「イラスト」とは?

関連ニュース

夫にはもう一つの家庭が…実録「最低の二重生活」を送る男|ラブデストロイヤー研究所~男と女の修羅場ファイル~ - 文・イラスト 伊藤沙帆 | ananweb - マガジンハウス - 07月15日(月)21:15 

誰もが夢見る幸せな結婚生活。だが世の中にはそんな幸せを食い物にするラブデストロイヤー、通称ラブデスが存在します。ここはラブデスの生態を解明し、襲撃から身を守るよう警告を促すために設立された研究所。我が研究所には日々、全国各地から目撃情報が寄せられています。既婚者の皆様……明日は我が身かもしれません。心してご覧あれ……。文・イラスト 伊藤沙帆ラブデスファイル06「ニジュウセイカツドン」Kさん(当時40歳)は、25歳で飲食店経営の男性と結婚、その後2人の子どもを授かりました。3歳年上の夫とは、交際期間も含めると19年目を迎える長い付き合い。新婚まもなく飲食店を開業した夫を、Kさんは献身的に支え続けました。誠実で家庭的な夫は、子ども2人の面倒も良く見てくれましたが、飲食店が繁盛し始めると、夫が家庭に割く時間は徐々に減っていきました。家族揃って食事をすることや、休日に遠出することがほとんどできなくなっても、夫を咎めなかったKさんでしたが、ある時を境に夫への不信感が芽生えました。それは半年も前から予定していた家族旅行の前日。ワクワクしながら、旅行のパッキングを進めていたKさんの元に、夫から1本の電話が。「申し訳ない。バイトが急病になって、仕事を休めなくなった。明日の旅行は俺抜きで行ってくれないか」突然の事態に愕然としたKさん。そもそもこの旅行は、日頃仕事に追われている彼が、久しぶりの家族サー...more
カテゴリー:

【悲報】2ちゃんAAイラスト化計画、一線を越えたイラストを掲載 - 07月15日(月)20:52  poverty

http://riceballman.fc2web.com ...
»続きを読む
カテゴリー:

【知りたくなかった怖い話】少女が見た「ゴキブリより恐ろしい」モノ #17 - 文・イラスト 犬養ヒロ | ananweb - マガジンハウス - 07月15日(月)20:20 

世の中には、科学では証明できないこともあるようです。憑依体質の漫画家・犬養ヒロさんが聞いてしまった【知りたくなかった怖い話】を紹介します。今回は、投稿いただいた体験談から、少女にだけ見えた恐怖の存在……。文・イラスト 犬養ヒロ【犬養ヒロの知りたくなかった怖い話】vol. 18 小人が襲ってくる…!恐怖度投稿者・ティアラさん・女性私は赤ちゃんの頃からの記憶があり、子どもの頃から他の人には見えないものが見えていました。不思議なものを見るたびに、「ホラッあそこにいるでしょ!?」と言っていたので、心配した母に神社に連れて行かれて祈祷されたこともあるのですが、宮司さまに「この子は悪魔が取り憑いているわけではなく、普通の人より勘が鋭く見えないものが見えているだけ」と言われたそうです。子ども時代に住んでいた家では、この世の者ではない悪霊のようなものが家に入ろうとしている影や音が聞こえていたため、たびたび夜中に起きてパニックになっていました。特に一番怖いのが、寝室の窓を開けようとしている小人のようなもの(私はゴブリンと呼んでいます)。それはかわいい感じではなく、恐ろしい形相で、寝室の窓を開けようと何匹も窓に張り付いているのです。私は必死で「ママ、アレ?? 小さなお爺さんみたいな人が窓を開けようとしてる!」「入って来てもいいの!? 無理矢理開けようとしていて怖い!!」と母に説明していました。部屋の下...more
カテゴリー:

【古代文明】AIによって発見された古代日本の文章の秘密 - 07月15日(月)21:28  newsplus

今では時代遅れの日本語のスクリプトで書かれた何十億もの古代のテキストの内容は、彼らが持っているかもしれない秘密を解読される事なく、研究者を長い間困惑させました。 くずし字として知られる古代の筆記体は、8世紀から20世紀初頭にかけて使用されましたが、現在、世界の人口の0.01パーセント未満しかそれを読むことができません。 現代の漢字に変換されたのは、ごく一部の文字だけです。手書きで言語を転写するには数百年が必要です。 しかし、日本の人文科学におけるオープンデータのためのROIS-DSセンターCのプロジェクト...
»続きを読む
カテゴリー:

母から歯磨きを教わっていない私。虫歯も「我慢しろ」と言われ続けた結果…… - 07月15日(月)21:00 

私は母に歯磨きを教わったことがなく、小学校高学年まで歯磨きをしたことがありませんでした。 歯磨きの存在すら知らなかった私。同級生から「口がクサイ」と指摘はされた時にはもう、歯は虫歯だらけになっていました。 私は、母が歯磨きをしているところも見たことがありません。母は横着で不衛生な人で、今思えば母の歯も虫歯だらけでした。 私が眠れないほどの歯痛に見舞われても、母は「我慢が大事」と歯医者に連れていってくれないし、痛み止めの薬もくれませんでした。 その後、同級生が私のことを親御さんに話したようで……。 同級生の親御さんがご厚意で私に歯ブラシをくださり、私は初めて歯を磨くことができました。 歯磨きを知ってからは、一生懸命に磨きました。しかし当然のことではありますが、治療をしていない虫歯が良くなることはありませんでした。 私は大人になり、子どもが生まれて母親になりました。 子どもに私のような悲しい思いはさせまいと、念入りに歯磨きをしています。 存命の母は孫が苦手らしく、今は私たちと関わりを持とうとしないのが、唯一の救いです。 ※この漫画はママスタBBSを元に作成しています。 文、イラスト・Ponko
カテゴリー:

大人の恋愛をしたい…「アラフィフ人妻の呆れた欲望」を覗き見  #97 - 文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子 | ananweb - マガジンハウス - 07月15日(月)20:40 

銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、かつての意中の人と十数年ぶりに偶然再会できたことで、よからぬ願望を抱き始めたアラフィフ人妻。佑雪さんのアドバイスは?文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子【クラブ佑雪】vol. 97「50歳人妻が、再会したイケメンと恋に落ちるには?」佑雪ママ、先日は私の投稿を採用してくださりありがとうございました。 感謝の気持ちでいっぱいです。 人妻でもありますので、恋を忘れたといっても、生活を楽しんでいる今日この頃。 庭のアジサイの色づき、梅干しを漬けながら、「梅酢が上がった!」と日々小さな喜びを感じる私はまさに「今」を楽しんでいると思います。 恋のあの甘美な苦悩が少し恋しい気もしますが、この完全なる平凡もいつくるかもわからぬ天災で奪われかねないかもしれぬと思うと、大切な1日です。 恋はするものではなく堕ちるもの! そうですよね。 本当にそう。いつも気付きをありがとうございます。実はまたしてもご相談があります。細かいことは省略いたしますが、10数年前に派遣社員として働いていた会社のグッドルッキングガイと偶然の再会を果たせたのです。彼はあの頃以上に素敵で、本当に本当に再会できた自分に感動でした。そこで大人の再会のお作法、そして再会時の私の言動...more
カテゴリー:

【エロ体験談】初体験で中出し&お掃除フェラ! しかもセフレゲット!! - 07月15日(月)20:00 

 20年前の思い出。大学生だった僕は、東京のアパートでひとり暮らしをしていた。隣の部屋には真理香さん(仮名)という、28歳の自称「売れないイラストレーター」が住んでいた。
カテゴリー:

彼氏依存の母が私を放置。虐待まがいの日々のこと - 07月15日(月)12:00 

私の母の話です。これは普通の親ですか? 母が私と話すことといえば、いつも母自身の話題か愚痴ばかり。私の学校の成績やその日の出来事など、一度も気にされたことはありませんでした。 私が成長しても母は、ただ「しんどい」を繰り返して、私に甘えるばかり。 風邪をこじらせ入院したとき、少しだけ母に甘えてみたくなり、初めて「しんどい」と言ってみたのです。 しかし。 甘えてみるなんて、しなければよかった。   今は大人になって結婚をし、子どもが生まれました。新しい家庭で穏やかな日々を過ごすほど、子育てをすればするほど母のことが理解できず、年々母と関わりたくない気持ちが強くなっています。 母も私や孫と関わりたくないらしく、同居やお金の心配をしなくていいことだけが救いです。 ※この漫画はママスタBBSを元に作成しています。 文、イラスト・Ponko
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「イラスト」の画像

もっと見る

「イラスト」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる