしている。 特定のニーズを満たすルートを、しか...more
カテゴリー:

ノーベル化学賞・吉野彰さんが乗り越えた「ダーウィンの海」とは? リチウムイオン電池が全く売れず苦悩した3年間 - 10月10日(木)19:25 

旭化成の名誉フェローを務める吉野彰さん(71)に、2019年のノーベル化学賞が授与される。海外の2人との共同受賞となる。ノートPCやスマホ、電気自動車まで幅広く使われるリチウムイオン電池の開発に貢献したことが評価された。吉野さんは1981年からリチウムイオン電池の開発に旭化成で着手。1985年に開発に成功した。1991年に発売されると、後に爆発的に広まることになった。  ■新規事業の三つの関門とは?リチウムイオン電池の開発をめぐって吉野さんは、三つの関門があったと2017年の「産学官連携ジャーナル」のエッセイで振り返っている。それが「悪魔の川」「死の谷」「ダーウィンの海」。企業が新規事業にチャレンジするときに使われるビジネス用語だ。吉野さんの解説を要約しよう。・第一の関門【悪魔の川】基礎研究という孤独な作業の中でもがき苦しみながら、それまで世界になかった何か新しいものを見いだすまでの苦労。・第二の関門【死の谷】基礎研究の成果で見いだした新しいものの製品化、事業化に向けて開発研究の段階の苦労。次から次に課題が噴出して連日連夜対策に追われる日々が何年も続く。・第三の関門【ダーウィンの海】開発研究でもろもろの課題を何とか解決し、念願の事業化。工場が完成し、新製品が世の中に出ていくことになるが、世の中の人々はその製品をすぐに買ってくれるわけではない。人々が新製品の価値を認め、市場...more
カテゴリー:

見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性――鉄道向けで早期事業化を狙う動きも - 10月10日(木)09:21 

 未開拓のミリ波「90GHz帯」を移動通信で利用するための実証試験が、昨年から相次いで実施されている。ノキアがNTTドコモと行っている90GHz帯を用 ...
カテゴリー:

日系電力企業がバングラに350億円出資 東電と中部電 - 10月07日(月)17:21 

 東京電力ホールディングスと中部電力の燃料・火力発電事業を統合したJERA(東京)は7日、バングラデシュ最大の独立発電事業者(IPP)に資本参加すると発表した。JERAは電力需要の増加が見込まれる同国を重点投資対象と位置づけ、さまざまな事業化を図っていく考えだ。
カテゴリー:

<社説>女性社会起業家会議 弱者への視点で解決図る - 10月13日(日)06:01 

 貧困の解消、女性や障がい者など社会的弱者の自立支援、自然環境の保護など社会に必要とされながら、政府や自治体の手が届きにくく、事業化も難しい課題がある。そこに果敢に挑戦している女性の社会起業家たちが沖縄に集まった。  那覇市の県立図書館でアジア女性社会起業家ネットワーク(AWSEN、オーセン)サミ...
カテゴリー:

ゲーセンミカドのINHが,映像音楽抽出や動画の編集,製作作業の事業化を発表 - 10月11日(金)12:00 

ゲーセンミカド配信元INH配信日2019/10/11<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>ゲーセンミカド(株式会社INH)アーケードゲーム/レトロコンシューマーゲームの映像音楽抽出及び、動画編集製作受注の事業化を開始致します。  株式会社INH(本社:東京都新宿区高田馬場、代表取締役:池田稔)は、弊社にてゲームプレイ動画を収録した「TV アニメ ハイスコアガール II(第二期…
カテゴリー:

漫画の自動翻訳、手術支援AI、下膳ロボ、昆虫食など——東大IPC起業支援プログラムが第4回目の支援先を発表 - 10月10日(木)10:00 

東京大学協創プラットフォーム開発(東大IPC)は10月10日、起業を目指す現役東大生や卒業生などの大学関係者、起業をしてまもない東京大学関連ベンチャーに対して事業化資金や経営支援を提供する「東大IPC起業支援プログラム」の新たな支援先を発表した。 4回目となる今回からは、4月にも紹介した通り各業界のリーディングカンパニーと共同でコンソーシアム型のインキュベーションプログラム「東大IPC 1st Round」としてバージョンアップ。初代のパートナーとしてJR東日本スタートアップなど6社が参加している。 ここからは支援先に選ばれた6チーム(4社と2プロジェクト)を紹介していこう。 Mantra : 漫画の多言語翻訳&配信プラットフォーム Mantraは日本語で書かれた漫画を中国語や英語に自動で翻訳し、多言語で配信するプラットフォームだ。 このチームを牽引する石渡祥之佑氏によると、漫画の翻訳においては「スピードとコスト」が大きな壁になる。日本で単行本が出た後に翻訳権のライセンスが発行されるため、実際に海外向けの正規版が発売されるのはだいたい1年ほどかかるそう。加えて単行本1冊を1つの言語に翻訳するだけで20〜30万円ほどかかるので、本当に売れると判断されたようなものしか多言語化されない。結果的に海外では海賊版が広く出回ってしまっているのが現状だ。 Mantraでは独自の機械翻訳・文字...more
カテゴリー:

歩行者自律航法(PDR)の実用化・事業化へ。 GPS・WiFi・ビーコン等外部信号非依存型測位手法。 大手SI企業との連携で、大規模化・リアルタイム計測が実現。 - 10月08日(火)15:00 

計測関連事業を手掛けるサイトセンシング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林隆)は、これまでの歩行者自律航法(PDR)技術【※】を飛躍的に高めると同時に、株式会社NSD(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:今城 義和、東証1部 9759)の連結子会社である株式会社NSD先端技術研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黄川田 英隆)と事業提携し、PDRplusシステムの大規模化を実現しました。工場・倉庫・地下施設等の作業員の位置情報を見える化し、最大で1000人分の動きをリアルタイムで計測可能なトータルソリューションサービス「Tracking Navi(トラッキング ナビ)」として、株式会社NSD先端技術研究所から市場デビューしました。 これまでPDRは、GPS環境外での測位を可能にする技術として取り沙汰されて来たものの、機器装着を前提としているため、機器のサイズが大きい、重い、連続稼働時間が短い、といった課題のため本格的な普及には至りませんでした。「Tracking Navi」ではこの点に着目、装着機器としてAndroid系スマートフォンを使い、誰でも何処でも安価に即実施可能な環境を創出しました。2019年9月~10月に掛けて運輸倉庫及び機器の製造工場にて、作業員の方々を計測対象とした大規模なPoCを実施し高い評価を得、11月以降「Tracking Navi」...more
カテゴリー:

長瀬産業、東北大などと共同開発した撥水加工技術を事業化へ - 10月07日(月)17:15 

長瀬産業は、東北大学の寒川誠二教授、リソテックジャパン、SPPテクノロジーズとの共同研究で開発した超微細加工ナノ構造による撥水性制御を、自社において事業化すると発表した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「事業化」の画像

もっと見る

「事業化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる