「返礼品」とは?

関連ニュース

使い道に「市町村応援」を追加 県ふるさと納税 返礼品確保へ支援 - 11月20日(水)22:38 

 岡山県は今秋、ふるさと納税で県に寄せられた寄付金の使い道に、寄付者が希望した県内27市町村に交付する「がんばる市町村の応援」を加えた。返礼品を地場産品に制限する新制度が始まり、複数の小規模自治体から...
カテゴリー:

さとふる5周年キャンペーン11月30日まで、抽選でAmazonギフト券1000円分 - 11月20日(水)10:25 

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営する株式会社さとふるは、「ふるさと納税 11月さとふる5周年キャンペーン」を11月30日まで実施している。期間中に「さとふる」のポータル会員およびキャンペーン期間中の新規会員を対象に、キャンペーンにエントリーの上、さとふるで合計1万円以上寄付した人の中から抽選で1000人にAmazonギフト券1000円分をプレゼントする。 受付は30日午後11時59分まで。同日までに寄付金の支払いが完了していることが条件。 災害支援金の申し込みでかつ返礼品を希望しない寄付、「ふるさと納税で留学支援ページ」経由での寄付については、キャンペーンの対象外となる。 ほか、「さとふるではじめる!」(応募期間11月2日 ~12月31日)「レビュー投稿キャンペーン」(11月30日まで)も開催中。「さとふるではじめる!」は、さとふるで合計5000円以上寄付すると、Amazonギフト券500円分をもれなくプレゼント。「レビュー投稿キャンペーン」は、マイページから返礼品のレビュー(200文字以上)を投稿した人の中から抽選で200人にAmazonギフト券500円分をプレゼントする。投稿はマイページにログイン、「さとふるでの寄付受付履歴」からレビューを投稿したい返礼品を選択し、詳細ページ画像の下にある「お礼品レビューを投稿」から投稿する。いずれも簡単にエントリーできるが、さとふ...more
カテゴリー:

岡山県警、「あおり運転」などの危険運転行為を通報できるサイトを設置 - 11月19日(火)14:03 

昨今ではいわゆる「あおり運転」によるトラブルがたびたび話題となっており、悪質なあおり運転については運転免許取り消しなどの処分を行えるよう法改正が検討される事態にもなっているが(レスポンス)、このたび岡山県警がこういった悪質な危険運転を行う車の映像などを受け付ける「岡山県 あおり運転110番 鬼退治ボックス」を開設するそうだ(山陽新聞、毎日新聞)。 Webサイト経由であおり運転や、飲酒運転、暴走、無免許運転に関する情報を報告できるもので、必要に応じてドライブレコーダーやスマートフォンで撮影した動画も提供できるという。 すべて読む | YROセクション | 日本 | 交通 | プライバシ | 関連ストーリー: ふるさと納税返礼品のドライブレコーダー、今年度に入って人気急上昇 2019年08月25日 暴行容疑者がガラケーを使っていたことに注目するメディアたち 2019年08月19日 SNSなどを使った「公開捜査」が活用され成果を上げている 2015年05月21日
カテゴリー:

返礼品にデニムの「刀匠前掛け」 山鳥毛購入の呼び水に、瀬戸内市 - 11月18日(月)22:45 

 瀬戸内市は、地元の刀匠がジーンズメーカーと協力して作ったデニム生地の前掛け「刀匠前掛け」をふるさと納税の返礼品に加えた。市は国宝「太刀 無銘一文字(山鳥毛(さんちょうもう))」購入に向け、ふるさと納...
カテゴリー:

ふるさと納税の新常識「GCF」ってなんだ? 小さな地方の自治体も熱視線 - 11月18日(月)06:45 

 返礼品競争の過熱が問題視される「ふるさと納税」の新しい寄付の募り方「GCF」が広まり始めている。「ガバメントクラウドファンディング」の略で、企業や個人など事業者が使い道と目標金額を具体的に示し、インターネットを介して出資を募る「クラウドファンディング(CF)」の自治体版だ。地域振興などの施策を進めるのにも活用できるとあって、とりわけ財政規模の小さな地方の自治体などが熱い視線を送っている。
カテゴリー:

ロボ型薪ストーブ、ふるさと納税の返礼品になり注目される - 11月20日(水)13:45 

Anonymous Coward曰く、 小磯鉄工が作るロボット型薪ストーブ(オーブン付きで65万円~)がふるさと納税の返礼品となり注目されている(Jタウンネット)。 218万円の寄付でもらえるということでハードルは高いが、同社はミニサイズのもの(43万円~)やロボット型七輪(3万7800円~)なども手がけているのでこちらなら手を出しやすいのでは。 すべて読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 変なモノ | ロボット | 関連ストーリー: 農林水産省、薪ストーブ利用推進のため省内に薪ストーブを設置 2014年01月30日 米環境保護庁が微小粒子状物質の排出基準を強化、大半の薪ストーブが基準を満たさず 2013年11月10日 USB給電機能を搭載したキャンピングストーブ 2012年03月03日
カテゴリー:

「ただ、我が子のために」熊本・南阿蘇で作る天然由来の手作り石けん - 11月19日(火)19:33 

11月も中旬を過ぎ、冬に向かって寒さが日々増す中、気になるのが肌の乾燥だ。肌の乾燥対策としてハンドクリームやリップクリームなど数多くのスキンケア用品があるなか、利用者から「やっと巡り合えた」と喜ばれて愛用されている石けんがある。それが、「Ladybug」だ。 Ladybugのせっけんは、レシピの考案から生産まですべてオリジナルのハンドメイド。すべて口に入っても安心安全な材料を使って作っている。Ladybugが熊本県阿蘇郡・高森町の地でせっけん作りを開始したのは2006年。きっかけは、オーナーである豊田希 氏の娘が肌に弱かったことだ。南阿蘇の美味しい水と澄んだ空気、それらを活かして「我が子のために何かできないだろうか」と考え、すべてが天然由来のせっけん作りに着手した。 せっけんはオイルの種類、材料の混ぜ方やスピードだけでなく、温度や湿度など、そのときの環境によっても硬さや色、艶などの仕上がりも毎回変わる。研究を始めてから10年以上が経った今でも、より良いせっけんを目指して試行錯誤を繰り返しているという。 材料は地元・阿蘇の素材をできるだけ使うようにしている。そこには、生産者や素材が作られる過程を把握できるというメリットだけでなく、「阿蘇の活気にもつながれば」という想いもある。 製法にも工夫を惜しまない。鮮度を保つために酒粕を冷凍保存したり、製造する直前に牧場へ牛乳を取りに行ったり...more
カテゴリー:

一般社団法人いちばん星南相馬にて、クラウドファンディングの支援者募集 - 11月19日(火)11:00 

2019/11/19 一般社団法人いちばん星南相馬プロジェクト 里山の自然に触れられる大型すべり台を設置したい! 一般社団法人いちばん星南相馬にて、クラウドファンディングの支援者募集 一般社団法人いちばん星南相馬プロジェクトでは、同法人が整備を進める「里山いちばん星」内に大型すべり台を設置するため、クラウドファンディングで支援者を募集しています。 里山いちばん星内、いちばん星牧場(アルパカ、屋久シカなどの動物とのふれあいを楽しめる広場)わきにある草地に東北産木材を可能な限り使用した大型すべり台を設置することで、自然物のぬくもりに触れる場の提供、子供たちが里山の自然に触れながら外で遊ぶことの楽しさ・南相馬の里山への親近感を感じてもらえる環境をつくるためのプロジェクトとなっています。 クラウドファンディングの支援者には金額に応じて、プロジェクトメンバーが生産した米や切り餅、地元サークルの方が作った藍染め商品などの返礼品が送られます。 今回のプロジェクトは地域の復興のみならず同法人の今後の方向性を多くの方々に見てもらい、広く理解をいただくためのものでもあります。それとともに、継続的にご支援いただけるような方向性となっているかを皆さんのご協賛をもって確認したい、と代表理事 星巌(ほし いわお)さんは語ります。 南相馬市は、東日本大震災からの復興作業や原発災害の除染等...more
カテゴリー:

【高知】めちゃくちゃ強そう... 鉄工所が作った「ロボット型薪ストーブ」がロマンしかない - 11月18日(月)22:22  newsplus

高知県土佐清水市には、ひときわ異彩を放つふるさと納税の返礼品がある。 逆光の中に浮かび上がるどっしりとした黒い影。腹の中で煌々と燃え盛る炎。 寸胴型の胴体からニョッキリはえた脚で堂々と立っているのは、土佐清水市の鉄工所・小磯鉄工が製造する「ロボット型薪ストーブ」だ。 218万円の寄付でもらえるお礼の品で、「ロボット型薪ストーブ」と甲冑を装着した「ロボット型薪ストーブ(サムライ)」の2種類がある。 ふるさと納税サイトに記載されている説明文は以下の通り。  「職人こだわりの遊び心で誕生したロボット...
»続きを読む
カテゴリー:

ふるさと納税でギラJ2昇格応援 メガホンなど返礼.. - 11月17日(日)06:14 

ふるさと納税でギラJ2昇格応援 メガホンなど返礼品に追加 #西日本新聞
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「返礼品」の画像

もっと見る

「返礼品」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる