「事業化」とは?

関連ニュース

biid(ビード)小豆島のシータイガーアイランドインをグランドオープン。 瀬戸内海のプライベートビーチと桟橋のある宿泊施設併設マリーナをマリンリゾート集客施設へ - 07月16日(火)09:00 

biid株式会社(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役:松尾 省三、以下ビード http://www.biid.jp/ )は、4月27日(土)から会員希望者向けにプレオープン期間を設け、週末だけの営業を行ってきた、瀬戸内海の小豆島のシータイガーアイランドイン(香川県小豆郡小豆島町、 以下アイランドイン http://www.islandinn-seatiger.com/ )を7月13日(土)にグランドオープンし、土日だけでなく平日の営業も開始することを発表しました。■シータイガーアイランドインについてアイランドインは2019年4月より運営を受託し4月27日(土)よりプレオープン期間を設け、週末のみの営業を行うと同時に本格営業開始に向けて準備をしてきた小豆島のマリンリゾート施設です。【運営受託プレスリリース:https://www.dreamnews.jp/press/0000193020/】ビードは、昨年まで株式会社リゾートクラブシータイガー(以下、シータイガーという。)が運営してきたアイランドインを独自のノウハウとコンセプトで事業化することを目的にリニューアルし、従来顧客対象としてきた瀬戸内海のクルーザーオーナーに加えクルーザーを持っていない一般観光客やインバウンド観光客まで幅広い顧客層の取り込みを狙いとしています。従来のサービスに加え、本施設の可能性を最大限に生かすことが期待できる...more
カテゴリー:

超スムーズなAIカメラ自動撮影でスポーツ中継映像配信の実証実験 - 07月10日(水)17:47 

朝日放送グループホールディングス、NTT西日本(西日本電信電話)、朝日新聞社、電通、日宣の5社は9日、AIを搭載し自動撮影や編集機能を持つカメラ「Pixellot」を活用したスポーツ映像配信サービスの事業化を目指した実証実験を行うことを発表した。
カテゴリー:

Dynabook株式会社 2021年度中に国内株式市場への上場目標を宣言 - 07月09日(火)21:00 

2019年7月9日 Dynabook株式会社 Dynabook株式会社  2021年度中に国内株式市場への上場目標を宣言 Dynabook株式会社〈本社:東京都江東区 代表取締役社長兼CEO:覚道清文(かくどうきよふみ)〉は、2019年7月9日(火)にベルサール新宿グランドにて「dynabook Day 2019」を開催し、『2019年サービス事業戦略発表会』内で2021年度中に国内株式市場への上場目標を宣言しました。 2019年1月1日、Dynabook株式会社に社名変更以来、「コンピューティングとサービスで、世界を変える」というビジョンをもとに、サービス、ライセンス、ソリューション商品の販売から、サポートに至る全てを一社で事業化し、国内のBtoB市場において、様々なお客様に豊富なサービス、ソリューションメニューを提供してきました。    本発表会では、Dynabook株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 覚道清文が登壇し、2019年度のDynabook社のサービス事業拡大を図る戦略の発表を行い「『サービス事業拡大戦略』に則り、5つの施策を強力に推し進め、サービス事業の拡大を図ってまいります。これにより、 「dynabook as a Computing」と、「dynabook as a Service」の両輪を強化し、事業拡大にまい進し、...more
カテゴリー:

太陽光発電システム市場に関する総合調査レポート「太陽光発電マーケット2019~市場レビュー・ビジネスモデル・将来見通し~」を発行いたします - 07月08日(月)16:00 

太陽光発電関連事業に関するコンサルティング業務を行う株式会社資源総合システム(本社:東京都中央区、代表取締役:一木修)は、2019年7月10日(水)に世界及び日本の太陽光発電システム市場を多角的かつ多面的に整理・分析した総合調査レポート「太陽光発電マーケット2019~市場レビュー・ビジネスモデル・将来見通し~」を発行いたします。世界の太陽光発電市場は、2010年代前半の10GW規模から、フィードイン・タリフを中心とする各国政府主導の普及インセンティブに加えて、入札による市場原理の導入により急速に拡大しています。2018年には年間導入量100GWを維持、世界の累積導入量は、2018年末に500GWに到達しました。2016年11月のパリ協定発効以降、『脱炭素化』は世界の潮流となっており、世界各国・各セクターにおいて、地球温暖化対策およびエネルギー戦略として、再生可能エネルギーの代表格である「太陽光発電」を更に重視する方向となっています。日本においても、2018年7月に閣議決定された「第5次エネルギー基本計画」において、温室効果ガス削減に向けた方向性や施策として、再生可能エネルギーの主力電源化が明記されています。太陽電池モジュール生産量は中国政府が2018年5月末に発表した導入抑制策による影響が懸念されましたが、前年を上回る116GWを記録しました。国・地域別では、中国が年産80GW超で...more
カテゴリー:

未来のオフィス空間『point 0 marunouchi』において実証実験を開始 - 07月08日(月)13:00 

2019年7月8日 株式会社オカムラ ダイキン工業株式会社 東京海上日動火災保険株式会社 ライオン株式会社 株式会社 MyCity アサヒビール株式会社 TOA株式会社 TOTO株式会社 パナソニック株式会社 未来のオフィス空間『point 0 marunouchi』において実証実験を開始 空間データの協創プラットフォーム『CRESNECT』プロジェクトに新たに4社が参画 株式会社オカムラ、ダイキン工業株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、ライオン株式会社、株式会社MyCity、アサヒビール株式会社、TOA株式会社、TOTO株式会社、パナソニック株式会社は、会員型コワーキングスペース『point 0 marunouchi(ポイントゼロ マルノウチ)』において、7月16日(火)より未来のオフィス空間づくりに向けた実証実験を開始します。 『point 0 marunouchi』は、空間データの協創プラットフォーム『CRESNECT』の第1弾プロジェクト※である「未来のオフィス空間」を実現していくための会員型コワーキングスペースです。今回新たにアサヒビール、TOA、TOTO、パナソニックの4社がプロジェクトに加わり、各社の最新技術やデータ、ノウハウを活用し、オープンスペースや会議室、仮眠ブースなどにおいて、多様な働き方に合わせた空間コンテンツを導入します。実際に働く人の動き...more
カテゴリー:

第8回 技術経営・イノベーション大賞の募集を開始しました! 優れたイノベーション事例を募集します! - 07月10日(水)17:55 

2019年7月10日 一般社団法人 科学技術と経済の会 本賞はわが国発の優れたイノベーションを発掘顕彰し、そのプロセスを学び、 わが国のイノベーション力の底上げをはかる制度です。 今までの3つの大臣賞(内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、経済産業大臣賞) に加え、今回より「総務大臣賞」が新たに交付されます。 <募 集 要 項> 1. 表彰対象  経済の発展、社会の変革、競争力の向上、福祉の向上、SDGsへの貢献等を飛躍的に実現するイノベーション(変革を起こした新事業)で、事業化され投資や雇用を生み出しつつある優れたとりくみを表彰いたします。企業・団体の形態や規模は問わず、イノベーションを推進した経営者や事業推進者およびそのチームを対象といたします。本賞は、技術経営およびイノベーションの内容やプロセスに特に注目しており、例えば以下の点を重視しています。(SDGs: Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)  ・社会、生活、産業、文化を大きく変えるもの  ・科学技術の活用(技術経営)が優れているもの  ・その事業が画期的な変化を生み出したもの   (製品・サービス、顧客、生産方式、調達、ビジネスモデル、組織・マネジメントの変化等)  ・大きな事業、雇用を生み出すもの 2. 賞の種類  内閣総理大臣賞(1件)          :賞金(...more
カテゴリー:

エヌ・シー・エヌ--- 安心・安全な木構造を普及、独自の木造建築用の建築システム「SE構法」 - 最新株式ニュース - 07月10日(水)07:45 

エヌ・シー・エヌエヌ・シー・エヌ<7057>は、木造建築の耐震性を確保するための高度な構造計算を事業化するとともに、構造計算された耐震性の高い木造建築を実現するための同社独自の建築システムである「SE構法」を、工務店を中心としたSE構法登録施工店ネットワークを通じて提供する。2019年3月期の連結業績は、売上高6,516百万円(前期比7.1%増)、営業利益261百万円(同41.6%増)、経常利益3
カテゴリー:

AIカメラを活用したスポーツ映像配信事業の実証実験について - 07月09日(火)11:15 

2019年7月9日 株式会社 電 通 AIカメラを活用したスポーツ映像配信事業の実証実験について  朝日放送グループホールディングス株式会社(代表取締役社長:沖中 進、以下、朝日放送グループHD)、西日本電信電話株式会社(代表取締役社長:小林 充佳、以下、NTT西日本)、株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺 雅隆、以下、朝日新聞社)、株式会社電通(代表取締役社長:山本 敏博、以下、電通)および株式会社日宣(代表取締役社長:大津 裕司、以下、日宣)は、AIを用いてスポーツの自動中継を実現するカメラシステムを手がける「Pixellot Ltd.(ピクセロット)」(本社:イスラエル、CEO:Alon Werber)のAIカメラを活用したスポーツ映像配信事業に関する共同実証実験を開始いたします。 ▼Pixellot Ltd.が開発する「Pixellot」とは  Pixellot Ltd.が開発した円柱状の無人撮影カメラで、AIによる自動撮影や編集機能を備え、高解像度で撮影します。スタジアムなどの競技施設に設置し、AIが自動でカメラワークを行うことで、撮影コストを約10分の1に抑えることができます。また、動画内や動画と動画の合間に広告を自動挿入することも可能です。「Pixellot」は現在、サッカー、バスケットボール、ラグビー、アメリカンフットボール、バレーボールなど12競...more
カテゴリー:

2019年POST-FIT需給一体型ビジネスモデルを紹介するレポート 「太陽光発電ビジネスガイド」(2019-2020年版)を発行いたします - 07月08日(月)16:00 

太陽光発電関連事業に関するコンサルティング業務を行う株式会社資源総合システム(本社:東京都中央区、代表取締役:一木修)は、2019年7月10日(水)に2019年POST-FIT需給一体型ビジネスモデルを紹介するレポート「太陽光発電ビジネスガイド(2019-2020年版)」を発行いたします。日本の太陽光発電をめぐる事業環境は大きく変わろうとしています。2012年7月の固定価格買取制度(FIT)開始以来、売電事業を目的とした大規模システムの開発が定着し、太陽光発電の大量導入を牽引してきましたが、今後は国民の支持が大前提となる事業環境に変わるのは必至です。経済産業省は、FITからの自立を念頭に再生可能エネルギー政策の再構築を進めており、(1)更なるコストダウンと国民負担の抑制、(2)長期間安定した運用、(3)電力システムとの融合--を制度設計の基本3原則としています。2021年4月からは、抜本的見直しに基づく新制度が適用されることが見込まれます。日本の太陽光発電市場は、新制度の下でこれまでのメガソーラーなどを中心とする売電ビジネスから、分散型発電システムの特徴を生かした、自家消費や地産地消をベースとする需給一体型の利用展開が拡大し、太陽光発電市場の中心に成長していくと推測されます。このような今後の見通しのもとでは、日本の太陽光発電市場の変化を見据えた事業展開が重要となってくることから、本...more
カテゴリー:

大手商社の丸紅、ブロックチェーン活用のエネルギー売買プラットフォーム企業と提携 - 07月05日(金)16:07 

丸紅は7月1日、再生可能エネルギーを売買できるオークションプラットフォームを開発するウィー・パワーとの提携を発表した。ウィー・パワーのプラットフォームは、仮想通貨イーサリアム(ETH)ブロックチェーンを基盤とするほか、多数の再生可能エネルギー導入案件が見込めるオーストラリアにおいて事業化を進めるという。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「事業化」の画像

もっと見る

「事業化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる