「脱炭素」とは?

関連ニュース

経産省「太陽光発電が発電コスト最安です!!!」 - 08月03日(火)20:02  poverty

発電コスト、太陽光が最安に 経産省が6年ぶり見直し  経済産業省は3日、2030年時点の各電源の発電コストの試算結果を有識者会議で示した。7月に示した数値を具体化したもので、事業用太陽光の下限8.2円が最も安く、これまで最安だった原子力を下回った。脱炭素化に向けた再生可能エネルギー拡大に追い風となりそうだ。発電コストの見直しは6年ぶり。  試算は、発電設備を新たに更地に建設し運転した場合を前提に1キロワット時当たりの発電コストを算出した。太陽光はパネルなどの価格低下を背景に、事業用が8.2~11.8円、住宅用...
»続きを読む
カテゴリー:

米石油協会の「脱炭素」転換、誰も喜ばず 敵から.. - 08月03日(火)07:20 

米石油協会の「脱炭素」転換、誰も喜ばず 敵からも味方からも懐疑的な反応 #石油 #脱炭素
カテゴリー:

【電気】ソーラーパネル設置してる一般家庭かなり増えてきてる気がするんだがお前らの家も付けてんの? - 08月02日(月)21:11  poverty

太陽光パネル、公共建築物は原則設置 住宅は義務化せず 政府が脱炭素に向け素案 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA022QH0S1A600C2000000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

脱炭素目指す石油大手、グリーン水素も前途は多難.. - 08月02日(月)15:15 

脱炭素目指す石油大手、グリーン水素も前途は多難 #エネルギー #水素燃料 #脱炭素 #石油
カテゴリー:

2045年の理想の生活・社会像をテーマとした全国作文コンテストを開催 - 08月02日(月)13:30 

2045年の理想の生活・社会像をテーマとした全国作文コンテストを開催。 全国の小中高生がSDGsの次のゴール(ポストSDGs)を作るプロセスへ参画するための 第一歩を踏み出すことを後押し。 「ゲーミフィケーションを活用したSDGs教材・カリキュラムについて 教員同士の学びあいを促す学習コミュニティの創造」全国作文コンテスト   金沢工業大学は、ポストSDGsの検討への日本の若者の参画を促すための取り組みとして、全国作文コンテストを開催いたします。   作文のテーマは「自分の暮らす地域における2045 年の脱炭素社会」です。小中高校生が応募でき、応募締切は2021年 9 月 30 日(木)(消印有効)です。なお、本企画は金沢工業大学が毎年企画しているジャパンSDGsサミットユースサミットと連動しており、企画に賛同いただいた民間企業より副賞や運営に関するご支援を受けています。   実施の背景 2020年度小学校、2021年度中学校、2022年度高校と、全国の学校で授業をする際のガイドラインとなる学習指導要領が改訂されます。その中で、各指導要領の前文に、これからの学校には「持続可能な社会の創り手となることができるようにすることが求められる」と記載されたことで、SDGsに関する授業を行うことが必須となりました。   金沢工業大学のSDGsの取り組み ...more
カテゴリー:

SMBCグループ、「グリーンイノベーター」発足。サステナビリティに関する顧客ニーズに対応 - 08月03日(火)19:25 

三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ)は7月27日、「SMBC Group GREEN Innovator(SMBCグループ グリーンイノベーター)」を立ち上げたと発表した。サステナビリティ(持続可能性)関連のソリューションの提供と新たなサービス開発やノウハウ蓄積の活動・取り組みの総称で、グループ全体のサステナビリティに関するノウハウ・情報を集約することで他業種との協業を円滑化し、サービス開発力を強化することで、顧客により高度なソリューションを提供する狙い。同グリーンイノベーターのもと、新たに「AI 技術を活用した気候変動シナリオ分析の高度化」「SMBCサステナビリティ優先課題特定ツールの開発」の2件の取り組みを創出した。 脱炭素を始めとするサステナビリティに関する顧客ニーズが多様化、高度化すると見込まれる中、SMBCグループは「ニーズに対するグループ一体となった対応力の強化と社会のサステナビリティの実現に向けた自社のノウハウの蓄積が必要」と考え、また、多様化するニーズや求められるノウハウは金融分野にとどまらず「脱炭素関連分野やエネルギー分野といった非金融分野にまで広がることから他業種との協業が必要になる」という認識から、グリーンイノベーターとして情報とノウハウを集約するに至った。 AI技術を活用した気候変動シナリオ分析の高度化は、株式会社三井住友銀行(SMBC)が、気...more
カテゴリー:

米石油協会の「脱炭素」転換、誰も喜ばず #石油 #.. - 08月02日(月)23:30 

米石油協会の「脱炭素」転換、誰も喜ばず #石油 #脱炭素
カテゴリー:

米石油協会の「脱炭素」転換、誰も喜ばず 敵から.. - 08月02日(月)17:00 

米石油協会の「脱炭素」転換、誰も喜ばず 敵からも味方からも懐疑的な反応 #石油 #脱炭素
カテゴリー:

「カーボンニュートラル宣言」に賛同し2050年度までに温室効果ガス排出ネットゼロに挑戦 - 08月02日(月)14:00 

2021年8月2日 大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長 芳井敬一 大阪市北区梅田3-3-5  大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、温室効果ガス(以下、GHG)排出量を「2030年度50%削減」、「2050年度ネットゼロ」とした、カーボンニュートラルを目指す脱炭素の目標を策定しました。    当社グループは環境長期ビジョン「Challenge ZERO 2055」に基づき、創業100周年となる2055年までに、グループ、グローバル、サプライチェーンを通じて「環境負荷ゼロ」の実現を目指しています。  その重点テーマとして、「気候変動の緩和と適応」を掲げ、事業活動におけるGHG排出量の削減を図っています。2018年には住宅・建設業界として世界で初めて「SBT」(※1)・「EP100」(※2)・「RE100」(※3)の3つの国際イニシアテチブに加盟。国際標準の目標を掲げ、省エネ活動を推進するとともに、再生可能エネルギーの発電や積極的な活用を図っています。  そしてこのたび、当社グループは日本政府による「2050年カーボンニュートラル宣言」に賛同し、事業活動に伴うGHG排出量を2030年度までに50%削減(2015年度比)し、2050年度にはネットゼロを目指す脱炭素目標を策定しました。これに伴い、SBTの目標を「2℃目標」から「well-below2...more
カテゴリー:

太陽光発電システム市場に関する総合調査レポート「太陽光発電マーケット2021~市場レビュー・ビジネスモデル・将来見通し~」を発行いたしました - 08月02日(月)13:00 

太陽光発電関連事業に関するコンサルティング業務を行う株式会社資源総合システム(本社:東京都中央区、代表取締役:一木 修)は、2021年7月30日(金)に世界及び日本の太陽光発電システム市場及び産業を多角的かつ多面的に整理・分析した総合調査レポート「太陽光発電マーケット2021 ~市場レビュー・ビジネスモデル・将来見通し~」を発行いたしました。2020年の世界の太陽光発電システム新規導入量は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な感染拡大の影響により、当初は世界導入量が大きく沈むことも予測されましたが、世界最大の中国市場が再び拡大に転じたことに加え、欧州、米国、その他の国・地域の市場拡大により、年間導入量は前年比25%増の139GW、累積導入量は750GW超に達しました。2022年には、累積1TWの太陽光発電が導入される見通しとなっています。2020年における世界の太陽電池生産量は、太陽光発電市場での需要増加に加え、中国メーカー各社が増産したことにより、前年比27%増の178GWとなりました。国・地域別では、中国が125GWを生産し世界全体の約7割を占め、引き続き世界最大の生産地かつ消費地となっています。中国以外では、対欧米貿易摩擦による関税回避や新興市場向けとして、ベトナムやタイなど東南アジアで生産量と生産能力が増加しました。太陽電池種類別では、市場での高効率化指向...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる